プルぽんの☆うまねこトーク

元気の源、馬と猫のエピソードや近況をお届けします!

道でごろごろ

2012-02-24 23:11:49 | ルディアス
ル~、近すぎてやりにくい

でもそばにいてほしい

背後にくっついてくるのをやめて、先に行ったと思ったら道で寝そう

左が下へ行く道、右が上へ行く道、の、突き当たりの手前です。

まあ、ここなら危なくはないが…







無事に起きれました。

寝たあとは下へ行ったり戻ってきたり。




下りの左半分の雪かきを終え、ル~を誘って放牧地への通路作りに。





通路完成。

今日は放牧地には入らなかったけど。

またそのうち。

そして上りの左半分の雪かき。

そこの雪をすくいたいんだけど…って所に足を置かれ、その横の雪をよける。




上まで上がって車の道、完成。




橋の上の雪はこんなに。




そして新しいほうの4馬房厩舎の前は、屋根からの落雪もあってこんなことになってます。



冬にル~に入ってほしかった馬房、ドアは開けてあるけどこれでは…。

ま、ル~が入る気配がないから雪かきしてないんですけどね
コメント

ル~とシロシロを従えて

2012-02-24 23:09:43 | ルディアス
昨夜から今朝9時頃までだったか雪が降り、また雪かき。

べた雪なので木にも雪がついてます。

今シーズン、日数としては天気が悪い日は少ない気がするけど、一度に積もる量が多いのかな。

それと気温が低くて前のが溶けずに残ってて雪の山が高くなってます

重めの雪を上げるのは大変

昼の仕事、休みで良かった~

例によって(って2回目だけど)

雪かきしてる間、1人で散歩しといて~

とル~を放つ。

やっぱり一旦は降りて行くけどすぐに戻ってきました。










まずは家の近くから。

車の向きを換えるスペースを作らねば。

何か(何だったか忘れました)を取りに家に入る。

ル~も玄関近くに。




さしておいた雪はねをチェック




ル~が私のまわりをうろうろする中、雪を押す。




この辺りの雪かきはあっちに押したりこっちに押したり、いろんな向きに押して行くのでル~もくるくるまわってておかしかった


次は下に降りて行く道の左半分。




ついて来るル~

そして珍しく寒がりのシロシロも。

あ~、白いけどわかりますか~



でも前はもっと真っ白だったのに、なんだか汚れてるな


コメント (2)

雪の中の散歩

2012-02-24 23:05:49 | ルディアス
23日。

1月5日以来の、昼の仕事と夕方からの仕事、両方休み。

たまには家を出ない日にしたかったけど、時間に追われない日に済ませたい用事があったので出かける事にしました。

昼過ぎから雪の予報。

雪が降る前にル~の散歩をして、それから出かけるのがいいけど、べた雪でまた上がれない可能性もあるので先に町へ。

帰る頃には雪が降りだしてしまいました。


まあ、雪の中、散歩したくないのは私のほうで、ル~は雪でも外にいるので







下に行って上に行って…

何往復かしてからふと気付いた。

あ、今日、ひきて持ってない

いつもル~を放して歩かせてても一応ひきては持ってるんですけどね

まあ、べったりついて来てるので大丈夫でしたが。




気温が高めだったので額など毛が短いところは雪もすぐに水になり、前髪も半分ぐらいは水に。




さらさらで払える雪のほうがいいね~。


翌日、服の裾にたまってた水が氷になり落ちそうで落ちない。




ほつれた糸にくっついて揺れてる氷もありました。


コメント

きりり と がぶがぶ

2012-02-19 22:47:47 | ルディアス
4枚目までは昨日の写真。

遠くを見るきりり顔










遠くの山もクリアに見えたよね~。

↓ここからは今日。




遊びたいモード

やっぱひきてより服がいいみたい




裾をくわえて上下に首をふる。

そのぐいっと上に顔を上げたところ。

こんなに鼻ふくらんでたのか







こんな顔でやられたら怒れませんな。

と言いながら痛い噛み方をした時は「こら」って出ますけど




裾をくわえてる間は痛くない~



昨日も今日も青い空だった
コメント (2)

雪、深っ

2012-02-18 23:11:37 | ルディアス
昨日の散歩。

私たちや他の動物たちがたくさんつけていた今までの足跡が雪で消えました。

きれいな所に行こうぜ~


なんでおなかの下から撮ったかというと…

これの前に撮った写真↓

ル~の首の下から撮りました。




抜けたたてがみが1本、ひょろひょろっと長~く出てました。

何故かそれにピントが合ってました

足跡、つけに行こ~って言ってもあんまり遠くに行きたがらず、戻る道でまた枝で遊び…




雪をなめ…







この後、放牧地入口あたりで立ち止まる。


入りたいの~?

でも降った雪以上に、強風で飛んできた雪で見るからに深い(吹きだまり)

どれぐらい深いか踏んでみるわ。

うわぁ、やっぱ深いからやめとき

と振り返った時にはル~も入ってきてしまってました

それならごろごろの後、起きやすいように服脱ごう、と追いかけるも雪が深くて追い付けず

諦めて写真を撮る。




ル~も思ったより深かったようで近場をくるっとまわって出入口へ。




やっぱ危ないやろ~、出よか、と外から誘う。

が、出口に来て落ち着いたのか再び放牧地へ。



寝ようとして膝を曲げてるわけではありません。

普通に歩いてます。


そしてごろごろ。

服着たままでも起きれました。

無口に雪がついたまま。




さ、出ましょか~

コメント (2)