広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

20150720アンジュvs愛媛FC

2015-07-21 10:12:34 | 女子サッカー





福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場
この競技場海に近く適度に海風が吹く関係で
スタンドではさほど暑さを感じることなく観戦できました。



スタッツはこんな感じですが


実際見た感じでは
愛媛の作戦勝ち・・・・の様に感じました。


前半は両者中盤の押し引き
ただ、ここもポゼッションはアンジュなのですが
愛媛の集中した守りで決定機を作らせなかった・・・と思います。

反対にボールを奪った後
愛媛の攻めは決して急がず
攻めごまが上がるのを待って

ファーストシュートそのこぼれを2次攻撃3次攻撃と
決定機は愛媛が上回っていたと思います。

愛媛の得点は左CKからHSがポストにはじかれ
それをつめていた岩本が豪快にゴール

前半終了間際の得点でした。




愛媛の守備陣は

DF 左から 仮谷 西村 鎌田 春山
左のワイドに西川 この位置で相手のキープレーヤー葛馬をマーク
MF中央に ちびっ子ギャング小川 走り回って相手MFの選択肢を消して行けてたと思います。



先制された後半
アンジュの10番葛馬が躍動します・・・・まさに駿馬の様に

4-2-3-1のシステムの右のワイドの位置から
素晴らしいスピードでピッチを斜めに横断・・・
右のセンターライン付近から左コーナーポスト目指して・・・
駆け抜けるんですね

これを真夏に1300時開始の試合で何本も繰り返す
その迫力ったらなかったです

このプレー 
一、愛媛のオフサイドトラップに引っかかりにくい
二、相手DFのマークを外しやすい
三、長い距離のどこかで受ければいい(線で受けれる)のでパスを通しやすい

・・・いいことづくめですが
やるには相当の体力気力が必要だったはず

大したもんです・・・・


それが実ったのが後半15分ごろ
やはり右から走りこんで左でボールを受け
反転してコントロールシュート

愛媛GK手には当てるのですが
ポストに当たりそのままゴールイン


葛馬選手の走力 スピード テクニック 素晴らしいもの見ました・・・

たしかシャルム戦でもこの形でゴール決めてましたよね。




1-1となってしばしロングボールの蹴りあいで相手ゴールに迫る
殴り合いの様な展開があったのですが

先にペースを取り戻したのは
愛媛FC

後半30分過ぎから
左SHの西川を右SBに持ってきて右のSBの春山を上げて
右サイドを起点に攻撃を仕掛けて行きました。

勝点3は狙いたいが勝点1も保持したい
そんな狙いでしょうか
サイドからの攻めはボールを奪われても速攻カウンターを喰らうリスクが低い
中央で奪われると危険なカウンターを見舞われる・・・
葛馬選手に遠いところでゲームを進めるという意味もあったかもしれません。

そのサイド攻撃が機能し最後の10分は愛媛の時間
ゴールこそ奪えなかったですが

危険なセンタリング CK とアンジュゴールに浴びせかけました。

攻撃こそ最大の防御ってやつですね!


全体として愛媛のベンチワークが機能していたように見受けられました
場面に応じて戦術を建て直す またそれに応えられる選手も素晴らしいですね。
感心しました。





アンジュは前で張ってた齋原選手が愛媛DFの罠にはまって活きていませんでした
この選手 上手いんかなぁ 速いんかなぁ どうなんだろ みたいな選手なんですが
なぜか得点に絡む不思議な選手なんですが

昨日は活躍できなかったですね・・・・






もう一つ
昨日の来場者数は869名
午前中に少年少女の大会もあったらしく居残りで
若い子たちが観戦してました。

2部で869名は立派な数字です


アンジュの地域スポーツの振興という取り組みも相当に浸透してきて
安定した来場者数が見込める様になっているのでしょうか?



ここまで中国地区の女子サッカーを先導してきたのは
岡山湯郷belleであり 吉備国際大学シャルムだ

・・・・って自負してきましたが


もしかして数年後は その先頭を
アンジュヴィオレ広島が走っているかもしれません。





アンジュにはこのまま頑張って欲しいけど

belleにも
シャルムにも

試合だけでなく
チームとしての総合力を身につけてほしいって思いますね。










mm











コメント

カナダ女子W-CUP決勝 対アメリカ戦

2015-07-02 22:23:07 | 女子サッカー






4年前と同じアメリカ戦
4年前も勝てる気せんかった・・・・・・・・・

アメリカの先制点はラピノの放り込みに
モーガンが快速を飛ばして追いつき強烈なミドルシュート

後がないなでしこの得点は
相手DFのほんの些細なミスをとがめた
宮間の得点

延長に入り
アメリカは左からのセンタリングをワンバックが
熊谷を上手くふり切り
ゴール前フリーでのヘッディングシュート

もうあかんと
あきらめかけたその時の

宮間の正確なCKから澤がニアに走りこんでの
超芸術的なゴール・・・


結果は日本が勝利したが
終始ゲームはアメリカのものでした。





今回・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


も同じ勝てる気がしない(*_*)
 

頭の中でシュミレーションしてみるんだけど

勝てない・・ 普通に戦ってたのでは

宮間の正確なクロスもアメリカの強力なDFにはじかれるだろうし
宮間~澤のあのプレーは警戒されて予防されるはず


対して
アメリカの攻撃を抑え込むのは
どう見ても厳しい 失点は避けられないと思う・・・・・・・・・・・



点を取りに行くしかないのだが
今までの様にショートカウンターや宮間のクロスでは崩せないと思う





得点できそうなパターンは
サイドで起点を作りゴール脇あたりから折り返す様な
スルーくらいか
勝負時に岩渕投入は大野は残して
チビッ子軍団(川澄・宮間含む)でドリブルで突っ込んで行く作戦くらいしか思いつかない

勝負どころで澤の投入はあるんだろうけど
過度な期待は無理だと思う。



こんな事考えても
本当に意味のないことなんで
試合はなるように進んでいくんだけどね




ともかく全力を出し尽くし悔いのない
戦いをしてくれれば
いい




負けるな なでしこジャパン
がんばれ なでしこジャパン

















mm






























コメント

20150702W-Cupカナダ 準決勝

2015-07-02 16:33:08 | 女子サッカー




準決勝の相手はイングランド
フィジカルに長け 日本には負け知らずとのこと

試合は両チームとも慎重に入った様に見えた。
暑さの影響か両チームとも動きがもう一つ
ポゼッションは日本だが決定的な場面はなかなか
作らせてくれない。
宮間のキックも今日はどうした事か精度を欠いてた。

後半に
イングランドは交代枠3人を使い切る
日本は大野→岩渕の1枚替え のみ

佐々木監督は明らかに延長戦を意識してたと思う。

怖かったのは後半終了間際

ここで失点してしまうとせっかく延長勝負を
見込んでいた作戦が崩れる・・・交代枠を使わずに終わってしまう

一番ドキドキした瞬間やった。

ところが
勝負というのは意外な結末を用意してくる


イングランドDFのオウンゴール・・・・しかもATに


120分で勝つプランが90分で勝てた
日本チームには
あっと驚く僥倖・・

反対にイングランドにはつらい結末になってしまった。
サッカーは強いチームが勝つわけではない
勝ったチームが強いんだ・・・
それはよくわかってることなんだけど

W-CUP準決勝は残酷な結果をイングランドに突き付けた













mm










コメント

20150523なでしこリーグ シャルムvsハリマ

2015-06-02 15:35:26 | 女子サッカー





blogの更新サボってました
いつも不正確な記憶で書くものだから
間違いだらけ・・・・・・・・

でも、書いとかないと本当に忘れてしまいますもんね・・・・・・・・・・・・・・



この日からなでしこ2部は総当たりの2巡目
アウエーで2度追いついたものの最後に決勝点を決められて2-3で惜敗した
ハリマアルビオンを
シティライトスタジアムに迎えてのホーム戦

2巡目でここから気分変えて
勝ちたいところなのですが・・・・・・・・・・・





シティライトスタジアムには
自宅から自転車で

途中運動公園の中の池に
きれいな蓮が咲いていたのでしばし
鑑賞・・・・・・・・・・

大都会岡山の中心にもこんな素晴らしい自然が・・・・・・


















試合は
シャルムの攻勢で始まります
左右のウイングバックがサイドから中央寄りに突進し
相手DFを引き付けて 反対のサイドにパスを通す 
といった攻撃が有効で

13分
左から持ち込んで中央の倉員がドンピシャのゴール


しかし、
すぐに
布志木選手にGKの位置を冷静に見極めた
ループ気味のロングシュートを決められる

そのあと
同じ布志木選手に
今度は地を這うようなミドルシュートを決められてしまう。













今年のシャルムの欠点は
逆転されると
ヘナっとなってしまい
再逆転しようという勢いが感じられない事

試合は
後半
更にハリマに2点を追加され

1-4  ・・・・・・・・・・(*_*)


最後は布志木を中盤に下げハリマは
シャルムを中盤から抑え込んだ・・・・・
完敗!!



・・・・・あッ~~~あぁ

また負けてしもおたわ
ホームゲームはこれで5試合目だけど

1引き分け4敗


観るのも辛い

なんだろう
負けても構わないけど
点取られてシュンとするのは止めてほしい
もっとできるはず
がむしゃらに走ってほしい

実力差はさほどない
気の持ち方だけじゃないかって思う。





今度のホーム戦では勝ってもらいましょう。


























mm


コメント

ツイートまとめ

2015-05-21 12:47:09 | 日記



「野生動物を狩ってきて展示する」こと自体すでにやってはいけない事になってると思う。



野生動物を狩ってきて展示することは無理! 進んで今は「野生動物を狩る」事自体が難しいと認識すべき!この認識がないと世界の標準的思考から遅れてしまう。イルカだけでなくマグロ・カツオなども同じ。魚食文化は関係ない自家食ならともかく流通に乗せるなら同じ



個人的な思いも強いんだけど・・鯨肉は日本人の伝統食みたいな主張には大変な違和感がある・・実は私の世代は肉(牛・豚・鶏)が食べられなかった・・代わりに鯨肉が供された
鯨肉の竜田揚げ・角煮など・・不味いって思い出しかない。肉がないから食べさされた・・食べないと大きくなれないよってね



野生動物を狩る・・南氷洋に捕鯨船団を繰り出し「捕鯨オリンピック」ってやってた どこの国が一番クジラ(野生動物)を狩れるか?って クジラ一頭で千万円単位の流通価値 多く捕るだけ利益が上がる





動物愛護団体の主張とは全く違う 高等動物だから殺してはダメ かわいいからダメ とか
極端な話 食用に”飼われている”なら犬食も全然OK 「野生動物を狩り」それを「商流に供する」ことがダメ! なのでイヌイットの自家消費はOK






mm
コメント

20150517ノエスタ INACvsJEFL

2015-05-18 22:08:06 | 女子サッカー







この試合はJEFが3年ほど前から取り組んできた前からのハイプレスサッカーが
素晴らしく機能したものでした。 後半の70分からの10分間を除いて・・・・・


この10分間にレオネッサは3点を奪い
4-2と逆転

この時間JEFの選手に催眠術がかかったように・・・プレスがかからなくなり
レオネッサに自由に走り回られた・・・

その後は再びJEFのプレスとレオネッサのパスサッカーが
均衡する展開
最後に菅澤選手が落ち着いて1点返し

結局 4-3 でレオネッサの勝利


増矢選手 京川選手
やっとレオネッサの若手が力を見せ始めてきています。






JEFのプレスサッカーを連続写真で

これは後半ですね
JEF8番安齋選手が入って レオネッサ鮫島選手を追い回します・・・





川澄選手が左サイドから切れ込もうとしてJEF櫻本選手にプレスされる




川澄選手バックパスを選択
そのパスが出た瞬間にJEF安齋選手が鮫島選手にプレスに行きます。





鮫島選手 パス出すならここの瞬間ですね
増矢選手が呼んでます



ここ・・・・・・・・





安齋選手に後ろ向かされる・・・・・・・・・・・





しつこいですよ







ここで一瞬ふり切るのですが









詰めてきた川村真理さんに囲まれます






囲まれて奪われる・・・・・・・・・・・・・・・・













少しでも長く持つと
人数かけて寄られます・・・・

厳しい中盤戦でしたね。






最後に
あんゆか・・・・・・・(笑)

































mm

コメント

20150505西日本女子サッカー大会

2015-05-08 10:41:32 | 女子サッカー





GW中の選手のツイートに「福山で試合してる」等の書き込みがあり
色々探してみた結果
第二回西日本女子サッカー大会
が福山市で開催されてることがわかりました。

この大会 オフィシャルのホームページ等もないみたいで
参加資格 大会規定などよくわかりません

半分推測ですが西日本地区の高校生以下(U-18)の39チームが参加しての
大会のようで 予選リーグ 2次リーグ 順位決定戦と5/3から5/5までの3日間で
一チーム7試合ほど戦います。

試合時間は30分ハーフの様でした・・・

合同練習会的な意味合いかと3日4日と少ないweb情報を見ていたのですが

「決勝が予選1位の作陽と2位の日ノ本 会場がツネイシフィールド 10:40KO」との情報が
飛び込んできて 私自身色めき立ってしまいました(笑)

これは見るしかない・・・・(*_*)

ツネイシフィールドは岡山から車で80分程度 子供の日なので車の渋滞も心配したのですが
難なくKO前に到着できました。





 まずは会場になってるツネイシフィールドですが
「みろくの里」というレジャーランド ツネイシスタジアム(野球場・・高校野球の県予選が可能なくらいの立派なもの)
それと「ツネイシしまなみビレッジ・・・しまなみフィールド」というサッカー場があります。
高機能人工芝のコートが3面あり 宿泊施設もあるのでしょうか
サッカーの合宿や大会には非常に便利にできています。

ここは昨年の高校サッカー女子中国選手権で来ています。


公共の施設ではなく常石造船という地方財閥が管理運営しているようです。




 予選1位 岡山作陽 と2位 日ノ本学園の決勝戦




試合は作陽が押し気味に進めますが
日ノ本の中盤の選手の寄せが早く容易にゴール前に迫れません。
しかし日ノ本ゴール前の混戦を押し込んで作陽先制

その後もサイドを突く攻撃で何度か決定機を作るものの
その決定機を逃したカウンターに日ノ本の快速FW(3番かなぁ)に抜けられ

失点・・・

前半 1-1 で折り返します。



作陽は左SBの46とその前の左SH42がスピードも技術もあり良く日ノ本のサイドを崩せていました。
CBの8 25は背が高く フィジカルもしっかりしていました。
FWの5番はすばっしこいですね・・・ 右SBの12 右SHの7 もしっかり戦えている印象

後半に登場のボランチ10はさすがの視野の広さ
中盤の戦いを優位にすすめ

ほとんど危険な場面を作らせませんでした。


後半にFKからの混戦を押し込み追加点


そして圧巻は



46番の左ハーフウエイあたりからのスピードに乗ったドリブル突破
中央に切れ込みシュートと思わせて
相手DFを3人ほど引き付けて
足裏でボールを置くパス

後ろから走りこんだ5番が難なくゴール

これで3-1

このシーンはblog「オーレ・オーレ」
で連続写真で見ることができます。


このゴールはなでしこjapan級でした(笑)
過去も含め私が見た中でbest5に入る様な そんな素晴らしいゴールでした。

高速ドリブルというフィジカルと技術
そして後ろからくる仲間が見えてるという視野の広さ

完璧でしたね。


試合はそのまま3-1で
作陽の優勝でした。


作陽は地の利もあったのでしょう
交代枠をふんだんに使ってた
対する日ノ本は少人数での遠征のようで
7戦戦った疲れもあったと思います・・
でも日ノ本らしい 寄せの速くて強いチームでした。


この対戦 ぜひ 夏のインターハイで そして冬の選手権で 再見したいものです。
いいもの見せてもらえました。






もう一試合
実は高梁日新と福井工大福井との9位決定戦と思って観ていた試合・・・


実は3決の 広島文教と青崎HC でした
青崎は若干年齢が低いと感じたのですが(U16くらいかなぁ・・・どうでしょうか)?
強豪文教にくらいついていました。
反対にいうと文教は決定力がなかったですね・・・
試合は文教が前半に上げた1点を守りきり1-0で
勝利しました。




試合終了後 日新の試合会場に行ったのですが
1-1でPK戦をしてました

私が見だしてからも双方5人くらい成功させていましたから
相当に長くPK戦やってたみたいです。

10-11で負けたようですね。



監督blogにあるように
日新もここからのスタート
しっかり地に着いた技術を身に着けて
インターハイ予選に臨んでもらいましょう・・・




















mm
コメント

ルーラルカプリファーム

2015-05-04 15:58:06 | 日記




5/2日
娘と姪と母と4人で
岡山市内の山羊牧場 ルーラルカプリファーム
行ってきました。

幹線道路からちょこっと入っただけで
シンとした森 その中にポツンと たっています。








メインは山羊とのふれあい





大小色々











自家製山羊ミルク 山羊チーズ ヨーグルト
どれも濃厚でおいしかったぁ~



手軽でのんびりするには
格好の場所でした。















mm
コメント

児島半島ツーリング その2

2015-04-30 20:57:14 | 日記





 今日もさほど人気のない?だろう
観光スポットに出没www

今回は
児島半島のもっとも太い部分で
海岸から急に崖が立ち上がってるあたりです。

宇野を通って
海岸沿いに進むと

渋川の海岸

ここには
毎年のように
海水浴に来ていました。

家族・親戚と





舟だまりのところで休憩
遠くに瀬戸の島々が見えます




右方向には瀬戸大橋がほぼ全線見渡せます。
坂出も見渡せました。




渋川海水浴場では
臨海学校なのか
カッターボートが数隻浮かんでいました。



海岸沿いの道から右に折れて
山に入ります。


ここは王子が岳の展望施設が点在していて
180度の視界で瀬戸の海が見渡せます









児島の町だと思います。





瀬戸大橋がほぼ全線見渡せます。

















ニコニコ岩
ウルトラマン岩もあるそうなのですが
それは見つけられませんでした(笑)














コメント

勝手なことを書いてみる

2015-04-29 21:33:09 | 女子サッカー





毎回言ってるけど
一ファンが戦術の事とか書いても
意味ないんだけど

これ 自己満足 というか頭の体操なんで

ちょっと書いてみますね。


実はシャルム
リーグ戦では2013年10月の高槻戦以来勝ててない



なでしこ1部目指してチャレンジリーグを破竹の勢いで
勝ち進んでいたのがうそのよう

この4年で日本の女子サッカーのレベルが
上がったのについてこれてないのか?

それとも下手になったのか?


先日の愛媛FCとのゲームを見てても
どう戦うのかイメージが見えてこない・・・・・・


監督が言うように
前からプレスに行って
ショートカウンターを仕掛ける


というなら・・・・・・・・



もっともっと
DLを上げて

コンパクトに戦わないといけない


スペースを広げると
プレスに行くにも反転速攻に行くにしても
長い距離を走らなければならなくなる

小さく狭いブロックを作って
そこで人数かけてプレスに行く

相手がワイドに選手を張らせても
いちいちその選手に対応しないこと


そして
4BKにする

なぜなら
SBが上がる作戦でサイドを厚く攻められる(SHと絡めて)
ことと
攻撃時
守備的MFの14吉田選手がバランスとれる位置に
下がってCB二人と守って両SBを上げて戦うことも
可能だと思う。

SHが中に絞って
その外側をSBが駆け上がる

様な攻撃をしていかないと・・・・・・・・
















mm






















コメント

つぶやきまとめ 

2015-04-29 11:35:36 | 日記

20150427
この引用文 とりあえず読み通して欲しい 。
まずは事の真偽を明らかにする事!
これを取り上げないのは「言論の自由」を標榜する各マスコミの自死に等しい




リンク
コメント

なでしこリーグシャルムvs愛媛FC 観戦

2015-04-26 19:51:20 | 女子サッカー






岡山市の自宅をバイクで0900に出発し津山陸上競技場へ
岡山市からなら53号線をそのまま北上すれば単純なのですが
53号線は天気の良い休日ということもあり
渋滞を予想し

県道72号線~県道71号線~国道53号線に一度出て~県道52号線で
吉井川にでてそのまま吉井川沿いを北上
というルートで走行しました。

約一時間40分程度で津山までたどり着けました。


このルート特に県道72号は「下道のハイウエイ」気持ちよく
バイクを走らせられます。

71号線は一部細くて危険ですが大部分は
吉備高原ののどかな丘陵地帯を走る快適な道路

県道52号線も同じくのどかな場所を走ります。

最後の吉井川沿いの道は
ついついアクセルを開けてしまいそうな道でした。













吉井川を挟んで津山城と向き合う形であるんですね
作陽高校・・



お昼は「むぎわらぼうし」で津山バーガー








津山陸上競技場では
なでしこリーグ第五戦
吉備国シャルムvs愛媛FC

ここまで1引き分け3敗のシャルムとしては
ぜひとも勝ちたいホームゲームです。



コンデジの写真を















脈絡のない写真で申し訳ありません。






ゲームは先制するも後半2失点し 1-2で逆転負け

シャルム勝てません



シャルム、今日は
かなり選手を入れ替えてきました



FW  まりん 池尻 小松
MF 関口 49佐々木 14吉田 菅原
DF 吉武  宮地  野間

GK    藤田



野間をDFで起用して
新たに49番をボランチで起用しました。


私はシャルムの問題はこのボランチ
49番さんが使えるめどがたったことが
唯一の朗報かもしれません('_')

シャルム先制したものの
攻撃は菅原の個人での突破等の
単発

それに比べ
愛媛は組織だったプレーで
再三シャルムゴール前でチャンスを作れていました。

シャルムの失点は
ゴールに向かう愛媛のシュートをFPがペナエリアで手で止めてしまうという
反則 PKでしかも一発redで
FPは9人に

ここからは愛媛FCの一方的な展開
真ん中からスルーを通されて
ひっくり返されてしまいます。


意識した崩しができているのは
終始 愛媛FCでした。

シャルムは個々の力ではほぼ互角に対抗できるものの
連携という面では
非常に稚拙で
まだまだ改善の余地がありますね。

新チームが発足して
まだ2か月程度

ここから連携を強化して
組織だったプレーで得点を重ねて欲しいですね。













mm




コメント

児島半島ツーリング

2015-04-25 20:49:24 | 日記







本当に気持ち良い春の休日
観光地はどこも人出が凄かったのかもしれません・・・・・が


私は
忘れ去られた

観光地・・・・・・児島半島半周と貝殻山・金甲山

に行ってきました。
もちろんバイクで・・・・・


イザナギ・イザナミの国つくりの神話で
イザナギ・イザナミは形のない泥の海を鉾の先で
かきまぜ 最初のしずくが形になって
それが淡路島になった・・・・


ってやつです。

それの4番目くらい?・・・・・で
出来たのがこの児島だそうです・・・・よ('_')

結構不確かな記憶なので
人に話す場合はウイキペディアあたりで
調べてからにしてくださいね(笑)



古事記に書かれるくらいなので
昔から文明が起こっていたのでしょうが

今はそれを示す遺跡等はないと思います。


バカと煙は高い方へなびく
ということで
展望スポットでもある
貝殻山へ




貝殻山は整備された見晴台があるのですが
私が訪れたときは
私以外の観光客は 「いませんでした」
景色いいのにね(*_*)






この写真の右手側
海側で直線に海岸線がなっている
あたりは昔の塩田跡です。
瀬戸内の海岸でこういった直線の海岸線が
あるところは大体塩田跡の事が多いですね

塩田は今はメガソーラーの太陽光パネルが並んでいます。
塩田は晴れて日当たりのよい地形がベスト
これはソーラー発電にもひきあたります。

そして
ここ貝殻山からは
児島湾に流れ込む
河川が一望できます

向かって右に吉井川





真ん中に
旭川の洪水対策で設けられた
遊水地・・・百間川(河口堰があります)





そして左に
岡山市内を流れる
旭川






そして
お隣の峰
金甲山





児島半島は
岡山市の南に児島湖・児島湾をはさんで
対面していて
半島の中央に
高い山がそびえています。


それが貝殻山と金甲山
金甲山はその山頂に電波塔がそびえていて
岡山県の南部と香川県くらいまでカバーしているのでしょうか?

実は
電波塔が珍しい時代
私の小学生時代

この金甲山がバス遠足の目的地になっていたのです。

電波塔を見学して
そして金甲山の展望台で
その景色を眺める・・・・・・・・

といった。



今でもその雄大なパノラマに変わりは
ないのですが

人は飽きてしまう
いつからか
話題に上らなくなり

観光地としてもさびれてしまってました。
ちなみに私が訪れたときは
車が2台と
自転車で来た方が2名・・・

忘れ去られた観光地なんですね


ここからの景色は

















そして
海沿いを走って













時間にすれば3時間程度のツーリングですが
誰もいないというのは
素敵ですね・・・・・・・


こんな
ところばかり回るのも

私が変人だからから

なんでしょうね(*^^)v











mm
コメント

つぶやきまとめ

2015-04-20 09:55:23 | 日記



150410


株が上がって金融機関はホクホクみたいだけど、儲かってんなら預金金利上げろよって言いたい! 金融緩和で溢れた円は投資に向かわず投機に向かってるだけ 株の上昇は景気と関係ない。




150409

もう一つ言えば「普天間は危険」と米国が言う意味は「基地近辺住民が危険」ではない!「基地自体がテロに対して危険」と言ってる



150409

日米の高度な政治問題を基地移設推進反対の国内問題にすり替えてる。翁長知事の言う政治の貧困はこの事だと思う。言葉の問題にすり替えるマスコミは最低以下



150409

日米安保条約の改定を持ち出し米国に圧力をかける様な胆の座った政治家はもう日本にはいないのだろうか?


150409

日米安保協議の席上で日本側は「普天間は不要だから出て行ってくれ」(軍事専門家も沖縄の海兵隊は抑止力にならないって言ってる 米軍側にも同意見有るそう)って一度でも言ったのだろうか?


150409

「粛々」(言葉)が上から目線って言ってない「粛々と進める事」が県民の意思を無視してるって言ってるんだよね。「沖縄県民は未だかつて一度も自ら進んで米軍に基地を提供した事はない」 「辺野古移設案は政治の貧困だ」 その通りだと思う。
コメント

つぶやきまとめ

2015-04-20 09:52:03 | 日記



150411


今大手資本は国家の枠を超えている。一国家が税制を改正しても国家の枠を超えて免税地あるいは低税率の国家に逃げ込むだけ全国民が応援してるトヨタだっていつ逃げ出すかわからない!TPPで真っ先に議論すべきは国家を超えた企業をどう統制するか だと思う。





150411

経済成長は良いことなのか?

TPP等で真っ平らな経済的地平を作れば強い物がより強くなるだけ……トヨタがどれだけ利益をあげようと「やっぱり日本製は凄い」などの精神的優越感を満足させるだけ
経済学は「非経済成長」のモデルを構築するべきだと思う。



150410


失業率の低下は大幅な公共事業による建設業界の人手不足から波及したものこれは震災復旧なので成長のインフラ投資と言う側面は持ち合わせてない 使い切ったらおしまいの一時的な物




150410

預金金利が上がらない=貸出金利が上がってないから=投資利益が上がってない=生産利益が上がってない(資本から上る利益)=これが景気の現状 だと思う





コメント