プルぽんの☆うまねこトーク

元気の源、馬と猫のエピソードや近況をお届けします!

初Jアラート

2017-08-30 02:13:08 | その他

ブログを更新するエネルギー不足で久しぶりになってしまいました

 

相変わらず寝るのが2時頃になってしまうので、目覚ましのアラームは8時半です。

 

朝方、雨の音のせいか時折なんとなく意識がありましたが、まだ寝ていた6時過ぎ。

 

エリアメールの着信音が鳴りました。

 

地震速報の時の音にはびっくりして慌てた経験がありますが、災害のエリアメールと同じでしたから綺麗なチャイムという感じの音。

 

頭がスッキリしないまま、

 

何? 土砂災害の避難指示出るほど雨降ってないよな…。

 

こないだ一部の人にテスト送信するはずが一般道民に送信してしまった、っていうのがあったし、また誤送信かも。

 

寝転がったまま手を伸ばし、寝たままでも見やすいスマホを手にしました。

 

よく覚えてないけど、3件ほどのお知らせの中にたぶん緊急のメッセージが来てるというのを見た気がする。

 

でもロック解除の際に触ってしまったのか、何をしてしまったかわからないけど表示されない。

 

あれ? なんで? 何もしなくても表示されるはずやのに。

 

エリアメールの履歴とかどうやって見るんやったっけ。

 

取扱説明書アプリで調べようとしたけど、災害用キットアプリを開いて…とか書いてる、そんなアプリ使った事ないけど前は見れたと思う。

 

あ、そや、タブレットで見よう。

 

タブレットのほうはロック解除すると内容が表示されてました。

 

 ミサイル発射 

 

頑丈な建物や地下に避難してくださいって、そんなもんないやん。

 

テレビをつけたのはこのタイミングだったかもっと後だったか覚えてないな。

 

当然ながらどのチャンネルもこの件の報道で、Jアラートで届いたメッセージと同じのがテレビにも映ってたりして、でも詳細はわからないなあ。

 

着信音があれだから緊急事態という感覚がない。

 

とりあえずトイレ行こ。

 

ミサイルってどこに向かっててどれぐらいの時間でどこまで飛ぶんやろ、と思いながらトイレに向かいました。

 

とっとっとっとっとっ…

 

横の廊下をオニオニが速歩する足音が聞こえました。

 

オニーッ

 

と呼ぶと返事が聞こえましたが、外に出て行く音も聞こえました。

 

すっかり外猫になってしまって全然触れないオニオニ

 

家に入って雨をしのいでたか、良かった。

 

でもそれなら居間(兼寝室)に来ればいいのになあ。

 

などと思いながらベッドに戻って、やっと頭が回転してくる。

 

少しして襟裳岬の東の沖に落下、という報道。

 

Jアラートで書かれてたのは北海道の他にも東北、北関東、数県あった中で襟裳岬という割と馴染みのある近くの地名が出てきてびっくり。

 

そして襟裳岬通過が6時7分って、寝起きの私が状況を把握する頃にはもう通過してたやん

 

一応、次の時の為に頑丈な建物も地下もないここではどうしたらいいか、調べておきました。

 

屋内では窓から離れるように、との事。

 

爆風でガラスが飛ぶからって。

 

爆風だけで済むの?

 

そんなわけないわな~。

 

迎撃しても破片の落下物だとか毒ガスだとかの危険があるそうな。

 

家を目張りしてって、気密性の低いこの古い建物では無理。

 

それに目標まで飛ばずに失敗しても途中で何が落ちてくるのか

 

核だったらもう…。

 

とにかくそんな事態にならない事を祈ろう。

 

 

 

 

コメント

ますます外

2017-08-09 12:00:01 | 

夜になったらまた甘えモードにならないかなあ、とちょっと期待してたけど戻らないオニオニ。

 

何度も呼んで、やっと家の中のごはんの所に入ってくる事がたまにあります。

 

抱っこは食べ終わるまで待ってあげよう、と思ってそばで見ていると、オニオニは私より一瞬早く、食べ終わった、と判断して外に行ってしまいます。

 

一緒に寝た夜以来、ほとんど触る事もできていない

 

普通だった時は、65gの缶詰をたいらげ、足りないと言ってドライフードも食べてました。

 

今は落ち着かないからか缶詰も食べ切りません。

 

とにかく食べて体力維持しないと、と外に置いてしまいます。

 

6日のオニオニ。

 

 

7日のオニオニ。

 

 

左からドライフード、水、ペーストのおやつ、缶詰。

 

とにかく何か食べて

 

今日、一旦家に入りましたがろくに食べずに外へ出てしまいました。

 

勝手口外側でしばらく鳴いてましたが、雨が降り始めると木に登りました。

 

そうか、この間も雨が降ってきてから木に登ったのか。

 

とりあえずごはんを置いておく。

 

 

 

返事はします。

 

 

そろそろ12時ですが、まだ木の上にいます

 

下が乾くまでまた数日樹上生活かな。

コメント

次は草むら

2017-08-05 13:17:15 | 

3日ほど木の上で見かける事があり、このままヒョウのように樹上生活を送るのか と思ってましたが、木の上はやめたようで次は草むらで落ち着いています。

 

家に入ってきてごはんを食べる事もあるし、呼ばれて返事をしながらも勝手口前までしか来ないので外で食べる事もあります。

 

3日、家でごはんを食べ終わるのを見張っていてオニオニをつかみました。

 

ちょっともがいたけど いつもの左胸と左肩に前から抱っこのポジションになると落ち着いて甘え始めました。

 

そして一緒に寝る時の場所へ移動。 

 

 

外猫になってしまうかと思ってたけど良かった。

 

でも外を気にして落ち着かない素振りもあり、撫でるのをやめられない。

 

 

でもそろそろ洗濯物干さないと乾かないよ。

 

離れると、やっぱり出て行ってしまいました

 

昼間暑くても、最低気温は16~18℃ぐらいになってます。

 

しかも3日、4日は昼間でも20℃あるかないかでした。

 

夜は家で寝ればいいのになあ。

 

4日。

 

ここ数日の定位置の草むら。

 

 

 

朝ごはん食べたら?

 

素直に出てくる時もあります。

 

出てきて、おしっこしてるな…

 

 

早足でこっちに来ます。

 

 

 

 

家で食べる時も逃げてなかなか触れない

 

昨日の夜、仕事から帰ってくるといつものように外に居ました。

 

この時間は大抵見える所に出てきています。

 

そしてゴミ出しに一旦出かけて、帰ってくるとオニオニが居ない。

 

もしかして中に入ってる

 

ごはんの場所で待ってました。

 

あれ? この雰囲気は…普通のオニオニっぽい。

 

足元でごはんちょうだいのアピールをされました。

 

普通のオニオニに戻った

 

ごはんの後、普通に抱っこできてまたベッドのいつもの場所で、落ち着いた様子でゴロゴロスリスリ甘えます。

 

私がお風呂に入ってる間も外に出て行かずに居ました。

 

久しぶりに枕元で寝て、良かった良かったと思ってました。

 

何時間一緒に寝たか、いつの間にか外へ。

 

これはまあ、いつもの事ではあります。

 

朝4時頃、玄関で鳴き声が。

 

おいで~

 

と寝たまま呼んだけど入ってきませんでした。

 

あ~、またおかしくなったか…。

 

そして、10時になっても朝ごはんを欲しがらないので心配になって草むらのオニオニに近づいてみました。

 

警戒される

 

 

とにかく食べないと、とごはんを持って行くと威嚇された

 

 

本気のシャーッ

 

缶詰は残したけど、ペーストタイプのおやつは食べました。

 

 

 

この後、毛づくろいしてたし体調は大丈夫そう。

 

元のオニオニに戻るのか…

 

いつも寝てる所、こんなふうになってます。

 

 

コメント (2)

そこ!?

2017-08-05 11:55:44 | 

足が床からはなれる抱っこができるまでに10年ほどかかったオニオニではありますが、布団でくつろぎ、私が寝る時には枕元に来るようになっていました。

 

暑かった数日、夜に外の気温は下がっても部屋の中はまだ暑くて、私が仕事から帰ってくると外に居る事もありました。

 

それでも普通に家に入ってごはんを食べて寝てました。

 

1週間ぐらい前からかなあ、やたら振り返って外…下りる道のほう…を気にしたり、家で撫でててもふと慌てて外に出て行ったり、挙動不審。

 

外に何かあると思ってる?

 

でも外でくつろいでたりするし…。

 

31日、オニオニが見当たりません。

 

挙動不審ながら呼ぶと返事をするオニオニなのに、声も聞こえません。

 

どうしたかな…。

 

大きい動物と違って猫は行ける所が多すぎて探せません。

 

まあ、おなかすいたら来るでしょ、とそのまま。

 

雨が降り始めて、小屋や厩舎など、雨が当たらない所に限られるかと呼びに行ったけど居ない。

 

何かあって帰れなくて雨に当たってるのか? と傘をさしてちょっと遠くにも呼びに行ったけど見つからず。

 

雨が降ると雨の音に加えて、川の音が大きくなって返事が聞こえない。

 

どこかに潜んで雨を避けてたら、却って「戻らなきゃ」と出てきたらかわいそうか…結構遠くからでも呼ぶと帰ってきた事があります(呼んでから鳴きながら姿を現すまでの時間から推測)。

 

しばらくして雨がぽつぽつになったところで、さすがに心配になり、呼びに出ました。

 

放牧地のほうにも呼びに行って、反応ないので家の前に戻って来て

 

オーニーッ

 

と何度も叫びます。

 

隣の家、200メートルほど下なので叫んでも迷惑になってません

 

 なんかかすかに聞こえたような…

 

オニ~

 

どこ~

 

オニ~

 

やっと声の出所がわかりました。

 


 

オニちゃ

 

もしかして下りられへんの

 

高さはこれぐらい。

 

 

雨の間、ここに居たって事は下りられないんでしょ、とはしごを持ってきました。

 

 

あ、買った時の目的が斜面のセイタカアワダチソウ刈りと、窓の網貼りだったから、この高さにしたんだった。

 

届かない。

 

まあ、私から逃げてもっと上がるかも、と思ってたのに怖がらず手が届いた足は触れた

 

 

ごはんで下りたい気持ちをそそる。

 

 

あれ? ねえねえ、これだけ木が斜めなら下りれるんじゃないのぉ?

 

 

しばらくほっといてみよう。

 

台所に居るとキキーと、ツメがステンレスに当たる音がしました。

 

ハシゴを使ったわけではなく 見た時は木の幹の左側を足を下にしてちょっとずつ下がっているところでした。

 

カメラは間に合わず、もう下りたところ。

 

 

やっぱり下りれるんやん。

 

 

呼んでも中に入ってこないので外でごはん。

 

 

マメに返事はする。

 

 

でも触れない

 

 

そして次の日。 オニオニが見当たらない時にチェックする場所に「木の上」が加わりました。

 

居た。

 

 

登ってしまって困ってるんじゃなくてくつろいでました。

 

 

枝でわかりにくいけど。

 

 

 

その次の日も木の上に居ました。 

 

ヒョウか

コメント