ダミーブログにミスリード 言論弾圧 thk6481

国保税の広報の妨げになるWEB上のトラブルを書いてます。

下書き版 301229 SS 別紙 「 会議録は作成義務のある文書である。」についての主張及び根拠 #thk6481

2018-12-30 11:57:55 | 指導要録
下書き版 301229 SS 別紙 「 会議録は作成義務のある文書である。」についての主張及び根拠 #thk6481
バックアップが目的 この内容は、PCから削除されている。
***************
K 別紙 「 会議録は作成義務のある文書である。」についての主張及び根拠
以下の法規定等が主張根拠である。

担当者は、情報公開法に精通しているので、不要な法規定である。
しかしながら、申立て事項について、不都合な事項の脱漏は、総務省の手口であるので、証拠として残すために申立て事項として主張する。

(1) 情報公開法からの抜粋
(目的)情報公開法第1条=「 国民主権の理念にのっとり、行政文書・法人文書の開示を請求する権利につき定めること等により、行政機関・独立行政法人等の保有する情報の一層の公開を図り、もって政府・独立行政法人等の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるようにすること。 」

(開示請求の手続)情報公開法第4条2項 行政機関の長は、開示請求書に形式上の不備があると認めるときは、開示請求をした者(以下「開示請求者」という。)に対し、相当の期間を定めて、その補正を求めることができる。この場合において、行政機関の長は、開示請求者に対し、補正の参考となる情報を提供するよう努めなければならない。(情報提供の義務)

(行政文書の開示義務)情報公開法第5条=「 行政機関の長は、開示請求があったときは、開示請求に係る行政文書に次の各号に掲げる情報(以下「不開示情報」という。)のいずれかが記録されている場合を除き、開示請求者に対し、当該行政文書を開示しなければならない。 」
=>原則は開示である。不開示は例外である。不開示要件に該当する必要がある。

(公益上の理由による裁量的開示)情報公開法第7条=「 行政機関の長は、開示請求に係る行政文書に不開示情報が記録されている場合であっても、公益上特に必要があると認めるときは、開示請求者に対し、当該行政文書を開示することができる。 」

(2) 公文書管理法からの抜粋
(目的)公文書管理法第1条=「 この法律は、国及び独立行政法人等の諸活動や歴史的事実の記録である公文書等が、健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源として、主権者である国民が主体的に利用し得るものであることにかんがみ、国民主権の理念にのっとり、公文書等の管理に関する基本的事項を定めること等により、行政文書等の適正な管理、歴史公文書等の適切な保存及び利用等を図り、もって行政が適正かつ効率的に運営されるようにするとともに、国及び独立行政法人等の有するその諸活動を現在及び将来の国民に説明する責務が全うされるようにすることを目的とする。 」

公文書管理法第4条 行政機関の職員は、第一条の目的の達成に資するため、当該行政機関における経緯も含めた意思決定に至る過程並びに当該行政機関の事務及び事業の実績を合理的に跡付け、又は検証することができるよう、処理に係る事案が軽微なものである場合を除き、次に掲げる事項その他の事項について、文書を作成しなければならない。
1 法令の制定又は改廃及びその経緯
2 前号に定めるもののほか、閣議、関係行政機関の長で構成される会議又は省議(これらに準ずるものを含む。)の決定又は了解及びその経緯
3 複数の行政機関による申合せ又は他の行政機関若しくは地方公共団体に対して示す基準の設定及びその経緯
4 個人又は法人の権利義務の得喪及びその経緯
5 職員の人事に関する事項

▼ 議事の記録は、以下の規定により、文書作成義務のある文書である。
公文書管理法第4条3項=「 複数の行政機関による申合せ又は他の行政機関若しくは地方公共団体に対して示す基準の設定及びその経緯 」

(整理)公文書管理法第5条1項 
行政機関の職員が行政文書を作成し、又は取得したときは、当該行政機関の長は、政令で定めるところにより、当該行政文書について分類し、名称を付するとともに、保存期間及び保存期間の満了する日を設定しなければならない。
▼ 議事の記録は、上記に従い、保存期間が定められている。保存期間が定められている。このことは、作成義務のある文書でる証拠である。

(保存)公文書管理法第6条1項
行政機関の長は、行政文書ファイル等について、当該行政文書ファイル等の保存期間の満了する日までの間、その内容、時の経過、利用の状況等に応じ、適切な保存及び利用を確保するために必要な場所において、適切な記録媒体により、識別を容易にするための措置を講じた上で保存しなければならない。
▼ 議事の記録は、総務省の事務手続き細則(平成17年4月1日会長決定)により、保存場所が指定されている。このことは、作成義務のある文書でる証拠である。

(行政文書ファイル管理簿)第7条1項
行政機関の長は、行政文書ファイル等の管理を適切に行うため、政令で定めるところにより、行政文書ファイル等の分類、名称、保存期間、保存期間の満了する日、保存期間が満了したときの措置及び保存場所その他の必要な事項(行政機関の保有する情報の公開に関する法律(平成十一年法律第四十二号。以下「行政機関情報公開法」という。)第五条に規定する不開示情報に該当するものを除く。)を帳簿(以下「行政文書ファイル管理簿」という。)に記載しなければならない。ただし、政令で定める期間未満の保存期間が設定された行政文書ファイル等については、この限りでない。
▼ 行政文書ファイル管理簿を作成す義務。

第7条2項 行政機関の長は、行政文書ファイル管理簿について、政令で定めるところにより、当該行政機関の事務所に備えて一般の閲覧に供するとともに、電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法により公表しなければならない。
▼ ファイル内の編綴文書の目録が作成されていると思料できる。
なぜならば、一般の閲覧に供するには目録の作成が必要となる。
編綴文書の目録は、編綴文書すべてを、提供していることの根拠文書である。

(行政文書管理規則)行政文書管理法第10条1項
行政機関の長は、行政文書の管理が第四条から前条までの規定に基づき適正に行われることを確保するため、行政文書の管理に関する定め(以下「行政文書管理規則」という。)を設けなければならない。

第10条2項 行政文書管理規則には、行政文書に関する次に掲げる事項を記載しなければならない。
一 作成に関する事項
二 整理に関する事項
三 保存に関する事項
四 行政文書ファイル管理簿に関する事項
五 移管又は廃棄に関する事項
六 管理状況の報告に関する事項
七 その他政令で定める事項

第10条4項 行政機関の長は、行政文書管理規則を設けたときは、遅滞なく、これを公表しなければならない。これを変更したときも、同様とする。

(3) 情報公開・個人情報審査会設置法からの抜粋 及び主張
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=415AC0000000060#2

(委員)審査会設置法第4条第1項 委員は、優れた識見を有する者のうちから、両議院の同意を得て、内閣総理大臣が任命する。

第4条7項 内閣総理大臣は、委員が心身の故障のため職務の執行ができないと認めるとき、又は委員に職務上の義務違反その他委員たるに適しない非行があると認めるときは、両議院の同意を得て、その委員を罷免することができる。

第4条10項 常勤の委員は、在任中、内閣総理大臣の許可がある場合を除き、報酬を得て他の職務に従事し、又は営利事業を営み、その他金銭上の利益を目的とする業務を行ってはならない。
第4条11項  委員の給与は、別に法律で定める。
▼ 常勤者である山名学委員は、年間1824万円の報酬を得ている。

(審査会の調査権限)審査会設置法第9条1項 審査会は、必要があると認めるときは、諮問庁に対し、行政文書等又は保有個人情報の提示を求めることができる。
この場合においては、何人も、審査会に対し、その提示された行政文書等又は保有個人情報の開示を求めることができない。

審査会設置法第9条2項 諮問庁は、審査会から前項の規定による求めがあったときは、これを拒んではならない。

審査会設置法第9条3項 審査会は、必要があると認めるときは、諮問庁に対し、行政文書等に記録されている情報又は保有個人情報に含まれている情報の内容を審査会の指定する方法により分類又は整理した資料を作成し、審査会に提出するよう求めることができる。

審査会設置法第9条4項 第一項及び前項に定めるもののほか、審査会は、審査請求に係る事件に関し、審査請求人、参加人(行政不服審査法(平成二十六年法律第六十八号)第十三条第四項に規定する参加人をいう。次条第二項及び第十六条において同じ。)又は諮問庁(以下「審査請求人等」という。)に意見書又は資料の提出を求めること、適当と認める者にその知っている事実を陳述させ又は鑑定を求めることその他必要な調査をすることができる。

(委員による調査手続)審査会設置法第12条 審査会は、必要があると認めるときは、その指名する委員に、第九条第一項の規定により提示された行政文書等若しくは保有個人情報を閲覧させ、同条第四項の規定による調査をさせ、又は第十条第一項本文の規定による審査請求人等の意見の陳述を聴かせることができる。

(提出資料の写しの送付等)審議会設置法第13条1項 審査会は、第九条第三項若しくは第四項又は第十一条の規定による意見書又は資料の提出があったときは、当該意見書又は資料の写しを当該意見書又は資料を提出した審査請求人等以外の審査請求人等に送付するものとする。
ただし、第三者の利益を害するおそれがあると認められるとき、その他正当な理由があるときは、この限りでない。
▼ 年金機構が提出した資料の写しは、送付されていない。

第13条2項 審査請求人等は、審査会に対し、審査会に提出された意見書又は資料の閲覧を求めることができる。
この場合において、審査会は、第三者の利益を害するおそれがあると認めるとき、その他正当な理由があるときでなければ、その閲覧を拒むことができない。

(調査審議手続の非公開)審査会設置法第14条
「 審査会の行う調査審議の手続は、公開しない。 」
(審査請求の制限)審査会設置法第15条
「 この法律の規定による審査会又は委員の処分又はその不作為については、審査請求をすることができない。 」

▼ 上記2つの規定の適用は、300514山名学答申書の内容が妥当であることが前提条件である。違法故意であるならば、当然適用できない。場合によっては、犯罪人隠避罪に該当する行為である。

300514山名学答申書の内容は、<3p>19行目からの見解が違法であること。
違法であることから、(調査審議手続の非公開)審査会設置法第14条の適用をするための前提条件を欠いている。

『 納付書は,「国民年金保険料の納付受託事務に関する契約書」及び「国民年金保険料の納付受託取扱要領」に基づき,コンビニエンスストア本部で保管することとされている。
よって,納付書は,現に機構が保有している文書ではないことから,文書不存在により不開示決定とすることは妥当である。 』と見解部分にて記載。

「 納付書は、コンビニ本部で保管 」=>「 日本機構の保有している文書ではない」と論理展開をしている。

しかしながら、総務省の「 保有の定義 」を適用すれば、保有している者は年金機構である否かが争点である。
300514山名学答申書は、総務省の「 保有の定義 」を本件に適用していないこと。
適用しなかったことは、(故意)刑法第38条3項に該当する違法行為であり、不適用故意である。

開示請求者は、300514山名学答申書の明確な違法行為が行われたことの検証を目的として、開示請求を行っていること。

同時に検証の上で、山名学委員等に対して、(委員の罷免)第4条7項 =「 内閣総理大臣は、・・又は委員に職務上の義務違反その他委員たるに適しない非行があると認めるときは、両議院の同意を得て、その委員を罷免することができる。 」の適用を目的として、開示請求を行っていること。

山名学委員等は、情報公開法関連に精通しており、(調査審議手続の非公開)審査会設置法第14条を熟知しており、安心して違法行為を行っていること。

「 セブンーイレブン店舗で納付したことが明らかな済通 」が開示されれば、裏面印字の管理情報に「0017-001」を含んでいることが明白になること。
明白になることにより、高橋努越谷市長の高齢者への詐欺恐喝の証拠資料となること。
このことを回避する目的で、不適用故意を行っている。

会議録(議事の記録)を作成しなかったことは、以下のいずれかに該当する違法行為である。
① 審議会審議を実際は、行っていないこと。
② 違法な審議内容を隠ぺいする目的を持って行った証拠隠滅である。

(4) 総務省訓令第16号 総務省行政文書管理規則からの抜粋
総務省訓令第16号 総務省行政文書管理規則を次のように定める。
平成23年4月1日 総務大臣 片山 善博 総務省行政文書管理規則
http://www.soumu.go.jp/main_content/000130324.pdf

総務省行政文書管理規則<4p>から 第3章 作成
(文書主義の原則)第13条 職員は、文書管理者の指示に従い、法第4条の規定に基づき、法第1条の目的の達成に資するため、総務省における経緯も含めた意思決定に至る過程並びに総務省の事務及び事業の実績を合理的に跡付け、又は検証することができるよう、処理に係る事案が軽微なものである場合を除き、文書を作成しなければならない。

=> 会議録(議事の記録)は、文書作成義務がある。
=> 不服申立てによってる審議会審議の会議録が軽微であるかどうか。
=> 「 検証することができるよう 」XXX

(別表第1の業務に係る文書の作成)第14条1項 別表第1に掲げる業務については、当該業務の経緯に応じ、同表の行政文書の類型を参酌して、文書を作成するものとする。

第14条2項 前項の文書主義の原則に基づき、省内部の打合せや外部の者との折衝等を含め、別表第1に掲げる事項に関する業務に係る政策立案や事務及び事業の実施の方針等に影響を及ぼす打合せ等(以下「打合せ等」という。)の記録については、文書を作成するものとする。

総務省行政文書管理規則<13p> 別表第1 行政文書の保存期間基準

総務省行政文書管理規則<26p> 「 (6)不服申立てに関する審議会等における検討その他の重要な経緯 」=>「 ② 審議会等文書(十四の項ロ) 」
https://imgur.com/a/xHNeVOI
▼ 議事の記録は、作成義務のある文書である。
なぜならば、保存義務のある文書であるから。
=> 「 議事の記録 」は、保存期間が10年と定められている。
このことについて、求釈明。
会議録(議事の記録)の保存目的は何か。
(目的)情報公開法第1条の規定 及び(目的)公文書管理法第1条の規定とおり、国民に対して説明責任を果たすためであると解釈する。
この解釈の適否について回答を求める。

=> 適であるならば、会議録(議事の記録)については、作成し、保存し、開示する義務があること。

特に、300514山名学答申書は、「 総務省の保有の定義 」を適用しなかったこと。「 ① 領収済通知書は、コンビニ本部で保管していること。 ② 年金機構には送達されていないこと。 このことを理由に、年金機構は、領収済通知書は、保有していない。 」と記載していること。
不適用故意であり、違法行為である。
違法行為を行ったことに対し、検証をするために、開示請求を行った。

=> 否であるならば、どの様な時の活用を想定して保存しているのか。
具体的な説明を求める。

=> 議事の記録は、作成義務のある文書であること。このことについて、求釈明。

▼ 裁判で言えば、「 配付資料 」は判決書きにおいて根拠とした証拠資料である。
「 議事の記録 」は、推論過程を示す文書であり、結論が間違っていた以上、検証が必要である。
議事の記録は、公文書管理法第4条の前書き=「・・当該行政機関における経緯も含めた意思決定に至る過程並びに当該行政機関の事務及び事業の実績を合理的に跡付け、又は検証することができる・・」唯一の証拠である。
 
議事の記録は、公文書管理法第4条第3項 「 複数の行政機関による申合せ又は他の行政機関若しくは地方公共団体に対して示す基準の設定及びその経緯 」に該当する文書である。
不服審査の場合は、裁決が直接に当事者及び関係者並びに関係省庁を拘束する。
年金機構は、300514山名学答申書を根拠として、理由を不存在とし、不開示決定を行っている。
不服審査の裁決は、司法裁判所の判決と同様に、先例として参照されます。
https://imgur.com/a/2N2riiY

(5) 総務省の事務手続き細則(平成17年4月1日会長決定)からの抜粋
資料 SS #事務手続き細則 
http://blog.livedoor.jp/marius52/archives/5006747.html

総務省の事務手続き細則(平成17年4月1日会長決定)によれば、会議録は編綴義務のある文書であること。

主張根拠は、「 第8 記録の編綴等の2のウ ⑥ 上記以外で保存が必要なもの 」と記載されている。
https://imgur.com/a/TkeZMKd

総務省の事務手続き細則には、保存義務のある文書として、具体的な名称としては、「 会議録 」 「 議事の記録 」という名称は挙げられていない。

しかしながら、請求内容=「 情報公開・個人情報保護審査会 平成30年5月14日の山名学委員の答申について、実際に審議が行われたことを証明できる原始資料すべて。 」
受付 第1445号 平成30年10月18日
https://imgur.com/a/o3as7CZ

上記請求に対して、総務省が情報提供として、「 実際に審議が行われたことを証明できる原始資料 」の1つとして案内した文書であること。
この原始資料は、保存義務文書であることは明白である。

(6)総務省行政文書管理規則<26p> の抜粋
▼ 既に記載済

(7)公文書等の管理に関する法律施行令別表の(十四の項ロ )抜粋 
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=422CO0000000250#207

別表の(十四の項ロ ) 審議会等文書 保存期間10年
https://imgur.com/a/sDNPCN0

(8)情報公開・個人情報保護審査会事務局  標準文書保存期間基準 平成30年11月30日制定
http://www.soumu.go.jp/main_content/000588796.pdf

<4p> 「 審査4 」 =>「 個人の権利義務の得喪及びその経緯法人の権利義務の得喪及びその経緯 」=>「 (6)不服申立てに関する審議会等における検討その他の重要な経緯 」=>「 ②審議会等文書 」=>「 ・マスターファイル(紙)・諮問書・配付資料・答申書 」
https://imgur.com/a/AHQTKfV


(9) 野田聖子総務大臣 総務省行政文書管理規則の一部を改正する訓令
総務省行政文書管理規則(平成23年総務省訓令第16号)の一部を次のように改正する。

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。
https://www8.cao.go.jp/koubuniinkai/iinkaisai/2017/20180326/shiryou1-16.pdf

<2p>(別表第1の業務に係る文書作成)第14条2項=「 前項の文書主義の原則に基づき、省内部の打合せや外部の者との折衝等を含め、別表第1に掲げる事項に関する業務に係る政策立案や事務及び事業の実施の方針等に影響を及ぼす打合せ等(以下「打合せ等」という。)の記録については、文書を作成するものとする。 」

(10) 行政文書の管理に関するガイドライン 平成23年4月1日 内閣総理大臣決定
https://www8.cao.go.jp/chosei/koubun/hourei/kanri-gl.pdf

行政文書の管理に関するガイドライン<11p> 
「 第3 作成
1 文書主義の原則
職員は、文書管理者の指示に従い、法第4条の規定に基づき、法第1条の目的の
達成に資するため、○○省における経緯も含めた意思決定に至る過程並びに○○省の事務及び事業の実績を合理的に跡付け、又は検証することができるよう、処理に係る事案が軽微なものである場合を除き、文書を作成しなければならない。
2 別表第1の業務に係る文書作成
(1) 別表第1に掲げられた業務については、当該業務の経緯に応じ、同表の行政文書
の類型を参酌して、文書を作成するものとする。 ・・・≪留意事項≫
<文書主義の原則>
○ 行政機関の意思決定及び事務事業の実績に関する文書主義については、行政機関の諸活動における正確性の確保、責任の明確化等の観点から重要であり、行政の適正かつ効率的な運営にとって必要である。このため、法第4条に基づき、第3-1において、行政機関の意思決定及び事務事業の実績に関する文書主義の原則を明確にしている。これに基づき作成された文書は「行政文書」となる。」

行政文書の管理に関するガイドライン<12p>
「 ○ 「意思決定に関する文書作成」については、
①法第4条に基づき必要な意思決定に至る経緯・過程に関する文書が作成されるとともに、
②最終的には行政機関の意思決定の権限を有する者が文書に押印、署名又はこれらに類する行為を行うことにより、その内容を当該行政機関の意思として決定することが必要である。
このように行政機関の意思決定に当たっては文書を作成して行うことが原則であるが、当該意思決定と同時に文書を作成することが困難であるときは、事後に文書を作成することが必要である。・・・

・・・○ 「処理に係る事案が軽微なものである場合」は、法第1条の目的を踏まえ、厳格かつ限定的に解される必要がある。すなわち、事後に確認が必要とされるものではなく、文書を作成しなくとも職務上支障が生じず、かつ当該事案が歴史的価値を有さないような場合であり、例えば、所掌事務に関する単なる照会・問い合わせに対する応答、行政機関内部における日常的業務の連絡・打合せなどが考えられる。当該事案が政策判断や国民の権利義務に影響を及ぼすような場合は含まれない。 」
▼ 総務省は、補正依頼を利用して、証拠を残さないようにしている。
開示請求文書は、「実際に審議が行われたことを証明できる原始資料すべて」である。補正により、「会議録」の開示請求と変わってしまった。

行政文書の管理に関するガイドライン<72p> 別表第1 行政文書の保存期間基準から
https://imgur.com/a/ZjGxzLz
「 (5)不服申立てに関する審議会等における検討その他の重要な経緯 」 =>「 ② 審議会等文書(十四の項ロ) 」 => 「・議事の記録 ・配付資料 ・・」については、保存期間が「 裁決、決定その他の処分がされる日に係る特定日以後10 年 」と定められている。
▼ このことから、「 議事の記録 」は、10年保存文書であり、当然ながら、作成義務のある文書である。

(11) リサーチ・ナビ 国会図書館 審議会等資料の調べ方
https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-488.php

国会図書館 ㋘ 不服審査の場合は、裁決が直接に当事者及び関係者並びに関係省庁を拘束します。
https://imgur.com/a/orsNyWh

国会図書館 ㋙ 不服審査の裁決は、司法裁判所の判決と同様に、先例として参照されます。
https://imgur.com/a/ymInzm6

国会図書館 ㋚ 審議会等の主な資料や、審議会の席上で配布された資料は公文書管理法の適用を受ける「行政文書」に該当する。
https://imgur.com/a/bVjLrtc

国会図書館 ㋛ 「 審議会等の透明化、見直し等について 」(平成7年9月29日閣議決定)において、一般の審議会の議事録は原則として公開することとなっており、情報公開請求の対象文書となる。
https://imgur.com/a/IPsQ6ct


*************************


画像版 K 301210 開示請求 金融庁 為替行為 #thk6481

2018-12-29 14:55:11 | 指導要録
画像版 K 301210 開示請求 金融庁 為替行為 #thk6481
#三國智久職員 #山本金融庁職員 #為替行為
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=50024

開示請求内容=「 公金をコンビニ店舗で納付したとき、公金をあずかり、指定された金融機関の口座に送金している。
この行為は、銀行法の2条2項2号の「為替取引を行うこと」に該当する行為であることが分かる文書、又は、明示している文書、又は、情報提供 」

*************
K 301210 開示請求メモ 金融庁 
https://imgur.com/a/RV9QmFM

K 181210 金融庁に 開示請求 為替行為
https://imgur.com/a/kveb1bV
▼ 金融庁接受 総政第4565号

K 301227 #遠藤俊英金融庁長官 から 不開示決定▼ コンビニ店舗の行為
https://imgur.com/a/aZIMSDt
▼ 金企市第1237号
#三國智久職員 #山本金融庁職員 最高裁判例を知らないのか。

画像 最高裁判例
https://imgur.com/a/VhHPS7I


*****
以上


K 301229 下書き版 別紙 「 会議録は作成義務のある文書である。」について #thk6481

2018-12-29 09:07:38 | 指導要録
K 301229 下書き版 別紙 「 会議録は作成義務のある文書である。」について #thk6481
総務省情報公開・個人情報保護審査会事務局
#300514山名学答申書 #山名学名古屋高裁長官 
#常岡孝好学習院大学法学部教授 #中曽根玲子國學院大學法学部教授

▼ PC内の文書が白紙となっている。
保存する時に抜き取られたらしい。
3回目だ。

*******************
(公益上の理由による裁量的開示)情報公開法第7条 
行政機関の長は、開示請求に係る行政文書に不開示情報(第五条第一号の二に掲げる情報を除く。)が記録されている場合であっても、公益上特に必要があると認めるときは、開示請求者に対し、当該行政文書を開示することができる。

以下の法規定等が主張根拠である。

担当者は、情報公開法に精通しているので、不要な法規定である。
しかしながら、申立て事項について、不都合な事項の脱漏は、総務省の手口であるので、証拠として残すために申立て事項として主張する。

(1) 情報公開法からの抜粋

(目的)情報公開法第1条
「 国民主権の理念にのっとり、行政文書・法人文書の開示を請求する権利につき定めること等により、行政機関・独立行政法人等の保有する情報の一層の公開を図り、もって政府・独立行政法人等の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるようにすること。 」

(開示請求の手続)情報公開法第4条2項 
「 行政機関の長は、開示請求書に形式上の不備があると認めるときは、開示請求をした者(以下「開示請求者」という。)に対し、相当の期間を定めて、その補正を求めることができる。この場合において、行政機関の長は、開示請求者に対し、補正の参考となる情報を提供するよう努めなければならない。(情報提供の義務) 」

(行政文書の開示義務)情報公開法第5条
「 行政機関の長は、開示請求があったときは、開示請求に係る行政文書に次の各号に掲げる情報(以下「不開示情報」という。)のいずれかが記録されている場合を除き、開示請求者に対し、当該行政文書を開示しなければならない。 」

=>原則は開示である。不開示は例外である。不開示要件に該当する必要がある。




(公益上の理由による裁量的開示)情報公開法第7条
「 行政機関の長は、開示請求に係る行政文書に不開示情報が記録されている場合であっても、公益上特に必要があると認めるときは、開示請求者に対し、当該行政文書を開示することができる。 」

(2) 公文書管理法からの抜粋

(目的)公文書管理法第1条
「 この法律は、国及び独立行政法人等の諸活動や歴史的事実の記録である公文書等が、健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源として、主権者である国民が主体的に利用し得るものであることにかんがみ、国民主権の理念にのっとり、公文書等の管理に関する基本的事項を定めること等により、行政文書等の適正な管理、歴史公文書等の適切な保存及び利用等を図り、もって行政が適正かつ効率的に運営されるようにするとともに、国及び独立行政法人等の有するその諸活動を現在及び将来の国民に説明する責務が全うされるようにすることを目的とする。 」


XXX

(3) 情報公開・個人情報審査会設置法からの抜粋 及び主張

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=415AC0000000060#2

(調査審議手続の非公開)審査会設置法第14条
「 審査会の行う調査審議の手続は、公開しない。 」

(審査請求の制限)審査会設置法第15条
「 この法律の規定による審査会又は委員の処分又はその不作為については、審査請求をすることができない。 」
=> 裁判を起こせと言う意味
上記規定の適用は、300514山名学答申書の内容が妥当であることが前提条件である。
しかしながら、300514山名学答申書の内容は、<3p>19行目からの見解が違法であること。

違法であることから、(調査審議手続の非公開)審査会設置法第14条の適用をするための前提条件を欠いている。

『 納付書は,「国民年金保険料の納付受託事務に関する契約書」及び「国民年金保険料の納付受託取扱要領」に基づき,コンビニエンスストア本部で保管することとされている。

よって,納付書は,現に機構が保有している文書ではないことから,文書不存在により不開示決定とすることは妥当である。 』と見解で記載。

「 納付書は、コンビニ本部で保管 」=>「 日本機構の保有している文書ではない」と論理展開をしている。

しかしながら、総務省の「 保有の定義 」を適用すれば、保有している者は年金機構である否かが争点である。

300514山名学答申書は、総務省の「 保有の定義 」を本件に適用していないこと。
適用しなかったことは、(故意)刑法第38条3項に該当する違法行為であり、不適用故意である。

開示請求者は、300514山名学答申書の明確な違法行為が行われたことの検証を目的として、開示請求を行っていること。

同時に検証の上で、山名学委員等に対して、(委員の罷免)第4条7項 =「 内閣総理大臣は、・・又は委員に職務上の義務違反その他委員たるに適しない非行があると認めるときは、両議院の同意を得て、その委員を罷免することができる。 」の適用を目的として、開示請求を行っていること。

山名学委員等は、情報公開法関連に精通しており、(調査審議手続の非公開)審査会設置法第14条を熟知しており、安心して違法行為を行っていること。

「 セブンーイレブン店舗で納付したことが明らかな済通 」が開示されれば、裏面印字の管理情報に「0017-001」を含んでいることが明白になること。

明白になることにより、高橋努越谷市長の高齢者への詐欺恐喝の証拠資料となること。

このことを回避する目的で、不適用故意を行っている。

会議録(議事の記録)を作成しなかったことは、以下のいずれかに該当する違法行為である。
① 審議会審議を実際は、行っていないこと。
② 違法な審議内容を隠ぺいする目的を持って行った証拠隠滅である。


(4) 総務省訓令第16号 総務省行政文書管理規則からの抜粋

総務省訓令第16号 総務省行政文書管理規則を次のように定める。
平成23年4月1日 総務大臣 片山 善博 総務省行政文書管理規則
http://www.soumu.go.jp/main_content/000130324.pdf

総務省行政文書管理規則<4p>から 第3章 作成
(文書主義の原則)第13条 職員は、文書管理者の指示に従い、法第4条の規定に基づき、法第1条の目的の達成に資するため、総務省における経緯も含めた意思決定に至る過程並びに総務省の事務及び事業の実績を合理的に跡付け、又は検証することができるよう、処理に係る事案が軽微なものである場合を除き、文書を作成しなければならない。

=> 会議録(議事の記録)は、文書作成義務がある。

=> 不服申立てによってる審議会審議の会議録が軽微であるかどうか。

=> 「 検証することができるよう 」XXX

(別表第1の業務に係る文書の作成)第14条 別表第1に掲げる業務については、当該業務の経緯に応じ、同表の行政文書の類型を参酌して、文書を作成するものとする。

2 前項の文書主義の原則に基づき、省内部の打合せや外部の者との折衝等を含め、別表第1に掲げる事項に関する業務に係る政策立案や事務及び事業の実施の方針等に影響を及ぼす打合せ等(以下「打合せ等」という。)の記録については、文書を作成するものとする。

総務省行政文書管理規則<13p> 別表第1 行政文書の保存期間基準

総務省行政文書管理規則<25p> (6)不服申立てに関する審議会等における検討その他の重要な経緯

https://imgur.com/a/xHNeVOI

=> 「 議事の記録 」は、保存期間が10年と定められている。

保存期間10年について、求釈明。
=> 会議録(議事の記録)の保存目的は何か。

(目的)情報公開法第1条の規定 及び(目的)公文書管理法第1条の規定とおり、国民に対して説明責任を果たすためであると解釈する。
=> この解釈の適否について回答を求める。

=> 適であるならば、会議録(議事の記録)については、作成し、保存し、開示する義務があること。

特に、300514山名学答申書は、「 総務省の保有の定義 」を適用しなかったこと。「 ① 領収済通知書は、コンビニ本部で保管していること。 ② 年金機構には送達されていないこと。 このことを理由に、年金機構は、領収済通知書は、保有していない。 」と記載していること。
このことは、不適用故意であり、違法行為である。
違法行為を行ったことに対し、検証をするために、開示請求を行った。

=> 否であるならば、どの様な時の活用を想定して保存しているのか。
具体的な説明を求める。


XXX
趣旨から判断して、「  」の文書は、作成義務のある文書であること。

証拠資料及び論理展開についての検証を行う必要があることについて。
「 議事の記録 」は、審議過程を明示している文書であり、推論過程を示す文書である。
結論が間違っていた以上、検証が必要である。
結論が間違っている場合は以下の場合である。
「 ① 証拠資料=> ② 論理展開(議事の記録)=> ③ 結論 」とする。

㋐ 「 ① 証拠資料(×)=> ② 論理展開(議事の記録)(○)=> ③ 結論(×) 」
㋑ 「 ① 証拠資料(×)=> ② 論理展開(議事の記録)(×)=> ③ 結論(×) 」
㋒ 「 ① 証拠資料(×)=> ② 論理展開(議事の記録)(×)=> ③ 結論(○) 」

㋓ 「 ① 証拠資料(○)=> ② 論理展開(議事の記録)(×)=> ③ 結論 (×)」
㋔ 「 ① 証拠資料(○)=> ② 論理展開(議事の記録)(○)=> ③ 結論(○) 」

上記から、結論が間違えるためには、証拠資料又は論理展開のうち、必ず1つが間違っていることになる。
間違った原因を特定するためには、証拠資料又は論理展開の検証を行う必要があること。



(5) 総務省の事務手続き細則(平成17年4月1日会長決定)からの抜粋
資料 SS #事務手続き細則 
http://blog.livedoor.jp/marius52/archives/5006747.html

総務省の事務手続き細則(平成17年4月1日会長決定)によれば、会議録は編綴義務のある文書であること。

主張根拠は、「 第8 記録の編綴等の2のウ ⑥ 上記以外で保存が必要なもの 」と記載されている。
https://imgur.com/a/TkeZMKd

総務省の事務手続き細則には、保存義務のある文書として、具体的な名称としては、「 会議録 」 「 議事の記録 」という名称は挙げられていない。

しかしながら、請求内容=「 情報公開・個人情報保護審査会 平成30年5月14日の山名学委員の答申について、実際に審議が行われたことを証明できる原始資料すべて。 」

受付 第1445号 平成30年10月18日
https://imgur.com/a/o3as7CZ

上記請求に対して、総務省が情報提供として、「 実際に審議が行われたことを証明できる原始資料 」の1つとして案内した文書であること。

このことから、上記の原始資料は、保存義務文書であることは明白である。

(6)総務省行政文書管理規則<26p> の抜粋
XXX

(7)公文書等の管理に関する法律施行令別表の(十四の項ロ )抜粋 
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=422CO0000000250#207

別表の(十四の項ロ ) 審議会等文書 保存期間10年
https://imgur.com/a/sDNPCN0

(8)情報公開・個人情報保護審査会事務局  標準文書保存期間基準 平成30年11月30日制定
http://www.soumu.go.jp/main_content/000588796.pdf

<4p> 「 審査4 」 =>「 個人の権利義務の得喪及びその経緯法人の権利義務の得喪及びその経緯 」=>「 (6)不服申立てに関する審議会等における検討その他の重要な経緯 」=>「 ②審議会等文書 」=>「 ・マスターファイル(紙)・諮問書・配付資料・答申書 」
https://imgur.com/a/AHQTKfV

*******

(9) 野田聖子総務大臣 総務省行政文書管理規則の一部を改正する訓令

総務省行政文書管理規則(平成23年総務省訓令第16号)の一部を次のように改正する。
この訓令は、平成30年4月1日から施行する。
https://www8.cao.go.jp/koubuniinkai/iinkaisai/2017/20180326/shiryou1-16.pdf

<2p>(別表第1の業務に係る文書作成)第14条2項
「 前項の文書主義の原則に基づき、省内部の打合せや外部の者との折衝等を含め、別表第1に掲げる事項に関する業務に係る政策立案や事務及び事業の実施の方針等に影響を及ぼす打合せ等(以下「打合せ等」という。)の記録については、文書を作成するものとする。 」

(10) 行政文書の管理に関するガイドライン 平成23年4月1日 内閣総理大臣決定
https://www8.cao.go.jp/chosei/koubun/hourei/kanri-gl.pdf

(11) 行政文書の管理に関するガイドラインを別添のとおり決定する。
(12) リサーチ・ナビ 国会図書館 審議会等資料の調べ方
https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-488.php

国会図書館 ㋘ 不服審査の場合は、裁決が直接に当事者及び関係者並びに関係省庁を拘束します。
https://imgur.com/a/orsNyWh

国会図書館 ㋙ 不服審査の裁決は、司法裁判所の判決と同様に、先例として参照されます。
https://imgur.com/a/ymInzm6

国会図書館 ㋚ 審議会等の主な資料や、審議会の席上で配布された資料は公文書管理法の適用を受ける「行政文書」に該当する。
https://imgur.com/a/bVjLrtc

国会図書館 ㋛ 「 審議会等の透明化、見直し等について 」(平成7年9月29日閣議決定)において、一般の審議会の議事録は原則として公開することとなっており、情報公開請求の対象文書となる。
https://imgur.com/a/IPsQ6ct

***
以上、別紙 「 会議録は作成義務のある文書である。」について

画像版 K 200208 #金子正江共産党市議様 へ 持参した追加資料 #thk6481

2018-12-28 20:11:45 | 指導要録
画像版 K 200208 #金子正江共産党市議様 へ 持参した追加資料 #thk6481
#高橋努越谷市 #高齢者詐欺
#鈴木一義埼玉りそな銀行社長 #ジャーナル偽造

*********

K 200208 金子正江様へ 00封筒
https://imgur.com/a/DCpHsGm

K 200208 金子正江様へ 01依頼内容
https://imgur.com/a/S7NAZDq

K 200208 金子正江様へ 02依頼内容
https://imgur.com/a/dd0GGIf

K 200208 金子正江様へ 03( 200210メール01 )
https://imgur.com/a/Vln6d4r

K 200208 金子正江様へ 04( 200210メール02 )
https://imgur.com/a/uVdWCFn

K 200208 金子正江様へ 05( 200210メール03 )
https://imgur.com/a/kOCs7LN

K 200208 金子正江様へ 06( 200210メール04 )
https://imgur.com/a/dP65g8E

K 200208 金子正江様へ 07( 200210メール05 )
https://imgur.com/a/ngrxG48

************
画像版 K 200208 #金子正江共産党市議様へ 持参した追加資料 #thk6481



画像版 K 200625 内閣官房から #福田康夫内閣 #thk6481

2018-12-28 09:28:45 | 指導要録
画像版 K 200625 内閣官房から #福田康夫内閣 #thk6481
#高橋努越谷市 #高齢者詐欺

平成20年=西暦2008年
福田康夫総理の時は期待があった。しかし、麻生太郎総理は、全く期待が持てなかったので、別の方法にした。

内閣官房の手口=普通は転送する。しかし、転送すると、転送先は内閣官房に対し報告義務が生じる。したがって、転送はしないで、電話番号を知らせる。
 
***********
K 200625 内閣官房から 01封筒
https://imgur.com/a/aqTEfzZ

K 200625 内閣官房から 02回答
https://imgur.com/a/nGWeh9F

****
以上