宝塚教室

陳式太極拳の練習記録

2019年3月17日 (日)宝塚教室

2019-03-19 14:52:36 | 練習記録

なんとなく日曜日ごとに雨っぽい感じしません?真冬を脱したのですが、雨のせいかいつも少しヒンヤリしている宝塚教室でした。

 

第四期第八回のメニュー

板書(by 田中さん)

 

1.〇心身をほぐす;関節の円運動とストレッチ (小田先生)

 〇気功

 〇雀尾(ランチュエウェイ);自分たちで動いてみる(キョロキョロ先生の方を見れないので不安)。

 

2.長拳

▶すみれ組(長谷川さん・大橋さん)

〇長拳基本功

 ・纏腿 chán tuǐ

 ・五歩拳 wu bu quan

 

〇長拳剣基本功

 ・復習

 ・掃剣 sǎo jiàn

 

 ▶さくら組(小田先生・藤川さん)

〇長拳一路;なんと!今回は20台男子バージョン!!

 ※イー・アー・サン・スーの掛け声なしで、素早く動く!(動けない…)(いかに普段ゆっくりやっているか)(ゆっくりバージョンと20台男子バージョンは全然別物だと実感)

 

3.陳式太極拳36式 

 34.当頭炮 タンドゥパオ dāng tóu pào 大砲のように力強く打ち出す

 (1)落脚推掌 (2)扣脚右捋 (3)擺脚収拳 (4)弓歩掤打

▶すみれ組 (米田さん・大橋さん)

▶さくら組 (小田先生)

 ※(1)落脚はストンと落とすだけ。踏みつけるわけではない。33最終形の左右の手の間隔をそのままに左方向を抑える。

 ※(2)右手内旋、左手外旋。左脚扣脚、右方向へひっぱる。

 ※(3)右手外旋、左手内旋、左手前に拳を収めつつ、右脚擺脚。

 ※(4)炮 ドンと撃ち出す。

 

☆陳式太極剣36式 第四段(さくら組)

 33.交剣 擺蓮 jiāojiàn bǎilián

 ※蜂を刺した右剣をくるんと回すとき、同時に左指剣も回す。手の甲が脇腹に向くように。

 ※くるりと回って右脚叩いたあとの最終形、右手は左剣の少し下。

 

 

次回の練習は第四期第九回、2019年3月24日(日)14:15~15:45です。早くも年度の最終回。

コメント

2019年3月10日 (日)宝塚教室

2019-03-11 12:07:20 | 練習記録

2週間ぶりの板書は田中さん(レバノン、アブダビとちょっと変わった所に行っておられた)

1.〇心身をほぐす;関節の円運動とストレッチ (小田先生)

 〇気功;五功気功の中の「開合」

   開く、閉じるなのですが、内旋を外旋がきっちり入っております。

 〇雀尾(ランチュエウェイ);今回は手の動き。四つの用法を意識しよう!

 2.長拳

▶すみれ組(長谷川さん・大橋さん)

〇長拳基本功

 ・側踢腿 ce titui

 ・五歩拳 wu bu quan(←四声をつけられない...)

  ※新太極拳のHPでかわいいアニメーションをみつけました↓

・アニメで早わかり五歩拳(内家拳研究班より)かわいいデス

〇長拳剣基本功

 ▶さくら組(小田先生・藤川さん・市宮さん)

〇長拳一路

〇長拳二路

 一路は今期で暫くお蔵入りですのでしっかり体に覚え込まそう

3.陳式太極拳36式

 33.転身バイ 270度右に回ります

▶すみれ組 (米田さん・大橋さん)

▶さくら組 (小田先生)

 北西→東に右回りは連続してほとんど一気に回ります。

 バイは相手の狙う部位を意識して脚を回そう!

☆陳式太極剣36式 第四段(さくら組)

 32.黄蜂出洞 1.2.3のリズムで最後は腰の回転で剣を出します。

雨の寒い日でしたが、良く練習した

≪<font color=red>おススメの練習方法</font>≫

題して、部分練習を一番におススメします。

一つの型の右手だけ、左手だけ、
一つの型の半分の右手だけ、左手だけ、というように細分化して
自主練習をすると、動きの密度が上がりスムーズな動きになります。

その次に手足を合わせて一つの型、それから一段ごとに。
全体としては套路を10分から15分かけてゆっくり練習します。

年会はでは6分から6分半ぐらいが目安です。

自主練習をやっている方におススメの練習法で、やらない方は対象外

次回の練習は第四期第八回、2019年3月17日(日)14:15~15:45です。

 

コメント

2019年3月3日 (日)宝塚教室

2019-03-04 17:09:22 | 練習記録

第四期第六回の宝塚教室↓

板書(by うおどめ)

 

1.〇心身をほぐす;関節の円運動とストレッチ (小田先生)

  ※小田先生によるバランスボール2個を使った肩のストレッチ実演教室。なかなか気持ちよさそう!

 〇気功;今回も胸の前でボール縦回し。

 〇雀尾(ランチュエウェイ);今回は脚の動きのみ。手を外すと脚にしっかり集中できていいですね。

 

 

2.長拳

▶すみれ組(長谷川さん・大橋さん)

〇長拳基本功

 ・側踢腿 ce titui

 ・五歩拳 wu bu quan(←四声をつけられない...)

  ※新太極拳のHPでかわいいアニメーションをみつけました↓

・アニメで早わかり五歩拳(内家拳研究班より)かわいいデス

〇長拳剣基本功

 ・復習  刺剣 cì jiàn(←たぶん)

 

 ▶さくら組(小田先生・藤川さん・市宮さん)

〇長拳一路

〇長拳二路

 ※とにかく弓歩にちゅうい!!!

 

3.陳式太極拳36式

 32.退歩跨虎 トゥイプ クワフゥ tuì bù kuàhŭ 後方に退き虎に跨る

 (1)外旋握拳 (2)撤歩分掌 (3)収脚立掌

▶すみれ組 (米田さん・大橋さん)

▶さくら組 (小田先生)

 ※31の最後の手の型から外旋しつつ小指から指を折って、親指を折り収めるまで気を抜かない。

 ※「含胸」という黒板でみたことある言葉が出てきました。「含胸抜背」という言葉を聞いた記憶が。どうもとても大事な言葉(概念)だそうです。そういえば先生に背中を注意されました。

 ※(2)では虎に跨る。ここで虎に跨る状況ってあるんだろうか、アメリカではピューマを素手で殺した人がいるらしい(!)、男性は力が強いからまだあり得る(んだろうか)、、、ムツゴロウさんによると噛まれたらかえって手を突っ込んだ方がいいらしい、手を突っ込んで内臓を掴み出すんだ!(女性用)などと、話題沸騰。

 ※(3)の立掌のとき、身体は南向きで右手はほぼ身体の中心の前。高さは目より低く。もちろん右肩は前に。

 

☆陳式太極剣36式 第四段(さくら組)

 31.落花式 luòhuāshì

 ※30の最後の形から剣を外旋させ、花弁がすっと落ちるように左下に切り下げる。目線は剣の先あたり。

 ※左下で剣を内旋し、左上から右下方向にすっと切り下して、右腰に収める。このとき剣は立剣と平剣の間くらい。


 

復活の副級長S田さんと小田先生でお雛様バージョン記念撮影

 

 次回の練習は第四期第七回、2019年3月10日(日)14:15~15:45です。

コメント

2019年2月24日 (日)宝塚教室

2019-02-25 13:42:50 | 練習記録

(190304記)五歩拳のピンイン読みを訂正しました。

 

陽射しに気温が少し近づいてきました。教室の窓も少し開いてて、暖かいとはまだ言えないですが、外の風が入ってきてました。

第四期第五回の宝塚教室↓

板書(by うおどめ)

 

1.〇心身をほぐす;関節の円運動とストレッチ (小田先生)

 〇気功;胸の前でボールを縦方向に回す。套路の29.獣頭勢のところの手の動き。

 〇雀尾(ランチュエウェイ);弓歩のとき前の足と後ろの足の間隔(縦じゃなく横軸のほう)をしっかり取ること。後ろ足は30°~45°。

 

2.長拳

▶すみれ組(長谷川さん・大橋さん)

〇長拳基本功

 ・側踢腿 ce titui

 ・五歩拳 bingbu baoquan wu bu quan(←四声をつけられない...)

〇長拳剣基本功

 ・復習

 

 ▶さくら組(小田先生・藤川さん・市宮さん)

〇長拳一路

〇長拳二路

 ※長拳のときの弓歩は前足後ろ足の(横軸方向の)間隔はあけない。馬歩から弓歩に移るとき、特に脚を踏み替えない。後ろ足の角度注意!

 

3.陳式太極拳36式

 31.上歩七星 シャンプチィシン shàng bù qī xīng 前に踏み込み七つの力を集めて跳ね返す

 (1)上歩架拳 (2)内旋撑掌

▶すみれ組 (米田さん・大橋さん)

▶さくら組 (小田先生)

 ※左足を擺脚(バイジャオ)、左脚に体重移動、右脚扣脚( コージャオ)、右拳で相手の股座を突き上げる。

 ※内旋しながら相手の腕を掴み、掌を返してそれを突きはなす(で、いいでしょうか)。

 ※両腕で作った円の中に力がみっちり詰まっているイメージ。

 

☆陳式太極剣36式 第四段(さくら組)

 29.左托千斤 zuǒtuō qiānjīn

 30.右托千斤  yòutuō qiānjīn

 ※左に行くときは剣の手のひら側が上、右にいくときは手の甲側が上。

 ※29も30も最後の剣を持ち上げるところは、腕だけで上げるのではなく腰の捻りを使って上げる。


 

 次回の練習は第四期第六回、2019年3月3日(日)14:15~15:45です。

コメント

2019年2月17日 (日)宝塚教室

2019-02-18 18:19:45 | 練習記録

第24回年会、無事終了しました。雪の朝でしたが、交通も問題なかったようでよかったです。

今回、宝塚さくら組メンバーは拳と剣両方にエントリーさせていただきました。例年ならどちらか一方の表演で片方は忘却の彼方、、だったのですが、今年は緊張感が違いました。(いや、忘却云々は自分レベルのことでして。。。)

さて年会後の第四期第四回の宝塚教室は、少し気温が上がるのかと思いきや、しっかりとした曇り空で肌寒かったでした。長拳あたりからやっと身体が暖まりました。

板書(by 田中さん)

 

1.〇心身をほぐす;関節の円運動とストレッチ (小田先生)

 〇気功;「気血水」と言われてたような、、要するに体内の液体の流れが大事ということだったような、、

 〇雀尾(ランチュエウェイ);久しぶりです

 

2.長拳

▶すみれ組(長谷川さん・大橋さん)

〇長拳基本功

 ・弾踢 冲拳 tán tī chōngquán

 ・蹬踢 推掌  dēngtī tuī zhǎng

〇長拳剣基本功

 ・套路と今までの復習

 

 ▶さくら組(小田先生・藤川さん・市宮さん)

〇長拳一路

〇長拳二路

 

3.陳式太極拳36式

 30.雀地竜 チュエディロン què dì lóng  龍が地を這う 

  (1)旋腕擺掌 (2)弓歩合手 (3)握拳後座 (4)僕歩穿拳

▶すみれ組 (米田さん・大橋さん)

▶さくら組 (小田先生)

 ※(2)の弓歩、後ろ足はちゃんと45°にすること。

 ※(4)僕歩のところ、左足は南へ向いたまま。前方(東)には向けない。

 ※右太腿がすごくぷるぷるしますが、先生はしないそうです(!)

 

☆陳式太極剣36式 第四段(さくら組)

 27.疾風 偃草 jífēng yǎncǎo

 28.斜飛剣  xiéfēijiàn

 ※27では左脚をしっかり後ろに運んでから、草を薙ぐ。

 ※28最終形は北西より少し北め。


 

 次回の練習は第四期第五回、2019年2月24日(日)14:15~15:45です。

コメント (1)