チャトの徒然日記

自転車であちこち走って四季を感じたり、美味しいものを食べたり、
そんな楽しく過ごした時の記録です。

深大寺へ

2018年03月24日 | 日記

深大寺で美味しい蕎麦を食べませんか、という声が掛かった。

てっさんからだ。

私も桜を見に出掛けようと思っていたので即OK、という事で行ってきた。

折角行くのだから2人だけじゃなくゆるポタの皆さんにも声掛け。

メンバーからpopoさん・ハセさん・ジャスミンさんが参加。

9:00に町田・菅原神社で待ち合わせて深大寺へ向かう。

 

深大寺ではてっさん・てつろーさんが待っているはず。

途中の柿生で麻生川の桜並木を見る為小休止。

この時期の麻生川の桜を見るのは初めて。

6~7分咲きといったところかな。

 

津久井道・よみうりランドから左へ入り、川崎街道→武蔵境通りを走って深大寺へ。

10:30頃に「玉乃屋」前に到着、見回すとてっさんがいた。

 

待ち合わせ時間の11:00過ぎまで待ったがてつろーさんが来ないので散策に出ます。

まずは本堂で参拝し、国宝・大日如来坐像・観世音菩薩像・薬師如来像や鐘楼・元三大師堂等を見て廻る。

かやぶき屋根のこじんまりとした山門は情緒がある。

本堂横の池と回廊も中々だ。

    

皆さん、朝早くに家を出てきているのでお腹が空いて来たようだ。

そこで今日の目的である蕎麦屋へ行くことに。

蕎麦屋は20件ほどあるが、今回は山門前の「嶋田屋」へ。

客席の眼の前に池が見える深大寺一ロケーションの良い店だ。

幸いに窓際の席に着くことが出来、景色を味わうことが出来た。

    

私はざる蕎麦だったが天婦羅蕎麦は船盛り型で見栄えが良い。

野菜天婦羅は季節の土筆が入ってた。

蕎麦は手打ちで腰もある。だが食べてみると、あれ?つけ汁が甘い。

ハセさんからも、汁が甘いですね~。

以前来た時はこんなに甘くなかったな~。味が変わったようだ。

でもお腹が空いていたので完食。

食後は鬼太郎茶屋の中を見て廻った。

初めて店内に入ったんだけど色々な土産物があって面白い。

  

桜を見ながら寺の周囲を散策

 

途中でヨモギ餅を焼いているのを見つけた。

チョット前にそばを食べたばかりなんだけど美味しそうなので思わず買って食べ歩きしてしまった。

こういうのもポタの楽しみの一つ。

さて、お腹も膨れたので少し走ります。

向かったのはICUキャンパス。

私を含めて全員ICUは初めて。

ICUは今話題の眞子様&小室圭で有名になったけど実は知られざる桜の名所らしい。

正門から校舎手前のロータリーまで400mの直線道路の両側に桜並木がある。

自転車の乗り入れは禁止と書いてあるので正門の前に自転車を止めて歩いたんだけど、どう見ても学生とは思えない人が自転車で走っている。どういうことなんだろう?

歩道を歩いていると脇に黄色い花が咲いている。

何という花だろう?花に詳しい猫ひろこさんなら知っているかも。

  

  

ICUの次はやはり桜の名所である吉祥寺・井の頭公園へ行こうと思ったが、桜は満腹したとの意見があり、それと、行くと時間的に帰りが遅くなってしまう事情もあって行先を変更。

武蔵野の森公園から調布飛行場を見てプロペラ・カフェでスイーツタイムにする事に。

聞いてみると、てっさん以外の人はここは初めてだった。

popoさんは来ていると思ったんだけど初めてと聞いてビックリ。

武蔵野の森公園では小型ジェット機やセスナ機の離発着を見ることが出来た。

厚木基地の近くに住んでいるpopoさんやハセさんは音が静かだと言っていた。

そりゃあそうだよね、軍用機と小型の旅客機じゃ大きさが全く違うからね。

  

プロペラ・カフェへ行くとここでも窓際の飛行機の良く見える席に着くことが出来た。今日はついてる。

  

皆さんそれぞれ好みの飲物を注文します。

ジャスミンさんと私は桜のレアチーズケーキとアイスコーヒー。

仄かに桜の香りがして美味しいチーズケーキだった。

窓を見るとセスナ機が到着したのでパチリ。

談笑の間に3時近くになり、遠い人は家へ帰るのに3時間ほど掛かるのでこの辺りで解散です。

輪行で帰るてっさんと別れて帰路に着きました。

急な声にもかかわらず 参加してくれた皆さん、有難うございました。

そして、お疲れ様でした。

お陰様で桜を愛でながらゆったりとした春の1日を過ごすことが出来ました。


この日の走行距離 51.7km、Ave 16.1km/h でした。








 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早戸川林道

2018年03月12日 | 日記

ゆるゆるポタリングのイベントで宮ケ瀬の早戸川林道へ行ってきました。

アンカーさん・popoさん・猫ひろこさん・ひらさん・ハマちゃんさん・タカさん・わかばさんと私、以上8名がスーパー・オーケー・橋本店前で10:00集合です。

全員が揃ったところで津久井湖畔を目指してスタート、新小倉橋西側信号を左折、旧510号へ。

串川橋までの間が思った以上のアップダウンで正直びっくり。以前走った時と印象が全く違う。

串川橋から412号へ入り、関交差点を左折、津久井湖・鳥居原ふれあい館方面へ。

途中で話し合った結果、ランチの店を当初予定の「山登」から「オレンジツリー」に変更。

津久井湖での合流組ロンヤスさん・マリリンさん・こがねまるさん・お初の井上さんの4名にその旨を連絡したが連絡が付かないのでpopoさんが迎えに行った。

予約を入れていなかったので我々もオレンジツリーへ向かい、席を確保すべく入店します。

すると、こがねまるさんが一人で到着。他の3名とは連絡を取っていなかったようだ。

合流組も揃い、ランチタイムです。

聞くと、「山登」は3月下旬まで休業中との事。

「オレンジツリー」に変更してよかった~。

男性は全員ハンバーグ。

私はデミグラスハンバーグだったが、お腹が空いていたので写真を忘れて食べ終えてしまったよ、失敗。

男性は全員食べ終わっていたので女性陣のタイカレーを撮らせてもらった。

 店はログハウス風でいい感じだったので写真を撮らせて頂いた。

来店客に集合写真を撮って頂き、本日のメインイベント・早戸川林道への入り口・荒井林道へ入ります。

アンカーさんは「そんなにきつい坂は無いよ。」と言っていたが結構足に来た。

そしたら「林道だからね。」の言葉に思わず「そだね~」。

奥野隧道を抜け、松茸山自然公園の看板前で小休止します。

ここから少し下り、早戸川の流れに癒されながら「早戸大滝」を目指します。

途中で見えるエメラルドグリーンの水面、小さな滝も素晴らしかった~。

水辺には宮ケ瀬ダム建設のために沈められた道路跡が見える。

この付近で生活していた人たちも居たんだろうな~、等と考えながら更に進むと林道ゲートが見えてきた。

ゲートは閉鎖されているが脇をすり抜ける事は出来そうだ。

ただ、「クマに注意」の看板がゲートを越える気持ちを萎えさせる。

 

そこへハマちゃんにパンクのアクシデントが発生との知らせが。

少し戻ってみると修理を終えたハマちゃん達が到着。

ゲートが閉じていて大滝は断念したことを告げ、「早戸川橋」のゲートを抜け早戸川林道を宮ケ瀬湖方面に向かいます。

  

「金沢橋」に到着。下を覗くとここにもエメラルドグリーンの水面が見えたのでパチリ。

北海道・美瑛の「青い池」に似ている。初めて見たとき物凄く感動したのを覚えている。

  

更に行くと「汁垂隧道」が現れる。

汁垂、奇妙な名前だ。どんな由来があるんだろう?

隧道を抜けると汁垂橋だ。対岸には虹の大橋が見える。

ここで写真を撮っていた人に集合写真を撮って頂いた。

このすぐ先が宮ケ瀬ビジターセンター、本日の終点です。

橋本方面・町田方面・藤沢方面・厚木方面と皆さん帰る方向がマチマチなのでここで解散です。

私はアンカーさん・わかばさんと3人で町田方面へ。

鳥居原を過ぎるといくつかのトンネルを通るんだが、前後を走るバイクの轟音が谺して不安な気持ちにさせる。

トンネル群を抜け、半原日向で412号から54号へ入って少し行くと愛川橋が現れる。

間違えて橋を渡ってしまい、前の坂を登って行くと、ありゃ~老人福祉センターで行き止まりだ。

ここで幾つかの坂を越えてきた疲れが一気に出てペダルを回すのが重たくなってきた。

再び54号へ戻って先へ進みます。

馬渡橋を渡り、愛川角田で高田橋方面へ行くわかばさんと別れ、横須賀水道道へ入ります。

少し行くと長い登り坂が待っているがアンカーさんはスイスイ登って行く。

以前来た時は問題無く登れたんだが、最近月1~2度しか走っていない私にとってはこの坂が半端じゃなくきつくて途中で降りて歩きに変えざるを得なかった。

借り物水道道写真2枚 

やっとの事で坂を押して登り終え、工業団地の中を通り昭和橋へ出ます。

昭和橋は凄い渋滞で脇の歩道を走り、渡り終えた所でアンカーさんとお別れ、一人旅になりました。

でも、これで坂が終わった訳ではなく下当麻の登り、相模原公園の登りと2つの坂道を越えての帰宅です。

いや~、猫さんじゃないけど、今日は坂・坂・坂の坂三昧で疲れた~。

やっぱり普段から走っていないと足が駄目になるんだな~。

アップダウンはあるけど、林道は車が来ないので走っていてとっても気持ちがいい。

また走りに行ってみたいな~。

 

走行距離 79.1km、 Ave16.3km/h の林道ポタでした。

 

 

 

 

 

 

 












 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松田山の河津桜

2018年02月25日 | 日記

今月の10日に予定していた松田山の河津桜&曽我梅林ポタが時期尚早&天候不順で延期に。

桜も見頃という事で昨日(24日)行ってきました。

10:00に秦野駅集合なので本当は自走で行こうかと思ったんだけど、それには6:30頃家を出なければならない。

少し前だったら頑張って寒くても6:00前に家を出て暗い中を自走したこともあったんだけど、最近はすっかり軟弱になって朝の寒さに気持ちが負けてしまっている。

という事で町田から輪行することに。

秦野駅に着くと顔馴染みのメンバーが続々と降りてくる。みんな同じ電車だったんだ。

自転車を組んで駅前広場へ行くと自走してきたメンバーもすでに来ている。

今回は14名と大人数が参加。その中にミニベロが3台来ている。

丘陵地帯を走るのでロードなら何とかと思っているのにミニベロとは3人とも猛者だな~。

スタートして、まずは渋沢丘陵の震生湖付近を目指します。

少し登った所で秦野の街と丹沢山系の見渡せる所へ来たので遠景を写します。

   

先に進み、急坂を登って富士見塚で富士山の様子を見てみるが、春霞で薄っすらと見えるだけ。

去年3月に来た時もうっすらとした富士山だったな~。やっぱり冬場の方が良いのかも。

それにしても、ミニベロの3人は平気な顔をして急坂を登ってくる、凄~い。

    

富士見塚を下りた所にある三島神社脇の神奈川銘木100選の1本である「篠窪の椎の木」で小休止。

神奈川銘木100選のうち鶴岡八幡宮の大銀杏始め何本かの銘木が倒木等で既に失われている。

銘木を見ていると感動する処があるので今のうちに見ておく方が良いのかもね。

先へ進み篠窪隧道を抜けると左手に旧第一生命本社ビルが見えてきた。

右手にはこれから行く河津桜の咲く松田山が。

  

以前、曽我梅林へ行った時に第一生命本社ビルへの急坂を何度か登ったっけな~。無料のコーヒーを飲む為に。

ここからランチの店へ行く途中、骨折さんが河津桜が咲いているので写真を撮ります、と言って右手へ向かった。

見ると確かに咲いているのでみんなで行ってみた。

すると、種類は不明だが柑橘類が実をたわわに実らせていたのでこれもパチリ。

   

登ってきたおばちゃんに集合写真撮ってもらう。

この後はランチ。店は開成町の「パセリ」。

14名と大人数なので予約を入れて頂いたので着いてすぐに席に着くことが出来ました。

全員同じランチメニューです。ハンバーグ&鱚フライと卵スープでライスかパンが選べます。

味は普通、パンは1個半で私にはボリュームが少ない感じ。

 

帰り際、入口に可愛い猫の置物があったのでパチリ。

店から10分ほど行くと本日のメイン・松田町の河津桜です。

河津桜は勿論だけど菜の花のコラボがまた綺麗でした。

桜の花を見ると春が来たな~と思うと同時に何故かホッとする。日本人なんだな~。

   

ただ、土曜日とあってか見物人がとても多くて通常ルートを歩いていると時間が掛かって仕方が無い。

ルートに詳しいケイさんの案内でとても見晴らしのいい脇道を進むことにした。

途中、先ほど走ってきたところが見えたので写真に。

  

河津桜を堪能し松田山を下山。

大井町の「Natura-Luce]でスイーツタイムと思ったが、食事が終わったばかりなのでケーキは遠慮してコーヒーのみに。

店内は自然食品などの商品が沢山展示されており、イートインスペースは少ない。

店内では全員座れないし、この日は暖かだったので外でのコーヒータイムです。

私はケニアレッドマウンテン。アイスコーヒーの人、ソフトクリームの人、と皆さん色々。

   

次は何処へ行こうか等の企画を話し合ったりでユッタリと時間が流れます。

走っている時は勿論だけどこういう時間がとっても好きなんだな~。

15:00近くになり自走で帰る人が遅くなるのでここいらで解散です。

新松田から輪行する人、曽我梅林経由で国府津から輪行する人、オール自走で帰る人に分かれます。

家へ帰ってからちょっと用事のある私は松田から輪行する組に。

自転車を輪行袋へ入れホームへ入ると電車が遅延しているようで大勢の乗客がホームで待っています。

混んでいて嫌だな~と思っていたら、次の電車は新松田発の快速急行との事。

ラッキー、ホームの最後部へ行き次の電車に乗りました。

勿論悠々座ることが出来て、車内で今日の思い出や次の企画を話しながら帰りました。

 

参加の皆様、お疲れ様でした。

案内のケイさん、お世話になりました。

お蔭様で延期で待っていたポタをエンジョイする事が出来ました。

 

この日の走行距離 28.2km?Ave 14.2km/h でした。

途中でサイコンのスピード表示が「0km」になったので正確な数字は不明です。

でも、まあこんなものでしょう。このような数字はあまり気にしていないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河津桜の代わりは特製ピザ

2018年02月10日 | 日記

10日は松田の河津桜ポタの予定だったが天候不順と肝心の桜が未だ蕾の状態、との事で24日に延期になった。

でも、今日の夜までは雨も持ちそう、ということでpopoさんから江の島・鎌倉を軽く走って下飯田でピザを食べに行きませんか、と言う提案があり、すぐに参加表明。

コミュ新規加入の「わかばさん」をお誘いすると「参加します」との返事があり、菅原神社前で待ち合わせて今田休憩所へ。

初参加の「わかばさん」 

9:45に着くと既にタカさん・もぐもぐさん・クミさんが来ていた。

参加予定者は、popoさん・アンカーさん・ケイさん・トシさん・タカさん・もぐもぐさん・初参加のわかばさん・私の8名。

そこへハマちゃん・クミさんがドタ参で総勢10名になった。

全員が揃ったのでまずは江の島方面へ向かってスタ—トです。

アンカーさん・ハマちゃんさんがミニベロなのでスローペースで進みます。

途中の常立寺に寄り、梅の咲き具合を見ます。

木によって未だ蕾の木、既に満開に近い木とバラツキはあるけど梅花を見るとやはり春を感じますね。

庫裏の方へ行って見ると趣のある庫裏の上方にモノレールの線路が見える。

古きものと新しきものが一体となった風景。

モノレールが通るのを待ちたかったが次へ行く時間もあるのでここでパチリ。

常立寺を出てから鎌倉方面へ向かっていると、稲村ケ崎の踏切で遮断機が降りているのに江ノ電が止まっていた。

江ノ電は単線なので運行調整をしているようだ。普通は駅でやるんじゃないのかな、と思いながらもパチリ。

また少し走って極楽寺へ。

山門を撮り、中へ入ると、あれ?「境内は全て撮影禁止」の立て札が。

以前は無かった。写真撮影者と何かトラブルでもあったのだろうか?

寺側にも事情があるのかもしれないけどこういう対応は好きじゃない。

境内をさっと廻り早々に退散です。 

極楽寺駅前を左折して細い抜け道を走ると八雲神社方面へ出られるんですが、先には激坂&お化けトンネル(打越トンネル)があるんです。

 

最近坂を走っていないので心配だったんだけど何とか激坂を登り終え、お化けトンネルを通過して藤沢鎌倉線へ出ます。

ここから境川へ戻ったので何処へ行くのかと思ったら天王森泉公園へ向かっています。

丁度吊るし雛の展示をしていたので見物してきました。

ここ2年程は来ていなかったけど以前は毎年来ていたんだ。

早速中へ入って写真を撮ります。

会館の前では甘酒やトン汁、赤飯を売っていたがこのあとランチの予定なので我慢我慢。

庭で寛いでいるメンバー達。13:00近くなのでお腹が空いている様子。

吊るし雛を見終わり、いよいよお楽しみのランチタイムです。

行ったのは天王森泉公園近くの下飯田にある「ファール二エンテ」という店。

社会福祉法人・開く会が運営している石窯ピザ&パスタの店だそうです。

  

中々の人気店のようで順番待ちです。30分ほど待ってようやく席に着けました。

5人ずつ2つのテーブルに着き、5種類のピザ&コーヒーをオーダーです。

生地はモッチリとしているがしっかり煉られた生地で誤魔化しが無い。

4種のチーズピザはブルーチーズが味を引き立てていて美味しかった。

キノコピザは意外に日本的な味でこれも良かった。

総じてどれもハズレが無く美味しくて人気があるのも肯ける。

  

    

上の写真がオーダーした5種類のピザ。

初めのピザは食べてしまったので4種類だけまとめてパチリ。

ピザ自体が直径30cmほどあり、老人3名&女性2名では持て余し気味。

兎に角ラージサイズで、味が良かったから何とか完食出来たものの体が重くて動けない。

本当は次にアイスを食べに行く予定だったんだけどお腹の状況が状況なので今回はパス。

アイスは次回の楽しみにしてここで環状4号を走って帰路に着きます。

十日市場・下台交差点で先へ行く4人と別れて恩田川沿いに家路につきました。

朝は寒かったけど昼頃には暖かくなってきたのでポタ日和になり気持ち良く走れました。

夕方から夜にかけては雨も予想されたけど幸いに降られずに16:00には帰宅出来た。

やっぱりみんなと一緒だと走るのも食べるのも楽しいな~。


この日の走行距離 78.6km、Ave18.2km/h のポタでした。


 

 

 








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜うろうろ

2018年01月28日 | 日記

popoさんの声掛けで横浜MMをポタポタしてきました。

集合は11:00、みなとみらい・日本丸の前。

8:15に家を出たんだけど寒~い。気温は零度前後かも。

走っていて身体が硬直しているようだった。

真冬用のグローブだったんだけど、それでも指先が冷たい。

そのうち暖かくなるだろう、との期待を込めてモグモグさんとの待ち合わせ・柿生駅目指して走ります。

柿生駅に着くともぐもぐさんはすでに来ていた。

彼女も寒い中を走ってきたんだな~。

ファミマで飲み物を仕入れてすぐに出発します。

麻生川へ出てみると左岸はすっかり雪解けしていたが右岸は未だ残雪がたっぷり。

遊歩道が凍結していると危ないので左岸を走ります。

鶴見川を走っている時に私の前を走っていた少年の自転車が突然左折してきた為避けきれずにガシャーン。

衝突、転倒してしまった。

腰と肘を打って痛みはあるが大きな怪我にはならなかった。

しかし参ったな~。ハンドルの位置が変わってしまったよ。

何とかハンドル位置を修正して再び走り出します。もぐもぐさん、心配かけて御免ね。

日産スタジアム手前の亀の甲橋でふと見ると富士山が綺麗に見えたのでパチリ。

一般道へ出て待ち合わせ場所のみなとみらい・日本丸前へ行くと既にpopoさんとたかさんが来ていた。

全員集合したので横浜町巡りのスタートです。

先ずは大さん橋。

見ると、右側に接岸していた船のデッキで船上結婚式を挙行していた。

カッコいいけど寒そう。ご両人お幸せに。

左側には「ASUKAⅡ」が停泊していた。

これで世界1周、とはいかなくても1~2泊くらいはしてみたいな~。

 

脇を見ると水陸両用バスが走ってる。初めて見たよ。

チョット不安もあるけど一度乗ってみたい。

昼近くになったのでランチタイムです。

検討の結果、中華街へ行く事に。

昼時の中華街は何処へ行っても行列を作っている。

山下町公園に自転車を置き、「謝甜記貮号店」へ。

ここは中華粥専門店で、皆さんは八宝粥、私は牡蠣粥、追加で春巻・小籠包をオーダーです。

久しぶりの中華粥だ。

牡蠣粥は季節限定で大きな牡蠣が5個入っていてとても旨かった。

小籠包は普通、春巻は美味しかった。

もぐもぐさんは具の量が多すぎて残していた。

  

お腹が満たされた後は本牧の「横浜港シンボルタワー」へ。

ここは観光名所の中心から外れる為訪問する人が少なくて穴場なんです。

タワーへ登って外を見ると本牧ふ頭の向こうに富士山が裾野近くまで見えるじゃないですか。

違った角度からのベイブリッジも海ほたるも見える。眺望抜群です。

  

展望台から上へは行ったことが無かったが初めて階段を上って行ってみた。

更に見晴らしがよくなり、しばらく眺めていたい気分だったがそうも行かない。

スカイツリーのような構造物を眺めながら下ります。

そろそろスウィーツタイム。

popoさんのリクエストで元町の「汐汲坂ガーデン」へ向かいます。

この店は裏通りを少し入った所にあって、入口がチョット分かり辛いんです。

猫のマークの看板の下を奥へ進んで行くと店があるんです。

汐汲坂幼稚園の塀に自転車を止めて中へ。

   

ケーキセットを戴きながら次に行ってみたい所を話し合います。

こういう時間がまたいいんだよな~。

  

あっという間に15:00、そろそろ帰らないと日が暮れてしまうのでこの辺でお開き、帰路につきます。

帰路も同じルートを走り、新横浜付近で富士山が見えたので休憩。

犬を散歩していたおじさんと遭遇、暫し歓談。

このワンちゃんがとってもフレンドリーで可愛いかったので思わずパチリ。

この後、途中で買い物のある私は落合橋でもぐもぐさんと別れて恩田川で帰ります。

丹沢の夕景がシルエットで綺麗に見えた。

ガシガシ走るんじゃなくてこういう風にノンビリ・ユッタリ走るのはイイな~。


この日の走行距離 81.6km、Ave 17.3km/h でした。







 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卵かけご飯ポタ

2017年12月16日 | 日記

相模原の「Sweet eggs(小川フェニックス)」へ卵かけご飯の朝食を食べに行こう、というイベント。

11月4日にランチで訪問した時に満員で入れず。言うなれば今回はそのリターンマッチです。

少し前の天気予報では雨だったが、アンカーさんのお蔭か今朝は晴天、絶好のポタ日和だ。

集合は鎌倉街道・菅原神社前に9:00。

私はすぐ近くなので8:30過ぎに家を出たんだけど、あきさんは6:30に家を出たとの事。

6:30じゃ寒かっただろうな~。

9:00になり全員揃ったところで「Sweet Eggs」へ向かってスタートします。

9:30過ぎに到着、別ルートのアンカーさんと合流します。

見ると11月の時とは違って席はガラガラ。9:30過ぎだからかな。

早速中へ入り卵かけご飯を戴きます。

卵2個+ご飯+味噌汁=590円+消費税47円=637円。

卵のお替わりは自由、ゆで卵2個まで無料サービスなので結構お得感がある。

無論卵は新鮮だし、味噌汁は具沢山で美味く戴きました。

  

念願の卵かけご飯を食べ終わり、次に向かったのは何と安納芋の焼き芋屋さん。

 

卵かけご飯だけじゃ物足りなかったのかな~?

でも、その場で食べた人は居なかったので皆さんお持ち帰りだったんだね。

壺で焼いている所を見せてもらった。

この後予定のあるらぶかぶさん・猫さんはここで離脱。7名で先へ進みます。

境川を走り、途中の紅葉スポットで休憩。モミジの葉の色がくすんでる。チョット遅かったようだ。

 

更に境川を上り、町田アイス工房「ラッテ」へ。

入口に控えている牛さんがクリスマスバージョンだ。

私は柚子アイス。皆さんお好みをチョイス。冬だけどアイスが美味しい。

走ってきたからかな。

広場にはイルミネーションツリーが。

 

アイスを食べ終わり、尾根緑道(戦車道)へ向かいます。

所々で休憩して景色をパチリ。丹沢連峰が綺麗だ。

  

先へ進んで尾根緑道の途中から少し入った所にある「さくらレストラン」でスイーツタイムです。

ここは桜美林大学とデイケアサービス会社のコラボで運営されている施設の中にあるレストラン。

4月にアンカーさん・popoさんと私の3人で花見に来た時に偶然見つけた店だ。

  

コーヒー&ケーキで500円。女性群はパンケーキ&コーヒーだった。やはり甘い物は別腹なんだね。

コーヒーのお替わりは無料だ。この辺りがデーケアサービス会社運営の良さなのかも。

とってもリーズナブルで尾根緑道を走る時の休憩スポットとして貴重な場所だ。

 

休憩後、尾根緑道終点まで行き、そこで境川沿いに帰るアンカーさん・ロンヤスさんとはお別れ。

我々は鶴見川沿いに進み、新袋橋であきさんとお別れ。

裏道でひらさん・クミさん・もぐもぐさんを柿生まで送った所で3人と別れて帰路に着いた。

途中の鶴川で鶴見川をパチリ。

 

15:45に帰宅しました。

元々坂道は苦手だが嫌だと言う訳ではない。

ただ、最近は足が重くて、ロードでもガシガシではなくユックリ走るのが気に入っている。

あと1か月半で71歳だ。年なんだろうな~・・・。

 

今日の走行距離 58.2km、Ave 16.2km/hでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三つの川辺を走る

2017年11月25日 | 日記

ひらさんの案内で三沢川~多摩川~野川を走ってきました。

集合は9:00に矢野口のCROSS COFFEE前。

この店はサイクリスト御用達のカフェで店内にサイクルジャージ等が展示されている。

モーニングコーヒーを飲みたかったので30分前の到着を計算して7:30に家を出た。

津久井道を走り、よみうりランド駅前を左折、日本女子大の前を通り府中街道へ出て矢野口へ。

よみうりランド駅から左折するコースは初めて走ったが8:30に到着。予定通りだ。

モーニングコーヒーを飲もうと思ったら、ひらさん・あきさん・アンカーさんが次々に到着。

4人でスタート前のコーヒータイム。

すると、他のメンバーも続々到着。みんなでコーヒータイムです。

全員揃ったところでスタート。まずは三沢川を走り、多摩川へ出て南下。

多摩水道橋まで来たところで振り返ると富士山がくっきり見えたんだが写真を撮っている間も無く先へ進みます。

考えてみたらCROSS COFFEEの写真も撮らなかったよ。チョット残念。

途中休憩を入れながら二子玉川付近から野川を遡上します。

野川サイクリングロードは意外に狭くて、橋手前が上り坂のうえ車止めがあって走り難いんだよね。

だけど、多摩川などと違って特に上流は昔ながらの小川のイメージが残っていて情緒があって好きなんだ。

野川は何回も走っているんだけど、今まで川沿いに十二支の石碑があるとは知らなかった。

家へ帰ってネットで調べたがその由来は不明だった。

上流から子・牛・・・と続くんだが今回は下流から走ったので最初は亥だ。亥は私とひらさんの干支。

十二支全て撮ってみた。

       

       

         

その間にみんなの様子もチョット。

    

そうこうしながら11:20に深大寺に到着。深大寺はそば祭りの最中だった。

数ある蕎麦屋の中の一休庵でちょっと早いランチです。私は十割蕎麦大盛り¥1,200円也。

皆さんそれぞれお好みでオーダー。

蕎麦の風味がたっぷりでとても美味しい蕎麦だった。

           

大盛りで丁度のはずだったが、食事が終わって外へ出ると隣の店で「蕎麦パン」なるものを売っていた。

匂いにつられて「蕎麦パン」を食べてしまった。これでまたウェイトが・・・。

見ると、ひろさんは「蕎麦パン」だけじゃなく「焼きヨモギ餅」も追加していた。

こういう所へ来るとつい食べたくなってしまうんだよね。

       

鬼太郎茶屋の向かいで大道芸(猿回し)をやっていたので覗いてみる。

猿も芸人の女の子も可愛かった。深大寺で大道芸を見たのは初めて。

        

この後、境内を散策。紅葉が綺麗だったので写真タイム。

      

       

参拝客に集合写真を撮ってもらった。念の為と2枚撮ってくれたので両方掲載。

以前、写っていなかったことがあったのですぐに確認、大丈夫だったのでほっとした。

  

ランチ&散策も終わり、次の予定地・調布飛行場内のプロペラカフェへ向かいます。

13時に到着したんだけど土・日のランチタイムはめちゃくちゃ混んでいるので近隣を走りながら時間調整します。

           

14時頃になってやっと席に着けた。相変わらず混んでるな~。

スイーツタイムだけど私はコーヒーゼリーをオーダー。

久しぶりに食べたんだけど美味しかった。

        

これでこの日の予定は無事終了。

清瀬へ帰るあきさんとはここでお別れします。

我々はスタート地点の矢野口へ向かい、コンビニ前で解散です。

私はアンカーさん・こがねまるさん・もぐもぐさんと4名で小田急線・よみうりランド駅を目指します。

途中の日本女子大前でもぐもぐさんと別れて、よみうりランド駅で輪行で帰るこがねまるさんとお別れ。

ここからはアンカーさんと2人です。

新百合ヶ丘から先は、細くて車の多い津久井道を避けて裏道で鶴川へ出て町田方面へ。

アンカーさんは何処をどう走ったのか見当がつかないかも。

菅原神社手前でアンカーさんと別れて16:15に帰宅。

最近あまり走っていないので今日のようなフラットなコースは足への負担が少なくていい。

案内をしてくれたひらさん、お世話になりました。

股関節の具合が悪いようなので無理をせず身体を大事にして下さい。 

晩酌をしながらテレビを見ていたら、深大寺のそば祭りをNHKのニュースで流していた。 

残念ながら我々は写っていなかっけどね。

 

本日の走行距離 68.7km、Ave 16.3km/h の川辺ポタでした。


 












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相模原で食べポタ

2017年11月04日 | 日記

このところ、走ろうと思う日に用事が出来たり雨だったりで全然走れない。

今日より前にロードで走ったのは9月10日だった。

2か月近く乗っていなかったんだ。

今日は久しぶりに一緒に走れるメンバーが沢山居てとっても楽しみ。

9:30前に集合場所・淵野辺駅前に行くとおなじみの顔ぶれが見える。

それだけで気持ちがとっても満たされる。

私にはお初のクリリンさん(だったかな?)を含めて11人の大所帯になった。

みんな走りたくてウズウズしていたんだな~。

スタート後、まずは近くの焼き芋店で焼き芋(中・¥350円也)を買い、道保川公園へ行き、ここで買った焼き芋を味わいます。

        

中はしっとりとして甘味が強い最近流行の味だ。

私はどちらかと言えばホクホクした昔ながらの薩摩芋が好みだけどしっとりした安納芋も美味しいな~。

食べながら幼いころの粗末だった食糧事情を思い出した。

乾燥芋なんて今の人は知らないよね、なんて思いながら周囲を見回してみると、小さな池の畔に実をたわわに実らせている柿の木が見えたのでパチリ。

実の重さに耐えかねていまにも折れそう。秋を感じる。

  

焼き芋を食べ終わって次の予定地・亀ヶ八幡宮へ向かいます。

この神社は鎌倉時代の創建と比較的新しく、家内安全・厄除を主とする神社のようだ。

        

境内に3つ並んだ社があり、右に大山祇神、中央は忘れた、左に伊弉諾神・伊邪那美神・木花咲耶姫

が祭られているようだ。

大山祇神(全国の山の神)は天照大神の兄。

天照大神の孫である瓊瓊杵尊と大山祇神の娘である木花咲耶姫(富士山の神)がなぜ結婚したのかよく理解出来ないがこれが神話の世界なのだろう。

なぜ伊弉諾・伊邪那美と共に木花咲耶姫が祭られているのかも不明だがまあいいだろう。

ご朱印を戴く人が居たので暫しの休憩後、神話の世界を離れてpopoさんの待つ7ー11・田名四谷店へ。

行ってみると、すぐ近くのローソンに居るので来てくれ、との事。

そこで行ってみたがいない。連絡を取ると違う所のローソンに居るようだ。

合流地点に行くといました、ケイさんとpopoさんが。

これで13名の大集団が出来たところで、本来の水道道へ入ります。

水道道はパヴェ風で車止めもあってスイスイという訳には行かない。

少し走った後、相模原公園近くの山の神坂を登り、大山祇神社の分社へ行った。

こじんまりとして愛らしい分社だった。

の脇に珍しい楠の樹がありパチリ。幹の間を他の木が刺し貫いて伸びている。

        

参拝の後、隣の相模原公園へ行き、フランス式庭園を見下ろす場所で記念撮影です。

相模原公園は久しぶりだ~。

     

記念撮影後再び水道道へ戻り、ランチ予定の卵かけご飯で知られるSweet Eggs(旧小川フェニックス)へ行ったんだけど、2~3日前に店がテレビで紹介されたようで13時過ぎに行ったのに大勢の先客が居て、前に7組待っているとの事。

順番が来るまで待っていられないので、ケイさんの知っている下溝にある野菜とカレーの店「モナの丘」へ行く事に。

なにせ13人もいるので小さな店では入れないんだ。

この店は広くてすぐに席に着いてオーダー出来た。ケイさん、色々な店を良く知ってるな~。

私たちのテーブルは皆Cランチ¥930円也(キーマカレー+ナン又はライス+サラダ+コーヒー飲み放題)。

周囲は畑で、鶏の無く声も聞こえてくる長閑な環境だ。

その為か、お腹が空いていた為か、とても美味しく食べられた。

   

食事が終わっておしゃべりをしていると空が曇ってきて今にも降り出しそうな雰囲気。

雨の中を走るのは嫌なので今日はここで解散することに。

みんな方向が違うのでここからはバラバラ。

私は相模大野駅近くから帰り、幸い雨には降られず15:40に家へ着いた。

途中でサイコンが止まっているのに気が付いたが、電池交換も面倒なのでそのまま走ってきたので走行距離は不明。

でも、久しぶりにロードで、しかもよく一緒に走ったみんなと走れたんで、それだけでとても楽しい1日だった。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里山ガーデンの花々

2017年10月05日 | 日記

5日、キンチャンの情報にあった中山の「里山ガーデン」へ行ってきた。

「里山ガーデン秋の大花壇」開催は9月22日から10月22日まで。

春の里山ガーデン花博に行った時は3日前に終わってしまっていたので今回は逃さないようにしなくちゃ。

恩田川沿いを下って行くと、途中に熟した感じの柿の木が実をたわわに実らせている。秋だな~。

 

中山で恩田川を離れ、中原街道の長~い坂を喘ぎながら登ります。

中原街道はアップダウンが多くてしんどいな。

動物園(ズーラシア)入り口交差点を右折してズーラシア前を通過して里山ガーデンに到着です。

      

入場(何と無料!)するとすぐにマスコットの「ガーデン・ベア」がお出迎えだ。

 

その周りも花畑。

     

ここから右手の木製の橋を渡って行くとその先には広~い花畑が。

丹精を込めて手入れされておりとても綺麗だ。

見ている間にも庭師が花の整備をしていた。

花の好きな人は一見の価値があると思う。

    

          

         

よく見ると花の間をアゲハ蝶が蜜を求めて飛んでいた。

カメラの液晶画面を見てもよく見えないので適当にシャッターを切ったら何とか写っていたのでほっとした。

  

やっと念願かなって里山ガーデンの花畑を見ることが出来た~。

無料でこれだけの美しい花々を見られるなんてラッキー。

里山ガーデンを一回りし終えて時計を見ると12時近くなっていた。

お腹が空いて来たので里山ガーデンを後にしてランチの店を探します。

中原街道から16号に入ってすぐに日本蕎麦屋の「そば茶屋・藪」という店を発見。

この店のお勧めという「ジャンボかき揚げ蕎麦」¥1,242円也を注文。

出て来たかき揚げを見てビックリ。直径は20cm前後、厚さは7~8cmはありそう。

正にジャンボだ。天つゆで半分、塩で半分食べたがカラッと揚がっていて美味しかった。

蕎麦も腰と風味があって美味しかった。

     

食べ終わって12:30、帰るには早過ぎるので地図を見て相鉄線・鶴ヶ峰駅の先に「陣ヶ下渓谷公園」という公園を発見、行って見ることに。

途中、新幹線のガードを通ったので新幹線を撮ってみた。

シャッター押しが速すぎてず~っと手前に写っていた。タイミングが難しいな~。

アップダウンの多い道を走り、公園に着いて入口を見ると中へ入る通路は階段だ。

仕方なくぐるっと回り、環状2号に隣接した別の入り口を探し当てたので入ろうとしたら、入口に自転車走行禁止の看板があったので押し歩きです。

           

少し行くと渓谷への道標があったが通路が狭くて自転車は無理なので徒歩で渓谷へ降りた。

夏場だったら涼しくて気持ちがいいだろうな。

    

陣ヶ下渓谷公園を禁止の自転車(内緒ね)で一回りして、外へ出て帰路に着いた。

帰路は久しぶりに環状2号の歩行者・自転車用道路を少し走ってみた。環2もアップダウンが多いんだよね。

陣ヶ下渓谷公園脇の環2陸橋

途中、下を見ると相鉄線の線路が見えたので電車の写真を狙ったがまたしても失敗。

やはり馴れが必要だな。


この日の走行距離 51.4km Aveは間違えて消してしまった。






 





コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

舞岡ふるさと村

2017年09月20日 | 日記

今日は前から気になっていた「舞岡ふるさと村」へ行ってきた。

横浜市の中で2か所あるふるさと村の一つだ。

もう一つは青葉区寺家町の寺家ふるさと村で、こちらは家から近いので何度か行っている。

里山の雰囲気があり、とても落ち着くところ。

それなら「舞岡ふるさと村」もきっと良い雰囲気の所だろう、と期待をして行ってみた次第。

町田・境橋から境川沿いに走り、高鎌橋から長後街道へ出て小さなアップダウンを繰り返しながら戸塚駅方面へ向かう。

    

戸塚駅から地下鉄・ブルーラインの舞岡駅へ行く途中の坂がきつくて長~い。

やっと上り終えて左折、坂を下った所が戸塚駅隣の舞岡駅のある道岐橋交差点。

     

交差点を右折して走り始めるとすぐに戸塚駅周辺とは全く違った街並みになる。

の両側には畑、右手には水車、舞岡八幡宮が出現。

地元の人が神社に向かって一礼して往くなど里山の雰囲気が出てきた。

    

畑のある辺りがふるさと村のようだ。

 

ただ、寺家村に較べて畑は狭く雰囲気でもチョット負けてる感じかな。

気を取り直して次の目標へ。

この先に「横濱アイス工房」戸塚店があるはず、という事で走り出したが、またもや激坂に遭遇。

戸塚から舞岡駅へ行く登り坂よりもきつい。

やっとの事で登り終えるとそこが舞岡公園南入り口だった。

 

中は色々な施設があって楽しい公園のようだけど今日はゆっくりしている時間が無いので入り口付近だけ見て先に進みます。

すると左手に明治学院大学が現れる。横浜キャンパスは昭和60年に開校したようだ。

校門前で1枚。

明治学院前の坂を下るとすぐに「横濱アイス工房」戸塚店だ。

ちなみに、境川遊水地センター近くには「ゆめが丘支店」があり、何度か立ち寄っている。

ミルク味ソフトを食べようと思っていたんだけど、ふと見ると浜梨ジェラートがある。

今年は未だ浜梨を食べていないので急遽変更です。

梨の味はちょっと薄かったけどそれなりに美味しく戴きました。

  

これで今日のポタは終わり、と思って1号線を走っていると「戸塚宿本陣跡」という標柱が目についたのでパチリ。

1号線沿いには他にも史跡が沢山あるんだろうな。別の機会に見てみよう。

この後は長後街道へ出て、高鎌橋から来た道を戻ります。

今日のコースで平坦だったのは境川沿いだけで、結果的に少しだけ坂錬になったかな~。


今日の走行距離 61.2km、Ave15.7km/hでした。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秦野の里山へ

2017年09月09日 | 日記

昨日、急なお誘いがあり、いつもの厚木集合で秦野方面の里山を走ってきた。

先導はコンテさん。コンテさんと走るのは久しぶり。

何時も楽しいコースを教えてくれるので今日も楽しみ。

集合場所に行って見ると、あれ?らぶかぶさんが居る。

職場から近いので出勤前にお見送りに来てくれたようだ。らぶかぶさん、有難う。

ブルーのミニベロがお洒落だ。

    

スタートして少し走ると伊勢原の柏木牧場に到着です。

 ここは初めて。牛さん達は休憩中。

     

国産牛100%のハンバーグが評判なんだけど未だ9:30、食事には早過ぎる。

という事でハムカツを戴きました。う~ん、美味しい~。

あっという間に食べ終わってしまい、写真を撮り忘れた。

  

近くにはNHK-火野正平・こころ旅に出てきた石田牧場という牧場もあるらしいが、そちらは別の機会に行く事にして先に進みます。

東海大学近くの土屋橋迄は鼻歌交じりで走れたがここから徐々に登りが続き、最後は15%の激坂が待っていた。

途中で足着きとなったが、ピークを過ぎて苔むした19%の急坂を慎重に下って行くと里山の雰囲気が漂よう所に出た。

何時立てられたのか判らない、字のよく見えない道標があり、ここで暫し休憩です。

     

これで今日の登りは終わりかと思っていたら、少し先に行くとレイクウッドゴルフクラブの入り口前を横断するきつい登り坂が待っていた。

これを越えれば下りだし谷戸川沿いの竹林のある風景が見られますよ~、との甘い言葉に釣られて再び坂を登ります。

坂の途中の農家の立派な門 坂の途中の道標 

 

クラブハウスの前に居たキャディーさんに手を振ると向こうも振り返してくれた。 

フレンドリーなキャディーさんだな~、などと自分をリラックスさせながらようやく坂を登り終えます。

あとは谷戸川の景色を味わいながら下ってゆくだけ。

木々の生い茂る中に竹林が混じっている珍しい林が続く中を清々しい気分で下ってきます。

秋は紅葉が綺麗なようで、再度来てみたい。

ただ、ここも路面が苔むしている所があるので慎重に走らないと危険だ。

    

  

川を下り終えて、合流する不動川沿いに行くと大磯城山公園に出た。

その向かいに今は閉店している古物商の建物がある、というので見に行った。

左程人家の無いこんな所になぜ古物商の店があったんだろう?

  

ここで12:00を過ぎていたので今回は城山公園へは寄らず、ランチの店へ向かうことに。

駅前のレストランか少し先へ行った定食屋か、どちらにするか相談の結果、定食屋さんへ行く事に決定。

行って見てビックリ!! 

何と顔見知りのサイクリスト4名が先客で来ているじゃないですか。

こういう偶然の出会いって何だか嬉しいな~。

女性2名は猫さん・クミさん、先週八ヶ岳で一緒に走った仲間だ。

男性2名を知っていたのは私だけだった。

シンさん、多摩ポタのメンバー、モーリスコールさん、多摩ポタ・鶴見川ポタのメンバーだ。

猫さんの声掛けで湘南平へ行ってきた、との事で我々とは入れ違いになった。

 

私は最近お腹周りの脂肪が増えてきたので猫さんのお勧めに従って刺身定食に。

ボリュームがあって味も鮮度もいい。そのうえリーズナブル。他の人も皆満足の様子。この店は当りだね。

満足のランチも終わり帰路に着きます。

私が走ったことが無い、という事で花水川→相模川で帰ります。

途中、骨折さんから新幹線の写真を撮りたいとの申し出があり撮影ポイントに行ったが中々新幹線が来ない。

その間に上空を飛んでいるパラグライダーの写真をパチリ。

    

ようやく新幹線が来たので撮ってみたがタイミングが合わない。

スピードのあるものを撮るのは難しいな~。

ここから相模川沿いに出発点の厚木迄走り続け、スポーツセンターで小休止の後解散しました。


この日の走行距離 93.8km、Ave17.4km/h でした。




 










 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八ヶ岳ラン

2017年09月03日 | 日記

ゆるゆるポタリング恒例の八ヶ岳イベントへ行ってきた。

今年は従前とは違うコースなのでどんなコースを走るのか楽しみにしていたんだけど雨に祟られ2度も延期。

今度こそと思っていたらまたしても雨の予報。

でも、みんなの祈りが通じたのか9月2日のスタート・9時頃は現地では晴れの予報が。

出発時こそ雨だったけど途中から雨も上がり、現地に着く頃には快晴になった。

3度目の正直で8名が「道の駅・南きよさと」に集合、ニューコースをスタートした。

   

コースは極力一般道を避け脇道・別荘地・遊歩道を走ったので車を気遣う必要が少なく、思う存分八ヶ岳の清々しい空気や景色を味わうことが出来た。

車でドライブに来たんじゃないんだからこうでなくっちゃね。

途中で立ち寄ったプリンの店「中村牧場」。

        

卵の濃厚な味が癖になりそう。

農場から少し行ったところの長い黄色の八ヶ岳高原大橋を渡ります。

今回は登って行く途中の大橋だけど、以前来た時は上から走り降りて来たので物凄く爽快な気分だった。

但し写真は撮れない。

     

大橋を越え、遊歩道を走っていると猫さんに、ディレーラーハンガーが折れるという珍しいアクシデントが。

ケイさんの応急処置でシングルギアで走ることが出来るようになって一同ホッと一安心。

だって、ここで猫さんが離脱じゃ寂しいものね。

いつ何時こうしたトラブルが発生するか分からない。

こういうトラブルに対応出来る仲間と一緒に走っていると心強いな~。

ランチは清里の「高原食堂」。

表通りから一歩裏へ入った所にあり、高原の別荘のような感じの店で、食事でなく読書とコーヒーを飲みに行きたい雰囲気の店だった。

       

私はカツカレーをチョイス。

添えてある高原野菜はとても美味しかった。

カレーは色々な野菜が煮込んであり、カツは厚くてボリュームがある。

     

ランチが終わり再び走り出したが、ランチのボリュームがありすぎて体が重い。

坂を登るにも一苦労だったが、高原の涼しい空気がそれを和らげてくれる。

  

程なく鉄道最高地点・野辺山に到着、お決まりの記念撮影です。

  鉄道神社 近くの花壇

そこへ小海線が通過したのでこれをパチリ。すると反対側からも走ってきたのでこれもパチリ。

 

次の予定地の国立天文台・野辺山へ行く途中にコスモスが咲いていた。秋なんだな~。

みんなで足を止めて撮影会。

 

野辺山天文台へ。今回は中へは入らず道路から見学です。野菜畑に囲まれているようだ。

  

天文台近くで偶然見つけた花野辺ガーデンビレッジの花畑。

    

近くの五光牧場。かき氷を食べられるようだが8月末で終わってた。

 

これも近くの橋上で。北海道のように道路が真直ぐに伸びている。

後には妙義山に似た山が。

       

再び走り出したところで猫さんのタイヤがプシューという音を出してパンクの神様が降臨。

2度目のトラブルのうえ、初めてのパンクという事で流石に気落ちしていたが、これは誰にでも起こりうることだ。

その証拠に、この後、こがねまるさんがやはりパンクに見舞われた。

私も何度もパンクを経験している。

修理後再び走り出し、山梨の木を見たりしながら滝沢牧場でスイーツ(ソフトクリーム)を戴きます。

お薦めはミルクという事でミルクを。

味は濃厚で食べている間に溶けてくる。純度が高いほど溶けやすいんだそうだ。

        

スイーツタイムも終わり次の大門ダムへ向かう途中、こがねまるさんにパンクの神様が降臨。

それを知らない骨折さんはかなり先まで行ってしまったので事情を連絡して先にスタート地点に戻ってもらい、残った人でパンク修理。

修理を終えて再び走り始めたが、少し行った所でやはりエアが漏れるのでこがねまるさんはここでリタイヤ。

猫さんに車で迎えに来てもらい、スタート地点へ。

その場に残っていたアンカーさんと私の2人はスタート地点へ向かってひたすら走ります。

秋の冷え込みを計算しなかったので身体が冷え切ってしまった。

popoさんの言っていたようにウィンドブレーカーを持っていけばよかった。

計画ではこのあと温泉に行くはずだったが時間の都合で「小作・二葉店」で食事をして解散することに。

小作は「ほうとう」が売り物の店だが、最近「すいとん」を食べていないので私はすいとんを注文。

野菜がたっぷりで美味しかったんだけど、あまりのボリュームで食べ切れず、久々に食べ残してしまった。

でも、すいとんが冷えた体を温めてくれた。

ヒルのランチといい夜の食事といい、そのボリュームの多さで、走って消費したカロリーをはるかに超える食事になってしまったな~。

  

今までとは違うコースを走ったんだけど、八ヶ岳の雰囲気を堪能出来る、爽やかで走り易いコースだったと思う。

見所・味処を上手に取り入れてくれ、とても楽しく走れた。

コースを探してくれた仲間に感謝です。


この日の走行距離 54.6km、Ave 14.3km/h の楽しいツーリングでした。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤビツ峠へ

2017年08月30日 | 日記

29日にヤビツ峠(裏)へ行ってきた。

宮ケ瀬湖駐車場に10時集合なんだけど、集合場所まで2時間かけて長い坂道を登っていかなければならない。

ここ迄で力が尽きてしまう。

すると、アンカーさんから「宮ケ瀬湖まで車で行きましょう」という助け舟が。

お言葉に甘えてそうさせてもらった。

到着すると既にケイさんが来ていた。ジャスミンさんと一緒に。

それにドタ参のハセさんが加わって5名で走ることに。

北原交差点から70号線をヤビツ峠目指して走り出します。

少し走った所で道路の脇を流れる中津川と周辺の山々を観賞します。

河中で渓流釣りをしている人がいる。

キャンプ場では親子の楽しそうな声が聞こえてくる。BBQでもやるんだろうな。

こういう所で食べると何でも美味しいんだよな。

       

2つのトンネルを通ります。

山神トンネル   大洞トンネル

この先を左に曲がり、唐沢林道の入口へ行ってみた。

この林道を進んで行くと土山峠へ出るようだが、何年か前に閉鎖されてしまい、知っているのはケイさんとハセさんの2人だけ。

かなりきついアップダウンがあり、路面も荒れているようで、通れても私には無理だったかも。

        

更に走り、裏ヤビツ唯一の休憩場所である青山荘・きまぐれ茶屋に到着。

ここへ来たのは2012年11月以来2度目。ここでランチにします。

今日は営業していたけど、きまぐれ茶屋というだけあって、営業しているかどうかはネットで調べてから来て下さい、と書いてあった。

      

メニューの中から2人がナポリタン、私を含めて3人が焼そばを注文。どれも¥800円也です。

お腹が空いていたので写真を撮るのを忘れて食べてしまった。

味は普通、前の時も味は今一だったので料理の腕は進歩していない。ボリュームはある。

店内は雑然としているが、それがかえってリラックス出来る雰囲気を作り出している。

壁にはサイクルジャージが掛かっていた。ここのマスターが着るのかな。

      

ここへ寄らずに一気にヤビツ峠の頂上まで行く人が多いようだけど、我々の目的はヤビツ峠攻略ではなく丹沢連峰の自然を味わいながら走ることにあるので、ノンビリ・ユックリ行く。

きまぐれ茶屋から少し登ってゆくと「護摩屋敷の水」と言われる湧水地がある。

湧水は2か所あって、休日には車で水汲みに来る人が沢山いるらしい。

美味しそうなので飲もうと思ったら、飲む場合は煮沸してから飲むよう注意書きがあったので止めた。

ハセさん偉い!湧水地保護の献金をしている。

     

きまぐら茶屋辺りから少し登りがきつくなるが、ユックリ登ってゆくとヤビツ峠の看板が見えてきた。

はい、お決まりの看板前で記念撮影です。でも、始めて来た時より感激が少ない。

周囲の様子も写真に。

  

記念撮影も終わり、林道を走るべく少し表ヤビツを下って行ったが、林道が舗装工事中という事で通行出来ず林道走行は断念。

ヤビツ頂上方面に戻り、峠の看板前を通り過ぎて少し下ると左手に激坂が登場。

おそらく15%前後はあるであろう坂道を登って行った先にとても良い所がある、との話で激坂を登って行くことになった。

前を行くハセさんとアンカーさんはスイスイ登っていくが、坂の苦手な私は途中で足付き休憩、再度漕ぎ始めて喘ぎ乍らやっとの事で丹沢大山国定公園の看板のある平地に到着します。

目の前には大山の頂上が見える。

  

でも、ここがゴールじゃなく、ここから徒歩で斜面を登っていくようだ。

登り坂で足を使ったので登りがきつい。

途中のベンチで休憩しながら何とか登り切って見ると、そこにはハングライダーかパラグライダーのランチャー台があった。

 

ここからの景色が何とも言えず素晴らしい。

遠くに今年になって走った三廻部・寄集落、山北町が見える。

晴れた日には富士山が綺麗に見えるらしいが、この日は曇りで残念ながら見えなかった。

吹く風が心地よくて何時までもユックリとしていたい気分。

ず~っとこのまま居たいがそうもいかないので帰路に着きます。

来る時は頑張って登ってきたんだけど帰りは下りなのであっという間に宮ケ瀬湖に着いてしまった。

下っている途中から気温が上がってくるのを肌で感じる。

やっぱり山の上は涼しいんだな~。

駐車場まで来ると暑くて冷たい物が欲しくなり、かき氷(コーヒー+ミルク)¥300円を戴きました。

ケイさんを見るとジャスミンさんのディレーラー調整をしている。

確かにギアチェンジした時に異音がしていた。

ディレーラーの調整は難しいので私はプロに依頼している。

時間が経過するのでハセさん、私とアンカーさんはここでお別れ、帰路に着きます。

帰りに湖面を見るとかなり水位が下がっている。

聞くと、ダム完成以来最低の貯水量だそうだ。

前回同様、今回も宮ケ瀬湖まで車で連れて行った貰ったので楽をさせてもらいました。

最近、サイコンの調子が悪くて今回も数字がカウントされない。

自分じゃ修理できないしね。困ったものだ。

それと、今回は12年11月に走った時より足が回らなくてきつかった。

約5年経過しているんだから仕方ないか。

まあこれからも気負わず気楽に走ることにしよう。





 












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京スカイツリー

2017年08月14日 | 日記

12日の八ヶ岳ツーリングが雨で順延となったのでpopoさんの発案で東京スカイツリーまで走ってきた。

折角都心を走るのでアチコチ見て廻ろうという、まあ東京見物ですね。

暑いけど曇っていたのでかなり走り易かった。

popoさん・猫さん・タカさんと私の4名で8:15に町田・菅原神社前を出発します。

多摩川を越え、世田谷通りを走り、246が渋滞していたので途中で迂回し10:30に渋谷道玄坂に到着です。

渋谷ハチ公前のスクランブル交差点を自転車で突っ走るのは気分爽快だった。

     

青山通りから絵画館・迎賓館を通り靖国通りへ出る。

       

途中、靖国神社に立ち寄り参拝です。

休憩所のトイレを使ったんだけど冷暖房完備で流石に靖国神社だ、と妙な所で感心してしまった。

右手にある遊就館に寄ってみたが、館内にはゼロ戦や大砲、SL等先の大戦中に使用されたものが展示されており無料で見学できる。

この展示物を見ても靖国神社が特殊な意味を持つ神社であることが分かる。

       

参拝が終わったところで皆さんお腹が空いたとのことで神田淡路町の日本蕎麦店「まつや」へ向かいます。

本当はリニューアルした「藪蕎麦」へ行きたかったんだけど夏休み中なので「まつや」へ。

ところが、「まつや」も夏休み中。ネットで調べた時はそんなこと書いてなかったのに。

両国駅まで行けば何とかなるだろうと思い、行って見たが見つけた店は一足違いで満席に。

  

ここから1時間ほどスマホで蕎麦屋を検索し、暑さでげんなりしてきた頃、ようやくスカイツリー近くの蕎麦屋を発見。

「ゆで太郎・本所吾妻橋店」で何とかランチにありつけた。

私とpopoさんは鳥&舞茸天婦羅蕎麦¥500円也。値段の割に味は良くてCP抜群。

ランチも終わって13:30近くにようやく目的の東京スカイツリーに到着。

スカイツリーまで走って来たのは2度目。

1度目は、やはりpopoさんを含めて全員70歳以上の敬老会メンバー4名で2012年10月に来ている。

高さで天辺を見上げると首が痛くなる。

 

時間も押してきたのでこの後は浅草寺・東京駅・皇居をざっと見て廻ります。

浅草寺は外人観光客ばかりでビックリ。英語と中国語ばかりが飛び交っていた。

        

コーヒーが飲みたくなって青山通り(246)を走って駒沢から駒沢通りで二子玉川ライズへ。

二子玉川公園にある、客席から多摩川を見られるスターバックスコーヒーへ行ったが満席。

多摩CR近くのフレンチレストラン「トキオプラージュ・ルナティック」でスイーツタイムです。

  食べ掛けのアイスクリーム

17:00となり、全員自走の為帰宅が遅くなるのでこれで解散です。

中原街道方面へ行くpopoさん・タカさんとは二子橋でお別れ。

私と猫さんは多摩川を走り登戸方面へ。


坂が多くて微妙に足に来るが、たまには都心を走るのも気分転換になって楽しい。

popoさんの要望もあり、次は都内の自転車カフェを廻ってみたい。

今回の反省点=盆休み中は休業の店が多いので事前に調べておかないと時間をロスする。


今回の走行距離 約100.8km、Ave16.7km/h でした。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

座間の向日葵

2017年07月25日 | 日記

座間の向日葵畑へ行ってきた。

7~8年前に行ったんだけど最近はご無沙汰。

現地集合ということで境川を走っていると目黒交差点の手前右岸が工事中。

境川はあちこちで工事をやってる。工事が終われば走り易くなるんだろうな~。

大山街道沿いにある大山阿夫利神社別院の前を通り南林間駅の方へ行く。

南林間駅を過ぎて集合場所へ向かっていると後ろからpopoさんからの声掛け。

一緒に座間・栗原会場へ行くと既にケイさん・エンヤさんが来ていた。

向日葵を見て歩く。満開で黄色い絨毯のようだ。

        

見晴らし台があった。こういうものがあるとつい上がってみたくなる。登ってみた。

向日葵畑が一望出来る。やっぱり向日葵って同じ方向を向いて咲いているんだな~。

台の上に写真撮影用のプラカードがあったので持ってパチリ。チョット照れくさい。

popoさんが初めて来たというのは意外だった。

   

こがねまるさんも来て全員揃った。ハセさんがママチャリで登場。

我々をお見送りに来てくれたそうだ。集合写真も撮ってもらった。

それが下の3枚。ハセさん、有難うございました。

     

向日葵見物を終えて次に何処へ行こうか相談です。

というのも、当初は中津川を遡上する予定だったんだけど、天気予報では北の方が雨模様。

先週18日のような豪雨に遭ったら大変という思いがケイさんにあり、北へ行くのを躊躇っていたようだ。

協議の結果、適当に南方へ行く事に決定。この適当ってのが気楽に走れてまたいいんだ。

ケイさんがちょっと気なった公園があるという事で南林間方面へ向かってみる、と芹沢陸橋の下に公園があったので寄ってみる。

芹沢公園というらしい。以前来た時には無かった公園だ。

入口の近くは遊具があり親子が遊んでいる。

子供向けの公園かなと思ったが、奥へ行って見ると雑木林があって暑さを凌ぐのに格好の場所。

その奥には湿性花園があって我々も寛げる公園になっている。

popoさん、ミニベロで来るといいな~、と言っていたけどそんな感じ。ちょっとノンビリしたい時に良い所だ。

   

公園の端を流れている芹沢川沿いに走り、途中からは目久尻川沿いに走ります。

走っている途中の伊勢下村橋で支柱の上にTシャツを着た河童像がいた。

欄干にも河童の模様が。洋服を着た河童はに出会ったのは初めてだ。

目久尻川命名の由来はこの河童が関係しているようだ。

河童伝説は日本全国にあるようで興味深い。

    

また少し走って綾瀬市の城山公園に寄ります。

  

ここにはワサビ田があるとのことだったが、今は放置されていてその名残だけが僅かに残っていた。

ワサビ田の向かいに規模は小さく名前だけの日本庭園があった。

日本庭園というよりは単なる池という感じだ。

次に立ち寄ったのは蟹ヶ谷公園。

そばを通ったら蓮の花が咲いていたので寄ってみた。

蓮池の手前に耕作地があって池の近くには行けなかったのでとりあえず遠くからパチリ。

  

こうして川沿いに走っているだけで色々な場所を楽しめるのがポタの良い所だ。

さて、次はどこでランチをするかの相談です。

popoさんは湘南台のうどん屋さん、ケイさんは産業道路沿いのイタリアンレストランを提案。

popoさんの推す店は11:30には行列を作るとの事で本日の案内人であるケイさんお勧めの、産業道路沿いにある「タベルナイルロカーレ」へ向かう事に。

開店の11:30にはちょっと早かったので予約を入れて近所へ涼みに。

時間になったので店へ入りパスタランチをオーダー。全員が茄子とリコッタチーズのパスタランチです。

まずは店に隣接する自分の畑で採れた野菜類+自家製パンをバーニャカウダ容器を使ったチーズフォンデュで戴く。

そしてパスタ。リコッタチーズは脂肪分が少なくて女性に人気があるらしい。

最後にドリンク。私はアイスコーヒー。これで¥1,680円也です。

どれもとても美味しく戴きました。特に採れたて野菜が美味しかった。

       

会計を済ませたこがねまるさんがボトルに水を貰っていたので私もお願いしたら冷たい水を入れてくれた。

女性スタッフが氷を入れますか?と聞いてくれたがそこまで甘えては申し訳ないので氷は遠慮しておいた。

すると、スタッフから、写真のシャッターを押しましょうか?と言ってくれたのでお願いした。

サイクリストに優しい店だ。良い店に当たったな~。機会があればまた来てみたい。

満足のランチが終わり、ここへ来る途中で見かけたアイス店「カナサシファーム」に向かいます。

来るときに通った道と違う道を走っているので不安になったが流石にケイさん、ちゃんとアイス店の前に出た。

こんな細かい道まで知っているんだ~、とただただ感心するばかり。

この店は味・量共に良いのにシングル¥290円ととてもリーズナブル。

宮ケ瀬の服部牧場なんて半分の量で値段は¥310円もするからね。

アイスを食べた所で厚木方面へ帰るこがねまるさんは方向が違うのでかがねまるさんはここで離脱です。

我々4名は22号を境川へ向かって走り、467号との交差点でpopoさん・エンヤさんと別れ、ケイさん・私は467号を町田方面へ。

雨も大丈夫のようなので「タモタモバイク」へ寄り、自転車・サイクリングコース等をまったりダべリング。

16:00を過ぎたので帰路に着いた。

今日は里山へは行かなかったが、それでも始めてのコースを楽しく走れた。

これはコースだけでなく同伴のメンバーが良かったから楽しく走れたんだと思う。

こうしたメンバーでまた一緒に走りたい。

次は八ヶ岳かな。高原の空気を思う存分味わえるので今から楽しみ。


この日の走行距離 63.6km、Ave15.8km/hでした。


 













コメント
この記事をはてなブックマークに追加