LA VIE EN ROSEのプロムナード(散歩道)

私達の毎日の生活は”プロムナード(散歩道)”です。散歩道で発見した出来事を日常世界ふしぎ発見!でご紹介して行きます

東京ミッドタウンの中はクリスマスムード

2018年11月15日 22時45分50秒 | 街歩き・道歩き
クリスマスの飾り付け
 
東京ミッドタウンの中は

日が暮れて、寒くなったので、東京ミッドタウンの建物の中に入りましたらミッキーマウス生誕90年イベントが開催されていましたので、見学しました後、東京ミッドタウンの中をお散歩してきました。東京ミッドタウンの中はクリスマスムードになっていましたね。

クリスマスツリー


クリスマスツリー下


今日は、これから、まだ、まだ、続きます。




 記録

 天気: 晴れ
 最高気温(℃)[前日差] 18℃[+1]
 最低気温(℃)[前日差] 10℃[-3]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

秋晴れの空の下、東京ミッドタウンをお散歩

2018年11月15日 22時15分29秒 | 街歩き・道歩き
 今日は、久しぶりに青空の広がる秋晴れの好天になりまましたので、今日の就職活動は中止しまして、カメラマン(妻)と共にお昼過ぎから”街歩き・道歩き”に出かけました。今日の行く先は、私達のお気に入り場所であります。六本木の国立新美術館と東京ミッドタウンに行ってきました。 


「生誕110年 東山魁夷展 」


 現在、国立新美術館では、「生誕110年 東山魁夷展 」が開催されています。前回、10月31日に「生誕110年 東山魁夷展 」を見学しまして感動しましたので、今日は、午後から再び「生誕110年 東山魁夷展 」を見学に行ってきました。

国立新美術館では、「生誕110年 東山魁夷展 」を見学した後は、東京ミッドタウンをお散歩して来ました。

東京ミッドタウン


秋晴れの空の下、東京ミッドタウンの遊歩道を歩いていますと気分が良いですね。

東京ミッドタウンの遊歩道


東京ミッドタウンの遊歩道に咲くノイバラ


東京ミッドタウンの遊歩道



東京ミッドタウンの遊歩道


東京ミッドタウンの遊歩道


これは何でしょう? 答えは、日が沈む頃に分かります

東京ミッドタウンの広場では、

東京ミッドタウンの夕暮れ空


日が暮れて、寒くなってきましたので、東京ミッドタウンの建物の中に入りましょう。今日は、これから、まだ、まだ、続きます。


 記録

 天気: 晴れ
 最高気温(℃)[前日差] 18℃[+1]
 最低気温(℃)[前日差] 10℃[-3]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

迎賓館赤坂離宮(国宝)

2018年11月10日 23時55分41秒 | 街歩き・道歩き
迎賓館赤坂離宮(国宝)


今日は、以前から見学したいと思っていました迎賓館赤坂離宮(国宝)に行ってきまして、迎賓館赤坂離宮の絢爛豪華な世界を楽しんできました。迎賓館赤坂離宮は、言葉で表現できないくらいにあまりにも絢爛豪華な世界でしたの写真にてご紹介します。

◆ 迎賓館赤坂離宮(国宝)

概要: 世界各国の国王、大統領などをお迎えし、外交活動の華やかな舞台となる迎賓館

 迎賓館赤坂離宮は、明治42年に東宮御所として建設された、日本では唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物です。
当時の日本の建築、美術、工芸界の総力を結集した建築物であり、明治期の本格的な近代洋風建築の到達点を示しています。
第2次世界大戦の後、10数年を経て日本が国際社会へ復帰し、外国からの賓客を迎えることが多くなったため、国の迎賓施設へと大規模な改修を施し、和風別館の新設と合わせて昭和49年に現在の迎賓館として新たな歩みを始め、現在に至っています。
その後、平成21年に行われた大規模改修工事の後には、日本の建築を代表するものの一つとして、国宝に指定されました。
これまで多くの国王、大統領、首相などをお迎えしたほか、主要国首脳会議などの国際会議の場としても使用されています。



参考出典サイト: 迎賓館赤坂離宮(国宝

迎賓館赤坂離宮(国宝)案内マップ



迎賓館赤坂離宮(国宝)の概要



迎賓館赤坂離宮(国宝)の変遷



アクセス: 迎賓館赤坂離宮(国宝)へ行くには、四ツ谷駅で下車して歩いて行きます


四谷駅



迎賓館赤坂離宮(国宝)へ続く道



迎賓館赤坂離宮(国宝)に到着


迎賓館赤坂離宮本館建物:前庭にて



迎賓館赤坂離宮本館建物の屋根:前庭にて


迎賓館赤坂離宮本館西口



迎賓館赤坂離宮本館正面玄関



迎賓館赤坂離宮本館正面玄関


参考出典サイト: 正面玄関・中央階段

迎賓館赤坂離宮本館



主庭



記念植樹



記念植樹



迎賓館赤坂離宮本館:主庭から



噴水




迎賓館赤坂離宮本館:主庭から




迎賓館赤坂離宮本館:主庭から




迎賓館赤坂離宮本館:主庭から




迎賓館赤坂離宮本館:主庭から



迎賓館赤坂離宮本館主庭の夕暮れ



帰路: 迎賓館赤坂離宮本館前庭




帰路: 迎賓館赤坂離宮本館前庭




帰路: 迎賓館赤坂離宮本館前庭




帰路: 迎賓館赤坂離宮本館前庭


帰路:前庭


帰路:中門



◆ 迎賓館赤坂離宮本館内部施設


迎賓館赤坂離宮本館内部も見学しまして、内部装飾の美しさ、シャンデリアの豪華さに圧倒されました。残念ながら。各間の写真撮影は禁止でしたので参考出典サイトにてご紹介します

朝日の間
迎賓館赤坂離宮で最も格式の高い部屋

正面玄関から中央階段を上がって大ホールをさらに進むと朝日の間があります。
創建時は「第一客室」と呼ばれていました。ヨーロッパの宮殿の「謁見の間」に当たる部屋です。
現在は、賓客のサロン(客間・応接室)として使われ、表敬訪問や首脳会談等も行われる迎賓館で最も格式の高い部屋となっています。
現在は天井画等の修復のため、平成31年3月まで閉室しています。


彩鸞の間
霊鳥が見守る部屋

迎賓館の正面玄関の真上の部屋で、「朝日の間」と相対し、創建時は第二客室と呼ばれていました。
現在は、鳳凰の一種である「鸞(らん)」と呼ばれる架空の鳥のデザインのレリーフがあることから「彩鸞の間」と呼ばれています。
この部屋は、条約の調印式、首脳会談などに使用されます。


羽衣の間
天女が舞う華やかな舞踏室

羽衣の間は、迎賓館の西側に位置します。謡曲「羽衣」の景趣を描いた大絵画が、天井に描かれていることに由来しています。 「鏡と金色と緋色」の華麗な大部屋で、かつては舞踏室と呼ばれていました。雨天時の歓迎式典や晩餐会の招待客に食前酒が供されるところでもあります。


花鳥の間
重厚な雰囲気に包まれた部屋

「花鳥の間」の名は、天井に描かれた油絵や壁に飾られた七宝焼が花や鳥を題材にしていることに由来しています。 かつては「饗宴の間」と呼ばれ、現在では主に公式晩餐会が催されるほか、記者会見の場として使用されています。

今日は、迎賓館赤坂離宮を見学しまして、建築された当時の日本の技術力の高さ、日本人の精緻な技巧力、高度な芸術表現に圧倒して驚かされました。このような先人達が今の日本を築き上げた基礎を作った事を実感しました。そして、迎賓館赤坂離宮(国宝)を作り上げた日本に私達が日本人である事を誇りに思いました。


 記録

 天気: 曇後晴
 最高気温(℃)[前日差] 23℃[+6]
 最低気温(℃)[前日差] 15℃[+1]
  歩行距離: 5.0km

 散歩人とカメラマン(妻)


コメント

神楽坂を街歩き・道歩き

2018年11月03日 20時30分49秒 | 街歩き・道歩き
 今日は、秋空の下アンスティチュ・フランセ東京:Institut français du Japon -Tokyo 内にあります、ラブラスリー:LA BRASSERIEで記念日のランチ+ワインを楽しんだ後は、食後のお散歩で、神楽坂を街歩き・道歩きをしてきました。これからの季節は、街歩き・道歩きをして秋を楽しみたいと思います。

神楽坂


善國寺


 

神楽坂


神楽坂


夕暮れの飯田橋辺り


夕暮れの飯田橋辺り


今日は、飲んで、食べて、街歩き・道歩きしての楽しい一日でした。

 記録

 天気: 曇時々晴
 最高気温(℃)[前日差] 19℃[0]
 最低気温(℃)[前日差] 11℃[+1]
 今日の歩行距離:5.5km

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

10月最後の”街歩き・道歩き”は、六本木

2018年10月31日 22時34分48秒 | 街歩き・道歩き
 ハローワークが早く終わりましたのでお昼過ぎから”街歩き・道歩き”に出かけました。今日の行く先は、六本木の国立新美術館と東京ミッドタウンに行ってきました。

国立新美術館


現在、国立新美術館では、「 生誕110年 東山魁夷展」が開催されていますので見学してきました。

「 生誕110年 東山魁夷展」


午後の空


「 生誕110年 東山魁夷展」を持って見学した後は、東京ミッドタウン内を会散歩して来ました。

東京ミッドタウンの遊歩道


東京ミッドタウンの遊歩道


東京ミッドタウンの遊歩道


東京ミッドタウンの遊歩道


東京ミッドタウン内には、檜町公園がありますのでお散歩しました。

檜町公園公園


檜町公園公園



今日の夕暮れ




 記録

 天気: 晴時々曇
 最高気温(℃)[前日差] 20℃[-3]
 最低気温(℃)[前日差] 11℃[-1]

 歩行距離: 5.5km

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

上野公園を歩く

2018年10月27日 21時23分52秒 | 街歩き・道歩き
 今日の天気は、雨後晴


 今日の天気は、明け方は雨の降る朝でしたが、その後、お天気は回復して行きまして、晴れのお天気となりました。こんな天気の良い日には、歩かないともったいないので、”街歩き・道歩き”に出かけました。

上野駅


 今日の行く先は、上野公園です。上野公園内には、西洋美術館と東京都美術館あります。

上野公園


1.現在、西洋美術館では、「ルーベンス展―バロックの誕生」が開催されていますので見学に行ってきました。

西洋美術館
  

2.現在、東京都美術館では、「ムンク展―共鳴する魂の叫び」


東京都美術館


上野公園でした




 記録

 天気: 雨後晴
 最高気温(℃)[前日差] 25℃[+3]
 最低気温(℃)[前日差]  16℃[+1]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

街歩き・道歩きは、”飯田橋”辺り+アンスティチュ・フランセ東京

2018年10月25日 20時30分47秒 | 街歩き・道歩き
飯田橋の空には太陽が


 今日は、病院が終わった後は、晴れて青空の広がる穏やかなお天気になりましたので、午後から”街歩き・道歩き”に行ってきました。今日の行く先は、”飯田橋”辺りです。

1.飯田橋辺り

飯田橋駅を通る電車


飯田橋駅の歩道





2.飯田橋辺りを歩いた後は、私達のお気に入りの場所でありますアンスティチュ・フランセ東京のテラスの紅葉が見たくなりまして、アンスティチュ・フランセ東京にお散歩に行ってきました。

 ◆アンスティチュ・フランセ東京:フランス政府公式の語学学校・文化センター

アンスティチュ・フランセ東京のテラス

まだ、紅葉はしていません

アンスティチュ・フランセ東京のテラス

紅葉は、来月中旬以降になるでしょうか

アンスティチュ・フランセ東京のブラスリーへの小径


アンスティチュ・フランセ東京のエントランスホール



欧明社リヴ・ゴーシュ“Rive Gauche”

ここは、アンスティチュ・フランセ東京内の本屋さんです。パリの小さな本屋の雰囲気が味わえます。

飯田橋の夕暮れ


きょうは、午後から、”飯田橋”辺り+アンスティチュ・フランセ東京を”街歩き・道歩き”に行ってたくさん歩いてきました。

今日の終わりの夕暮れは満月


美しい満月を見まして、今日の幸せに感謝して家に帰りました。


 記録

 天気: 晴れ
 最高気温(℃)[前日差]   22℃[-1]
 最低気温(℃)[前日差]  14℃[0]
 今日の歩行距離:6km 

 散歩人とカメラマン(妻)

コメント

秋を探して東京ミッドタウンへ、そして、気分は、南仏リビエラの青い空、海

2018年10月13日 18時30分27秒 | 街歩き・道歩き
 六本木、東京ミッドタウンの木々

紅葉は、まだです

 今日のお天気は、冷えた曇り空の日になりましたね。今日の午前中は、西新宿で大成建設ハウジングリフォームフェアの「秋の苔玉作り教室」を終えた後は、午後は次の目的地の六本木の国立新美術館に行って、「ピエール・ボナール展 」展を見学に行ってきました。

その後は、東京ミッドタウンをお散歩をして秋を探したくなりましたので東京ミッドタウンの遊歩道と広場に行ってきました。

 東京ミッドタウン遊歩道の木々


イベント: ”L'OCCITANE BALLOON JOURNEY:バルーンに乗って、ロクシタンの世界を旅しよう”


イベント: ”L'OCCITANE BALLOON JOURNEY:バルーンに乗って、ロクシタンの世界を旅しよう”


秋を探して東京ミッドタウンをお散歩をして、最後に小さな秋を見つけました




 今日は、午前中は、西新宿午後は、六本木の国立新美術館+東京ミッドタウンをお散歩に行ってたくさん歩いてきました。足が壊れそうなくらいに歩いてきましたね。でも、曇り空の下で、ピエール・ボナール作品を見て、明るい色彩で、”終わりなき夏”を感じ、東京ミッドタウンでは、イベント: ”L'OCCITANE BALLOON JOURNEY:バルーンに乗って、ロクシタンの世界を旅しよう”では、私達が好きな南仏リビエラの青い空、海を思い出して、嫌な出来事、嫌な思いがあっても毎日が”夏”のように明るく生活して行こうと思いました今日でしたね。 


 記録

 天気: 曇り
 最高気温(℃)[前日差] 20℃[-3]
 最低気温(℃)[前日差] 17℃[-2]
  歩行距離:6km

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

松本楼を散策

2018年10月09日 08時36分15秒 | 街歩き・道歩き
松本楼




 昨日は、秋を探しに霞が関、日比谷に”街歩き・道歩き”に行ってきましたね。霞が関を出た後、日比谷公園を散策していましたらお腹が空いてきました。日比谷公園内には、「松本楼」があります。以前から松本楼に行ってみたいと思いましたが、いつも混み合っていまして待ち時間が長いと思うと、松本楼から遠ざかってしました。



でも、昨日は、いつものように、待っている人が少ないように思いましたので、待って、その後、お店に入って美味しいランチをしてきました。

食後、会計をした後、ロービーのような部屋を見学してきまして、松本楼の歩んできた歴史を知って驚きました。



孫文夫人がひいていたピアノ


中国革命の父・孫文と梅屋庄吉

1階ロビーの右手に展示してある燭台付きのアップライトピアノ(写真)は、梅屋庄吉邸において孫文夫人である宋慶齢が弾いていたピアノで、国産のもっとも古いもののひとつです。
日比谷松本楼になじみ深いお客様に、革命の志士・孫文(写真中央)もいらっしゃいました。辛亥革命時、日本に亡命中だった孫文は松本楼の代表取締役会長夫人の祖父であり、現社長 小坂文乃の曾祖父にあたる梅屋庄吉(写真は梅屋夫妻)に連れられて革命運動のため、しばしば当店を訪れております。
梅屋庄吉は、中国革命の父と称えられる孫文を一生をとおして、物心両面で支えました。

孫文は日本亡命中、足しげく梅屋邸に出入りしておりました。大正4年には梅屋邸で宋慶齢とめぐりあい、結婚式を挙げることとなります。夫婦が中国に戻るまでのあいだ、婦人は梅屋邸に身を寄せて、ひまさえあればピアノを弾いていたそうです。孫文は、しばしば松本楼も訪れていたことから、松本楼の再建後(下記)に「孫文夫人ゆかりのピアノ」が店内に展示されることとなりました。

参考出典サイト: 日比谷松本楼の歴史

歴史記録


歴史記録


歴史記録


歴史記録


歴史記録


歴史記録


松本楼



長崎から羽ばたいた男、梅屋庄吉の夢と孫文との出会い。そして、辛亥革命を最後まで支えた日本人梅屋庄吉

 今の時代、辛亥革命や孫文といった名前も知らない世代がほとんどだが、第二次大戦前までは中国の民主化こそアジアの独立と平和を成し遂げるための、なによりの方法であると信じていた日本人は少なくなかった。
 そのような状況で梅屋庄吉は、その辛亥革命にもっとも資金を提供し、日本人、中国人を問わず、困った人への積極的な援助を惜しまなかった、極めて稀な存在である。

 ただ一度、孫文との初めての出会いで、革命の全面的支援を口約束で通し続け、その信条と義を守り抜いた。
とかく現代人は、長いものやビッグネーム、目先の金には弱いものだが、梅屋庄吉の生き方は一度口にした約束は守る、助けると決めた相手は裏切らないという「理想や信念」だった。

松本楼で梅屋庄吉の歴史記録を読んで私は、感動しました。

参考出典サイト:  松本楼の歴史


 記録

 天気: 曇り
 最高気温(℃)[前日差] 31℃[-3]
 最低気温(℃)[前日差] 25℃[-1]

 散歩人とカメラマン(妻)


コメント

秋を探しに:霞が関、日比谷を歩く

2018年10月08日 20時45分29秒 | 街歩き・道歩き
 昨日は、晴れの日でしたが、今日のお天気は曇り空の日になりましたね。晴れの日でなくても、雨でなければ、”街歩き・道歩き”に行かないともったいないと思いましたので、今日のお昼前から”街歩き・道歩き”に行ってきましたね。

 さて、今日の行く先は、東京のど真ん中にありますが、街路樹の多い霞が関、日比谷です。この辺りの街路樹は、秋が深まって行きますと紅葉が綺麗ですので、今日は、これから迎える秋本番を前に紅葉の見頃時期の事前調査で、秋を探しに霞が関、日比谷に”街歩き・道歩き”に行ってきましたね。

1.霞が関地区

スタート:丸の内線の霞が関


霞が関のマップ










霞が関のマップ







2.日比谷地区

日比谷通り


日比谷通り


日比谷公園:鶴の池


日比谷公園:鶴の池


日比谷花壇前


日比谷公園:心字池


日比谷公園:心字池


日比谷交差点


日比谷交差点


日比谷交差点


東京ミッドタウン日比谷


東京ミッドタウン日比谷のカルディ







霞が関、日比谷の紅葉の見頃は、12月初旬頃かと思います。
今日の霞が関、日比谷に”街歩き・道歩き”は、たくさん歩きましたね。


 記録

 天気: 曇り
 最高気温(℃)[前日差] 24℃[-8]
 最低気温(℃)[前日差] 21℃[-4]
 歩行距離:6km

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

秋を探しに皇居東御苑を歩く

2018年10月07日 22時19分30秒 | 街歩き・道歩き
雲は流れて行き、青空が広がって行きます。


 昨日に続き今日のお天気も、晴れの日になりましたので、こんな晴れた日は、”街歩き・道歩き”に行かないともったいないと思いましたので、お昼過ぎから”街歩き・道歩き”に行ってきましたね。

 今日の行く先は、皇居東御苑です。皇居東御苑は、東京のど真ん中にありまして手つかずの自然の多い場所です。今日は、皇居東御苑に行きまして、秋を探しに行ってきました。

スタート:パレスホテル


大手門が見えます


 
大手門前に到着

大手門を通って皇居東御苑に行きます。

空には、彩雲が


秋なのに桜が咲いて




百人番屋


皇居東御苑に続く




秋を探して


秋を探して


二の丸庭園


二の丸庭園


お帰りの大手門


大手門前お濠


大手門前お濠


大手門前お濠


今日は、皇居東御苑皇居東御苑の秋を探しにお散歩してきましたね。


 記録

 天気: 晴後曇
 最高気温(℃)[前日差] 32℃[+3]
 最低気温(℃)[前日差] 23℃[+5]
 歩行距離:3km

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

10月初秋の日本橋室町を歩く

2018年10月06日 21時44分47秒 | 街歩き・道歩き
今日は、久しぶりに晴れの日
 

今日のお天気は、台風25号が遠ざかって晴れの日になりましたので、こんな晴れた日は、”街歩き・道歩き”に行かないともったいないと思いましたので、お昼過ぎから”街歩き・道歩き”に行ってきましたね。

三井記念美術館


 行く先は、日本橋にあります三井記念美術館に行ってきました。現在、三井記念美術館では、「仏像の姿(かたち)展」が開催されていますので見学に行ってきました。見学後は、三井記念美術館近辺の日本橋室町をお散歩してきましたね。

武田薬品ビル


三井信託銀行


日本橋三越本店


コレド室町の小路


コレド室町の小路


福徳の森


福徳神社の鳥居


福徳神社



 記録

 天気: 曇後晴
 最高気温(℃)[前日差] 28℃[+8]
 最低気温(℃)[前日差] 18℃[+1]

 歩行距離:3km

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

国立新美術館を歩く

2018年10月03日 20時55分16秒 | 街歩き・道歩き
ハローワークと年金事務所が終わった後は、六本木にあります国立新美術館に行ってきました。現在、国立新美術館では、「ピエール・ボナール展 」展が開催されていますので見学に行ってきました。


国立新美術館


オルセー美術館特別企画 「ピエール・ボナール展 」展



 記録

 天気: 曇り
 最高気温(℃)[前日差] 23℃[-4]
 最低気温(℃)[前日差] 18℃[+1]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

秋曇り空の東京ミッドタウンに行く

2018年09月22日 19時38分52秒 | 街歩き・道歩き
 六本木、東京ミッドタウン


 朝の天気は、小雨の降る曇り空でしたが、その後、お天気が回復して行きましたのでお昼頃から”街歩き・道歩き”に出かけました。
今日の行く先は、、六本木の東京ミッドタウンに行ってきました。東京ミッドタウンには、サントリー美術館があります。「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」展が開催されましたので見学に行ってきました。

東京ミッドタウンの広場



 記録

 天気: 曇り
 最高気温(℃)[前日差]  25℃[+6]
 最低気温(℃)[前日差]  18℃[+3]
 歩行距離: 3.0km

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント

9月の六本木、東京ミッドタウンを歩く

2018年09月17日 19時36分47秒 | 街歩き・道歩き
 六本木、東京ミッドタウン


 今日の天気は、久しぶりに太陽の出た晴れた日になりましたね。こんな天気の良い日には”街歩き・道歩き”に出かけたくりました。
今日は、六本木の東京ミッドタウンに行ってきました。東京ミッドタウンには、サントリー美術館があります。「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」展が開催されていますので見学に行ってきましたが、


六本木を少し歩いて


東京ミッドタウンの遊歩道を歩いて


東京ミッドタウンの遊歩道を歩いて


サントリー美術館の「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」展の入場口に行きましたが、


開催期間2018/9/19(水)〜11/11(日)となっていまして、残念ながら、今日は、閉館で、見学する事ができませんでし

彼岸花が咲いていました

秋が近づいてきてきますね

「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」展は、開催されましたら行ってきます

 記録

 天気: 曇時々晴
 最高気温(℃)[前日差] 31℃[+4]
 最低気温(℃)[前日差] 21℃[+1]

 散歩人とカメラマン(妻)
コメント