プルぽんの☆うまねこトーク

元気の源、馬と猫のエピソードや近況をお届けします!

たまには猫も

2010-04-30 10:26:48 | 
馬の写真が多いので、たまには猫も

ストーブの前でくつろぐシロシロとボクやん。

ボクやんの枕はシロシロのおしり





かわいいな~、と思って、つい声をかけるとボクやんがビクッとして、その動きでシロシロは起きて立ち去ってしまいました
コメント

マー君の悲しい話

2010-04-26 21:05:31 | 馬・1歳
(楽しい記事がお好みの方は、この記事は読まなくていいですよ~。マー君の写真だけご覧下さい)


マー君は、今の勤め先の牧場で最初に「おはよう」と声をかけたコです。

厩舎の電気のスイッチのとこの馬房にいたからなんですが

夕方、私が帰る頃には、ゴハンを食べ終わって、いつも裏戸から顔を出していたから、帰りも声をかけていました。

私が分場に異動になって、マー君もその後、分場に移動してきて、分場で数ヶ月共に過ごしました。

朝夕の手入れ、3人か4人でやるので、私が手入れする馬は32頭中(ビバさんが本場に行ったので最近は31頭)7~10頭ぐらい。

担当馬制ではなく端の馬房から順番に入っていきます。

この間の金曜日の夕方、マー君の手入れは私でした。

雨で身体が濡れていてゴシゴシしたいものだから、私がブラシをやりかけると、グイグイ身体を押し付けてきました

馬房の隅にある飼い桶のカドが背中に当たって「痛い痛い 飼い桶が カドが 痛い」と言いながらなんとか脱出

この馬房の飼い桶は、よくある丸いのじゃないので…(ちょっと言葉では説明できません…)

うわ、こりゃ背中にアザできてるよ

でも身体を拭きたい気持ちもわかるので、そこは怒らずに「気持ち悪いもんね~、かいてあげるよ~」と言いながら手入れを続けました。

そんな事などがあったマー君、土曜日、私が休みの日の朝に亡くなっていました。
急性心不全だったそうです。

生き物の仕事をしていなくても、全く死と関わらずにいる事はできないだろうし、人でも動物でも全然覚悟ができていなかった突然の別れを体験した人はたくさんいると思います。

そういう経験をする度、万一の時に後悔しないように日々接しておかなければ、と思うのに、なかなか難しいですね。

今まで出会った猫や数え切れない程の馬達、今、生きているコは僅か。
もうこの世にはいないコ達、どうかみんな天国で幸せでいてくれますように。
コメント (6)

昼間は春っぽいけど…

2010-04-26 20:35:15 | 季節
今朝も車は白かった

今日のは雪ではなく、霜でした。



朝7時過ぎ、放牧地の水を換えに行きましたが、結構しっかりした厚さの氷が張っていました

朝から晴れてたので、車の中にいたり、動いてると暑くなるのですが…。

午前中は風が冷たかった

静内の桜の名所、二十間道路の開花予想は9日になってます。

桜まつり、9日まで。
咲く前に終わりだよ

まあ、日程は早く決めてしまうから、桜の花がない桜まつりになる事は珍しくありませんが…。

私は人が少なそうな時に車で通るだけなんで、桜まつりがいつでも、あんまり関係ないんです

ただ、どれぐらい遅れるのかは、ちょっと気になってます。

今日の午後は10℃近くまで上がったけど、先程、夜飼いの時1℃だったので、明日の朝も凍るでしょうね
コメント (2)

親子

2010-04-24 19:52:32 | 
娘さんとのツーショットは、離乳前に撮って以来
(ママさんと娘さん)

ママさんが乳母業を終えて帰ってきて、同じ放牧地にいても、あんまり近くにいませんでした。
少なくとも私が会いに行った時は。


ところが今日は親子お揃いで

行った時はバラバラでいましたけどね

娘ちゃんが大きくなってからは初めての親子ショットです~





(ママさん達と遊んだ後、ル~の所へ行きました。→ルディアス三昧)
コメント (2)

ママさん

2010-04-24 19:47:13 | 
今日のお昼はママさんに会ってきました

職場からママさんの放牧地が見えるので(「多分あれがママさん」というぐらい遠い)、毎日気にしてるのですが、側に行くのは久しぶり






左のお馬さんは子馬ではありません。
乗馬クラブや競馬で見るサイズ。

ママさんの大きさがわかるかな~
コメント