プルぽんの☆うまねこトーク

元気の源、馬と猫のエピソードや近況をお届けします!

11月1日 エンペラーペンギンなど

2018-12-09 08:52:27 | その他

アドベンチャーワールドの話に戻ります。

昼食後の予定は赤ちゃんパンダ。

少し時間があるので、また海獣館に寄ってエンペラーペンギンの赤ちゃんを見ます。

プレミアム浪漫ツアーでペンギン担当のお兄さんに、赤ちゃんは見えなくても親の足の上の居ると確認していたし。

赤ちゃんが居る

顔は見えないけど結構姿が見える

…見られている気配を感じたのかチラッとこっちを見た後、ちょっとずつ回転し、背を向けようとします 

あぁ…

後ろでアデリーペンギンがそってる(?)のが写ってました

目のまわりが白いので、なんかおもしろい顔

ぐるっと他のペンギン達も見てまわります。

エンペラーペンギン、たくさん居るなあ。

後ろに写ってる白黒のはヒゲペンギンのようです。

小さいフェアリーペンギン。

調べてみると、体重約1キロですって

ちなみにキングペンギンは10~16キロ、エンペラーペンギンは20~45キロだそうです。

でかい

そしてホッキョクグマ。

昼前に撮ったのもこのコ。

顔の黒い部分の感じから、このコがゴーゴかな、と思うけど…。

2頭がこんなふうに居ます。

エンペラーペンギンの赤ちゃんの所に戻ると、こうなっていました

これはどういう…???

赤ちゃんの顔は結局ポスターで。

「皇帝ペンギン」という映画で厳しい環境での子育てを見たなあ。

飼育しているエンペラーペンギンを見られるのは国内ではアドベンチャーワールドと名古屋港水族館の2ヵ所だと前に書きましたが、世界でも全部で4ヵ所でそのうち2ヵ所が日本ってすごい、という記事を前に見て、確認しようと思うものの再びそれを検索することはできず…。

そして「当園での誕生は12羽めです。」とサラッと書いてるけど、繁殖はサンディエゴと大連とアドベンチャーワールドの3園館のみのようです。

すごい

ジャイアントパンダの繁殖の数も世界的にすごいんだけど、私が住んでる北海道では「アドベンチャーワールド」と言っても知らない人が多いです

テレビでも時々やってるのになあ。

最近の志村どうぶつ園でもエンペラーペンギンの赤ちゃんの飼育の様子を放送していました。

私達が行った日はパンダもエンペラーペンギンも小さくて見えにくかったから、今頃行くと親が隠せない大きさになっていて、かわいい姿がよく見れたんだろうなあ、と思います。

また行きたい

今行きたい

 

海獣館を出てブリーディングセンターへ向かいます。

通るたび気になっていたパンダ。

ちょうど人が居なかったので撮りました。

あのウサギ達。

集まってた

真上から

あ、これ撮っとこ、とふと思う、時々こういう写真が出てきます

コメント

どか雪(静内にしては…)

2018-12-08 11:34:24 | 季節

昨日、12月7日の11時半頃。

アスファルトの所は黒い程度の積雪、という写真を撮りました。

が、その後、すごく降ってきました

雪の降り具合を撮るには動画ですが、静止画でもわかるかなあ。

早めに家を出ないと、と思いながらも10分~15分ぐらいしか早く出られなかった

車庫を借りてるので数十メートル歩きますが、足が埋もれる積雪

こんな事になってたのか

ふわふわの雪でしたが。

国道に出るまで、私の車では所によってバンパーで雪をかいてしまうので、フロントが雪まみれで前が見えず走れなくなる事もありました。

後ろに車が居なかったので急に減速しても大丈夫だったんですが。

そんな道を頑張って50キロぐらいで走り、国道はもうちょっと速く走れるだろうと思ってたのに3台前の車が40キロ走行。

早く出た時間がどんどんなくなっていく

でも途中で電柱か何かに正面から突っ込んでる軽トラを見たしなあ。

なんとかギリギリ遅刻はせずにすみました。

駐車場から店までも雪に埋もれながらでした。

1時半からの仕事を始めてしばらくした頃、車が出られなくなるかもしれないので移動して、という連絡がありました。

従業員の駐車スペースは道路からはだいぶ奥なので、お客さま用駐車場の、ちょっと店から離れた所に移動。

こんなん初めてでした。

明るいうちにやんだので、帰り道は除雪がされていて大丈夫でした。

これは今日の写真。

前日のと同じ窓から撮ってます。

、景色は一変。

居間の窓から。

車を日に当てて溶かそうとしていますが、曇りがち

そばの道路は道道(どうどう)で除雪車が来るのが早いらしいし、牧場なのでトラクターで除雪してくれるから、手作業での雪かきは家のまわりだけですみました。

帰宅時間に降った時はどうなるかちょっと心配ですが…。

コメント

11月1日 プレミアム浪漫ツアー ペンギン~昼食

2018-12-07 00:15:04 | その他

イルカふれあいプールからペンギン王国へ移動。

先に見たホッキョクグマやペンギンが居る海獣館とは別の建物です。

1階は水中を見ることができ、2階が陸上の様子を見られます。

2階のガラス張りの展示室を、説明を聞きながらぐるっと見てまわります。

手前にはジェンツーペンギンの巣…ペアごとに区切って石がごろごろ…がたくさんありました。

壁際にはイワトビペンギン。

種類は聞かなかったけど黒い飛ぶ鳥も居ました。

写真撮っておけば良かったなぁ。

広い面にズラッと居るたくさんのキングペンギン。

思わず「きれ~い」と声が出ました。

ホッキョクグマの所でもキングペンギンを見たけど、展示室の明るさと数十羽という数かな、ここはホントにきれいでした。

考えてみればキングペンギンってこの日初めて見たか、昔、海遊館に居たなら見たことがあるかも、ぐらいです。

5月に行った葛西臨海水族園にキングペンギンが居たけど、暑い時期は見学できなかったしな~。

キングペンギン、オウサマペンギン、エンペラーペンギン、皇帝ペンギンとなんだかよくわからなかったけどキングペンギンとオウサマペンギンは一緒、エンペラーペンギンと皇帝ペンギンが一緒。

キングペンギンがいちばん大きいペンギンと思われてたけど、その後で更に大きいペンギンが発見されてエンペラーと付けたそうです。

そんな話も聞きながら、バックヤードへ。

タオルと、飛ぶ鳥のフンがかからないようにパンダのフード付きケープを借りて、展示室の中に入りました

いちばんすいてるらしい木曜日だったのでお客さんは少なめだけど、他のお客さんからペンギンと一緒に見られてます

魚が入ったカップを持って、ジェンツーペンギン達にあげます。

ねーちゃん、タオル引っ張られてる

なかなかの勢いです。

まんべんなくふたりに分かれて来てくれたらあげやすいのに、ねーちゃんとこにほぼみんな行ったり、こっちにわーっと来たり…。

食べてないコにあげようと思っても、おんなじコが前に割って入って取ってしまう

どの動物でもある光景ですかね

飛ぶ鳥もずっと1羽写ってました。

そしてなんと

エサやりの後、お兄さんがキングペンギンを1羽連れてきてくれて、背中と、ふわふわの後頭部を撫でさせてもらえました

ツアーの定番の内容ではなく、ちょうど飼育員さんが居たので、と後で聞きました

写真がないのが残念

戻る時にもキングペンギン達を見ながら。

確か子供の羽毛が残ってるコも居たな。

歩きながらお姉さんが私達ふたりに説明してくれてるので、聞き入っていてなんか立ち止まって写真を撮る気にならなかったんだな~。

希望すればツアーの前か後ろにサファリレストランjamboの席を取ってもらえるという事でツアーの後に予約していました。

レストランまでカートで送ってもらってプレミアム浪漫ツアー終了。

食事はもちろんツアーと別料金ですが、ドリンクの券をもらえました。

料理を待ってる間に、とポップコーンが出てきます。

グラスもサファリ

ポップコーンを食べる前に料理がきました。

煮込みハンバーグ。

ライノミニカレー。

コースターもサファリ。

フードコートなどとも共通のお箸。

6000円分、楽しみました

 

コメント

11月1日 プレミアム浪漫ツアー イルカ

2018-12-06 18:04:10 | その他

パンダラブのバックヤードを出て、スタッフのお姉さんが運転してくれるカートでふれあいプールに移動しました。

イルカ

最初は普通にそばで顔を出してくれてました。

それからお姉さんのサインで仰向けになり、おなかを触らせてくれましたよ~

前日にワールド牧場で間近にイルカを見たけど、触るのは初めてです。

お~、ゴム長靴の感触

目が水中にあったけど、水の中からでも目が合ってるのかなあ、とお姉さんに「見えてますか?」と聞くと「見てますよ~」と

お姉さんもステキな笑顔で写ってくれてお気に入りの写真なのですが、顔は出さないでおきましょうか

手を叩いたら、これ、何をしてくれたんだったかな

イルカと握手のお手本をまずお姉さんが。

お姉さんの握手はイルカの位置が高い

ねーちゃんもイルカと握手。

そして私の番。

教えてもらった通りにサインを出したつもりでも動いてくれないイルカ。

そんなに下手かな、と少々ショックを受けつつ3回ぐらいやったかな。

お姉さんの解説が入りました。

私と握手してくれるはずのコは女の子だったんですが、先にねーちゃんと握手を終えた男の子のイルカが離れてしまって、そっちが気になって仕方ない、と。

そのコとの握手は諦めました。

2頭はもう「赤ちゃんほしいわ~」状態になってしまいました。

普通、そういう時はもっと泳ぎ回るそうですが、ここで魚も欲しいし、でも握手どころではないし、という葛藤であまり動かず2頭で「漂う」程度のゆっくりした泳ぎでした。

珍しいところを見られました

この2頭はそっとしておいて…続きは後ろのプールで別のイルカ達が相手をしてくれました。

握手できた

低いけど

指を回すとイルカがその場でまわってくれます。

もういいよ、と思うぐらい、喋ってる間もまわってくれてました。

お姉さんと私が指さしてるのは、奥のコが開園(40年前)の時から居るんですよ、と聞いているところだと思います。

ショーに出てたという事ですから、私が昔アドベンチャーワールドに行った時に見てるコなんですねえ

次は手を振る、という事で、バイバイして終わりかと思ったら、サインだった

ヒレを振りながら泳いでくれました

奥のコはちょうど鼻先、正面から写ってました。

いろいろやってくれるたびに魚をあげました

最後にイルカ達にも「ありがとう、バイバ~イ」と手を振りたい気持ちでしたが、あかんあかん、手を振ったらまた泳いでくれるんやな、と思ってやめました。

どうしたら良かったんかな。

ありがとうの気持ちは伝わってるかな~。

コメント

11月1日 プレミアム浪漫ツアー 桃浜

2018-12-06 15:12:29 | その他

12時20分から1時間、プレミアム浪漫ツアーです。

平日に1日1組限定、50歳以上の3人までのグループ対象です。

サファリコースかマリンコースを選べます。

サファリコースは①パンダラブ バックヤードツアー ②大型草食動物2種とのふれあい ③サファリ草食動物ゾーン観覧

マリンコースは①パンダラブ バックヤードツアー ②ペンギン王国 バックヤードツアー ③バンドウイルカもしくは、ハナゴンドウへのフィーディング

これは1ヶ月前に電話予約、最初に電話がつながった人で終わりなもんで、頑張りました

受付開始の1時より早くかかってしまうとかけ直しになってもうダメだろうから、1時0分2秒ぐらいを狙ってかけました。

10月1日…

時刻が表示されているテレビをつけ、居間に置いて普段から見ている秒針がある時計…秒までは合わせてないので20秒ほどズレがあることを把握し、私のスマホで「電話をかける」をタップしてから呼び出し音が鳴るまで何秒かかるか確認し、ドキドキしながらかけてつながったのでした

ちなみに2日も電話をかけましたが数秒の差でつながりませんでした

草食動物のほうはケニア号で見てまわるのと、キリンのフィーディングに行くつもりをしていたので、マリンコースを予約していました。

当日、入口付近のサポートセンターで受付した時に渡されるチケット。

これを首にかけて参加。

まずはパンダラブのバックヤードです。

緊張する

中に入って…

居た

動画やテレビでこのツアーを見ていたものの、実際この近さで会うと興奮する~

最初のほうの写真はぶれたり、目が格子に

お相手をしてくれるのは、双子のパンダの妹のほう、桃浜(とうひん)です。

格子をつかむ手もはみ出した足もかわいい

やっと目がちゃんと写ったか

お姉さんの説明も私達ふたりにしてくれるわけで、あまりパンダのほうばかり見てても申し訳ないかと思いつつも…

おやつもちょうだい、かな。

長いフォークに刺したおやつをあげられます

写真はスタッフのお姉さんが撮ってくれます。

ねーちゃんの時に私のカメラでも1枚。

続いて格子ではなくガラスに向こうの椅子に桃浜、移動。

もう流れがわかっています。

 ガラスのすぐ前に置かれた椅子に座って一緒に撮影です。

私の写真は何枚も見たくないでしょうけど 桃浜の表情がいろいろかわいいので…。

笑ってるように見えたり…

ペロッと舌が出てたり…

おやつを使ってではあるけど、近い正面顔

すぐ後ろ~

この撮影の間、後ろで桃浜がどうしてるかわからないまま笑顔を続けるのは素人にはなかなか大変でした

その後、更に説明を聞きながら写真と動画を撮りました。

だらんとした座り方がかわいい。

だってパンダだから

鼻にシワがよるこの顔が気に入った

結構口を開けて噛んでます

この、手で持つのがかわいいですよねえ。

舌も出ます

鼻にしわ

興奮して、せっかくのお姉さんの話も忘れてしまったりしてるのですが、この動画を撮ってた時の話は何度も見ました

おいしい笹を食べてる時に目を細める事。

それから、奥歯を使って食べるので耳も動く事。

顔が筋肉でできてるようなもので、その為に顔が丸顔になったのではないかと言われてる事。

あ~、だからか

8月に生まれてから赤ちゃんパンダを写真や動画で見てましたが、なんか顔が細くて別の動物みたい、と思ってました。

ネコやイヌだと赤ちゃんの時のほうが丸っこくて、それが私には常識だったので、細い顔の赤ちゃんパンダに違和感を感じてましたが、パンダの丸顔は筋肉だったのか~。

それなら食べ物を噛むようになってから、いわゆるパンダらしい顔になっていくんだなあ。

新鮮な情報でした

1枚目の写真の時間と最後の写真の時間を見るとおよそ10分でした。

そんなに短い感じはしなかったなあ。

充実の10分

コメント