やまじゅん通信 “きょうのヤマ場”

日本共産党神戸市会議員 山本じゅんじ WEB通信

大震災から10年

2021-03-11 | 日記・エッセイ・コラム
 東日本大震災から10年。あらためて、被災されたみなさまにお見舞いを申し上げますとともに、亡くなられた方々には心からご冥福をお祈りいたします。

 10年前、議員団のメンバーで福島県へ応援にいったこと、もう10年たったんだなと思い起こされます。
各戸を軒並み訪問し、被災の状況や必要な支援を聞き取りしてまわったこと。被災されたかたといっしょに届け出に役所に出掛けた際、応対していただいたのが他県からの応援の方だったり。
支援内容がわかりにくく、夜中までかかって自分で内容を整理し、一覧表を作ったり…といろいろ思い出します。
 阪神淡路大震災と違っていたのは、原発のあるまちから避難されてこられた方々が多くおられたということです。
震災後、被災地の状況は自然災害の被災地などの全国交流会でよく見聞きしてきましたが、報道を目にすると、当時の状況が目に浮かび、とても辛い気持ちになります。
いまだふるさとへ帰ることも叶わない方々も多くおられます。津波、原発と阪神淡路大震災とは違う性質の被害状況。報道を見ていても、復旧・復興への道のりの違いを強く実感します。
そして、いまだ原発をベースロード電源として位置付けて使い続ける政府の方針は、最悪な歴史的愚策としか思えません。
 求めるべくは、自然災害にあってももとの生活いち早く取り戻すことができる支援の充実。基本は、普段から社会保障の水準をきちんと高い水準で維持しておくことが大前提だと思います。
 被災地・被災者への支援、被災地の復旧・復興を応援していきたいと思います。

日本共産党が、震災から10周年にあたって「提言」を発表し、政府に申し入れしました。内容は下記に全文↓

コメント

スマスイ~解体でなく有効活用を

2021-03-09 | 日記

 昨日の議案質疑の続きです。
須磨海浜水族園の本館部分を除く解体契約についてです。
今回の提案では、解体費用に22億円を計上していました。質疑のなかで本館部分の解体には概ね5億円程度、ということが明らかになりました。あわせて約27億円です。修繕には10数億円程度かかるとの見込みのようですが、そのおよそ倍近い金額をかけて、既存施設を解体撤去し、水族館の運営業者に公園を明け渡すという構図にはやはり納得いきません。
 公園という公共空間を特定企業グループに占有させ、利益をあげさせその大半は企業側に属します。収益施設からの利益なども含め利益の一部は公園整備などに活用されるとは言いますが、利益の大きさからすればアンバランスです。また、見込んだほど業績が上がらなければ、公園に関わる公費の負担は増えることになるのがPーPFIの問題点のひとつです。

 さらに問題なのは、解体については老朽化しているというのが理由のひとつです。でも須磨海浜水族園とシーパル須磨(国民宿舎須磨荘)はどちらもできてまだ30年程度。老朽化と言えるのでしょうか。神戸市は学校施設超寿命化計画のなかで、学校施設の平均使用年数を90年程度としていることと比べても、判断基準があまりにも異常です。
滞在型リゾートとして位置付けられた須磨海岸は民間企業の利益のためにわざわざ施設を老朽化したとして壊して公園という公共空間を明け渡す、一方で子どもたちが1日の生活の大半を過ごす施設であり、学びの施設である学校は老朽化してもだましだまし使っていくという構図。これ、だれが納得できるでしょうか。市民のスマスイを残して。これはずっと続く市民の声です。
市民に愛され続けてきたスマスイは、解体ではなく必要な修繕をして有効活用を。
コロナでさまざまな開発計画が各地で見直しへ、というニュースが、よく伝えられています。一方で神戸市ではコロナであっても何一つ開発事業が見なしされず、コロナ以前からの計画を粛々と進めるだけというのは、おかしいでしょ。

 

コメント

医療機関や小規模業者へ十分な支援を

2021-03-09 | 日記・エッセイ・コラム




 2月18日の議案質疑では、3問。
神戸市の補正予算で提案されていた、医療機関支援と業者支援、そして現須磨海浜水族園の本館以外の部分を解体する工事の契約案件について、それぞれききました。
 医療機関や業者への支援では、基本的に支援については評価しつつ、もっと充実することを求めたものです。
医療機関も業者も新型コロナで経営が厳しい状況にかわりなく、医療機関については、事前に直接聞いた内容や医療団体のアンケート調査にも触れながら、更なる支援が必要だと求めました。
また、業者については、家賃補助を1ヶ月の2分の1実施しようというものでした。十分かと言えば全く不足していますが、国の支援が十分じゃないなか取り組もうとしていることは評価できます。
ただ、その内容と対象が狭くないか?と感じました。クリーニング業や生花店、理美容業など実際にお聞きすると大変深刻です。先が見えず開業間もないエステ店が廃業したりしています。
 政府の一時金の対象となる業種が、市の支援の対象として連動させるとのことでした。政府の一時金は、飲食と直接・間接取引があれば対象となるとのことで、比較的幅広い業種・業者が対象となりそうです。一方で、対象月で前年比50%以上の売り上げ減がひとつの条件になっていますが、50%というとかなりのハードルです。廃業寸前やん!という声もお聞きしたなかで、必要なのは売り上げの減少幅が50%未満でも対象にすべきだと求めました。けっこう50%まで届かないという声もよくお聞きしたなかでの要求です。
結局、国が50%以上減少としていることから、市の条件もそれに合わせることで迅速に給付が可能になる、との市の答弁は変わりませんでした。
医療機関や業者が大変深刻な状況だという認識は共有できたとは思いますが、なかなか提案以上の水準での答弁には至りませんでした。
 いまも様々なお声をちょうだいしています。しっかりといろんな機会を通じて実態を届けたいと思います。
須磨水族園の解体については、次回に。
コメント

予算議会の真っ只中です

2021-03-08 | 日記
 久しぶりの更新となりました。前回更新してから間もなく、予算議会へと突入してしまい、てんやわんやの日々でした。
今回は、まず本会議で補正予算案などの議案質疑を担当しました。議案質疑は久々。しかも初日の本会議でした。本会議は何度やってもなかなか慣れないですね。
 また、3月にはいってからは、予算特別委員会で予定していた2つの局にたいしての質疑を終え、少し一段落したところです。まだ、予算特別委員会は続いていますが、私の所属している第1分科会はあすの建築住宅局の審議で局別審査は終了です。
これから先は、後半の常任委員会へむけての準備を進める予定です。
質疑の内容については次回の更新から順次報告していきます。
コメント

休業には十分な補償が必要だ

2021-01-29 | 日記
 先日、議員団で飲食店街を訪問。9人の議員と喜田県会議員、こむら潤さん、業者さんの団体の方、地域の方総勢20名ほどで手分けをして、各お店の現状をお聞きしてきました。
 なかには、去年の3月に開業したばかりのお店も。お聞きしていると、持続化給付金は対象外だろうと諦めていたとのことで、対象になることをお話しし相談に繋がりました。8時閉店は厳しいが、晩御飯目当てにこられる独り暮らしの方や、親交をあたためている会社員とその上司などなど、さまざまな方が普段から出入りされているのでそういう方たちがいる限り、いつきてもいいように店は閉められない、と仰っていました。
そういうお話は、他のお店でも共通していました。お客さんの来ない日があっても、自分の給料はでなくても、従業員やお客さんのためにと必死に努力されている店主さんの声に頭がさがる思いでした。
 印象的だったのは、休業支援金。一律6万円に疑問の声が。営業実態に合わせて、金額は弾力的に幅を持たせた方がいいのでは?という意見がよく聞かれました。また、お店はよくても、納入業者には1円も当たらないのは理不尽との意見も。そうですね。よくわかります。
家賃の減額すら家主さんが同意せず、補助金が受けられないという声もありました。
貴重なご意見をたくさんいただきました。お仕事中にも関わらず、応対していただきありがとうございました。

 やはり、十分な補償が必要です。
「GO TO」のまえに、今必要としているところに支援が行き渡ることこそ必要です。

 
コメント