蘊蓄cafe

-日々発見、身の回りの話題 【うんちくカフェ】-

国宝 松本城天守

2018年11月28日 | 歴史

 国宝 松本城天守。
 主要な門はあるものの、平城で他の建造物が残っていないので、門をくぐると天守がそこ。大きな堀が命の城かなと。平日なので観光客は少ないものの、外人さんが目立つ。梯子のような階段を上がっていく。天守内には敷居がなく襖は入ってなかったらしい。沢山の鉄砲が展示されている。明治18年から昭和7年まで、二の丸に松本深志高等学校(現名)があり、本丸御殿跡が校庭として使われていたことがあったらしい。
















コメント

道後温泉(夏目漱石「坊ちゃん」)

2018年11月15日 | 歴史

 道後温泉本館。現役の温泉施設でありながら国の重要文化財に指定されており、1月から7年間の補修工事が始まるため、しばらく覆いがかかって見えなくなる。

 夏目漱石は、29際の時に松山中学:愛媛県尋常中学校(現在の県立松山東高等学校の前身)に英語の教師として赴任した。赴任したのは1年だけだが、この時の体験が後の小説「坊ちゃん」に活かされている。
 「温泉は三階の新築で上等は浴衣をかして、流しをつけて八銭で済む。その上に女が天目へ茶を載せて出す。おれはいつでも上等へはいった。」「おれはここへ来てから、毎日住田の温泉へ行く事にきめている。ほかの所は何を見ても東京の足元にも及ばないが温泉だけは立派なものだ。」

 道後温泉本館は、松山中学の北東700m程にある。温泉に入るだけと、2階の団体休憩室付きと、3階の個室休憩室付きを選ぶことができる。坊ちゃんの「上等」は今の3階の個室休憩室付きのこと。3階は満室だったので2階にしたけれど、こちらでもおばちゃんが「天目へ茶を載せて」出してくれる。浴衣とおせんべい付き(3階は坊ちゃん団子になる)。
 個室は6畳ほどの部屋で、一番奥の部屋を「坊ちゃんの間」と称して見学に供している。いずれにしても漱石は、3階の個室を毎回使っていたということだと。





 よく見る漱石の写真は、46歳の時のものだけれど、ここ坊ちゃんの間にある写真は、松山での30歳の時のもの。若々しいんだな。この年に鏡子さんと婚約している。

 松山に来たのは、友人の正岡子規の故郷ということもあるかもしれない。子規とは50日、同宿したという。「漱石」のペンネームも元々は子規が使っていたのを譲り受けたもの。

 3つある大きな外湯を全部回ると、タオルと石鹸がもらえる。施設のおばちゃんは「景品はタオルなんだけどね」と言うけれど、温泉好きにはレア品だ。

 坊ちゃんには、次のところで手拭いがでてくる。
「ところが行くときは必ず西洋手拭の大きな奴をぶら下げて行く。この手拭が湯に染った上へ、赤い縞が流れ出したのでちょっと見ると紅色に見える。おれはこの手拭を行きも帰りも、汽車に乗ってもあるいても、常にぶら下げている。それで生徒がおれの事を赤手拭赤手拭と云うんだそうだ。」

 道後温泉で、貸しタオルが赤いのは、これに因んだものだという。



坊ちゃんには、団子がでてくる。

「おれのはいった団子屋は遊廓の入口にあって、大変うまいという評判だから、温泉に行った帰りがけにちょっと食ってみた。今度は生徒にも逢わなかったから、誰も知るまいと思って、翌日学校へ行って、一時間目の教場へはいると団子二皿七銭と書いてある。実際おれは二皿食って七銭払った。どうも厄介な奴等だ。二時間目にもきっと何かあると思うと遊廓の団子旨い旨いと書いてある。」

 で、御多分に漏れずお土産に「坊ちゃん団子」という三色串団子が売られている。ただ、坊ちゃん(漱石)が食べたのはこれではない。
 三色団子は、アーケード街の「つぼや」の二代目が小説坊ちゃんから考案した団子で、小説坊が発表されたのは明治39年で、三色団子ができたのは大正10年のこと。今では、三色団子があちこちのお店で作られている。

 で、漱石が食べたのは、同じく「つぼや」の一代目が明治16年の創業当時から作っていた「湯晒団子」と言われる。
 今の坊ちゃん団子(三色団子)は、求肥餅を三色の餡で包んで串に刺した団子だが、「湯晒団子」は、米粉餅を小豆こし餡でまぶした素朴な団子だ。つぼやのパンフレットにはそこらがちゃんと説明されているし、湯晒団子を買うと教えてくれる。ただ、湯晒団子は、賞味期限が当日なのと、地味なのであまり売れないようで、店頭に少量しか並んでいない。でも、分かって買ってくれるのは嬉しいみたい。

 つぼやは、小説には「団子屋は遊廓の入口にあって」とあるように道後温泉本館のすぐ前にあったが、今は移転して少し奥まった場所にある。

 また、小説に出てくる汽車が「坊っちゃん列車」として復活し、路面電車にまじって、実際にダイヤ運行している。ただし、当時は石炭を焚いていたけれど、今はディーゼル駆動になっている。展示されているものかと思ったら、実際に走っていて乗れるんだから。ただし、引っ張る客車はこれだけ。

「停車場はすぐ知れた。切符も訳なく買った。乗り込んでみるとマッチ箱のような汽車だ。ごろごろと五分ばかり動いたと思ったら、もう降りなければならない。」

 

コメント

夏目漱石記念館

2018年09月01日 | Weblog
漱石が明治43年8月7日(2日目)から10月11日まで滞在した菊屋の二階部分が移築されて夏目漱石記念館になっている。1日目に泊まった部屋は今も菊屋で梅の間として使われている。移築されたのは昭和55年。2つ部屋があり、漱石が寝ていたのは奥のテーブルが置かれている部屋。吐血して生死の境を彷徨った部屋だ。広い廊下側を頭にしていたという。柱や襖、欄間、障子も当時のまま保存されている。漱石は温泉が好きで1日に何回も風呂に入ったという。





コメント

修善寺の大患

2018年08月29日 | Weblog

108年と5日前の今頃、文豪夏目漱石は、病気療養地の修善寺で、800gも吐血して生死の境を彷徨った。これを「修善寺の大患」という。

後日、漱石は「思い出す事など」に書いているが、今で言うブログのようだ。
「強いて寐返りを右に打とうとした余と、枕元の金盥に鮮血を認めた余とは、一分の隙もなく連続しているとのみ信じていた。その間には一本の髪毛を挟む余地のないまでに、自覚が働いて来たとのみ心得ていた。程経て妻から、そうじゃありません、あの時三十分ばかりは死んで入らしたのですと聞いた折は全く驚いた。」

「 妻が杉本さんに、これでも元のようになるでしょうかと聞く声が耳に入った。さよう潰瘍ではこれまで随分多量の血を止めた事もありますが……と云う杉本さんの返事が聞えた。すると床の上に釣るした電気灯がぐらぐらと動いた。硝子の中に彎曲した一本の光が、線香煙花のように疾く閃めいた。余は生れてからこの時ほど強くまた恐ろしく光力を感じた事がなかった。その咄嗟の刹那にすら、稲妻を眸に焼きつけるとはこれだと思った。時に突然電気灯が消えて気が遠くなった。
 カンフル、カンフルと云う杉本さんの声が聞えた。杉本さんは余の右の手頸をしかと握っていた。カンフルは非常によく利くね、注射し切らない内から、もう反響があると杉本さんがまた森成さんに云った。森成さんはええと答えたばかりで、別にはかばかしい返事はしなかった。それからすぐ電気灯に紙の蔽をした。
 傍がひとしきり静かになった。余の左右の手頸は二人の医師に絶えず握られていた。その二人は眼を閉じている余を中に挟んで下のような話をした(その単語はことごとく独逸語であった)。
「弱い」
「ええ」
「駄目だろう」
「ええ」
「子供に会わしたらどうだろう」
「そう」
 今まで落ちついていた余はこの時急に心細くなった。どう考えても余は死にたくなかったからである。またけっして死ぬ必要のないほど、楽な気持でいたからである。」(思い出す事など:青空文庫)

この時のことは、漱石の妻の鏡子さんも「漱石の思い出」に書いている。
「その間に夏目は私につかまって、おびただしい血を吐きます。私の着物は胸から下一面に紅に染まりました。そこへ皆さんが駆けつけておいでになります。顔を色がなくなって、目は上がったきり、脈がないという始末。
注射を続け様に十幾本かを打ちますが依然としてよろしくない。では食塩注射だということになりましたが、あいにくとその注射器を持ち合わせられない。漸く土地のお医者から借りて来たものの、それが壊れているという始末。壊れたって針さえあればいい、浣腸器の何とかをどうしてと上を下への騒動です。
一晩中壊れかけた注射器を武器にして、お医者さんと病気とが闘われた訳ですが、とうとういい按配に脈も出てきて、危ないところで一命をとりとめることが出来ました。」(漱石の思い出)

この時、療養で滞在していたのが、修善寺温泉の菊屋。
吐血した旧菊屋本館の部屋は、移築され「夏目漱石記念館」になっている。
また、漱石が1日泊まった「梅の間」は、今も旅館の宿泊に使われているという。

泊まってみたい気もするが、少し敷居が高く、この部屋は一人では宿泊できない。

コメント

ペロ〜ン

2018年08月16日 | グッズ

ぺロ〜ン。はがれ始めると右も左も次々と・・・ソフト硬化の接着剤で応急修理してきたけれど長持ちしない。だいぶすり減ってもいるのでそろそろ廃棄。トレッキング用の靴から普段ばきに一足下ろそうかと。

コメント

ごはんまだ?

2018年06月02日 | 動物

ねこです。ごはんまだ?

コメント

ぬこや

2018年05月30日 | 動物
暑くなったり、寒くなったり。
コメント

花菖蒲

2018年05月29日 | 動物

近所の菖蒲沼公園。地下鉄駅を降りて、公園内を通って帰宅してみる。種類によっては、けっこう咲いている。そろそろ花菖蒲と紫陽花の季節。

コメント

招福猫児

2018年04月28日 | 動物

おまいも恩を感じるならば果報をもたらせと言い聞かせてみた。


コメント

招き猫発祥の地

2018年04月28日 | 動物

世田谷の招き猫発祥の地のお寺。NHKおもてなしの基礎英語にでてきたところ。



コメント

足グーパー

2018年04月28日 | 動物
コメント

「磐城寿」「一生幸福」

2018年03月21日 | 

福島のお酒を山形で造っている酒蔵がある。

「鈴木酒造店」。福島県浪江町にあった酒蔵だけれど7年前の震災で倒壊・流失した。事業の再開を模索していたところ、山形県長井市の「東洋酒造」との出会いがあったという。

東洋酒造は、山形県長井市の小さな酒蔵で、「平成13年に女性蔵元誕生」とあるけれど、それには止むに止まれぬ事情があったよう。後継者がいなく平成23年から酒造りを止めようとしていたらしい。

現在、福島の鈴木酒造店は、東洋酒造の設備を譲り受け、山形県長井市の地で「㈱鈴木酒造店長井蔵」として、自身のブランドの「磐城寿(いわきことぶき)」と、東洋酒造のブランドだった「一生幸福」を引き継ぎ醸造している。

鈴木酒造店は、「事故前に研究用にたまたま福島県試験場に預けておいた酵母が生きている」ことを知って事業再開の決断をしたという。福島県浪江町は硬水、山形県長井市は軟水で、醸造には試行錯誤があったらしい。

こういう想いがこもったお酒を飲んでみたいなと。
「磐城寿」「一生幸福」

 

コメント

ライバル

2018年03月04日 | 囲碁

囲碁の世界タイトルの一つであるLG杯の決勝で、日本の井山7冠が中国の謝爾豪五段に1勝2敗で負けた。日本はなかなか世界棋戦で勝つことができない。

韓国の棋士は、井山さんが韓国に来たら、韓国内で5位くらいだろうと言っていた。そして、井山さんには世界で勝つために欠けているものがあると。

そう、オリンピックのスピードスケート女子の小平奈緒選手と李相花(イ・サンファ)選手の関係を見ると、それが何であるか明らかだ。主戦場である日本囲碁界には、井山さんのライバルがいないんだな。一人で囲碁を極めなければならない。一人飛び抜けて7つのタイトルを独占しているけれど、それは喜ぶべきものではなく悲劇だ。

 

コメント

さくら餅が食べたくなる季節

2018年03月03日 | 

さくら餅が食べたくなる季節になった。あの葉っぱの香りが好き。
この香りは、クマリンという物質とのこと。いまでは化学合成が可能になっている。

で、クマリンの面白い用途がある。脱税防止のため灯油やA重油に1ppm添加されているんだな。軽油引取税がかからない灯油やA重油を軽油に混入させて販売しようとすると、灯油やA重油に添加されているクマリンがブラックライト紫外線で蛍光して分かるらしい。軽油にはクマリンは添加されていない。

コメント

ぬこぬこ

2018年03月03日 | 動物

暖かくなるとぬこをよく見かけるようになる。
買い物から帰ると、どこで見ているのか、2匹揃ってひょこっと出てくる。

コメント