どんぐりころころ

絵と工作の教室「どんぐり工房」
些細なこと
でも忘れたくないこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お菓子のおうち

2015-12-19 01:02:21 | どんぐり日記

お菓子のおうち

 

12月3週目は「お菓子のおうち」を作りました。

 

どんぐり工房では何年ぶりかの制作です。

 

みんなとっても楽しみにしてくれていました。

 

材料は壁がウェハースで屋根がココナッツサブレです。

これを給食用の牛乳パックを土台にアイシングで接着していきます。

あとは好きなように装飾していきます。


用意した材料は、マーブルチョコ、アラザン、星とハートのポップシュガー、フルーツミックスゼリー、ポッキー、プリッツ、アスパラガスビスケット、クレープスティック、シガービスケット、ミニクッキー、など。

ママたちも興味津津の「お菓子のおうち」でした。

 

今年のどんぐり工房はこれでおしまいです。

 

来年は1月8日(金)から始まります。

 

それでは皆さん、よいお年を!

コメント

干支工作「見ざる聞かざる言わざる」

2015-12-12 13:10:23 | どんぐり日記

干支工作「見ざる聞かざる言わざる」

 

12月2週目は来年の干支工作「見ざる聞かざる言わざる」を作りました。

 

相模原市の6年生は毎年修学旅行で日光に行きます。

その時必ず触れる東照宮の「三猿」はかなり身近に感じられる素材です。

6年生に憧れ、修学旅行に憧れる低学年にとっても食いつきやすい話題です。

 

今回は磁石を使ったおもちゃにしました。


土台は磁石がつくスチール缶にしました。

手に磁石を内蔵させ、三猿それぞれに「見ざる聞かざる言わざる」のポースをさせれば出来上がりですが、いろいろなおかしなポーズをとれるのでかなり盛り上がりました。

缶コーヒーの「BOSS」で作ったらボスザルだね

 

 

 

 

コメント

「サンタクロース」

2015-12-06 22:21:31 | どんぐり日記

12月1週目は「サンタクロース」を作りました。

アドベントカレンダーである家型クリスマスボックスの屋根の上に置くといいかなと思います。

実は2年前にも同じような「サンタクロース」人形を作っているのですが、その時気になっていたのが随分スリムなサンタさんだったこと。

今回はちょっとメタボ気味のサンタさんにしました。

 

新聞紙を丸めて作ったお腹の上下にワイヤーをつけて手足にします。

円柱状のスチレンで肉付けして不織布のズボンと袖をつけます。

チョッキも着せて白テープでコスチュームのフチ取りをして、手は黒ビニールテープでてぶくろのかたちを作り、足は黒スチレンでブーツを作ります。

目打ちで首の穴をあけ、楊枝つきスチレン球を刺します。あとは、帽子や髭をつけ、顔を油性ペンで描き出来上がり。


白い袋やそりを作る子もいました。


手足が動くのでアクロバットサンタとして遊ぶ子もいました。

 

いろいろイメージ膨らませて遊んでくれると嬉しいです。


 

「サンタクロース」

 

コメント

「アドベントカレンダー2015」完成

2015-12-03 23:54:38 | どんぐり日記

 

11月4週目はいよいよ仕掛けを作ってお菓子を詰めて完成させます。

 

今年のアドベントカレンダーは1年がかりで考えたものです。

昨年はダンボール箱に排水口のシリコン製の蓋を取り付け、その中に手を入れてガチャポンを取る抽選箱型でした。

が、それを作っている最中からダイアル式で1個づつガチャポンが出てくる方式のものを作りたいと頭の中でソワソワしていました。

ネットで調べたり、何回も何回も試行錯誤してやっと完成させたものです。

 

材料は2Lのお茶のケースと牛乳パックと500mlのペットボトルという比較的集めやすい材料でしたが、数も多いので2ヶ月くらい前から集め始めました。

ご協力してくださった方たちには感謝です。

特に毎週たくさんの牛乳パックをもって来てくださったIさん、ありがとうございました。

 

簡単に仕掛けの種明かしをすると、ペットボトルに切り込みを入れてポケットを作り、その中にガチャポンが入るような仕組みです。


 

そのペットボトルのキャップ(箱の外に出たダイアル)を半回転させるとガチャポンが落ちてくるという仕掛け。

 

仕掛けができたら、次はこの1ヶ月間のクライマックス!ガチャポン容器にお菓子を入れてダンボール箱の中に入れていきます。

 

 25個のガチャポンを入れたら屋根を固定してできあがり。

 

 

12月1日から25日まで、1日1回づつダイアルを回します。その日のカレンダーも窓からはがします。

そして、25日になると窓の絵が全部現れ、お菓子もなくなるという仕組み。


 

1ヶ月かけて作った作品を1ヶ月かけて楽しみます。

 

ま、お菓子が25個も入っていると重くてなかなかスムーズに出てきませんが、減ってくると調子よく出てくるはず!

 


楽しんでください!

「アドベントカレンダー」完成

 

 

コメント