マダム春双の算命学

算命学とは誕生日をもとにした中国の占星術です。
ご自分の宿命を知ると生き易くなりますよ。

星のメッセージ 94

2009-05-31 19:51:10 | 星のメッセージ
 自分らしく生きたいのであれば、

人の目や口を気にしない、

何をおいても、まずはこれが大前提です。
コメント

私信 美咲さんへ

2009-05-30 20:15:10 | 私信
 美咲さん、職場でもご家庭でも頑張って頑張って来られたんですね。

 以前、我慢には3つあると聞いた事があります。

 しなくてはいけない我慢。
 しなくてもいい我慢。
 してはいけない我慢。

 まだまだ美咲さんは38歳。
もう一花も二花もドカーンと咲かせましょ。
これからのご自身の人生も大切になさってね。

 来月5日から午月に入ります。
美咲さんの天中殺月です。
この2ヶ月間は大切な決断をされないように・・・
コメント

ブログ鑑定 34 まだ続き

2009-05-30 12:39:54 | ブログ鑑定
 さて、金融機関の総合職としてで頑張られている美咲さんですが、
最近は仕事の方も疲れが出ているのを感じられるそうです。

 「この仕事向いていないのかしら。」って言われていましたが、
それは違います。
美咲さんのエネルギー自体は身弱ですが、その分、よく気がつき、
よく動かれますよ。
役職についている事もうなずけます。

 そもそも金融を取り巻く環境が厳しすぎるのです。
金融自由化で、幕下も横綱も同じ土俵に上がっているようなものですから。

 それにしても現在の不況の嵐は風速を弱める気配はありません。
でも後少し。
あと3~4年です。
鬼門を通過したら必ず陽の時代がやってきます。
寒い冬の後に春が来る自然の理と同様、
今は『辛抱』の2字の上にじっと耐えて下さい。
コメント

ブログ鑑定 34 続きの続き

2009-05-29 20:43:10 | ブログ鑑定
 ブログ鑑定34の美咲さん、実は夫が守護神なんですよ。
結婚して幸せになる女性です。
仮に今のご主人とお別れになっても、
結婚はこれからの人生の視野に入れておかれてくださいね。
美咲さんはエネルギーも身弱だし、専業主婦が向いていらっしゃるんだけど
中々思うように運命と宿命が合わないものですね。
コメント

ブログ鑑定 34 続き

2009-05-29 13:30:41 | ブログ鑑定
 美咲さんのご主人ではないけど、
最近の20~30歳台の男性は、
「妻子の扶養義務」という感覚が薄くなっているのかしらね・・・
まぁ世帯主一人では養いきれないという世知辛い現実もあるんでしょうが。

 うちの先生は、
男性の浮気に関しては「まぁまぁ」って感じで鷹揚なんですが、
こと扶養義務については、

「十人の口を支える力と書いて男って書くんだろう。
 何をやっとるんじゃい! 」

とかなり厳しく批判されています。

 金銭感覚については、生来の生育歴もあるし、
宿命上に金銭にだらしない等はありません。
そもそも財の星自体がない方ですから。
こういう方は、ちゃんと働いた分しか残りません。
お金のことについては、もうきちんと話し合いもされたと思います。
それでも、改まらないようでしたら離婚も現実的な選択肢です。

 美咲さんには両手に花の二度縁こそはないですが、
火局三合といって二度縁の質があります。
離婚されたら宿命の消化という事になります。

 そして、美咲さんの日干支は庚金の寅。
この日干支は、土壇場で力を発揮する強い星。
ご自身の思うように生きられてください。
腹が決まると強いですよ。
夫がいなくても生きていけるという母の覚悟は、
子どもの将来に決してマイナスにはならないと私は思うのです。
コメント

ブログ鑑定 34

2009-05-28 17:34:33 | ブログ鑑定
 さて、美咲さんからの相談は、
先のブログ鑑定33のサンスロープさんと同じ頃にいただいたんです。
美咲さんのご主人の方が『女性関係』やら『浮気』の宿命なのに・・・
でも、これは仕方がないのよって思っていました。

 今日はまずはご主人の方からね。

 ご主人は辰月生まれの癸水の人。
春の水です。
この『春水さん』は、生来の女好きです。
春の水は、寒い冬が終わって待ち焦がれた春がやってくる、
水がぬるみ養分を一杯蓄えています。
色っぽいんです。
蓄えた養分をあちこちに蒔きたい、
子どもが生めそうな若い女が大好きなんです。

 おまけにご主人は天恍星といってモテ星があり、
天印星といって赤ちゃん星もお持ちです。
赤ちゃんを嫌う人なんていませんよね。
無邪気で人から嫌われない得な星です。

 これだけ揃えばねぇ・・・

 もし女性関係の悩みだと、
「これは春水さんの病気ですから、あきらめたほうがいいです。
 我慢できないなら離婚です。」ってなるんですが。
 
 ご主人の主星は牽牛星というプライドの星ですが、
まわりにぐるりと遊びの星、鳳閣星と調舒星がありますね。
遊び上手がまわりに集まると遊んでばかりになってしまいますよ。
ただし、ギャンブルはやめたほうがよろしいでしょう。
財の星がない人だから、やっても負けが込みます。

 恋人でいるうちは楽しい男性でしょう。

 
コメント

ブログ鑑定 34 相談

2009-05-28 17:22:05 | ブログ鑑定
 今日は東京から美咲さん、金融機関にお勤めの38歳の女性の方。
現在、離婚しようか迷っていらっしゃいます。
ご主人は、やれパチンコ、テコンドー、釣り、フットサル等自分の趣味で大忙し、
全然家庭を大切にしてくれません。
女性関係はないので、我慢しようとも思うのですが、
ご主人の実家の借金を肩代わりし、
「主人がいないほうが生活が潤う?!」という結婚生活に疑問が出てきました。

 女として辛いのは女性関係ですが、
それがないのなら我慢しようか・・・
揺れますね。

 星は何て囁いてくれるのでしょうか。
コメント

コメントありがとうございます、いなぞうさん

2009-05-27 20:03:10 | コメントありがとうございます
 そう、いなぞうさんのお母さんも頑張り屋さんね。
『バツイチ』んなんてなかった頃、
歯を喰いしばって頑張ってこられたんですね。

 ご先祖様に手をあわせているんですもの、幸せになりますよ。

 それとね、南北同じ星のある人って、
家に入ってくれる人と縁があるもんなんですよ。

 不思議ね、宿命って。
命に宿っているんだもの、素直に従うほうがよろしいですね。
コメント

マダムのひとりごと  53

2009-05-27 11:20:34 | マダムのひとりごと
 先日のブログ鑑定33のサンスロープさんからメールを頂きました。
「私はこの家に嫁に来るようになっていたんですね。」って言われていました。

 実はその日、私は父と親子喧嘩をしていたんです。

「本当に可愛げのないじいさんだわ、実の親と言えども嫌だわ。」
ってむかむかしていました。

 
 どうにも気持ちのもって行き場がなくて、
その時にサンスロープさんのメールを見たんです。

「そうだったわ。
 どうして私が同居がをしなくてはいけないのか、
 そう悩んで算命学で占ってもらったんだわ。」
って思い出しました。

「奥さんの南北同じ星は相続運、兄弟のうちあんたしかもっとらんじゃろ。」
って先生に言われて、ものの5分で胸のつかえがストンって落ちたんだっけ。

 私が父と暮らすようになっているんです。

 そして「なら、私はここで幸せになる。」って腹をくくって、
同居のいいとこだけを見るようにしてきたんじゃないの・・・

 そんな思いが駆け巡りました。
父も年取るとがんこになるわなーって思い直し、
大好きなフルーツサンドをほお張りながら涙がつーっとつたいました。

 算命学は立派な勉強なんだわ、だから人を幸せに出来るんだわと、
襟を正した一日でした。
コメント (1)

ブログ鑑定 33 まだありました

2009-05-26 20:03:10 | ブログ鑑定
 さて、大運天中殺真っ只中のサンスロープさん、
入り際のゴタゴタはなんとか切り抜けられましたね。
来年からご主人の天中殺に突入します。
ご主人は最身強ですから、回りの人に天中殺が飛ぶかもしれません。
以前にも増して丁寧な生活を心がけてくださいね。
何があったって、
「何これ位ならいいてことよ。」という開き直りがよろしいんですよ。

 それとご主人の結婚星は妻星はなくて恋人星のみ。
結婚しても妻に求めるのは恋人。
つまり、家の中も自分も綺麗にしておいてねっていうタイプの宿命です。
ちょっと大変だけど、ご主人とキープするためにがんばってね。
コメント

個人鑑定(有料)を募集しています

相談内容や料金のお問い合わせ等はパソコンの方は右サイドバーの『メッセージを送る』をクリックされてください。

算命学 お稽古

 グループレッスン2期生の募集は終了いたしました。お問い合わせありがとうございます。 次回は10月からの第3期生を募集させて頂きます。 まずは自分で鑑定版を書けるようになりましょう。これが書けないと勉強がいつかどこか必ず止まります。 お問い合わせは下記までよろしくお願いします。 syunsou@mail.goo.ne.jp (こちらは入力して下さいね)

カレンダー

2009年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フェイスブック始めました

https://www.facebook.com/m.syunsou/

バックナンバー