LA VIE EN ROSEのプロムナード(散歩道)

私達の毎日の生活は”プロムナード(散歩道)”です。散歩道で発見した出来事を日常世界ふしぎ発見!でご紹介して行きます

Amour du Chocolat!

2019年01月25日 19時38分04秒 | 日記
Amour du Chocolat!


今日は、病院の診察が早く終わりましたので、高島屋にお散歩に行ってきました。高島屋では、年に一度のショコラの祭典 ”Amour du Chocolat!”「アムール・デュ・ショコラ」が開催されていますので、各ブースを見て回って試食してきましたね。


 記録

 天気: 晴のち曇
最高気温(℃)[前日差] 9℃[-1]
 最低気温(℃)[前日差] 2℃[-2]

 散歩人

コメント

午後のお散歩で歩行力の強化

2018年12月21日 21時04分00秒 | 日記
仙川橋からの風景


冬は、歩行力が落ちますので、午後のお散歩は、歩行力の強化の為にゴールの祖師谷橋まで午後のお散歩に歩いてきました。

帰路: 「ターナーの絵の世界」



 記録

 天気: 晴れ
 最高気温(℃)[前日差]  14℃[0]
 最低気温(℃)[前日差]  5℃[0] 
 
 自宅  12:47 
 赤坂上 13:01
   +建売下の小径
 幼稚園前
  +遊歩道

 仙川橋 13:30
 一の橋 13:37
 二の橋 13:50
 三の橋 13:58
 四の橋 
 祖師谷橋14:17
 四の橋 14:23 
 三の橋 14:35
 二の橋 14:50
 一の橋 15:10 
 自宅着 15:10
 歩行距離:3.00km

 散歩人


コメント

高校講座 (1)【ベーシックサイエンス】 (2)"【音楽1】 (3)【地理】 (4)【物理基礎】

2018年07月12日 22時30分14秒 | 日記
【私だけの学習メモ】 高校講座を視聴していない方には、何の事やらさっぱりわからない私だけの学習メモですので、全く読む必要はありません。

頑張って高校講座で勉強しました。

今日の教科は;


【ベーシックサイエンス】第17回  やじろべえの科学 ~重心~

分厚い本を立たせる
やじろべえ

今日も藤本チーフからの指令に挑戦するキュピトロンの3人。
その指令とは、「ものを一点だけで支えて、倒れないようにするには?」というものです。

3人は、分厚い本を傾けて角で本を立たせようとしていますが、中々うまくいきません。

そこで、藤本チーフが出したヒントは、「やじろべえ」です。
やじろべえは1点だけでそれ自体を支え、倒れずにバランスを取っています。

これには「重心」が大きく関係しています。

直方体の重心と重力
横から見た直方体の重心
支点

重心については、第7回の「壁を倒せ!」で学びましたが、ここで少しおさらいです。

直方体の重心は、側面に引いた対角線の交わる中心付近の内部にあります。
物体を傾けていくと、物体は地面に接している支点で支えられるようになります。

物体が倒れる

藤本 「では、この物体を傾けて倒れるのはどのようなときでしたか?」
彩加 「重心が支点からずれたときです。」
藤本 「そうでした。重心が支点の真上を超えなければ、重力の働きで元に戻り、超えると倒れます。すべての物体には、重心があります。重心とは、その物体を1点でバランスをとれる点のことです。」
二千翔 「でも、重心がどこにあるか、どうすれば分かるんですか?」
藤本 「実は、物体の重心を探す簡単な方法があります。」

▶重心の探し方

重心の位置
長方形をピンで留めて吊るす
別の点をピンで留めて吊るす

重心を探す方法を、長方形の模型で見てみます。

重心は、対角線の交わる点にあります。
まず、長方形の一点をピンで留めて吊るします。
ピンにはおもりを付けた線もぶら下がっており、この線は重心を通っています。
次に、別の点でも同じようにすると、おもりを付けた線はやはり重心を通ります。

おもりを付けた2つの線が交わる点
「重心を求める方法」でどのような物でも重心が分かる!

つまり、異なる2つの点で吊るして、おもりを付けた線が交わる点に重心があるのです。
この方法を使えば、どんな形の物体でも重心の位置を求めることができます。

では、やじろべえもこの方法で重心を求めることができるのでしょうか。
平面のやじろべえを使って試してみました。

やじろべえをピンで留める
腕に印を付ける

まず、やじろべえの腕の一点をピンで留めて支え、自由に動かせるようにします。
このときの重心は、ピンから真下に延びる線のどこかにあります。

しかし、この状態では、先ほど長方形で確かめたようには線を引くことができません。
そこで、やじろべえの腕の、線が重なる部分に印を付けておきます。

別の点で支える
直線を引く

次に、別の点でも同じように、やじろべえを吊るします。
やじろべえを揺らして止まったところで、先ほどと同じように腕の部分に印を付けます。

次に、ピンで留めた点と、印をつけた点をそれぞれ直線で結びます。
こうして引いた2本の直線が交わったところが、やじろべえの重心になるはずです。

やじろべえの支点と重心

キュピトロン 「重心がやじろべえの中にないです。外にあります。」
藤本 「そうです。やじろべえの状態にするとよく分かりますが、重心はやじろべえの中ではなく外にあります。支点より下の部分にあるので、物体は倒れないのです。」

▶立て!トラックやじろべえ

トラックやじろべえは立つのか?

藤本 「ここで、問題です。トラックを胴体として、両腕にもおもりを付けた “トラックやじろべえ” は、きちんと立つことができるでしょうか。」
彩加 「重心が軽トラックにあって、その重心が支点からブレないように、腕がバランスをとる役割をするから倒れない!」

トラック
腕の長さ4.6m
柱3.5m

胴体に使うトラックを用意しました。
やじろべえの腕の長さは4.6mで、先端におもりを入れることができるようになっています。
トラックやじろべえの総重量は約1100kgです。
高さ3.5mの柱の上にトラックを立たせます。

8時間後、準備が完了し、実験開始です。

トラックの後ろの角を柱に載せる
左右174kgずつおもりを入れる

ロープを使ってクレーンでトラックを吊るし、トラックの後ろの角を柱にのせます。
腕には、左右5.8kgのおもりを30個ずつ入れていきます。
入れたおもりの重さは、左右それぞれ174.0kgずつです。

横に傾くトラック
トラックが立つ
少しずつクレーンを下げていくと、トラックは横に傾いて立ちません。
このままロープをゆるめると、落ちてしまいます。
重心が支点よりも高かったようです。

そこで、腕のおもりを増やしていくと、トラックは次第に立ってきました。
クレーンのロープも緩み、1点でバランスを取って立っています。
見事、実験は成功です。

入れたおもりは最終的に、左腕に348.0kg、右腕には330.6kgでした。

しかし、おもりを重くしていくと、なぜトラックやじろべえは立つのでしょうか。
このとき重心の位置は、どのように変わったのでしょうか。

▶やじろべえの重心

やじろべえ
やじろべえの重心は中にある

ここで、ガリレオ先生こと、川村康文先生(東京理科大学教授)に詳しく解説していただきます。

まずは、おもりを重たくすると、やじろべえの重心はどう変わるのかを見ていきます。

用意したやじろべえは、おもりの部分が軽い素材でできているため、釣り合いをとることは難しいといいます。
やじろべえを実際にセットしてみると、すぐに倒れてしまいました。

これは、重心がやじろべえの中にあるためです。
先ほどの実験で倒れそうになったトラックと同じ状態です。

やじろべえの重心が支点の下になる
やじろべえの重心と重力

ここで、左右のおもりに大きな釘を刺して重くすると、やじろべえは立ちました。
やじろべえの重心の位置を求めてみると、重心の位置が支点よりも下になったことが分かります。

重心が支点よりも下にあると なぜ倒れないのかということを、重力の働きで考えてみます。

川村先生 「やじろべえを傾けても、重力によって振り子のように元に戻ります。これは、先ほどの実験で立ったトラックと同じことです。」

再度本を立てる

最後に、分厚い本を立てることに再挑戦しました。
本に腕を取り付け、おもりを付けると、今度は大成功です。



【音楽1】第17回  太陽に輝く音色 ~金管楽器に親しむ~


金管楽器は、真鍮(しんちゅう)で作られた菅に息を吹き込んで音を出します。音の高さの変化は、管内の空気の長さを変えることと、唇の閉めぐあいによって調節します。金管楽器は、弦楽器・木管楽器より新しい楽器ですが、古代エジプト・メソポタミア文明にはすでに出現していました。ほかの楽器と同様に、金管楽器は、人間の声に対応する4 種類が共同して用いられます。

トランペットを通して金管楽器の特徴を知る

トランペットは俗に「ラッパ」と呼ばれる金管楽器の代名詞で、歴史上では金属を加工できるようになった時代から作られています。それ以前は骨や角で作られたこともありました。遠くまで届く音の鋭さのために通信や信号の手段として、また大きな音量を持つために王の権威を示す儀式などに用いられてきました。すべての金管楽器には口に当てる部分にマウスピースがついており、唇の振動を楽器内の空気に伝えます。
19 世紀までは唇の形と息の強さだけで音程を操作していたため、限られた音高しか出せませんでした。しかし、ヴァルヴ装置の発明によって管内の空気の長さを変えられるようになり、自由にメロディーを吹くことが可能になりました。ヴァルヴはピストン式(押す)とロータリー式(回す)とがあり、前者は華やかな、後者は穏やかな音色が出せます。

ホルンを用いて各々の金管楽器の役割を知る

何重にも巻いた管と後ろ向きの大きなベル(あさがお状の開口部)を持つホルンは、その形が示すように、もとは狩で使う角笛でした。その後、郵便馬車の御者が吹くようになり、現在もそうした情景の音楽に好んで用いられます。
古くはトランペットと同様に倍音による限られた音しか出ませんでしたが、ベルに右手を差し込んで音高を変えることも行われた。ロータリー・ヴァルヴが発明されてからも右手をベルに入れて音色や音量を調節する習慣があります。ホルンは4 オクターヴにわたる広い音域を持っていますが、オーケストラ内では高音域と低音域を受け持つ奏者にわかれています。

合奏を通して ハーモニーについて考える

オーケストラに含まれる金管楽器は、古典派の時代にまず2 本のホルンが、続いてトランペットがアクセントとして使われ、それぞれ人間の声のアルトとソプラノに当たる音域を受け持ちました。
トロンボーンやチューバは、ベートーヴェンの時代になって教会や劇場から進出してきた楽器で人間の声で言えば前者はテノールとバス、後者はバスを強調するために用いられました。
トロンボーンは管をスライドさせて音高を変え、チューバはピストン・ヴァルヴによって音高を変えています。どれも弱音器(ミュート)をベルに入れることによって、音量と音色が変化します。
4 種類の金管楽器の音色が溶け合うと重厚なハーモニーが形づくられます。

ワードファイル

ピストン・ヴァルヴ :トランペットにつけられた3本の栓をピストンといいます。これを押して管内の空気の長さを調節します。
ロータリー・ヴァルヴ:ホルンにつけられた3本のレバーを持つ円筒形の弁のことです。これらを回転させて管内の空気の流れを変えます。

倍音   :音には副次的に生じる別の高い音が含まれており、前者を基音、後者を倍音と呼びます。金管楽器は唇の閉め方によってこの倍音を出します。



【地理】第9回 現代世界の系統地理的考察 【自然環境】編 日本の地形や気候を見てみよう

ここは、石原 良純さんが所長を務める「フィルドストン研究所」。

所長 「雨かー。大雨になると土砂災害は起きるし、梅雨どきは気をつけないとな…。」
そこに、新人所員の籠谷(こもりや)さくらさんが、依頼を持ってやってきました。

▶日本で自然災害に遭わない安全な地域は?

日本で自然災害に遭わない安全な地域はどこ?
4つのプレートが複雑に重なり合う。地震や火山活動が活発

「日本で自然災害に遭わない安全な地域はどこ?」
これが今回の依頼です。

さくら 「穏やかな気候の瀬戸内とか、おすすめですね!あとは、台風があまりこない北海道とか…。」
所長 「こりゃ、なかなか難しいぞ。前にも勉強したよね?地球ではプレートの境目で、火山も地震も起きる。特に、この日本付近は4つのプレートが複雑に重なり合っているから、地震や火山とは切っても切れない関係なんだ。」
さくら 「でも、どこかにちょっとでも安全な場所、ないですかね?」
所長 「よし、今日は日本で自然災害のなさそうな場所を探してみよう!まずは地形の面から探っていこう。」

▶日本の地形の特徴

日本はユーラシア大陸の東の端の大地
プレートの動きによって大陸から分離

はるか昔、恐竜の時代、日本列島は存在していませんでした。
当時、日本は、ユーラシア大陸の東の端の大地でした。
それが、およそ2500万年前、プレートの動きによって大陸から分離。
やがて、東日本と西日本が形成されたのです。
島と大陸の間は、日本海になりました。

フォッサマグナ

そして、東日本と西日本に挟まれた部分は、大陥没帯の「フォッサマグナ」と呼ばれます。
その西側の境界は「糸魚川(いといがわ)・静岡構造線」という大断層になっています。

ところで、日本はどのようにして、現在のような山地や山脈の多い列島になったのでしょうか?

海洋プレート
海洋プレートがマグマの形成を促す
.

これは太平洋プレートやフィリピン海プレートなどの海洋プレートが、ユーラシアプレートや北アメリカプレートなどの大陸プレートの下に沈み込んでいるのが原因です。
沈み込んだ海洋プレートがマグマの形成を促すことで、プレートの境界には多くの火山が生まれました。
日本列島はこれらのプレートの動きによって、東西方向からの圧縮力を受けて隆起地域が広くなり、国土の7割が山地となったのです。

沖積平野
糸魚川・静岡構造線と中央構造線

短く、急勾配な河川は、河口付近まで土砂を運搬します。
日本の平野の大半が、こうして形成された「沖積(ちゅうせき)平野」です。

そして、山地と平野の境界は地殻変動の境界で、その付近には「活断層」が多いことが知られています。
日本にはたくさんの活断層があり、中でも大きなものが「糸魚川・静岡構造線」と「中央構造線」です。

活断層が活動すると、地震が発生します。
最近の例では、2016年の熊本地震が、活断層で起こっています。
また、プレートが沈み込む海溝付近では、東日本大震災をもたらしたような、津波を伴う巨大地震が発生します。

▶プレートの境界に位置する日本列島

大陸プレートの下に海洋プレートが沈み込んでいる

さくら 「地震のない地域は日本にはないんですか?」
所長 「改めて日本付近のプレートの様子を見てみよう。日本付近は、大陸プレートと海洋プレートの境界に位置している。そしてこの大陸プレートの下に向かって、海洋プレートが潜り込んでいっているんだね。これは今もずっと動いてるわけだ。」
さくら 「前に勉強した、日本列島は『狭まる境界』ですよね!」

プレートの境界の断面図

そのとき地下で何が起こっているのか、プレートの境界の断面図を見てみましょう。

所長 「大陸プレートの下に海洋プレートが潜り込んでいく。だんだん潜り込んでいくと、接する部分は周りの海より深くなっていく。溝のように深くなっていくから、その部分を『海溝』と呼ぶんだね。大陸プレートの下には、マグマが作られる。このマグマが地表に現れたものが、火山。火山もやはり海溝と同じようにプレートの境界に沿って並んでできてくるから、これを『火山前線』、『火山フロント』と呼ぶんだね。そして、この火山やぶつかったプレートによって隆起したものが、『島弧(とうこ)』。島を形成するんだ。」

日本列島は5つの島弧によって形成されている

これを踏まえて、改めて日本付近を見てみましょう。

所長 「プレートの境界に沿って、海溝ができ、火山が並ぶ火山前線・火山フロントができ、島弧が形成される。日本列島はおおまかに、5つの島弧によって成り立ってるわけだ。」

▶伊豆半島周辺の成り立ち

伊豆半島
丹沢山地で発見されたサンゴの化石

さくら 「なるほど。でも、ぴょこんと1つだけ、出ていませんか?(左図)」
所長 「よく気がついたね!ちょうど伊豆半島にあたるんだね。伊豆半島はそもそも、フィリピン海プレートの上にあった島なんだ。その島が、プレートが動くことによって、日本列島にぶつかってできたのが伊豆半島。伊豆半島の北にある丹沢山地は、そもそも昔は南の海の底だった。だから、日本列島にぶつかって隆起して山地になったんだけども、その丹沢山地にはこんなものがあるんだ。」
さくら 「サンゴの化石ですね!(右図)」
所長 「まさしくこれ、南の海の底だった証しだよね。そして、そのぴょこっと飛び出した辺りにある有名な山、わかる?」
さくら 「富士山!」
所長 「そう!日本を代表する富士山も、その3つのプレートがぶつかり合ってできた、火山。」
さくら 「日本の周りのプレートは、そんなふうにまだまだ動き続けているんですね。どこに行けば安全なんでしょうか…。」
所長 「さくら君、まだまだ落ち込んでる場合じゃないぞ。今度は日本の気候の面も探ってみよう。」

▶日本の四季と気候

冬の気候
春の気候

日本の四季、それぞれの気候を考えてみましょう。
冬は大陸からの「季節風」で、日本海側に大量の雪が降り、太平洋側は乾燥します。
春は、高気圧と低気圧が交互に通過。
山を越えた風が暖かく乾いた下降気流となってふもとの気温を上げる、「フェーン現象」が起こります。
日本海側が高温になり、「なだれ」が発生することもあります。

夏の気候
秋の気候

夏は、「梅雨前線」の北上で「梅雨」となり、その後、南東からの季節風で熱帯並みの蒸し暑さに。
そして秋は、太平洋上に発生した「台風」が北上し、日本列島に接近。
上陸して猛威を振るうケースもあります。

▶日本の気象災害

やませ

では、日本で起こる気象災害には、どんなものがあるのでしょうか?
夏に、北海道や東北、関東で吹く「やませ」
と呼ばれる風。
冷たい親潮の上を吹いてくるため、低温になり「冷害」
が発生し、農作物に被害が出ます。
逆に夏に日照りが続くと、瀬戸内地方を中心に水不足が起こります。

広島土砂災害

近年は1時間にも満たない短い時間に、狭い範囲に大雨が降る「局地的大雨」や、狭い範囲に数時間にわたって強い雨が降り注ぐ「集中豪雨」が増えています。

また、山が険しく、河川の勾配も急な日本では、大雨の後に山崩れや崖崩れ、地滑り、土石流などの「土砂災害」がしばしば発生します。
そして海岸近くの沖積平野などでは、台風の接近に伴って海面が高まると、高潮の危険も出てくるのです。

地球温暖化などの影響で冷夏や暖冬。大雨や突風、竜巻などの異常気象も発生

さくら 「日本って穏やかな気候のイメージなんだけど、こんな災害も起きるんですね。」
所長 「最近は地球温暖化の影響で、冷夏や暖冬などの気候変動も見られるし、日本でも大雨や突風、竜巻など、『異常気象』の数が増えたような気がするね。」

▶気象災害の多い理由

田代博先生
大雪・台風・フェーン現象・猛暑

どうして日本はこんなに気象災害が多いのでしょうか?
研究所のブレーン・田代博先生にお話を伺ってみましょう。

田代先生 「基本的には日本の置かれている位置、自然条件が背景にあります。でも押さえておいてほしいのは、季節風などの大気の動きだけではなくて、地形がその気候に大きな影響を与えているということです。冬の日本海側の大雪、春や夏のフェーン現象は、本州の山脈に風が当たる、あるいは山を越えることで発生しますよね。夏の高温・多湿もモンスーンのせい。土砂災害の話がありましたけれども、これも日本の地形と密接に関っています。」

さくら 「じゃあ自然の影響の少なそうな、高層ビルとか、地下街に住んだらいいのかな。」
所長 「それはね、安心できないんだ。近年は都市型の災害が増えているんだ。」

▶開発に伴う災害

都市型水害
液状化現象

日本では、都市に人口が集中しています。
開発が進むことで、それに伴った災害が起こるようになってきています。
都市は舗装道路が多いため、雨水が地中に浸透しません。
すると、集中豪雨がもたらす降水が下水道からあふれ、地下街などを浸水させる「都市型水害」が生じます(左図)。
また、沖積平野は地盤が軟弱なため、地震の揺れが増幅しやすくなっています。
河川の跡や水田だったところ、埋め立て地などでは、地盤が流動する「液状化現象」が発生しやすいことが問題視されています(右図)。

さくら 「液状化怖い!都市型まであるんじゃ、どうすればいいの…。」

▶ハザードマップ

田代先生 「そのための強い味方があるんです。『ハザードマップ』といって、災害が起きたときに、予測される被害の種類や程度、範囲などを示した地図なんです。これは東京の大田区のハザードマップです。洪水だとここが危ないとか、地震による建物倒壊や火災の危険の度合いはどうかとか、液状化の可能性など、災害の種類ごとにハザードマップが作られているんですね。全国の自治体が、こうした災害ごとのハザードマップを地域単位で作っていて、インターネットでも公開しているんです。」

所長 「よし、さくら君。各自治体のハザードマップを使って、安全な地域を探してきなさい。」

▶東京23区の安全地帯を探そう

桜橋
桜橋の周囲は浸水が予想される地域

さくら君が最初にやってきたのは、隅田川に架かる唯一の歩行者専用の橋、桜橋。
ハザードマップで確かめてみると…。

さくら 「海から遠いから津波はないし、土砂崩れの心配もなさそうですね。え!?水害?」

実は桜橋の周囲は、海抜高度が低く、荒川が氾濫すると浸水が予想される地域です。
また、高潮の浸水想定区域にも含まれています。
東京湾で高潮が起きると、こんなところにまで影響が及びます。

崖や急な傾斜地が多い
北区には58か所の土砂災害危険箇所がある

隅田川から離れ、やってきたのは東京の北区。

さくら 「環八(環状八号線)の内側なら平気だろうし…。え!?土砂災害?崖だ!」

周囲を歩いてみると、他にも崖や急な傾斜地がたくさんありました。
地震が起きたり、大雨が降ったりしたら、災害が起こる可能性があります。

さくら 「なんでこの辺りって、段差が多いんだろう…。」

ハザードマップによれば、北区には58か所の土砂災害危険箇所があります。
東京23区だと、600か所近くにもなります。

東京23区の危険箇所と、標高地形図の緑のラインがそっくり
台地の上の山の手と低地の下町

ところで、東京23区の危険箇所と、標高地形図の緑のラインはそっくりであることがわかります。
実は、これは東京の高台と低地の境界線になっています。
江戸時代に作られた台地の上の「山の手」と、低地の「下町」。
その境界が崖として残っていて、そこが今では土砂災害の危険箇所になっていたのです。

丸の内
液状化の危険度が高い地域に含まれている

今度は東京駅西側の丸の内にやってきました。
ここは、日本のビジネスの中心地。
川からも離れ、崖もなく、ここなら安全なはず。

さくら 「まさか土砂災害も起きないでしょうしね…。え!?液状化?」

実は、大地震が起きたときの液状化の危険度が高い地域に、丸の内がかなり含まれているのです。

昔の地形

理由は、昔の地形にあります。
江戸時代より前までは、この辺りは川の堆積物でできた砂州で、周囲は海でした。
そのため地盤が軟弱で、液状化の可能性があるのです。

▶防災・減災への取り組み

ハザードマップには近くの避難所が載っている

さくら 「先生、どうしたらいいんですか?」

田代先生 「ハザードマップはある想定で作られたものだから、必ずしもその通りになるってわけではないので、そのことは忘れないようにしておいてください。それと、どのハザードマップにも必ず近くの避難所が載っているはずです。それを把握して、いざというときすぐに避難できるように、ふだんからハザードマップをよく見ておいてください。」

地震も火山の噴火も台風もそれ自体は自然現象。災害になるかどうかは人間や社会の対応次第

田代先生 「確かに、日本の地形と気候は災害の原因となることが多いですけど、地震も、火山の噴火も、台風も、それ自体は自然現象です。それが災害になるかどうかは、人間・社会の側の取り組みにありますよね。例えば、人のいない場所でマグニチュード9の地震が起こってもそれは震災にはならない。しかし、小さな地震でも直下型で時間帯によっては大きな災害、震災になります。だから、地震が起こっても、大雨が降ってもそれが災害にならないような、被害が大きくならないような、社会の側の対応が必要ですよね。」

自助、共助、公助

そして田代先生は、災害への対応として、次のような考え方があるといいます。

田代先生 「『自助』、自分や家族を自らが守る。『共助』、近所や地域コミュニティーで共に助け合う。『公助』、国や自治体など行政による災害への対応ですね。」

まずは今、自分ができることを考えておきましょう。

絶対安全な場所はない。ハザードマップを活用しながら、日本の特殊な地形や気候とうまく付き合うのが大切

所長 「今回の依頼、『日本で自然災害に遭わない安全な地域はどこ?』の調査結果はどうなる?」

さくら 「『絶対安全な場所はないけれど、ハザードマップも活用しながら、日本の特殊な地形や気候とうまくつきあっていくことが大切』だと思います!」

所長 「そうだね、“備えあれば憂いなし”っていうからね。」




【物理基礎】 第17回 第1編 物体の運動とエネルギー 動いている物体のもつエネルギー ~運動エネルギー~

運動エネルギー

ノブナガは射的が得意
お父さんの特技も射的
.

射的で撃ち落とした大量の景品を抱えて、ノブナガが帰ってきました。


母 「その銃はどうしたの?」
ノブナガ 「これも景品。撃ち落とし過ぎちゃって、そしたら景品無くなっちゃって、これくれた。」
父 「ノブナガは、やっぱり私の息子だね。」
リコ 「お父さんも持ってる……。」
母 「いつの間に……。」
父 「じゃあ、ノブナガに質問。景品を撃ち落としたのは、このコルク玉だよね。」
ノブナガ 「そうだよ。」
父 「銃から発射されたコルク玉は、景品を撃ち落とす能力、つまり『運動エネルギー』をもっていたということだね。」
ノブナガ 「運動エネルギー?」
母 「またお父さん、難しいこと言っちゃって!」
父 「難しくはないよ。動いている物体はどれも運動エネルギーをもっていて、その大きさに応じた仕事ができるってことなんだよ。」

運動エネルギー
射的銃から発射されるコルク玉

・ボウリングの球が、ピンを勢い良くはじき飛ばす
・ビリヤードで、玉を四方八方に散らす
・カーリングで、ストーンをはじき飛ばす

これらはどれも、動いている物体が運動エネルギーをもっているために起こります。

射的のコルク玉が景品を撃ち落とせるのも、飛んでいくコルク玉が運動エネルギーをもっているからです。


父 「よし!じゃあ、今日は運動エネルギーについて調べてみよう。まずは、射的大会から始めてみようか。」

▶物理家 射的大会!

物理家 射的大会
的のキャラメルを打ち落とす

物理(ものり)家の射的大会が始まりました。
狙う的はキャラメルで、的を倒すだけではなくきちんと下まで撃ち落とす必要があります。

銃は、お父さんが持っていた射的銃を使用します。
お母さんとリコのチーム、そしてノブナガひとりの対戦です。

撃つ玉はひとり1発で、「的の真ん中を狙う」「黒い棒より前に銃口を出さない」というルールで行います。

的を狙うお母さん
的を狙うリコ

まずはお母さんが挑戦しますが、キャラメルの箱は倒れませんでした。
そこで今度はリコが、手を伸ばして、銃を的にもっと近づけて撃ってみます。
しかし、箱は倒れたものの、下に落とすことはできませんでした。

ノブナガは空気鉄砲で挑戦
的を狙うノブナガ

次はノブナガの番ですが、ここでお父さんがノブナガに空気鉄砲を手渡します。
「こんなので倒れるのかな~」とつぶやきながらノブナガが挑戦すると、見事、的を撃ち落としました。

この勝負、ノブナガの勝ちです。

▶どうして撃ち落とせなかった?

物理における力

父 「では、どうして、この射的銃では撃ち落とせなかったんでしょうか?」リコ 「玉に力が足りなかったからじゃないの?」

父 「“玉に力”?」
ノブナガ 「え、そうじゃないの?だって射的で景品が撃ち落とせないときって、玉に十分な力が乗ってないってことでしょ?」
父 「“玉に力が乗る”?」
ノブナガ 「そう。速いボールを投げるときはおもいっきり投げるけど、その力がボールに乗って、勢いよく飛んでいくじゃない。」
父 「でも、力がボールに乗るというのは変じゃないかな。物理でいう『力』ってなんだっけ?リコちゃん、どう?」
リコ 「運動の様子を変えるもの。」
父 「そうだね。物理でいう力っていうのは、物体の運動の様子を変えるもの。つまり、物体に加速度を生じさせたり、物体を変形させたりするはたらきを力といったよね。」

ノブナガ 「そうか、物理では力って言葉もちゃんと定義されているんだもんね。」



運動方程式
玉にはたらく力は0

母 「でも、あれ、なんだっけ……運動……運動……、ほらっ!」

リコ 「運動方程式でしょ。ma=Fでその力を表せるんじゃないの?」
父 「投げ出されたボールが一定の速さで飛んでいるとき、加速度はa=0だよね。すると、運動方程式ma=Fということは、F=0だ。つまり、力ははたらいていないし、そもそも力をもっているということはないんだよ。例えばね、この空気鉄砲の玉が飛んでいるときの『力』っていうけど、この飛んでいる玉にはたらいている力って、重力しかないよね。」
母 「だけど、玉が景品に当たれば力が加わって倒れるわけだから、やっぱり玉は力を持っていたってことになるんじゃないの?」
父 「そうだね。確かにこの玉は、的を撃ち落とす能力をもっていた。その動いている物体のもつ能力をなんとか表現したいと、昔の物理学者は定量的に表すことを考えたんだ。それが、運動エネルギーなんだ。」
リコ 「そういうことか……じゃあ、わたしが的を撃ち落とせなかったのは、『玉の運動エネルギーが小さかったから』って言えば正しいのかな。」
母 「あ、それだったらお母さんにも分かる。ノブナガが玉で的を落とせたのは、逆に、玉がそれだけ大きい運動エネルギーを持っていたからってことになるんじゃないの。」
父 「そうだね。ただ、的を撃ち落とせるかどうかは、運動エネルギーだけでは決まらないよね。玉の当たる位置、玉の跳ね返り具合など、複雑な要素が入ってくるんだ。」
リコ 「でも、さっきはお母さんのもお兄ちゃんのも私のも、みんな的の真ん中に当たってたよ。」
母 「じゃあ、やっぱり運動エネルギーの違いなんじゃないの。」

運動エネルギーの大きさは何で決まる?

ノブナガ 「その運動エネルギーの大きい小さいって何で決まるんだろう?」

父 「何で決まると思う?」
ノブナガ 「なんとなくだけど、速さで決まるような気がする。」
母 「確かに!でも、重さも関係するんじゃない?」
父 「重さというより、質量だね。」
リコ 「お父さん、調べてみようよ~。」
父 「じゃあ、やってみようか。でも、速さと質量、2つの条件を同時に変化させてしまうと、よくわからなくなってしまうよね。そこでまず、速さと運動エネルギーの関係を調べてみよう。」

▶速さと運動エネルギーの関係

射的銃は51km/h
空気鉄砲は69km/h

速度計を使って、玉の速さを測ってみました。
玉が速度計の中を通過すると、速さがわかるしくみです。

玉を発射する際に、速度計が銃口から遠いと計測するのが難しくなるため、銃口をなるべく近づけて撃ちます。

お母さんが射的銃で撃った玉の速さは、約51km/hでした。
続いて、ノブナガが空気鉄砲の玉の速さを測ると、約69km/hでした。

速さの差は18km/h
玉はともに0.4g

この結果から、2つの玉の速さには時速18kmの差があります。
どちらも、玉の質量は0.4gで同じです。

以上のことから、運動エネルギーの大きさは、動く物体の速さと関係していることがわかりました。
射的銃では玉が遅かったため、的を撃ち落とすことができなかったということになります。

▶質量と運動エネルギーの関係

金属入りのコルク玉で質量を増やす
金属入りのコルク玉は質量1.6g

今度は、質量と運動エネルギーの違いについて調べてみます。

射的銃で使うコルク玉の中に金属を入れて、質量を1.6gまで重くしました。
この玉で射的に再挑戦し、同時に速さも計ってみます。

金属入りのコルク玉で命中!
金属入りコルク玉は37km/h

リコ 「行きま~す!……やった!」

母 「落ちた~。」
父 「今の速さは時速37kmかな。さっきの時速51kmよりも玉が重くなった分だけちょっと遅くなったけど、見事、落ちたよね。」
母 「運動エネルギーの大きさが、動く物体の質量にも関係しているってそういうことなのよね。」
父 「そうなんだよ。」

▶運動エネルギーの能力はどう表す?

運動エネルギーの能力はどう表すか
仕事=力×移動距離

ノブナガ 「でも、運動エネルギーの能力って、どうやって表したらいいんだろう?」
リコ 「大きいとか、小さいとかだけじゃなくてね。」
父 「だったら、物体に加えた力と、その力でどれだけ物体を動かしたかの距離で表すのはどうだろう。」
リコ 「力と移動距離……それって、仕事の時に使った、仕事=力×移動距離のこと?」
父 「ちゃんと覚えていたね。動いている物体が止まるまでに、ほかの物体にいくらの仕事ができるかで運動エネルギーを表そうということなんだ。仕事で運動している物体が持っている能力、つまり運動エネルギーの大きさを測ろうというわけだ。」
リコ 「その手があったか。」
父 「それを、力学台車をつかって調べてみよう。」

▶運動エネルギーと速さの関係

実験装置に台車を衝突させる
杭の移動距離で台車の運動エネルギーを調べる
速度計を通過すると速さを測定

まずは、運動エネルギーと速さの関係について調べてみます。

装置に、黄色い矢印の向きで台車を衝突させます。
すると台車がもっていた運動エネルギーによって、装置の杭が動きます。
杭にはたらく摩擦力は、ほぼ一定です。
つまり、杭の移動距離で台車の運動エネルギーを調べます(中写真)。

台車の先には赤い棒が付いていて、この棒が速度計を通過すると台車の速さを測ることができます(右写真)。

台車の速さが約2倍になると、杭の移動距離は約4倍に

まず、台車を杭に衝突させます。
速さは、0.76m/s。
このとき杭は0.8cm動きました。

続いて、約2倍の速さで衝突させます。
速さは、1.54m/s。
杭の動いた距離は3.1cmです。

台車の速さが約2倍になったとき、杭の移動距離は約4倍になりました。
このように、運動エネルギーは速さの2乗に比例します。

▶運動エネルギーと質量の関係

ほぼ同じ速さで衝突させると、質量が2倍、杭の移動距離も約2倍

次に、運動エネルギーと質量の関係について調べてみます。
今度は、台車の質量を変えて杭に衝突させます。

台車1台で杭に衝突させます。
速さは、1.01m/s。
杭の移動距離は1.4cmです。

次に、台車を2台、質量を2倍にして衝突させます。
速さは、1.06m/s。
杭の移動距離は2.9cmです。

ほぼ同じ速さで衝突させたとき、質量が2倍になれば、杭の移動距離も約2倍になることがわかりました。
このように、運動エネルギーは質量に比例します。

▶運動エネルギーを式で表す

運動エネルギーの式

台車が杭にした仕事は、台車がもっていた運動エネルギーとほぼ同じです。
つまり、運動エネルギーの減少分が杭を動かす仕事になったということです。

運動エネルギーは、上の図の式で表されます。

mは質量で、単位はkgです。
速さはvで、速さの単位はm/sですが、式では「速さの2乗」なので(m/s)2となります。
Kが運動エネルギーで、運動エネルギーの単位は仕事と同じ単位Jを使います。


父 「最初は仕事で運動する物体の能力を測ることが便利なのか、意味があるのか、そもそも本当に運動する物体がもつ能力を測っているのか、よくわからなかったところもあるんです。でも、後々使っているうちに、いろんな運動の現象をうまく説明して、とてもいい方法だということわかってきたんだね。」

ノブナガ 「なるほどね。でも、この1/2ってのが気になる。」

1/2の存在は最初は気づかれていなかった


父 「それはなかなかいい質問だね。実は、この運動エネルギーを考えついた昔の大物理学者も、この1/2の存在に気付いていなかったことがあるんだよ。これはその後、等加速度運動と運動方程式の関係から計算してみると、この1/2をつける必要があるということがわかったんだね。」
母 「大物理学者でもわからないことがあって、いろいろ試行錯誤してるってことなのね。」
ノブナガ 「今日の話で、自動車の免許取ったときのこと思い出した。スピードの出し過ぎがいかに危ないかってこと。だって、運動エネルギーは速さの2乗に比例するんだもんね。」
リコ 「スピードが2倍になれば、運動エネルギーは4倍になって、スピードが3倍になれば、9倍になる。それで衝突したら怖いよね。」
父 「逆のこともいえるよね。自動車の速さを2倍にするには、少なくとも4倍の仕事をしないといけない。3倍にするには9倍の仕事をしないといけない。おまけに摩擦や空気抵抗だってあるから、速く走り続けるためには、車にさらに仕事をし続けないといけないということなんだよね。」
母 「スピードを出し過ぎないって、やっぱり大事なことなのね。お父さん、これからも安全運転で、よろしくお願いします。」

~お父さんのひと言~

運動している物体が力を持っているということはありませんけど、その力を発揮する能力は持っています。
これを量として表そうとしたのが、運動エネルギーなんですね。
このエネルギーという考え方は、その後、運動エネルギーにとどまらず、宇宙の森羅万象の物理現象に関わるとても重要な概念であることがわかりました。
エネルギーを蓄えるというのは能力を蓄えることです。
能力を蓄えるということは、未来の可能性を広げるということなんですね。
さあ、みなさん、あなたのエネルギーを蓄えましょう!


 記録

 天気: 雨後曇
 最高気温(℃)[前日差] 29℃[-5]
 最低気温(℃)[前日差] 24℃[-1]
 
 散歩人
コメント

2018年夏 6/27の風景: 強風、南西の風

2018年06月27日 08時35分09秒 | 日記
東フェンス風景


2018年夏 6/27の風景: 強風、南西の風

 今朝は、南西の強風の吹く朝となりました。この強風で、バラ達に風害が出ない事を祈ります。

名花の南庭


 今日も晴れの天気予報です。昨日からの土面をカバーしていますピートモスを剥がして、太陽の光で土面を日光消毒をします。湿ったピートモスも太陽の光を当てて乾燥させています。
土面の日光消毒の効果が出て病気の発生が少なくなる事を期待しています


ガーデニング作業: 10:00 - 12:30  15:30 - 17:00

 記録

 天気: 曇時々晴
 最高気温(℃)[前日差]  30℃[0]
 最低気温(℃)[前日差]  23℃[+1]

 散歩人とカメラマン(妻)





コメント

高校講座 (1)【物理基礎】 (2)【ベーシックサイエンス】 (3)【音楽1】 (4)【地理】

2018年06月25日 22時30分49秒 | 日記
【私だけの学習メモ】 高校講座を視聴していない方には、何の事やらさっぱりわからない私だけの学習メモですので、全く読む必要はありません。

頑張って高校講座で勉強しました。

今日の教科は;

【物理基礎】 第16回 第1編 物体の運動とエネルギー 仕事を測る ~仕事の原理と仕事率~


仕事を測る ~仕事の原理と仕事率~

道具を使えば損する?得する?

ふたが固いビン
オープナーを使えば楽々!

ある日の物理(ものり)家の朝食です。
リコもノブナガも、ビンのふたが固くて開けられません。
そこでお母さんは、オープナーを持ってきました。
オープナーでしっかりとふたをつかんで回し、ビンを開けることができました。

父 「オープナーみたいな道具を使えば、簡単にできることって多いんだよね。」
母 「道具を使ったほうが、力が小さくてすむからお得よね。」
父 「でも果たして、それはどうかな?世の中そんなに甘くはないんだよね。」
母 「えっ、何その意味深な感じ。」

道具を使うと「距離」で損をする
オープナーは手に比べ移動距離が大きい

ふたを開けるオープナーを使うと、小さい力でも簡単に開けられますが、実は距離で損をしています。

赤い矢印は、ふたを開けるために移動させる距離です。
左は手で直接開けた場合、右はオープナーを使った場合です。
オープナーを使うと力は小さくて済みますが、移動する距離が大きくなってしまいます。

しかし、たったこれぐらいの差では実感がわかない人もいるかもしれません。
そこで、この差を実感するために、ちょっとしたゲームをすることになりました。

ノブナガの棒にはロープが結び付けられる
ロープを引くと距離が近づく

お父さんとノブナガは、それぞれ棒を持っています。
ノブナガの棒にはロープが結びつけられています。
そして、お父さんが持つ棒にロープを1回かけて、リコはロープを引っ張ります。

リコがロープを引っ張ると、お父さんとノブナガの距離が近づきます。
お父さんとノブナガは、それに対して全力で抵抗します。

リコがロープを引っ張って、お父さんとノブナガが足元の青い線よりも近づいたら、リコの勝ち。
お父さんとノブナガは、それに耐えることができたら勝ちです。
制限時間は10秒です。

お父さん・ノブナガVS.リコ
お父さん・ノブナガの勝ち!

母 「では、リコちゃんVS.ノブナガとお父さんチーム。レディー、ファイト!」
リコ 「だめ、全然勝てない。」
母 「ほら、やっぱり勝てないわよ!それに今の勝負が、力が小さくなっても距離が長くなると損しちゃうのと、どう関係があるわけ?」
父 「まだ続きがあるんだよ。今度は、紐を棒に通す回数を増やして、もう1回やろうか。」

紐を棒に通す回数を増やす
リコの勝利!

ロープを通す回数を増やして、再チャレンジです!

母 「何回やっても同じだと思うんだけど。もう1回勝負してみましょう。レディー、ゴー!」
リコ 「さっきよりもかるい!かるい!」
母 「リコちゃんの勝ち!!」

おもりを引き上げると5N
動滑車を使うと2.5N

リコがらくらく勝つことができたのは、動滑車の原理で説明することができます。

緑色のおもりを直接引き上げると、5Nの力で上がります。
動滑車を使って引き上げると、力は半分の2.5Nで上がります。
これは、2本のロープでおもりを引き上げ、力を分け合っているためです。

6本のロープで力を分け合う
5Nの約1/6

今度は、動滑車の数を3個にします。

このとき6本のロープで力を分け合っているので、直接おもりを引き上げたときの5Nの、約1/6となります。

ロープは6回通っている
1/6の力で引っ張っている

先ほどのゲームでは、棒にロープを6回通しています。

動滑車を3個使った実験と同じように、1/6の力でリコは引っ張ることができたため、らくらく勝つことができたのです。

リコは長い距離を引っ張っている

父 「さっきよりも小さい力ですんだでしょ。でも、ほら見てごらん、リコちゃんがたぐり寄せたひもの長さは、ずっと長くなっているよね。」
リコ 「たしかに、これだけ引っ張ってたんだ!」

▶仕事とは何だろう

距離は伸びるが小さい力ですむ
小さい力ですむが距離が長くなる

父 「滑車もそうだし、坂を使ってものを引き上げるときも、小さい力ですむんだ。ただ引っ張る距離は長くなるんだけどね。」
ノブナガ 「道具を使えば小さい力ですむけど、そのぶん距離は長くなる。どっちが得か、はっきりしないね。」
父 「はっきりさせるために、数値を測った実験をやってみたから、それを見てみよう!」

力学台車
直接持ち上げる、坂、動滑車

力学台車を「直接上に持ち上げる方法」「坂を使う方法」「動滑車を使う方法」という3つのパターンで実験を行います。
それぞれ力の大きさと距離は、どのようになるのでしょうか。

直接引き上げると0.1m
直接引き上げると10N

持ち上げるのはどの場合も、下の赤い線から上の赤い線までです(左写真)。
台車の高さの基準になるのは、赤い目印(左写真・黄色い丸)です。

直接引き上げた場合、距離は1マス2cmを5マスなので10cm、つまり0.1mになります。
このときの力の大きさは、10Nでした。

斜めに引き上げると4N
斜めに引き上げると0.25m

斜めに引き上げる場合も、引き上げる高さは先ほどと同じ0.1mです。

このときの力の大きさは4Nで、力の方向に動かした距離は0.25mでした。

動滑車を使うと0.2m
動滑車を使うと5N

動滑車を使った場合は、ロープを引き上げた距離は0.2m、力の大きさは5Nでした。

力学台車を使った実験結果
力と移動距離の積に意味がある

父 「さて、一番得だったのはどの場合かな?この実験結果から何か気づくことはあるかな?」
ノブナガ 「坂や滑車みたいに、道具を使えばやっぱり距離が長くなっているってことは再確認できたけど……ほかに何かある?」
リコ 「あっ!わかった!!かけ算!かけ算!!」

台車を上に持ち上げたときの力10Nと、移動距離0.1mをかけると、
10×0.1=1
と計算でき、答えは1になります。

同様に、斜面で台車を上げたときの力4Nと移動距離0.25mをかけると、
4×0.25=1

滑車の場合も、力5Nと移動距離0.2mをかけて、
5×0.2=1
となります。

このように、それぞれの場合の力と移動距離をかけると1になります。

かけ算の答えが全て等しくなるということは、力と移動距離の積に意味があるということです。

仕事W=Fx
力×移動距離=仕事

物体を一定の力で押して力の向きに移動させたとき、その物体に「仕事をした」と表現します。
先ほどの3つの実験では、「道具を使う」など手段が異なっていましたが、結果として台車を同じ場所に動かしたことから「同じ仕事をした」といいます。

同じ仕事をするとき、道具を用いて小さな力で仕事をすると動かす距離が長くなります。
直接台車を持ち上げても、斜面で引き上げても、動滑車を使って上げても、物理でいう仕事はすべて同じです。
つまり損得は無く、これを「仕事の原理」といいます。

Aさんが物体Bを一定の力F[N]で押して、力の向きに距離x[m]移動させたときの仕事Wの大きさは、
W=Fx
という式になり、力Fと距離xの積で表されます。

仕事の単位はJ(ジュール)を使い、1Nの力で1m移動させたときの仕事を1Jといいます。


母 「力と移動距離をかけ算してたのは、仕事を求めたってことだったのね。つまり、さっきの答えは1Jってことね。」
リコ 「あれ?もし一生懸命に力を加えても全然動かなかったら、仕事をしていないことになるの?」
父 「力がいくら大きくても、移動距離が0、つまり動かなかったらその積は0だから、仕事は0。つまり仕事はしていないということになるんだ。」

▶仕事の能率が良いのはどっち?

リコは20kgで3.5m
ノブナガは60kgで1.5m

父 「オープナーでビンのふたを開けたり、坂を使っておもりを運んで力を小さくしても、結局、仕事の量は変わらなかったよね。だけど、仕事をするなら能率よくしたいでしょ?そこで、ノブナガとリコにはある『仕事』をして、どっちが能率が良いか競争してもらおうかな。」

リコ 「え~何をする気なの?」

リコとノブナガには、ダンボール箱を引っ張ってゴールを目指してもらいます。

リコのダンボール箱は20kgで、引っぱる距離は3.5mです。
一方、ノブナガのダンボール箱は60kgで、引っぱる距離は1.5mです。

リコとノブナガの比較
ニュートン計り

母 「ちょっと待って!重さも距離も違うんじゃ、どっちがより『能率』よく仕事ができるかを比べられないでしょ。」
父 「さすがお母さん。比べる条件をそろえるのが基本だったよね。でも、まあ見てて。」

お母さんは2人がゴールするまでのタイムを、お父さんはニュートン計りを見て力を計測します。

リコが引っ張る
ノブナガが引っ張る

はじめはリコの番です。
引っ張り終えるまでにかかった時間は3秒、力は100Nでした。

次はノブナガです。
ダンボール箱の重さは、リコの3倍の60kgです。
引っ張り終えるまでにかかった時間は5秒、力は230Nでした。

実験結果

結果を整理してみます。
まず、リコとノブナガの二人がした仕事をそれぞれ求めてみます。

リコの場合
100[N]×3.5[m]=350[J]

ノブナガの場合
230[N]×1.5[m]=345[J]

母 「あれ二人とも、重さや距離は違うけど、ほぼ仕事量は一緒ってこと?」
父 「そういうことなんだ!」
ノブナガ 「この場合、どっちが能率が良いって言えるの?」
父 「そこで、大切になってくるのが、お母さんが計った時間なんだ。」
母 「リコは3秒、ノブナガは5秒。」
父 「同じ仕事をしても、それにかかる時間によって、仕事の能率は変わるということなんだ。一定の時間で、いくらの仕事をしたのか、その量で比べることができるんだ。」

▶仕事率の表し方

仕事量P=W/t
リコとノブナガの仕事率

1秒間あたりで比べる仕事の量を「仕事率」といい、
P=W/t
という式で表します。

この式からt秒間に、W[J]の仕事をしたときの仕事率Pが求められ、その単位は「W(ワット)」を用います。

父 「今回の場合、リコは350Jの仕事を3秒間で行ったので、仕事率はおよそ117W。ノブナガの場合は345Jの仕事を5秒間で行ったので、仕事率は69Wというところかな。」
母 「ということは、リコちゃんのほうがノブナガよりも仕事を能率よくできたってことになるわけ?」
ノブナガ 「ええ~あんなに頑張ったのに!」
父 「仕事率の単位『ワット』だけど、どこかで聞いたことないかな?電化製品によく『ワット』って書いてあるけど、あの表示の『ワット』なんだよ。たとえば、一般的な電子レンジは500Wぐらいあるんだけど、これは1秒間で500Jという意味なんだ。リコの仕事率は117W。ノブナガは69W、1秒間に直すと69Jだね。」
リコ 「電子レンジすごすぎる……。」
ノブナガ 「ぼくがあんなに苦労したのに、電子レンジで1秒温めるのに遠く及ばないなんて、ショックすぎる……。」

優しくケーキを出すお母さん

ノブナガ 「決めた!将来、誰よりも仕事のできる男、つまり能率よくこなせる男になってみせる!」
母 「その考えはすごく大事なことなんだけど、物理の仕事と、社会での仕事はまったく別のことだからね!」

~お父さんのひと言~

ピクリとも動かない巨大な岩も、道具を使えば動かすことができますよね。
どんな道具を使っても、同じ結果が得られるのであれば、そこには何か同じ物理量があるに違いないと考えて「仕事」という概念を生み出したわけです。
この新しい概念を生み出す発想、すばらしいと思いませんか?
ところで、いくら力を加えても動かすことが出来なければ、仕事をしたことにはならないんですよね。
でも、たとえ結果が出なくても、私たちは一生懸命に努力をして頑張った人には賞賛を与えるじゃないですか。
人生には、成功よりも失敗のほうがたくさんあるんです。
たくさんの失敗を乗り越えて、私たちの人生は進んでいきます。
失敗をしても、またやり直せばいいんです。



【ベーシックサイエンス】 第16回  雷の科学 ~静電気~

雷の科学 〜静電気〜


下敷きで立つ髪の毛
+と-の関係?

今回のテーマは「雷の科学」です。

夏に多い雷ですが、その正体は電気です。
なぜ雲の中で電気が生まれるのか、そのメカニズムに迫ります。

藤本 「雷は雲の中で生まれる電気ですが、みなさんのとても身近なところでも電気は生まれています。それは何かわかりますか?」
彩加 「静電気。」
藤本 「正解です。みんな小学生の頃、下敷きで頭をこすって髪の毛を立たせるという遊びをしませんでしたか?」
キュピトロン 「あー!やった!」
藤本 「これが皆さんご存じの静電気です。今、下敷きと僕の頭の間に電気が起きています。」
里奈 「髪の毛が下敷きにくっついた!」
田畑 「なぜ髪の毛がつくのでしょうか。」
二千翔 「+-の関係ですか?」

+と-のバランスが取れている状態
下敷きと髪の毛がくっつき合う

下敷きと髪の毛は、どちらも+と-の電気を持った粒子で出来ています。
普段は+と-のバランスが取れています。
ところが、髪の毛と下敷きをこすると下敷きに-の電気が移動して増え、髪の毛には+の電気が残ります。
その結果、+と-のバランスが崩れてしまいます。

そして、下敷きにたまった-の電気と、髪の毛の+の電気が引き合います。
こうして髪の毛と下敷きはくっつき合うのです。

里奈 「小学校の頃は普通に遊んでいただけのことも、深く考えてみると面白いです。」
田畑 「実は静電気を作る遊びをしていたことになりますね。」
彩加 「雷も同じということですか?」
藤本 「実は、雷も同じようにモノとモノとがこすり合わされて生まれているのです。」

▶雷の成り立ち

積乱雲
氷の粒

雷は、もくもくと大きくなる積乱雲の中で生まれます。
雲は空気中の水蒸気が冷やされて、氷の粒や水滴になって出来ています。

+と-の電気を帯びる
雲の上と下、地上の電気の関係

氷の粒などは、吹き上げる空気によって、浮かんだり沈んだりして動きます。
そして互いにぶつかりこすれ合った結果、バランスが崩れて+の電気、-の電気を帯びます。

雲の中では上の方に+の電気、下の方に-の電気がたまっていきます。
雲の下の方に-の電気がたまると、それに比べて地上は+になります。

落雷
10億ボルト

雲にたまった-の電気は、地上の+の電気との間で放電します。
これが「落雷」です。

雷はわずか一瞬ですが、そのパワーは最大で10億ボルトに達します。

▶雷を作る

静電気発生装置
2つの玉の間で放電

落雷から身を守るためには、雷の性質を知ることが大切です。
そこで、静電気発生装置を用意しました。

スイッチを入れると、大きな銀色の玉の中に静電気がたまっていきます。
装置の大きな玉に、上から小さな玉を近づけてみると、2つの玉の間で「バチッ」という音とともに放電が起こりました。

これは落雷と同じ仕組みで、大きな玉から小さな玉に落雷したことになります。
大きな玉に-の電気がたまったため、小さな玉の+の電気と引き合い、雷が生まれました。

▶雷の性質を知る

実験装置
静電気発生装置を雲に見立てた空き缶につなぐ 

さらに、この装置を使って雷がどのような所に落ちやすいかを調べる実験を行いました。
静電気発生装置を雲に見立てた空き缶につなぎます。

ビルに見立てたアルミニウムのブロック
ビルへの放電

空き缶の下には、ビルに見立てたアルミニウムのブロックがあります。
静電気発生装置を動かし、空き缶に静電気をためます。
すると、アルミニウムのビルとの間で放電、つまり落雷が起こります。

高さの違うビル
雷はより高く、とがったものの先端に落ちやすい

次に、このビルの隣に高いビルを置いてみました。
すると、雷はより高いビルの方に落ちるようになります。
このことから、雷はより高いものに落ちやすいことが分かります。

次に、形を比べてみます。
雷が落ちているビルの隣に、先のとがったものを置きました。
すると、高さは同じでも、雷は先のとがった部分に落ちるようになります。

雷は、より高く、とがったものの先端に落ちやすいことが分かりました。

▶雷から身を守る

雷の落ちやすいもの
木の下に立つと危険

田畑 「さぁキュピトロンの3人は、身の回りでは何が危険なのか分かりましたか?」
彩加 「アンテナ?」

キュピトロンのアンテナは、確かに危険かもしれません。
私たちの身の回りのものでは 傘やテニスラケット、金属バットなど、とがっていて長いものを立てて持つのは危険です。

金属以外でも、たとえば高い木などは雷が落ちることがあります。
落ちた雷は人間にも向かって来るため、とても危険です。

避雷針
雷が地面に逃げていく

「高くてとがったものに落ちやすい」という雷の性質を利用したものが避雷針です。
避雷針に落ちた雷は、地面へと安全に逃げていきます。

▶金網のカゴへの落雷実験

実験装置
カゴに電気をあてる

ここで、ガリレオ先生こと、川村康文先生(東京理科大学教授)に詳しく解説していただきます。

スタジオに金網のカゴを用意しました。
雷のときに「この中に入れば大丈夫」ということを実験で確かめます。

静電気発生装置からケーブルを延長してつないだ棒の先には端子がついており、発生した静電気が放電できるようになっています。

金網のカゴの中に、彩加ちゃんが入り、実験開始です。
彩加ちゃんはカゴには絶対に触れないようにした上で、静電気を発生させます。
※専門家の指導のもと 安全に配慮して実験しています

河村先生が端子をカゴに近づけると、「バチバチ」と音を立ててカゴとの間に放電が起こりますが、中の彩加ちゃんは何ともない様子です。


彩加 「安全ですね。全然何ともなく、元気です。」
田畑 「先生、これはどういうことですか?」
川村先生 「金属製のカゴに雷が落ちた場合、その雷は金属の表面を伝わって地面に逃げていきます。だから雷は中へは入りません。」
彩加 「この中にいれば絶対安全ということですか。」
川村先生 「はい、安全です。」

落雷した車
里奈と二千翔と実験

このカゴと似たような条件にあるのが、自動車の中です。
金属に囲まれているため、雷は表面を伝わって地面へと逃げていきます。

最後に、二千翔ちゃんと里奈ちゃんもカゴの中に入って実験を行ってみました。
カゴに電気を流しても、二人は安全です。


【音楽1】

19 世紀、ヨーロッパの市民社会と共に発達を遂げたのが、いわゆる「ロマン派」の音楽です。今回は、「ロマン派」という概念について理解を深めながら、この時代の音楽を、きわめて小規模なピアノ作品と、そして重厚長大な管弦楽作品という2 つの世界の対比としてとらえます。

ロマン派という概念について

理解を深める

音楽におけるロマン派は、19 世紀ごろ、ドイツ、オーストリアを中心にして展開した音楽の様式を指しています。以前の「古典派」が、均整のとれた合理的な造形を持っていたのに対して、ロマン派はむしろ感情や主観を前面に出してゆく点に特徴があります。ロマン派の表現は、単に感情をダイレクトに出すというよりは、ある種の「距離感」を持っているのが面白いところです。
例えば、恋愛を語る場合にも、遠くにいる恋人への想い、あるいは好きな人との精神的な距離といった題材が好んで描かれるのです。ロマン派の音楽は、こうした微妙な感情のあやを表すために、音楽の形式や和音、そしてリズムといった側面が、古典派に比べると、はるかに複雑で自由なものになっていきました。この繊細さこそが、まずはロマン派音楽の最大の魅力です。

小規模なピアノ曲と
大規模な管弦楽曲の対比を考える

ロマン派の活躍した時代はちょうど市民社会の発展の時期にあたります。ハイドンやモーツァルトが、「サラリーマン」として、雇い主である王侯貴族の意向に沿って曲を作らなければいけなかったのとは対照的に、フランス革命以降、19 世紀の作曲家たちは、いわば「フリー」の作曲家として活躍しました。言いかえれば、自分の好きな曲を、自分の好きなときに書くことができるようになったといえます。
しかし、これは一方で「売れなければ生活できない」という厳しい道を選択することでもありました。ゆえに彼らは、一般にもわかりやすいピアノの小品の楽譜を出版する一方で、自分の理想を追求する大規模な管弦楽作品をも同時に手がけました。こうして、ロマン派においては、小規模なピアノ作品と大規模な管弦楽曲作品という2 つの極に、音楽が分化してゆきます。
大管弦楽を好んだ作曲家たちは、しばしばその作品の根底にストーリーを織り込みました。これを「標題音楽」と呼びます。つまりは単にソナタ形式とか3 部形式といった音楽的な論理だけではなく、ある人物の生涯や恋愛の行方を音で描いていくわけです。恋愛に挫折し、夢の中で恋人を殺してしまうというストーリーを持った、ベルリオーズの「幻想交響曲」はその代表的な例といえます。

ショパンからマーラーにいたる
ロマン派音楽を体験する

ショパンやリストのようにロマン派の作曲家には、ピアニストとしても活躍した人物が少なくありません。彼らは自らの演奏技術を誇示するために、華やかな技巧を持った作品を次々に作曲し、喝采を浴びました。
一方、19 世紀末に活躍したグスタフ・マーラーは、1時間以上もかかる交響曲を数多く作曲しました。「一千人の交響曲」という通称でも知られる、マーラーの「交響曲第8 番」は、まさにその名の通り、大規模なオーケストラと合唱、独唱、など総勢千人ほどを要するというとてつもない規模の交響曲で、まさにロマン派における「二極分化」の、もう1 つの巨大な極といえる楽曲です。

今回取り上げる楽曲

歌曲集「詩人の恋」から 美しい五月に シューマン作曲
無言歌第3巻から 第2曲「失われた幸福」 メンデルスゾーン作曲
幻想交響曲 作品14から 第4楽章「断頭台への行進」 ベルリオーズ作曲
エチュード 作品10第1 ショパン作曲
交響曲 第8番 変ホ長調 「一千人の交響曲」から 第1楽章 マーラー作曲



【地理】第8回 現代世界の系統地理的考察 【自然環境】編 世界の気候を見てみよう ⑷ ~変化に富む気候、寒冷な気候~

世界の気候を見てみよう ⑷
~変化に富む気候、寒冷な気候~

地新人所員の籠谷(こもりや)さくらさんが、食材を並べていますが、どうやら今回の依頼に関係があるようです。

▶食材と風土の関係を知りたい

米、茶、オリーブ、チーズ。食材と風土の関係を知りたい。
日本の米、中国ユンナン(雲南)省のお茶、スペインのオリーブ、オランダのチーズに絞って調査する

「米、茶、オリーブ、チーズ、食材と風土の関係を知りたい」
これが今回の依頼です。

所長 「ちょっと漠然としてないか?」
さくら 「そうですよね。そこで、日本の米、中国ユンナン(雲南)省のお茶、スペインのオリーブ、オランダのチーズに絞って調査する事をすでに依頼主から許諾済みです。」

4つの地域はすべて温帯に属している

それでは、4つの地域、日本、中国・ユンナン省、スペイン、オランダを地図に並べて、ケッペンの気候区分図を加えてみましょう。

所長 「この4つの地域はすべて『温帯』に属しているな。そして温帯は4つの気候区に分けることができるんだ。」

日本は主に温暖湿潤気候区、中国ユンナン省は主に温暖冬季小雨気候区
スペインの地中海沿岸は地中海性気候区、そしてオランダは西岸海洋性気候区

所長 「日本は主に『温暖湿潤気候区』、中国ユンナン省は主に『温暖冬季少雨気候区』、スペインの地中海沿岸は『地中海性気候区』、そしてオランダは『西岸海洋性気候区』だ。」

さくら 「なるほど。食材と風土の関係は、それぞれの気候区分の特徴を調べればいいということですね。」

▶食材と風土の関係 温暖湿潤気候

日本では米が伝統的な主食
四季がはっきりしていて、たくさんの雨が降る

日本では米が伝統的な主食です。
実は稲作は日本の気候風土に関係が深いのです。
私たちの住む日本は、ほとんどが温帯の「温暖湿潤気候区」に属します。
その特徴は、四季がはっきりしていて、たくさんの雨が降ること。
稲作との関係を見ていきましょう。

新潟十日町市
温暖で雨が多い気候が向いていた

米の生産量日本一を誇る新潟県。
中でも十日町市は、魚沼産コシヒカリというブランド米を作ることで知られています。
この地域では冬に大量の雪が降ります。田んぼに引かれているのは
その雪どけ水です。
稲作には大量の水を必要としますが、降水量の多い日本は水が豊富です。

毎年5月頃、海からの湿った空気、季節風が日本に流れ込みます。
季節風や「梅雨前線(ばいうぜんせん)」の影響によって大量に降る雨は、稲の成長に欠かせません。
また、高温多湿な日本の夏は、元々熱帯の沼地に生息していた稲にとって最適な環境です。
温暖で雨が多い気候が向いていたため、日本に稲作の文化が根づいていったのです。

▶食材と風土の関係 温暖冬季少雨気候

ユンナン省プーアール

見渡す限りに広がる茶畑。
ユンナン(雲南)省プーアールは、「温暖冬季少雨気候区」に属します。
この辺りが世界のお茶の原産地と考えられています。

プーアール茶
天日で乾かすことで、お茶の葉は発酵していく

プーアール産のプーアール茶。
特徴はまろやかな口当たりと風味だといいます。
その秘密は、こうじ菌というカビを加えて発酵させることです。
天日で乾かすことで、お茶の葉は発酵していきます。
この発酵が、味にまろやかな風味を与えるのだといわれています。

大きな石の下に敷き、男たちが乗って30分ほど踏み、お茶は丸く平たい形になる

プーアールの夏は暑く、湿度が高いため霧の日が多くなります。
温暖多湿は発酵を促します。
発酵したお茶の葉を臼のような大きな石の下に敷き、男たちが乗って30分ほど踏み続けます。
やがてお茶は丸く平たい形になり、完成です。
完成したお茶の保存には乾燥した環境が最適です。

プーアールでは、冬に大陸側から乾燥した季節風が吹くため、雨が少なく、乾燥します。
これは、「温暖冬季少雨気候」の特徴です。
夏の温暖多湿と冬の乾燥を繰り返す気候が、お茶の発酵と保存に適していたのです。

▶温暖湿潤気候と温暖冬季少雨気候

チンホンと日本の新潟の雨温図

それではここで、プーアール近郊のチンホンと、日本の新潟の雨温図を見てみましょう。

さくら 「新潟は、夏は気温が高く、冬も降水があることがわかります。『温暖湿潤気候区』の特徴なんですね。チンホンの夏は暑くてよく雨が降るのに、冬は雨が少なく乾燥していることがわかります。それが、『温暖冬季少雨気候区』の特徴なんですね。」

それでは次に、ヨーロッパを見てみましょう。
アジアとの違いはあるのでしょうか?

所長 「アジアは季節風の影響が大きいんだけど、ヨーロッパは偏西風と海流の影響が大きいんだ。」

▶食材と風土の関係 地中海性気候

アンダルシア
オリーブオイル

オリーブ生産量世界一のスペイン。
オリーブ畑が広がるアンダルシア州は、「地中海性気候区」に属します。
オリーブの収穫では、オリーブを傷めないように、今も昔ながらの手で摘む方法で収穫しています。

このオリーブの実を搾って作るのが、オリーブオイルです。
スペイン料理には欠かせないオリーブオイル。
オリーブはイタリアやギリシャなど、地中海沿岸の国々で広く栽培されています。

亜熱帯高圧帯
亜熱帯高圧帯は夏のあいだ北上する

なぜ地中海沿岸でオリーブ栽培が盛んなのでしょうか?
赤道付近では、湿った空気が温められ、上昇しながら大量の雨を降らせます。
水分がなくなり、乾いた大気はアフリカの北部に下降します。
これが「亜熱帯高圧帯」です。

「亜熱帯高圧帯」は夏のあいだ北上するため、地中海沿岸は高温で乾燥します。
オリーブは乾燥に強い植物です。
夏に暑く、乾燥する気候が、オリーブの栽培に向いていたのです。

▶食材と風土の関係 西岸海洋性気候

アルクマール
ゴーダチーズ

次に「西岸海洋性気候区」のオランダを見てみましょう。
首都アムステルダムの近くにあるアルクマールは酪農が盛んな地域です。
この地域で作られているのがゴーダチーズ。
日本でもおなじみの、オランダを代表するチーズです。

チーズ市
広大な牧草地

アルクマールのチーズ市。
チーズを運ぶのは専門の男たち。
独特な荷台に載せて運びます。
取り引きされるのは周辺の農家から持ち込まれたチーズです。

チーズ作りはオランダの広大な牧草地が支えています。
ただ、この牧草地は最初からあったわけではありません。
オランダは国土の多くが海面下の湿地帯でした。

風車
風車の仕組み

ここを干拓するのに使われたのが風車です。
その仕組みを見てみましょう。

風車の回転で水車を動かします。
こうして低い場所から水をなくして、牧草地を作ったのです。
この風車を回した風が「偏西風」です。

偏西風、北大西洋海流、西岸海洋性気候

ヨーロッパには1年中、西から強い偏西風が吹いています。
この偏西風を利用したのです。
また、大西洋には北大西洋海流という暖流が流れています。
その上を偏西風が吹くため、オランダは緯度が高いわりに温暖で、降水量の季節変化も小さいのです。
これが「西岸海洋性気候」です。
この気候と、干拓によって作られた平たんで広大な牧草地が、酪農に向いていたのです。

東京の緯度に赤い線を入れると、オランダは北にあることがわかる
オランダの首都アムステルダムと札幌の雨温図

それではここで、オランダと日本の位置関係を確認しておきましょう。
東京の緯度に赤い線を入れると、オランダは北にあることがわかります。

所長 「オランダの首都アムステルダムと札幌の雨温図を比べてみると…。月平均気温を見ると、どうなってるかな?緯度が高いのにアムステルダムの方が温かいだろ?」

さくら 「いちばん寒い月にも氷点下にはならないんだ…。もっと寒いのかと思いました。」

所長 「暖流と偏西風の影響を受けるために、緯度のわりにオランダは温暖なんだよ。」

セビリアの雨温図
4つの雨温図を比べる
.

所長 「次にオリーブを作っていたスペインのアンダルシア州の州都、セビリアの雨温図だ。」
さくら 「セビリアはVの字になっています。夏に乾燥するんですね。」
所長 「うん、それが『地中海性気候区』の特徴なんだな。だから、乾燥に強いオリーブが栽培されるわけだ。さあ、ここで4つの場所を比べてみると、それぞれの特徴があるね。」
さくら 「はい、温帯といってもそれぞれの特徴が違うんですね。」

所長 「その特徴がわかれば、今回の依頼に対する答えもおのずと出てくるはずだ。」

▶食材と風土の関係は?

食材と風土の関係は? それぞれの食材は気候風土を生かして作られている

さくら 「日本のお米は、四季の変化が明瞭で年間を通して降水量がある『温暖湿潤気候区』。中国ユンナン省のお茶は、夏に雨が多く冬に乾燥する『温暖冬季少雨気候区』。スペイン地中海沿岸のオリーブは、夏に乾燥する『地中海性気候区』。そして、オランダのチーズは、偏西風と海流の影響を受ける『西岸海洋性気候区』。それぞれの食材は、それぞれの気候風土を生かして作られています。」

では、もっと寒いところではどんな食材を食べているのでしょうか?
引き続き調べてみましょう!

▶食材と風土の関係 亜寒帯

モスクワ
ボルシチ

まずは「亜寒帯」から見ていきましょう。
亜寒帯は「亜寒帯湿潤気候区」と「亜寒帯冬季少雨気候区」に分けられます。

ロシアの首都モスクワは、「亜寒帯湿潤気候区」に属します。
真冬の気温は氷点下20℃近くまで下がります。

ロシアの国民食ともいえるボルシチは、野菜と肉を煮込んだ真っ赤なスープです。

ビーツ

ボルシチが赤いのはビーツのため。
カブに似ていますが、実はほうれん草の仲間です。
ビーツは寒さに強い野菜で、ロシアでは春から夏に栽培しています。
「亜寒帯湿潤気候区」は1年を通して降水があり、短い夏は暑くなるために農業が可能なのです。

亜寒帯でも、もっと寒いところでは何を食べているのでしょうか?

オイミャコン
ストロガリーナ

北極圏近くにある村、オイミャコン。
北半球の最低気温、マイナス71.2℃を観測し、世界一寒い村といわれています。
冬場の平均気温はマイナス50℃にまで下がります。
釣り上げたばかりの魚も、わずか数十秒で凍ってしまいます。
この凍った魚をそのまま薄く削り取るのが、オイミャコンの郷土料理「ストロガリーナ」です。

タイガ
永久凍土

「タイガ」と呼ばれる針葉樹林。
ユーラシア大陸の北東部には「亜寒帯冬季少雨気候区」が分布します。
冬は大陸性の高気圧の影響で、降水量が少ないことが特徴です。
降水量が少ないのに広大な森林が広がっている理由は土壌にあります。

出てきたのは「永久凍土」。
しま模様のようにキラキラと光って見えるのは水分です。
地下に永久凍土があるおかげで、地表近くに水が蓄えられ、樹木が育つのです。

▶食材と風土の関係 寒帯

南極
グリーンランド

さらに寒い「寒帯」は「ツンドラ気候区」と「氷雪気候区」に分けられます。
「氷雪気候区」は南極とグリーンランドの内陸部に分布しています。
「氷雪気候区」では通常の人間生活を営むことはできません。
グリーンランドの沿岸部は「ツンドラ気候区」に属し、短い夏があります。

イヌイット
アザラシ

ここに住む先住民族イヌイットの人々は何を食べているのでしょうか?

しとめたのはアザラシ。
先祖代々狩猟を行って食料を調達してきました。
生肉には、たんぱく質だけでなくビタミンが多く含まれているため、野菜や果物がなくても健康を保つことができます。
厳しい環境の中で生き延びるための知恵なのです。

▶変化する気候

沼畑早苗先生
2万年前のヨーロッパと北アメリカの氷河の様子

所長 「ところで、気候は変化するということを聞いたことがあるか?」
さくら 「『異常気象』とかそういうことですか?」

それでは、研究所のブレーン・沼畑早苗先生に詳しく聞いてみましょう!

沼畑先生 「地球の気候を長期的にみると、『温暖化』と『寒冷化』を繰り返しているといわれているんですよ。これは、およそ2万年前のヨーロッパと北アメリカの氷河の様子です(右図)。全陸地面積のおよそ3割が氷河に覆われていました。このように氷河が拡大した時期を『氷期』といい、現在に最も近い氷期がこの2万年前になります。」

さくら 「そのあとは、暖かくなっていったということですよね。」

沼畑先生 「そういうわけでもないんですよ。2万年の間には今より暖かくなったことも、寒くなったこともあります。」

7000~6000年前の関東地方

沼畑先生 「この図は、縄文時代前期にあたる7000~6000年前の関東地方の海岸線を示したものです。」
さくら 「海が内陸の方まで入り込んできてますね。」
沼畑先生 「これは、『縄文海進(じょうもんかいしん)』と呼ばれています。海が陸の方に進んでいくので“海進”です。気候変動には地域差がありますが、日本では縄文時代前期にあたる7000~6000年前は気温が高く、海面は現在より2~3mほど高かったと考えられています。また、300~200年前の江戸時代には、『小氷期』と呼ばれる、現在より気温が低い時期もありました。このような長期的な気候変動には、太陽の活動や地球の自転・公転などの変化が深く関係しています。」
所長 「ところで、最近では人間活動も影響してるなんて言われていますよね?」
沼畑先生 「そのとおりです。日本でもこれまでとは違った現象が起きています。」

諏訪湖
御神渡り

長野県の諏訪湖では、厳しい冷え込みが続く冬に、珍しい現象が起きます。
それは、「御神渡り(おみわたり)」。
水面の氷が割れて高く盛り上がるのです。
地元では神様が湖を渡った跡だと言い伝えられてきました。
ところが、湖が全面凍結しない年もあり、御神渡りができない年もあるのです。

御神渡りができなかった回数のグラフ
気候の変化が伝統的な文化や生活に影響を及ぼしている

沼畑先生 「これは御神渡りができなかった回数を50年ごとにグラフ化したものです。17世紀から20世紀の前半までは、できなかったことは数えるほどでした。」

さくら 「でも、20世紀後半でいきなり増えていますね。」
沼畑先生 「ここに21世紀、2018年までのデータを加えてみましょう。わずか18年で12回も、できない年があったんですよ。」
さくら 「御神渡りができない年が増えてきているなんて、地球が温暖化していっている、ということでしょうか?」
沼畑先生 「そうですね。温暖化については、またの機会に説明したいと思いますが、気候の変化が、伝統的な文化や人々の生活に影響を及ぼしていると言えると思います。」


 記録
 
 天気: 晴れ
 最高気温(℃)[前日差]  33℃[+6]
 最低気温(℃)[前日差]  20℃[+2]

 散歩人
コメント

平和の詩『生きる』:6月23日、沖縄全戦没者追悼式で

2018年06月25日 20時25分51秒 | 日記
 今日は、ネットのニュースで、6月23日、沖縄全戦没者追悼式で、沖縄県浦添市立港川中学校3年生の相良倫子(さがら りんこ)さん(14歳)が自作の平和の詩『生きる』を朗読しました内容を知りました。
この平和の詩『生きる』を朗読があまりにも素晴らしかったので私は心が震えて感動してしまいました。


平和の詩『生きる』

私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

私は今、生きている。

私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶き、

小川のせせらぎ、

畑に続く小道、

萌え出づる山の緑、

優しい三線の響き、

照りつける太陽の光。



私はなんと美しい島に、

生まれ育ったのだろう。



ありったけの私の感覚器で、感受性で、

島を感じる。心がじわりと熱くなる。



私はこの瞬間を、生きている。



この瞬間の素晴らしさが

この瞬間の愛おしさが

今と言う安らぎとなり

私の中に広がりゆく。



たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。



七十三年前、

私の愛する島が、死の島と化したあの日。

小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。

青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃えつくされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。



みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。



摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。

悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。



私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭わないことを。



あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。



今を一緒に、生きているのだ。



だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだということを。



私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。



大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。



これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。



摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。


凛とした表情で、真っすぐ前を見つめ、心からの平和を願う言葉を語ってくれました。
一日一日を大切に。
平和を想って。平和を祈って。
なぜなら、未来は、
この瞬間の延長線上にあるからだ。
つまり、未来は、今なんだ。

戦争のない未来にするために、今を大事にしていきたいと思いました。


記録

 天気: 晴れ
 最高気温(℃)[前日差]  33℃[+6]
 最低気温(℃)[前日差]  20℃[+2]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

カメラマン(妻)は、外出しました

2018年06月24日 19時53分04秒 | 日記
お気に入りの風景

遠くに赤くなったトマトがみえました

青柿の小径

青柿が生育しています。

今日は、カメラマン(妻)は、お昼前から外出しました。駅に向かう途中でお気に入りの風景の写真を撮りました。
お気に入りの風景も夏に向かって変化していますね。

 記録

 天気: 曇後晴
 最高気温(℃)[前日差] 26℃[+3]
 最低気温(℃)[前日差] 19℃[-1]

 カメラマン(妻)
コメント

雨が降る前に、サリーホームズ(二番花)が咲いています

2018年06月23日 10時48分18秒 | 日記
雨が降る前に、サリーホームズ(二番花)が咲いています


この美しく咲いた実物の花姿は、写真では表現できないくらい、もっと美しい!!皆さまに実物をお見せ出来ないのが残念ですね。


 記録

 天気: 曇後雨
 最高気温(℃)[前日差] 24℃[-4]
 最低気温(℃)[前日差] 20℃[+1]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

今日は、晴れました

2018年06月22日 19時39分04秒 | 日記
カメラマン(妻)は、朝、出勤途中の晴れた空、帰りの夕空の写真を撮りました。

今朝の空


夕暮れの渋谷スクランブル交差点の空


夕暮れの渋谷の空


雲が夕日に染まって美しかったでしたね

お疲れ様でした

今週も頑張って仕事に行ってきました!!


 記録

 天気: 晴時々曇
 最高気温(℃)[前日差]  29℃[+5]
 最低気温(℃)[前日差] 19℃[0]

 カメラマン(妻)
コメント

高校講座 (1)【古典】 (2)【コミュニケーション英語Ⅲ】 (3)【倫理】 (4)【日本史】

2018年06月20日 22時40分42秒 | 日記
【私だけの学習メモ】 高校講座を視聴していない方には、何の事やらさっぱりわからない私だけの学習メモですので、全く読む必要はありません。

頑張って高校講座で勉強しました。

今日の教科は;


【古典】 第16回 古代の史話 背水之陣(2)

学習のポイント
(1)漢軍が「皆殊死戦」のは、なぜか
(2)「陥之死地......而後存」についての韓信の具体策とは
(3)故事成語「背水の陣」の意味は



【コミュニケーション英語Ⅲ】 第15回 Lesson 3 The Power of Music (4)

【学習のポイント】
(1)リリー・マルレーンを聞いていた兵士たちはどうなったのかに注意しましょう
(2)it is ~ thatの構文
(3)音楽
名作を味わおう:The Wizard of Oz (第14回)

今回の学習内容・本文

In time, Lili Marlene came to be sung in each soldier’s language. For
example, it was also sung in English.
Sadly, many soldiers who listened to the song never realized their wish to
return home and see their loved ones. In World War Ⅱ , millions of soldiers
were killed on European battlefields alone.
It was sad and tragic that people who loved the same song had to kill each
other. In the darkness and cruelty of war, Lili Marlene was a small light of
peace. Therefore, the song was very special. It showed the power of music.
 
聞き取りのカギ:リリー・マルレーンを聞いていた兵士たちはどうなったのかに注意しましょう

第二次世界大戦中、ヨーロッパ戦線だけでも何百万人もの兵士が犠牲となりましたが、戦争の暗闇と残酷さの中で、リリー・マルレーンの歌は平和の小さな灯火となり、音楽の力を示しました。

■ Words and Phrases

 in time(やがて)   sadly(残念なことに)   realize(実現する)
 European ~(ヨーロッパの)   tragic(悲劇的な)   cruelty(残酷さ)

 イチオシ文法!:it is 〜 that の構文

⃝ターゲット文:It was sad and tragic that people who loved the same song had
to kill each other.
英語には、情報量が多いもの・長い句や節を文末に移動させるという法則があります。主語に当たる部分の情報量が多い場合は、it を仮の主語にして、that を後ろに移動させます。

 これを英語で何と言う?:音楽

音楽をテーマに自分の意見を英語で説明します。「音楽は私たちにとって身近です」は、“Music is familiar to us.” になります。「私達は様々なジャンルの音楽が聴ける」は、 “We can listen to the many genres of music.” になります。
 
英作文の例:夕菜version 〈添削:ミッキー〉

Music is close to us wherever we go. We can listen to the many genres of
music, so many people like listening to music and I like it, too.
But why do many people like it? I've never thought about it, but I think it
makes us happy, relaxed and comforts us when we feel blue. So the power
of music is very big. I think there is no life without music.

どこに行っても音楽は私たちの身近にあります。多様なジャンルの音楽を聞くことができるので、多くの人が音楽を聞くことが好きですし、私も好きです。
しかし、どうして人々は音楽が好きなのでしょうか?今まで考えたことはありませんでしたが、音楽は私たちを幸せで、くつろいだ気持ちにしてくれて、落ち込んだときは慰めてくれると思います。つまり、音楽の力はとても大きいのです。音楽がない人生など、考えられません。
 
 名作を味わおう:The Wizard of Oz(第14回)

今回は、ドロシーが自分の望みを叶えるために魔女のグリンダが重要なアドバイスをしました。その内容に注意して、自分でも音読してみましょう。

Dorothy was very disappointed, but then Glinda appeared. She said to
Dorothy, “Your shoes have magic power. Tap your heels together three
times and think to yourself: Thereʼs no place like home. Doing this will
take you back home.” Dorothy said to her friends, “Itʼs going to be so hard
to say goodbye. I love you all.” Then, Dorothy did as Glinda had said.

やがて、『リリー・マルレーン』はそれぞれの兵士の言語で歌われるようになりました。例えば、英語でも歌われました。
残念なことに、その歌を聞いた多くの兵士たちが、故郷に帰って、愛する人たちに会いたいという願いをかなえることは決してありませんでした。第二次世界大戦では、ヨーロッパの戦場だけでも何百万人もの兵士が戦死しました。

同じ歌を愛した人たちがお互いに殺し合わなければならなかったことは、嘆かわしく悲劇的なことでした。戦争の暗闇と残酷さの中で、『リリー・マルレーン』は平和の小さな灯ともしびでした。だから、その歌は非常に特別なものだったのです。それは音楽の力を示したのです。

今回の学習内容の本文和訳例

ドロシーはとてもがっかりしていましたが、そのときグリンダが現れました。彼女はドロシーに「あなたの靴には魔法の力があるのよ。かかとを3回鳴らして、心の中で考えなさい、家ほどよいところはないってね。そうすれば家に帰れるわ」と言いました。ドロシーは仲間たちに「さよならを言うのはとてもつらいわ。みんな大好きよ」と言いました。それから、ドロシーはグリンダが言ったとおりにしました。

Lili Marlene
Underneath the lantern,
By the barrack gate,
Darling I remember
The way you used to wait.
‘Twas there
That you whispered tenderly,
That you loved me.
You’d always be
My Lili of the Lamplight.
My own Lili Marlene.

(『リリー・マルレーン』歌詞和訳例)  
街灯の下
兵舎の門のそばで
愛しい人よ,ぼくは覚えている
あなたがいつもどんなふうに待っていたのか。
その場所だった
あなたがやさしくささやいたのは
ぼくを愛していると。
あなたはこれからもずっと
ランプの光のぼくのリリー。
ぼくのリリー・マルレーン。


【倫理】 第21回 第3章 国際社会に生きる日本人の自覚 仏教の受容と発展

聖徳太子・最澄・空海らによる仏教思想の本格的な受容、さらには法然・親鸞・道元・日蓮らによる日本独自の鎌倉仏教の樹立などを学ぶ。それを通して、仏教というものが日本人の思想形成にどのような影響を与えてきたかを考える。

聖徳太子/最澄/空海/法然/親鸞/道元/日蓮

仏教の受容と聖徳太子

日本で最初に本格的な仏教思想を説いたのは聖徳太子だといわれる。彼が書いたとされている『憲法十七条』は、儒教とともに仏教をベースとしたものであった。
その基本的精神は「和」の尊重にあるが、それは単なる他者への同調を意味するものではない。
他者との意見の対立を前提にしながら、だからこそともに「凡ぼん夫ぷ 」(まちがいの多い平凡な人間)であることを自覚し、他人への寛容の心をもって、互いに徹底的に議論してコンセンサスを求めていくべきことが説かれている。
また、聖徳太子は「世間仮虚、唯仏是真」(この世は仮で虚しいものであり、仏の世界のみが真実である)ということばを残したとされている。これは現実の世界全体を突き放し相対的にとらえる視線を初めて日本人に教えたものであったといわれる。

平安仏教(最澄・空海)

奈良時代に栄えた仏教は、朝廷の権力と結びついた学問中心のものであって人々の信仰に根ざしたものではなかった。平安時代になると、そうした古い仏教に飽きたらなくなった最澄と空海は、中国から新しい仏教をもたらした。最澄の伝えた天台宗は、すべての人間はみな仏になる可能性をもっているという平等主義を説くものであった。彼の開いた比叡山延暦寺は、その後の日本仏教の中心地となっていった。
また、空海の伝えた真言宗は、密教とよばれるものであった。密教は宇宙の中心に大日如来という仏をおき、この世界はすべて大日如来が仮に現われたものであると説いた。したがって、私たちも大日如来と一体になれば、「即身成仏」(この身のままで直ちに仏になれるということ)が可能になるとした。密教は自然との一体化を尊重する日本人の伝統的な考え方ともよくマッチしているため、その後の日本文化に大きな影響を与えた。

日本的仏教の誕生(鎌倉仏教)

鎌倉仏教が生まれた平安時代末から鎌倉時代の初めは、貴族の支配が崩壊し武士階級が台頭してきた、日本の歴史における最大の変革期であった。こうした時代の転換は、人々の心に不安感をもたらし、これから世の中は悪くなる一方だという「末法思想」が次第に広まっていった。
しかし、そうした「末法思想」による危機感は、人間そのものを深くとらえ直そうとするきっかけとなり、法然・親鸞・道元・日蓮を開祖とする鎌倉仏教が生まれることになる。
法然・親鸞は「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで、死後西方の極楽浄土に往生して仏となることができると説いた。また道元はひたすら坐禅するだけで悟りが開けるとした。さらに日蓮は、「南無妙法蓮華経」と唱えることによって、この現実を平和で豊かな世界につくり変えようと説いた。こうした鎌倉仏教は、やがて多くの民衆に支持されることになる。

『十七条憲法』に学ぶ

『十七条憲法』では、議論の重要性がとても強調されています。大事なことほど独断で決めないで、みんなで徹底的に話し合えというのです。そのとき、完璧な人間は誰もいないのだから、自分の意見にばかり固執しないで、謙虚に相手の考えに耳を傾けろといっています。
今日、民主主義の風化がいわれたりしていますが、日本にも古代からこうした著作があったということにはとても勇気づけられるのではないでしょうか。


【日本史】第17回 第3章 近世社会の形成と庶民文化の展開 豊臣秀吉

一.秀吉の全国統一 二.検地と刀狩 三.朝鮮侵略

今回の時代と三つの要

今回は16世紀末頃の安土桃山時代
秀吉がとった政策とは
.

今日のテーマである豊臣秀吉は、「太閤さん」や「太閤殿下」と呼ばれ、現在でも人気が高い歴史上の人物です。
以前学んだように、天皇を助けて政治を行う役職を「関白」といいます。そして関白の位を譲った後の人を「太閤」といいます。秀吉は関白まで上りつめ、太閤になったため、「太閤さん」と呼ばれるようになりました。

今回の時代は16世紀末頃、安土桃山時代です。
織田信長亡き後、秀吉はどのようにして天下を統一し、どのような政策をとったのでしょうか。


今回押さえるべき三つの要は、

一.秀吉の全国統一
二.検地と刀狩
三.朝鮮侵略

太閤殿下と呼ばれ親しまれた秀吉の、統一事業を見ます。

高橋館長によると、織田信長には優秀な家臣がたくさんいたといいます。
本能寺の変の後、信長の後継者をめぐる争いが始まり、秀吉はそれらを勝ち抜いていくことになります。

▶要 其の一 「秀吉の全国統一」

織田信雄・徳川家康を屈服させて信長の後継者に
大阪に巨大な大阪城を築き城下町も発展する

1582年、織田信長が家臣の明智光秀に京都の本能寺で襲われ自害しました。
この時、秀吉は中国地方を支配する毛利輝元と戦っていました。事件の知らせを受けた秀吉は、ただちに戦いを止め、毛利氏と講和して京都に向かいます。そして、山崎の戦いで明智光秀を倒しました。

これをきっかけに秀吉は、たくさんの家臣たちの中から大きく抜け出し、信長の後継者としての地位を固めました。1584年には、小牧・長久手の戦いで信長の次男 織田信雄(のぶかつ)と徳川家康の連合軍と戦い、のちに屈服させます。

また秀吉は大坂に、大坂城を築きました。その大きさは、見る者を圧倒するほど巨大だったといいます。城の周りには城下町も作られ、大坂は日本の中心として賑わいました。

高い官職を得て他大名を従わせた
争いを止めない大名を攻撃

1585年、秀吉は公家の内紛に乗じて、天皇を助けて政治を行う関白に就任します。より高い官職を得ることで、他の大名を従わせようとしました。翌年の1586年には太政大臣にもなり、豊臣の姓があたえられました。

さらに秀吉は天皇の名で、大名同士が争うことを止めさせる命令を出し、これに従おうとしない大名には攻撃を加えました。
まず九州の島津義久を攻めて降伏させた後、小田原の北条氏を滅亡させます。さらに、伊達正宗ら東北地方の諸大名も降伏しました。これによって秀吉は、1590年に天下統一を成し遂げたのです。

秀吉の経済基盤も天下統一に重要だった
経済力を背景に金の大判まで作る

秀吉の天下統一の背景には、強大な軍事力だけではなく、経済基盤の整備も重要でした。

秀吉の第一の経済基盤は、征服のたびに設けた約200万石の直轄地です。そして大坂・京都・伏見・堺・長崎などの重要都市を支配して収入を得ました。さらに、佐渡金山、石見・生野銀山を支配しました。

これらの経済力を背景に、秀吉は金の大判、つまり貨幣まで作っていきます。
実物の大きさにコピーした金の大判は、「こんな大きなもので何を買うのか」とAKB48の3人が驚くほど大きいものでした。高橋館長によると、金貨としては当時 世界最大級の大きさであったこの大判は、物の売り買いではなく主に恩賞として使われたといいます。

さらに、秀吉は画期的な政策を打ち出していきます。

▶要 其の二 「検地と刀狩」

太閤検地
土地の生産力を米の量である石高で表した

平安時代から続く荘園制では、税を払う者と受け取る者とが1つの土地に何層にも重なり、複雑な関係にありました。
秀吉は、太閤検地によって荘園制度を解体していきます。

検地では、各地で田畑の広さや生産力、耕作者を詳細に調査しました。そして「一地一作人」を原則として、1つの土地の中で、税を払う者と受け取る者の関係を整理します。
これによって、耕作者から直接 税を納めさせることができるようになりました。当時の検地帳には、田畑の面積や、生産高とともに耕作者の氏名が記録されています。

また、征服した領地や降伏した戦国大名の領地にも検地を行い、土地の生産力を米の量である石高(こくだか)で表しました。大名の領地は石高であらわされ、これを基準に軍事を負担させました。これを石高制といいます。

大仏建立を口実に百姓から武器を取り上げる
身分統制令によりさらに身分の固定化

次に、秀吉が打ち出した政策が、刀狩です。
1588年、大仏建立を口実に刀狩令を出し、百姓たちから武器を取り上げて武力を奪いました。
1591年には、百姓が畑を放棄して商売をすることなどを禁止する身分統制令を出します。これによって、身分の固定化を進めました。

このような、戦闘のための兵士と、農作業に専念する百姓とを区別する政策を兵農分離といいます。

山本 博文 先生
荘園制の複雑な構造からシンプルに

平安時代から何百年も続いた荘園制の解体は、大胆な政策であったといえます。秀吉は、なぜそこまでして荘園制をやめようと考えたのでしょうか。

特別講師の山本 博文 先生(東京大学史料編纂所 教授)に話をうかがいます。
秀吉がどのような考えで太閤検地を行ったかを知る前に、まず太閤検地以前の土地制度である荘園制が、どのような構造であったのか確認します。

荘園とは、今の村のようなものだといいます。荘園の上には本所や領家という、荘園に対する権利を持っている人々がいました。
荘園の中には荘園を管理する荘官、土地を運営する名主、実際に土地を耕作する作人という人たちがいました。さらに、その荘園を守る地頭という武士もいました。
作人が作った米などは、これらのいろいろな人達に分配されました。荘園には非常に多くの権利が存在したのです。

ところが、秀吉が検地を行うことで、その構造を変えます(右図)。
実際に土地を耕作している人の名前を把握し、土地の権利を与えます。そして年貢は、その地域の領主に支払うという、すっきりとした関係にしました。
作人は、名主が作人になることもあれば、作人が権利を認められて作人になることもありました。
荘官や地頭は武装もしており、領主(武士)になって、作人と1対1の関係になります。

このように太閤検地は、間にいる人達が儲けて力を持つということを無くすものでした。そしてその結果 権利を最も失ったのは、本所や領家といった今までの公家や寺社であり、それまでの権利はほとんど無くなってしまいます。
それまでは金の儲け方がいろいろな所にありましたが、それが許されなくなるというのが太閤検地だったと、山本先生は話します。

また、刀狩りによっても社会が大きく変わりました。
刀狩以前は、荘園を守るために名主や作人も刀を持ち、武装していました。
しかし秀吉は、「作人は米さえ作っていれば、その土地は自分が守ってやる。だから刀はいらないだろう」という姿勢を取り、刀をすべて取り上げました。
没収した刀は、新しく作る大仏殿の釘やかすがいにして信仰に使うので、みな幸せに暮らせるであろうという建前でした。
こうすることで、農民は刀を持たずに耕作に専念し、刀を持つ人は武士として戦いに専念するという、シンプルな社会になっていったといいます。

▶要 其の三 「朝鮮侵略」

文禄の役で朝鮮侵攻
各地で抵抗を受ける

秀吉は、早くから大陸への出兵の方針を表明していました。
天下統一後、秀吉は朝鮮に対し、日本への朝貢と中国・明への進撃の協力を求めます。
しかし朝鮮は、これを拒絶します。そこで1592年、秀吉は朝鮮におよそ15万の大軍を送って侵略戦争を開始します。文禄の役と呼ばれる戦いです。

釜山に上陸した日本軍は、各地に軍を展開し、朝鮮の都である漢城(現在のソウル)を落とします。
しかしその一方で、各地で義勇兵が蜂起し、日本の兵士を悩ませました。
また海上では、朝鮮水軍を率いる李舜臣(りしゅんしん)が日本の水軍を破り、制海権を奪い返します。

そして明から援軍が到着して攻撃を開始すると、日本の軍は劣勢となり、戦局は次第に不利になっていきました。
秀吉は、明との講和交渉のため休戦しますが、交渉は決裂します。

講和交渉が決裂し、再度侵攻
秀吉の病没により全軍が撤兵

1597年、秀吉はおよそ14万の軍勢で朝鮮半島に再攻撃を開始しました。慶長の役と呼ばれるこの戦いでは、苦戦を強いられました。

翌年、秀吉が病によって死去し、戦いは終結に向かうことになりました。
これを受けて、秀吉を補佐した徳川家康などの五大老と石田三成などの五奉行が、全軍を撤兵させました。

秀吉は寧波が貿易ネットワークの中心だと知っていた
当時の日本は陶器作りの技術がまだ弱かった

秀吉の、朝鮮や明への侵略の意図は、どのようなものだったのでしょうか。

山本先生によると、1つは、天下統一によって日本全国が秀吉のものになり、朝鮮や明に領地を増やそうというものだったといいます。
もう1つは、貿易ネットワークを狙ったものです。秀吉は明を従わせて北京まで行き、さらに寧波(ニンポウ)に行ってこの地域を支配すると言っていたといいます。
寧波は、東シナ海の貿易ネットワークの中心でした。つまり九州から朝鮮、中国、台湾周辺の海上の貿易ネットワークすべてを手に入れ、東アジアの海洋帝国を作ろうとしたという新しい説も出ているといいます。
秀吉は、当時日本に来ていたポルトガル人やスペイン人から、その地域の情報を得ていたと考えられているそうです。

山本先生 「ここが一番富の源泉であり、日本の柱になる地域だと考えたんじゃないかと思うんです。しかし実際は北京を攻めて、こういう帝国を作る前段階で、朝鮮で非常に大きな抵抗を受けたわけです。当時の日本では陶器を作る技術が遅れていたため、朝鮮人の陶工を日本に連行したりするなど、朝鮮の人々へ大きな被害を与えます。」

朝鮮出兵は豊臣政権の没落を早めた

山本先生 「また日本からも、多くの人が出兵していきました。特に、物を運ぶのは皆 百姓であったため、国内では田を耕す人が徐々に減って耕地は荒廃していきます。なおかつ戦闘は苦戦していますので、戦いに行った武将達の間に反目が生まれて関係が険悪になっていきます。結局、朝鮮侵攻が豊臣政権の没落をはやめてしまう1つの大きな要因になるわけですね。」

高橋館長 「この戦いは結果的に見ると、両国にとっていいことは1つもない。」

山本先生 「今でも朝鮮侵略については批判されている面はあります。秀吉はちょっと想像力が足りなかったところがあるかもしれませんね。」

▶日本の歴史 いとをかし

高貴な血筋でなくても皆が従うように

下剋上の時代と言われた戦国時代における「非常に大きな変化」について、引き続き山本先生に話をうかがいます。

戦国時代以前の武家の棟梁は、鎌倉幕府・室町幕府ともに清和天皇の子孫である貴種であり、そのように高貴な血筋でないと武士も従おうとしなかったといいます。しかし信長以降は、皇族の血を引いていない者であっても、みなが従うようになりました。

山本先生 「太閤さまの出世物語は、足軽から始めて信長の草履取りになり、武将になって、今度は天下を統一するわけですからね。社会の構造が、ここで変わるので、これは日本の近代国家の始まりと言っていいぐらいの大きな変化だと思うんですね。」

当時の日本は世界的に金銀がたくさん産出された

高橋館長 「でも“武”というのは力が強くて相手を倒すための武もあるけど、ここに出てきた信長とか秀吉は、ある意味お金ですね。」

山本先生 「そうですね。武というのは、経済がないと兵も養えないし鉄砲も買えない。だから富を握った者が強くなるという側面があるんですね。」

高橋館長 「それで大判といったものが出てくるわけですよ。」

山本先生 「この頃の日本は、金銀がざくざく出てくる時代だったんですね。社会に金銀が溢れ、日本は世界的にも金銀が豊富な土地だということで、ポルトガル人なんかもやって来るわけですね。」

高橋館長 「黄金の国、ジパングですね。」

山本先生 「それだけの経済力を誇って、それを握ったのが信長であり、秀吉であったわけなんですね。」


 記録

 天気: 雨
 最高気温(℃)[前日差]  22℃[-7]
 最低気温(℃)[前日差] 19℃[+1]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

高校講座 (1)【現代文】 (2)【コミュニケーション英語Ⅱ】 (3)【現代社会】 (4)【 書道Ⅰ】

2018年06月19日 22時30分22秒 | 日記
【私だけの学習メモ】 高校講座を視聴していない方には、何の事やらさっぱりわからない私だけの学習メモですので、全く読む必要はありません。

頑張って高校講座で勉強しました。

今日の教科は;

【現代文】第15回 言葉と生活 「マジ?」 (1) (高山宗東)

【学習のポイント】
(1)言葉をみつめる
(2)文字通りの意味と言わんとする意味
(3)言葉の奥行き


【コミュニケーション英語Ⅱ】 第3回 Lesson 1 Fantastic Festivals 世界の祭り (2)


Today’s focus 文法・表現

■比較表現: the most( 最上級)
 Maybe this is the most elegant festival in the world.
   「たぶんこれは世界で一番優雅な祭りでしょう。」

elegant にthe most をつけると、一番優雅という意味になります。つづりの長い語の場合、
元の形、elegant の前に、the most をつけて最上級を作ります。

学習のポイント
■到達目標:
 「~の中でいちばん……」と述べることができる
■今日の題材:結衣が紹介する祭り(ベニスのカーニバル)
■文法・表現:比較表現: the most (最上級)
Lesson 1 ─2 Fantastic Festivals

コミュニケーション 英語Ⅱ Lesson 1 ─ 2 Fantastic Festivals
Practice
英語で表現してみましょう。 ※解答例は、番組で確認してみましょう。
(1) 「テレビに出ている俳優を見て、この俳優が最も日本で人気がある。」
  
(2) 「このお寺が京都で最も有名です。」



【現代社会】第15回 日本の政治機構 司法と人権

司法と人権

今回は、司法の役割について学びます。裁判所などが担う司法権は、私たちの人権を守るために大切な仕事をします。裁判と一口に言っても、いろいろな種類があることも学習します。

司法と裁判所

法律にもとづいて、犯罪を疑われた人を裁いたり(刑事裁判)、いろいろなもめごとを解決したり(民事裁判)することを司法とし、それを担うのが裁判所です。最高裁判所は国会が行う立法について、それが憲法に違反していないか、人権を否定するものになっていないかなどを審査する権限をもっています。

刑事裁判と民事裁判

刑事裁判では、犯罪を疑われた人(被告人)について、検察官が証拠にもとづいてその有罪を立証しようとし、弁護士が被告人の立場に立ってそれに反論します。最終的に判決を下すのは裁判官、または裁判員の仕事ですが、十分な証拠がなければ無罪となります。日本でも、冤えん罪ざいが大きな問題となっています。

民事裁判とは、個人同士や個人と法人(会社)の間などでのもめごとを解決するために行われる裁判です。そこでは検察官は登場せず、当事者それぞれの代理人である弁護士が、おのおのの主張をし、裁判官が判断することになります。

司法制度改革

日本では、裁判に時間がかかり過ぎるとか、国民の常識と異なる判決があるなどの批判があり、司法制度改革が行われました。特に重要なのは裁判員制度の導入で、これは有権者から無作為に選ばれた裁判員が、重大な刑事裁判に参加するものです。選挙などと同様に、国民の義務であり、責任をもって取り組むことが求められています。
逮捕された人が裁判にかけられるまでの過程でも、人権擁護の観点から、取り調べの可視化など、日本の司法制度にはなお多くの課題があります。



【 書道Ⅰ】第15回 仮名の書 書いてこそ美しい和歌 ~「高野切」~

書いてこそ美しい和歌~「高野切」~

▶高野切~第三種~

平安時代に書かれた高野切
すぐれた和歌を1000首以上集めた古今和歌集

今回は平安時代に書かれた高野切(こうやぎれ)と呼ばれる書について学習します。
高野切は平安時代に確立した仮名の書で、繊細で流れるような美しさが特徴です。
平安時代前期に、それまで詠まれたすぐれた和歌を1000首以上集めた古今和歌集が作られました。
それを書き写した写本の1つが高野切です。
もともとは20巻ほどの巻物でしたが、時代が経つにつれ、巻物を切り取って掛け軸として鑑賞するようになりました。
また、その一部が高野山に伝えられていたことから、高野切と呼ばれるようになったのです。

高野切は書風の違いなどから3種類に分けられています。
今回取り組むのは第三種です。
かなの代表的な作品として、昔から多くの人が学んできた親しみやすい書です。

和歌「しらゆきのともにわがみはふりぬれど こころはきえぬものにぞありける」
高校生

今回は、高野切の中でも素直で親しみやすいといわれている和歌「しらゆきのともにわがみはふりぬれど こころはきえぬものにぞありける」を書いてもらいます。

▶達人に聞こう

川合広太郎先生
連綿はあいまいに書かないで、実線でしっかり書く

ここで、「達人に聞こう!」のコーナーです。
今回の達人・川合広太郎先生に和歌を臨書する際のポイントを聞きました。

読みにくい原因でもあり、かなの書の醍醐味のひとつでもある文字と文字がつながっているところを連綿(れんめん)といいます。
例えば、「ら」と「ゆ」の間はつながっていますね。
連綿はあいまいに書かないで、実線でしっかり書くのがポイントです!

達人に前半の「しらゆきのともに」を書いてもらいました。
小筆を立てて書くのが、かなの書の基本でしたね!
連綿は数文字がひとかたまりになるように意識しましょう。
筆の弾力を活かして、リズミカルに書くことが大切です。

▶つなげて書こう~連綿~

墨をつけすぎないように注意
連綿にチャレンジ
.

達人のアドバイスを参考にして、3人も連綿にチャレンジ☆
「しらゆきのともに」を書いてみます。
紙は仮名用の薄くてにじまない紙、筆は小筆、墨は使う分だけ磨るようにします。
かな独特の線の美しさを出すには、墨の量がポイントです。
墨が多いと線が太くなるので、墨をつけすぎないように注意しましょう!

▶変体仮名を知ろう

変体仮名

和歌を読もうとすると、読めない文字があると思います。
それが変体仮名(へんたいがな)です。
変体仮名は昔の書や書物にたくさん出てきます。

「カ」の字源は「加」
「キ」の字源は「幾」
「ニ」の字源は「仁」

日本では漢字が伝わった頃、日本語の1つの音に複数の漢字を当てはめて使っていました。
たとえば、「カ」の字源は「加」という漢字ですが、他に「可」という漢字からできた文字も使われていました。
また、「キ」の字源は「幾」ですが、「支」という漢字からできた文字も使われていて、
「ニ」の字源は「仁」ですが、「尓」という漢字からできた文字も使われていました。
こうした変体仮名を使うことで作品にも変化が生まれ、かなの書に豊かな表現が生まれました。

明治33年、政府が1つの音に対して1つの文字を使うように決めた
平仮名

しかし明治33年、政府が1つの音に対して1つの文字を使うように決めました。
それが現在も使われている平仮名(ひらがな)で、残りの文字は変体仮名となりました。

変体仮名を判読する技術

現代の私たちには変体仮名を使った名筆や江戸時代以前の書物は読むのが難しくなっています。
しかし現在、最新技術を使って変体仮名を判読しようという取り組みが進んでいます。
ある印刷会社では、昔の書物の崩した文字を読み取り、自動的に現在使われているひらがなや漢字に変換する技術を開発しています。
実は崩した文字や変体仮名にも共通する形があります。
そこで、たくさんの文字をデータベース化して、一番近い文字を当てはめて1文字ずつ解読する仕組みです。
今は判読しやすい文字の解読や手書き文字の解読に挑戦しているそうです。
いつか写本や手紙、古文書などにも技術を応用して貴重な資料が読めるようになれば、歴史的な発見にもつながるかもしれませんね。

▶高野切~臨書~

達人のお手本
川合広太郎先生

それでは、いよいよ和歌「しらゆきのともにわがみはふりぬれど こころはきえぬものにぞありける」を一首まるごと臨書してみましょう!
最初に達人にお手本を見せていただきました。
その様子は、ホームページでノーカット版を公開していますので、ぜひご覧ください☆

この和歌の中で変体仮名が使われているのは3か所です。
「わがみ」の「が」の字源は「可」
「こころはきえぬ」の「き」の字源は「支」
「ものにぞ」の「に」の字源は「尓」

かなを書くのは小さな動きですが、身体全体を使ってリズミカルに堂々と書きましょう。
墨の量は少ない方が繊細で力強い線が書けますよ☆

和歌の臨書にチャレンジ
よく書けました!

達人のアドバイスを参考に、3人も和歌の臨書にチャレンジ☆
5・7・5・7・7を集中して一気に書きあげましょう。
みんな、仮名の書ならではの線を意識して、線のメリハリもよく書けました!

▶みんなの書

メイドカフェのみなさんに、書に挑戦してもらいました

誰でも書のアーティスト☆
今回は、メイドカフェのみなさんに、書に挑戦してもらいました!

▶高野切~第三種~

皆藤さんと川合先生
高校生

昔はコピー機などがなかったので、自ら書き写すしかありませんでした。
これらの書からは、美しく書き写して世に広めたり楽しんだりした宮廷の息づかいも感じられるのではないでしょうか。


 記録

 天気: 曇り
 最高気温(℃)[前日差]  27℃[+6]
 最低気温(℃)[前日差]  19℃[+1]

 散歩人
コメント

コルコバードが開花しました

2018年06月17日 17時12分37秒 | 日記
午後のコルコバード


午後、コルコバードが開花しました。梅雨の鬱陶しい日に大輪のオレンジ色のコルコバードの花姿は、とっても美しい!!見ていますと気持ちが元気になりますね。



 記録

 天気: 曇時々晴
 最高気温(℃)[前日差]  23℃[+5]
 最低気温(℃)[前日差]  15℃[+1]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

素晴らしい赤色です!! アンクルウォルター(二番花)が咲いています

2018年06月15日 08時24分22秒 | 日記
アンクルウォルター(二番花)が咲いています


素晴らしい赤色です!!

アンクルウォルター(二番花)が咲いています


この美しく咲いた実物の花姿は、写真では表現できないくらい、もっと美しい!!皆さまに実物をお見せ出来ないのが残念ですね。

 記録
 
 天気: 雨
 最高気温(℃)[前日差] 20℃[-5]
 最低気温(℃)[前日差] 18℃[-1]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

高校講座 (1)【国語総合】 (2)【英語表現I】 (3)【政治経済】 (4)【美術Ⅰ】

2018年06月14日 22時30分32秒 | 日記
【私だけの学習メモ】 高校講座を視聴していない方には、何の事やらさっぱりわからない私だけの学習メモですので、全く読む必要はありません。

頑張って高校講座で勉強しました。

今日の教科は;


【国語総合】 第17回 [漢文] 漢文 訓読の基本 (1)

漢文は、楽しく、味わいのある話が多いのですが、昔の中国語で書かれているので、「訓読法」(漢文のきまり)を知らなければ、読むこともできません。そこで、はじめに、読み方のルールである「訓読の基本」を2回に分けて学びます。今回は、その1回目です。「訓読」とは何かを知り、「訓読」するために必要な「訓点」のきまりについて学びましょう。「訓点」には、「句読点」・「送り仮名」・「返り点」の3つがあります。




【英語表現I】第14回 Lesson 8 Snail Mail

■後悔の気持ちを述べることができる。
■過去の状態や習慣について話すことができる。
■「助動詞+have+過去分詞」の形を使う場面や状況がわかり、話したり、書いたりできる。
■「would/used to do」を使う場面や状況がわかり、話したり、書いたりできる。


【政治経済】第2回 第1章 現代の政治 第1節 民主政治の基本原理  民主政治の成立

〈学習のねらい〉
世界中のほとんどの国が採用している政治形態が民主政治です。
では民主政治とはいったい何なのでしょうか? また、どのように成立してきたのでしょうか? 

市民革命/法の支配/国民主権/絶対王政/自然権/
権力分立/二院制/三権分立/多数決/
地方公共団体/政治/支配/王権神授説/社会契約論 

POINT 1  多数決には従わなくてはいけないの?

⃝社会や国家は多くの人が集まって成り立っており、さまざまな意見を持っていますから対立することもあります。その対立することなどを話し合って、妥協したり、合意したりする過程を ①         と呼んでいます。
⃝民主主義という言葉は、デモクラシーの訳です。もともとはギリシャ語が語源で、デモスは「民衆」、クラチアは「支配」という意味で、民衆による ②          を指す言葉です。そして「民主政治」とは、民主主義に基づく政治を指し、やさしく言い直すと「自分たちのことは自分たちで決める政治」のことです。
⃝「民主主義」というと ③         を思い浮かべるかもしれませんが、もし多数決を取るとしてもその前にいろいろな条件が必要です。

POINT 2  民主政治への歩み

⃝「民主政治」は、17~18世紀にかけて、イギリスのピューリタン革命や名誉革命、アメリカの独立革命やフランス革命などの ④         で ⑤         が倒されて成立しました。
⃝市民革命の背景には、絶対王政の根拠とされていた ⑥        を、⑦ 否定したことや ⑧         の存在があります。
⃝社会契約論とは、⑨         を持った個人が、よりよい生活や社会を求めて国家や政府を作るために社会を作ろうと契約を結んだという考えです。
⃝法の支配とは、支配者といえども自然法的な法に従わなければならないという原則です。

POINT 3  政府と私たち

⃝市民革命後、民主政治を維持するために国民が政治権力を持つ ⑩         や、権力を分けて、お互い監視させたり、抑制や均衡を図ることによって、権力の暴走を防ごうとする ⑪         が確立していきます。権力分立のひとつが、政治権力を立法、行政、司法に分ける ⑫         です。
⃝権力分立は三権分立だけではありません。日本の政治組織では国と ⑬         に分けられていることや国会が ⑭         であることも権力分立と言えます。



【美術Ⅰ】 第14回  プロダクトデザイン ~生活にいかされるデザイン~

「“ミケさんモビール”を売り出したら人気が出るのでは?」と言う、石こう像の妖精(?)ミケさん。
「商品としてのデザインがよくないから、難しいと思う」と言うシシド・カフカさん。

さて、商品や製品のデザインのことをプロダクトデザインといいます。
“ミケさんモビール”はプロダクトデザインとしてイケてる?それともイケてない?

▶身近にあるプロダクトデザイン

定番のお菓子たち

パッケージを見ただけでどんなお菓子かがわかるような定番のお菓子を用意しました。
子どもの頃から慣れ親しんだ、馴染み深いデザインばかりだというカフカさん。
これらもプロダクトデザインです。

カフカさんは、食欲を刺激されるようなデザインのパッケージだと思わず手に取ることがあるといいます。
みなさんも、何か物を買うときにデザインに左右されていることがあるかもしれません。

▶プロダクトデザインとは

柴田文江さん
人々の生活に関わるさまざまな製品をデザイン

今回、プロダクトデザインについて教えてくれるのは柴田文江さん。
柴田さんは日用雑貨から自動販売機、カプセルホテルまで、人々の生活に関わるさまざまな製品をデザインするプロダクトデザイナーです。

柴田さんがデザインした体温計
液晶部分の表示も縦になっていて、数字も大きくなっています

色や形を決めるだけでなく、使いやすさなどの利便性も考えて作るのがプロダクトデザインです。

例えば、柴田さんがデザインした体温計は先の方が平たくなっています。
これは脇に挟んだときに、子どもからお年寄りまで挟みやすいように考えて作られた形です。
また、液晶部分の表示も縦になっていて、数字も大きくなっています。
これは左右どちらの脇で測っても見やすく、また、具合の悪いときにメガネをはずしていても見やすいように配慮されています。

柴田さんがデザインした補聴器はイヤホンのような見た目
柴田さんとカフカさん、ミケさん

以前は、補聴器は付けていることがわかりにくいようなデザインが主流でした。
しかし、柴田さんがデザインした補聴器はイヤホンのような見た目をしています。
いろいろな色が用意されていて、音楽を聴いているかのようなポジティブな印象になるように心がけて作られました。

それぞれの製品は、その会社ごとの技術や理念を反映して作られますが、その先には利用する人の暮らしがあります。
暮らしの中で愛着をもって使ってもらえるか、使いやすいか、といったことを考えてつくることが大切だと柴田さんは考えています。

▶美術がつむぐ物語

伊東順二先生
紙でできた器

今回、プロダクトデザインについて教えてくれるのは東京藝術大学特任教授の伊東順二先生。

最近は、自分たちのアイデンティティを大切にする若いデザイナーが増えています。
自分の国の良さを継承しつつ、現代の生活にフィットするものが作られています。
上の右図は紙でできた器です。
形もおしゃれで、手触りもよく、海外でも人気があります。
日本には素材にこだわってきた歴史を忘れていた時期がありました。
大量生産で“たくさん作ること”に重点が置かれ、素材の吟味が後回しになったのです。
しかし、素材について見直す若い人たちも増え、長く使えるもの、環境に優しいものなどが多く作られるようになりました。

金属でできた製品
買った人が好きな形に変えられる

次に先生が紹介してくれたのは金属でできた製品。
金属が柔らかく、買った人が好きな形に変えられるのが特徴です。
手にした人の発想しだいで、使い方も自由です。

これを作っているのは富山県高岡市。
約400年もの間、日本の鋳物の中心となってきた町です。
長い間、伝統工芸を製作してきたこの町で、現代の生活にフィットするものを作ろうということで生み出された製品です。

▶機能性とデザイン性

テープホルダーをデザインしよう
最初に製品の機能性を考えよう

今回は、柴田さんにお手伝いいただき、カフカさんにテープホルダーをデザインしてもらいます。
テーマは「子どもが使うテープホルダー」です。

まず最初に製品の機能性を考えます。
テープを引き出して使うこと、テープを引き出すとテープが回ることもヒントになりそうです。
カフカさんは机にテープホルダーがあると邪魔なので、電気スタンドに抱きつくカメレオンの口からテープが出るようにしようと考えました。

カフカさんのデザイン
口が大きく開いて指が入りやすいようにするとより良くなるのでは!

テープを引き出すと、目がクルクルと回るようにしようかな、というカフカさん。
手足としっぽで電気スタンドにしがみついているようなものをイメージしました。
対象が子どもの場合には“楽しさ”も機能性といえるかもしれませんね。

子どもが使うから持ちやすくて軽いものにするという考え方もありますが、子どもが使うからこそ小さい力で引っ張っても使いやすく動かないものを、という考え方もあります。

できあがったカフカさんのデザインを見て、“とてもユニークでおもしろい”という評価をしてくれた柴田さん。
テープホルダーは、“テープをホールドする”と“テープを引き出す”という2つの機能がとても大切です。
そのためには口のところから引き出すときにつまみにくいので、口が大きく開いて指が入りやすいようにするとより良くなるのでは、というアドバイスをくれました。

柴田さん

最近はプロダクトデザインから形がなくなる時代だと言われているそうです。
テレビが薄くなり、スマートフォンが四角くなったりと、形そのものがなくなっていくと言われています。
しかし、それでもプロダクトデザイナーは製品の使われ方、製品を手に取った人がどんな体験をするのか、それによってどんなコミュニケーションが生まれるかといったことを考えてデザインをしていくのです。
そこに、まだまだたくさんのプロダクトデザインの可能性があると柴田さんは考えています。



 記録

 天気: 曇り
 最高気温(℃)[前日差]  24℃[-3]
 最低気温(℃)[前日差]  18℃[0]

 散歩人

コメント

こんなの見つけました

2018年06月13日 21時25分00秒 | 日記
 カメラマン(妻)は、こんなの見つけました


 記録

天気:晴後曇
 最高気温(℃)[前日差]  27℃[+1]
 最低気温(℃)[前日差] 18℃[+1] 

 カメラマン(妻)
コメント