どんぐりころころ

絵と工作の教室「どんぐり工房」
些細なこと
でも忘れたくないこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

できあがりをイメージするのは難しい

2015-09-12 21:34:23 | 伝えたいこと

どんぐり工房では、2週かけて「プラ板の貼り絵」をやりました。

B4のプラ板に油性ペンで絵をたくさん描いて、それを切って加熱して縮小し、八つ切り画用紙に並べて構成するという企画でした。

使用した0.3㎜厚のプラ板は加熱すると1/5くらいに縮みます。

だから「大きく大きく描こうね」って私は言います。

描くのはこれくらいの大きさだよって下に敷いた紙に目安のマルを描きます。

加熱するとどのくらい小さくなってしまうか比較できる見本も用意していきましたよ、もちろん。

「こんなにちっちゃくなっちゃうのぉ」ってびっくりします、みんな。

 

それでも

それでもなお

 

こどもたちはプラ板を目の前にすると「描く」ことに夢中になって縮むことを考えない。

描きたい気持ちが先走り、「ちっちゃくなっちゃうよ」という助言は他人事。

細かい絵を描くんです。

プラ板に描いた絵が完成作品であるならホント素晴らしい。

でも、いかんせん、次なる作業の素材としては小さすぎる

加熱後のプラ板を見て「こんなにちっちゃくなっちゃった」とびっくりする本人。

 

難しい~

こどもたちに次をイメージさせるのってホント難しい。

 

でも、経験を積んだ高学年はちゃんと貼り絵を見据えた計画的なプラ板作りをしているし、何事も経験かな?

 

 

 

 

 

 

コメント

25年目に思うこと

2015-09-07 22:16:24 | 伝えたいこと

最後の投稿から2年以上がたっていっていたので、戸惑い、もたついています。

でも、画像のアルバムをリンクできるようになってとても便利。

似たような作品の画像を何枚も並列に貼り付けるというやり方がどうもスマートではないなぁ、もっと他のやり方があるのではないかと模索しているうちに、2年が経ってしまっていたわけですから。

 

それにしても、ずっと更新していなかったにも関わらず毎日誰かしらがアクセスしてくれていたことにビックリです。

私がアイデアに困った時に手当たり次第検索して色々な方のHPやブログに出会うのと同じなんでしょうね。

そして、そこから見つけたサイトやブログの中でも私がけっこう頼りにしているものがあるように、このブログが人様にとって何かのお役に立てれば有り難きシアワセです。

 

どんぐり工房を始めて25年になります。

随分長いことやってきたなぁ・・・

ひとつひとつの活動を振り返ると初期の頃とは考え方が違ってきたものもあるし変わらないものもある。

その時その時の活動の中で伝えたいことを伝える努力はしてきたものの、伝わりきれずにもどかしい思いもしているのは確かです。

 

再度、この場を借りて伝えていかなくちゃと、何か使命感のようなものに駆られています。

日々の活動報告だけでなく、造形指導に長年携わってきた所感なども。

どうぞこれからもお付き合いください。

 

 

コメント