黒板の裏側で~おうみ進学プラザの毎日~

おうみ進学プラザは滋賀県の学習塾。困って、喜んで、泣いて、笑って、そして時々怒って。塾のドラマを実況中継します。

おうみ進学プラザのワゴン車で、春の琵琶湖畔を走る、走る、走る。

2021-04-10 14:00:34 | Weblog

2021年4月9日 NHK特設サイトの記事から引用します。地味ながら明るいニュースです。
どうも「大変だ、大変だ」、「けしからぬ!」、「こんなことではダメだ」という脅迫系や煽り立て系、裏読み疑い意地悪系のニュースばかりが大きく報じられるので。

新型コロナウイルスのワクチン接種を担当する河野規制改革担当大臣は、全国のおよそ3600万人の高齢者が2回接種するのに必要な量のワクチンを6月中に確保できる具体的な見通しがついたことを明らかにしました。
4月12日から高齢者へのワクチン接種が始まることに関連して、河野大臣は記者会見で「6月分の供給量が固まってきた。EU=ヨーロッパ連合の承認が前提となるが、合計して3万8495箱となる」と述べ、全国のおよそ3600万人の高齢者が2回接種するのに必要な量のワクチンを、6月中に確保できる具体的な見通しがついたことを明らかにしました。
そのうえで「5月中旬以降は、ほしいと言われた量を出せる態勢になる予定で、自治体もフルスイングで打ってもらえると思う。人口の少ない自治体は、早いうちに、基礎疾患がある人への接種に移行することになる」と述べました。

「フルスイングで打ってもらえると思う」という言葉がいいですね。カッキーンと青空に響く。どんどんお願いしますよ。
決断力と発信力でワクチン担当に起用された河野大臣、難しい任務ですが、頑張っていただきたいです。

荷物の運搬に動員されて、会社のワゴン車で琵琶湖の北方面へ遠征。
いらなくなった本棚を野洲教室へと運搬する重要な任務の…アシスタント。
1,琵琶湖は大きい。湖岸を走って、走って、さらに走って、やっと到着。
2,風が強く、琵琶湖には白波が立っています。
3,簡単に運べると思っておりましたが、意外に手こずりました。
階段が急で、狭いし、結局、分解してから運ぶことに。工具箱を用意して行って正解でした。
前川先生は
「そんなに重いものじゃないし、運べますよー」
と…それが意外に苦戦。やっと運んで車に積み込んで、琵琶湖の岸辺をどんどん走って野洲教室へ到着。

写真は春の琵琶湖と野洲教室。
運送担当の福井恒誠先生が運んできた本棚を、鼎先生と力を合わせて据え付けて、転倒防止の器具で固定しています。
チューリップ…はて、誰が…普通のチューリップよりもオシャレな形ですね。
そして、春を進むおうみ進学プラザ。まるで「太陽にほえろ」のシーンのようです。
授業中に念のために体温をチェックする古久保先生。念には念を入れて、感染防止を徹底。
河合塾マナビスを引っ張る山口先生と前川先生。
県中エクスプレスの「県中突破模擬考査」のようす。
どの教室も春の授業が花ざかり満開です。

逢坂山トンネルを塞いでしまいたいが…そうもいかないですけど…頑張って耐えていこう。

2021-04-09 23:03:38 | Weblog

着実に進む…スピードが遅いですけどね…ワクチン接種。
NHK特設サイトによれば、今日までに1,592,517回の接種が行われました。
毎日約10万人ペースで進行中。来週からは、さらに加速しそうですよ。
「走れ、ワクチン」です。

昨日は遠くから来られた大きな企業の偉い人たちと面談を。
これが、広い教室で、窓も開けて、風が入って寒いのを我慢していただく状況でした。申し訳ないことですが、ご容赦を。
1,大学入試の状況と今後の変化など、色々なことを教えていただきました。
2,うちの塾の高校生部門、なかなか頑張っていて、良い結果を出しているのでした。ほめられました。
こういうことは宣伝せねば。あんまりPRしないのが伝統ですけど、そこはコロナの暗い雲の中だから、明るく元気よく宣伝したらいいのじゃないか。
山口先生と前川先生、明るく爽やかな&元気な広報活動をお願いします。

大阪府は…はい。そして兵庫県と京都府も…ううむ。
古〇保先生が
「逢坂山トンネルを塞いでしまうわけにはいかへんのかなあ」
と、ボソッとつぶやく。実際、そういう気分です。
*京都府と滋賀県の間のトンネル。
現実には通勤と通学で京阪神とは密接に。
しかし、こんな時期だから「大阪へ遊びに行く」や「京都へ観光に行く」はやめてくださいよ。
滋賀県民、琵琶湖で遊んで琵琶湖で観光。食事もショッピングも琵琶湖畔で。
逢坂山トンネルの向こうへ行かなくても、地元にいい場所がたくさんありますよ。
社内連絡。
京阪神方面の状況の変化に対応して、社内の連絡態勢を再調整しています。いざという場合の動画などの教材も点検。
なによりも、地味に地道に感染防止を続けます。
検温、手洗い、マスクと換気と。
その向こうに、いよいよ春、さわやかな青葉の季節ですよ。

大阪府が大変なことになっている。滋賀県、頑張りますが、それにしても大阪府…愚痴を言ってもどうにもならぬ。地道に頑張ろう!

2021-04-07 18:18:56 | Weblog

大阪府がえらいことに。なんで急に、こんな状態に。兵庫県も、それからこれまで比較的平穏だった奈良県も。
そうなると京都府だって危ないだろう。
じゃあ、いずれ滋賀県にも波が寄せてくるのか。
「〇〇宣言」とか「独自の基準による〇〇を発令」、「ステージⅡに」などなど、色々なことを言われるなあ。
滋賀県に住んでいて、大阪市内に通勤していて、息子や娘は京都市へ通学するという家庭もあるから、バラバラの基準や自粛要請などは、ちゃんと対応できないのじゃないかなあ。
ウイルスは県境の表示板を見てくれないしなあ。
こういう広域感染症の場合には、地方自治の理念や地方の独自性なんかどうでもいいけどなあ。
関西広域連合の新型コロナ共同対策本部を構えるとか…そういうことを言ってはいけないのだろうか。

前川先生と樋口先生から、この状況に対応して社員スタッフへの指示が出ています。
禁止事項や注意事項など。地道に確実に対策を続けましょう。特に若者!
じゃあベテランは大丈夫かというと、そういうことでもないです。みんなで対策を続行しましょう。
そして、新型コロナの波浪の中で、生徒たちの学力をもみくちゃにされないように、おうみ進学プラザ、頑張るぞ!
樋口先生に「もっと状況が悪くなる場合も想定して、最悪の場合の教材の使用可能性を…」とチェックをお願いしました。
古久保先生にも、英語科の最新型の学習システムが準備できているかどうかの確認を依頼。これから先、新型コロナが完全に収束するまで、またはワクチンが日本中に行き渡るまで、色々な状況を想定して備えておかねば。
うむ。それにしても、「早く、余計なことに手を取られず、気を取られず、思いっきり授業をしたいなあ」と…感染防止を粘りつつ、その日を待つ。

明日は私、仕事で遠くからのお客様と面談の機会が。失礼ながら広い教室で、窓も全開でお願いします。
せっかくの久々の機会で、積もる話もあり、聞いていただきたい苦心と苦労と…しかグチなども少し。ところが、こんな時期なので簡潔に。
「じゃあ、わざわざお越しいただきましたから、夕食でも御一緒に」
も…こういうコミュニケーションは実際の仕事では重要なのですが、本当に重要なのですよ、しかし!おうみ進学プラザは会食禁止です。残念ですが…はい、申し訳ないですが、無しでお願いします。御無礼ご容赦を。
そのかわりに、情報はしっかりと。よろしくお願いします。

曇り、時々小雨。そんな空を衝く春の学習プログラム。

2021-04-06 17:52:04 | Weblog

関西地方は小雨。桜よ、また来年。
この雨で、困っている大阪府を洗い流してほしいです。
ヨーロッパ諸国やインドの状況を見ると…NHKの特設サイトに世界各国のようすが示されています…日本は善戦、大健闘ですよ。
そういうあたりも見ておかないと、イライラしたり腹を立てたり、焦ったり、知事や市長に当たり散らしたり。
新型コロナは、初めて経験する感染症だから、一致団結とまでは言わないけれども、知恵と力を出し合って、協力していかないと。
同じNHKの特設サイトには、日本のワクチンの接種の進み方も掲載されています。
4月5日時点で、1196884回。ここ数日でビューンと増えましたよ。
もっともっと加速してください。ANA全日空の大型飛行機777型、ベルギーからどんどん運んできてください。
私、シャツをまくって、上腕を出して待っています。

おうみ進学プラザは4月を進む。
早くも初夏へと向かう「青葉キャンペーン」の話が…おう!
新型コロナを衝く青葉キャンペーン。パワフルに実施しますよ。
そして、大型の一斉テスト「プラザ・カップ」の準備の指示が出ました。
去年の原稿があるけれども、そのまま使い回しというのはまずいです。ちゃんと新しい風を入れないと。
私も作成を担当します。
北村先生から「締め切りは24日ですよ」と…わわっ!急ぎます。
良い教材を、スピーディに。福井工務店、頑張るぞー。
写真は春を進むおうみ進学プラザ。
赤色の鉛筆削り器と、もちろん感染防止PR。
関西方面の状況は悪いけれども…悪いなあ…滋賀県は地道に頑張るのです。

新学年の新学期。こんな年度だから、おうみ進学プラザは全力応援で。

2021-04-05 17:04:10 | Weblog

中央日報の記事から引用。
「米国で、アジア系に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)が連日相次いでいる。アジア系の人々はできるだけ外出を控え、公共交通機関の利用を控えるなど、不安を訴えている」
私、妹ファミリーがビジネスでアメリカ在住。
1,「新型コロナのワクチン、家族全員が2回目の接種を終了したよ」と。
日本国籍の日本人一家なのに、ちゃんとワクチンの接種を受けられたのだなあ。ありがたいことです。
こういうところはアメリカというのはすごいなあ。そう思いました。
2,その一方では、アジア系の人への暴言や暴力などのトラブルが多いから、なるべく外出しないようにしているとのこと。アメリカ、複雑ですね。心配なことです。安全に無事に。
マンボウ=「蔓延防止」が始まりました。
はたして喰い止められるのか、今後どうなっていくのか心配だけれども、
大阪府の影響は京都府へ。そして大阪府と京都府の影響は遅かれ早かれ琵琶湖方面へ…。とにかく粘り強く対策を続けねば、と思います。
京都府のみなさん、頑張って天王山で喰い止めてください。
滋賀県の皆さん、ニュースに振り回されず、一喜一憂せずに、地道に対策を続けましょう。

インターネット上のニュース、相変わらず根拠が怪しいものが混じっています。
そして、ニュースに個人の感想や意見、コメントが書き込めるらしくて、ことさらに悲観的だったり皮肉だったり、怒り狂っていたりします。全般的に、世の中や政治家、行政を斜め方向から見たり、はなっから疑っているものもありますね。
提案や注意喚起、アドバイスになったりするのならいいですけど、怒りや不安を煽り立てるようなのは困るのですが。
その点では、田舎者のオジサン=私は単純だなあ。
学習塾では生徒たちを預かっている。万全の対策で、安心して…油断禁物ですが…勉強してもらえるように。
良い方向のニュースは目立ちませんが、
4月5日にワクチン約200万回分が日本に到着しました。
運び込まれる量が大幅に増加して、便数も増えています。
早く、早く、もっと早くお願いします。待っています。

写真は春期講習会から4月の授業へと進むおうみ進学プラザ。
まず感染防止。地道に確実に、粘り強く。
そして、新学年の新学期を迎える生徒たちを…新型コロナの春という事情もあり…一生懸命に応援していきます。
鉛筆専用の春。赤い鉛筆削り器の写真もたくさん入れておきます。
桜の花びらがハラハラ。鉛筆削り器はカリンコ、カリンコ♪
写真ラストは、県立中学受験クラス「県中エクスプレス」の模擬考査です。
次の春へ、出発進行。

桜のトンネルを抜けて走る「県立中学受験クラス・県中エクスプレス」。

2021-04-04 17:56:07 | Weblog

まんぼう(蔓延防止)がウンヌン。そして、マスクで会食してくださいと…できるのだろうか。そこまで言うのならば、会食を止めたらいいんじゃないでしょうか。
とにかく大阪府、兵庫県などで感染拡大。京都府が心配で、その次は滋賀県が…こういう流れをストップさせねば。
【良いニュースです】
水泳の池江璃花子が大活躍。苦難を突破して、見事な復活です。もう、あんな状態を乗り越えて、ここまで来たことがすごいと思います。
こういう場合には、「新型コロナで痛めつけられている日本列島。池江選手に元気をもらいました」という表現もOKじゃないでしょうか。
私、いつもは「元気をもらいました」という勝手な表現は気に喰わないと思っているのですけど、池江選手、とにかく素晴らしいから。
【良いニュースをもう一つ】
AKB48・チーム8の宮城県代表だった佐藤朱さん。3月末に「みなさん、ありがとうございました。AKBを卒業します」と涙の動画配信。
そして4月。
仙台市の放送局・東北放送に社員として入社。おめでとうございます。
芸能界に足を入れて、その後が残念なことになる人は多い。
佐藤朱さんは、震災で避難所にいて、AKBの被災地訪問に勇気づけられたと。仙台一高に進んで、テニスでインターハイに出場。
しっかり者で、キッパリとAKBを卒業。そして卒業後のデザインもさすがです。
仕事で仙台市へ出張したら、ローカル局の番組を…楽しみです。
しかし、現在の状況では仙台市への出張は当面は…うむむ、無理ですか。そうですか。

日曜日、雨。せっかく見事に咲いている桜が…これも季節ですから…無情な春の雨。
栗東市の会場で、県立中学の入試を目指す「県中突破模擬考査」を実施。
樋口キャプテンと北村先生の県中エクスプレス担当者、面接には星本センター長、荊木先生。さらに大崎顧問にも登場してただきました。
生徒たちが緊張したようすで次々と試験会場へ集合。
今回は、感染防止のために人数を制限しています。仕方ないです。
試験会場に着いたら、星本センター長が受付で体温測定と除菌シュッシュッ。
座席のの間隔も広く開けて、面接の人数も1組を通常の半分以下に。色々と…頑張ろう。
生徒たちは、そんな制約などを気にせずに、頑張って筆記試験と面接に取り組んでいました。
写真は県立中学受験クラス「県中エクスプレス」の模擬考査。
そして、春期講習会のようすなど。
なお、蓄圧式噴霧器と鉛筆削り器については写真を多めにしています。
「おうみ進学プラザ・春の利用促進キャンペーン」を開催中ですよ。
「除菌徹底!」と、「鉛筆で書こう!」の春。

琵琶湖の周りをグルグルと回って、春期講習会ゴールインしましたー♪

2021-04-03 22:56:10 | Weblog

仕事を終えて電車で帰宅するとき、ある駅で電車にドドーッとお客さんの集団が乗り込んできまして、少々酔っぱらっている御一行様だった。
金曜日の夜。人事異動の時期で新任や転任などなど。入社式や入学式なども。
ややっ。これは危険な状況では…と、一瞬の心配。
しかし、みんなマスク姿で、それほどワイワイと騒ぎ立てることもない。
日本人、地道に頑張っているのだなあ。
こういう地道な努力と、「蔓延防止」で、新型コロナを抑え込みながらワクチンを待つ。そういう構図になるといいのですが。

春期講習会の教室を巡る日々。
「来てくれ」と言われると、「はーい♪」と嬉しがって授業に行くから、行き先が偏りますね。それと、人員配置の加減や時間割の組み方もあります。
そんなわけで、全部の教室を巡るのは無理で、そこは申し訳ないです。

野洲教室に行ったら、鼎先生と福井恒誠先生がカタログを見ながら協議中。
「おうみ進学プラザは鉛筆で書きますよキャンペーン」で、鉛筆削り器を増強する相談でした。
赤にするか、青にするか。
こっちのオシャレな型は前に買ったら、すぐに壊れた。
などなど。
鉛筆削り器、教室ごとに好みがあるらしいです。面白い。
野洲教室、南草津教室では授業後の除菌作業に蓄圧式の噴霧器を使っています。
手が痛くなりません。オススメですよ。アヤハなど日曜大工センターの園芸用品コーナーにあります。
*噴霧する量にはご用心ください。
うまく噴霧しないと、出過ぎることがあります。
机や床がベチャベチャになると困ります。
その場合、「シャチョー。水遊びじゃないんやで!」と叱られます。

仙台の塾長さんにいただいた携帯型の空気清浄装置を使用しています。もちろん、この装置だけで感染防止100%ということは科学的にあり得ない。
送って下さったことについての感謝と、自分への注意信号、警報としてちゃんと使います。
検温、手洗い、換気と除菌作業を地道に確実に続行。
おうみ進学プラザは、これまでもこれからも蔓延防止重点措置で。

英語に負けるな、中学1年生。

2021-04-02 09:48:32 | Weblog

【これって、もしかして…対照実験でしょうか】
*朝日新聞から引用しました。
T県は31日、職場の送別会に参加した県東部農林事務所の職員8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。送別会の2次会でクラスターが発生したとみている。
県によると、同事務所地域整備課の職員14人が3月26日夜に送別会を開催。
1次会はコロナ対策を講じている県の協賛店で飲食し、2次会はカラオケのある接待を伴う飲食店で開いた。8人はいずれも2次会に参加していた。
1人が29日に頭痛を訴え、30日のPCR検査で陽性と判明。濃厚接触者を調べ、他の7人の陽性もわかった。1次会のみ参加した6人は陰性だった。
この記事を読むと、感染リスクの高い状況がわかりますね。気をつけなければ。

大阪府で感染拡大。兵庫県も。変異株が増えているとのこと。京都府へ、次には滋賀県へと影響が出てきますね。ビジネスや通学でこれだけ人が動くから、仕方ないですけど…うむ。ここを粘り抜くしかないですね。
その一方では、日本でのワクチンの接種が100万人を越えたというニュースもあるから、春を粘り抜き、夏へと。

おうみ進学プラザでは春期講習会が進んでいます。
ちょっとビックリ。
授業を見学していたら、英語で疑問文や返事を。
「中2だろうか?」
これが、なんと新中1でした。
北村先生も「新しい教科書では、英語が苦手になってしまう生徒が出るかも」と心配していました。
こんなことからスタートしていく中学英語って、大丈夫なのか。文部科学省、中学入学でいきなり英語の崖を作ったような…本当に大丈夫だろうか。
長々と大文字ABCDE~と、小文字abcdefg~を練習するのも時間の無駄ではあったけれども、新しい教科書はいきなりのハイスピード運転。
英語に負けるな、中学1年生。
生徒たちが中学1年生の春にいきなり英語で転倒しないように、これはサポートせねば。
守山教室、南郷教室を巡って、そこからビューンと南草津教室へ。
今回もクルクルと回っただけで、うむ、あんまり役に立ってないか。頑張ろう!
写真に入れた桜は、個人のお屋敷の銘木。立派な桜です。樹齢百年を越えているのじゃないか。この桜、見事に咲きますが、手入れをするのは大変だろうと思います。ありがとうございます。
そして春期講習会で頑張る生徒たち。桜の中を進む春期講習会です。

気持ちよく挨拶をしてくれる生徒たち。いよいよ中学生ですね。

2021-03-31 20:17:19 | Weblog

栗東教室へ。中1の生徒たちが次々とやって来ます。それを玄関で待ち受けるオジサン=私です。
こんにちわー♪
よろしくお願いします。
気持ちよく挨拶をしてくれる生徒たちですね。
樋口先生にお願いして、授業の最初に割り込みました。
その1,おうみ進学プラザでは、鉛筆で書くのですよ。なぜかといいますと…ウンヌン…そういう話をしました。
その2,新型コロナの感染防止のこと。
これにあわせて、
「私が〇〇をしていたら、感染しなかった。じゃあ、〇〇は感染防止に効果があると言えますか?」
この質問について考えてもらいました。そして、「対照実験」について説明しました。科学の骨格です。
その3,中学校に入学したら、部活動は?
ここで残念なことが。なんと「野球部です。そりゃもう絶対に野球部!」…という生徒はいませんでした。
「まだ決めていません」という生徒が2名。野球部をご検討ください。
そして、樋口先生にバトンタッチ。
こうして中学校への助走が始まっています。

さて新型コロナ…またかいな。
大阪府が、とうとう「蔓延防止」へ。
「マンボウ」と呼ばれますが、ホンワカと緩い印象の響きですけど、いいのか。まあ、大事なのは具体的な対策ですけどね。
大阪府が崩れると、ドミノ倒しで京都府が危ない。そうなると次に滋賀県も。
ここは大阪府はバキバキに対策をやり抜いていただきたいです。
もちろん私たちも学習塾として、企業として、個人として頑張ります。

良かったこと。
NHKで「プロジェクトX」の再放送がスタートしました。
中島みゆきの「地上の星」が鳴り響く。田口トモロウ氏の心を揺さぶるナレーション。
初回は富士山頂レーダー建設。
偶然、私の手元には硬派の数学者・藤原正彦さんのエッセイが。富士山頂にレーダーを建設したときの気象庁のリーダーは、藤原正彦さんのお父上ですね。退職後に作家・新田次郎として筆をふるった人。うむむ。
こうして、目をウルウルさせながら見ました。2回繰り返して見て、やっぱりウルウル。日曜日の「ダーウィンが来た」と、そして「青天を衝け」、火曜日に「プロジェクトX」という強力な布陣。
おっと。金曜日には「チコちゃんに叱られる」もあるのです。録画が溜まってしまうかもしれない。
なお、写真ラストで緑色の「祭」ハッピを高く上げているのは、どうやら黒板のメモを生徒から読めない状態にして「雲が発生するプロセスを説明しなさい」というシーンでした。
記述式の時代になって、ハッピには意外な利用法があるのですね。やってみます。

琵琶湖畔 黄砂にかすむ 交差点。

2021-03-30 19:47:54 | Weblog

東京方面がウンヌンで、宮城県が大変な状況に…。そういうことを言っていたら、今度は大阪府が大変なことになってしまいました。
そりゃまあ関西のド真ん中の大阪だから…うむ…こういうことにもなるか。
しかし、大阪府からは周辺の京都府へ波が伝わる。すると滋賀県にも。そういうのは困るのです。
【業務連絡1】
私は、本社から感染防止に関するファックスを送りました。
前川先生と樋口先生からも、禁止事項や注意などが発せられています。
桜が咲いても感染防止。
新年度でも、入学式があっても、とにかく感染防止を粘り強く。
【業務連絡2】
小中学生部門は、2021年度も鉛筆専用の道を走り続けます。
鉛筆削り器を増強しましょう。
南草津教室には10台もあるそうですよ。
生徒たちの役に立つのです。こんなところでケチケチするな!
*あっ。無駄遣いはダメですよ。
春期講習会が進行中。さてさて、どこの教室へ顔を出しましょうか。
ヒョッコリと行きます。よろしくお願いします。
今日のギャグ。
春の琵琶湖畔 黄砂でぼんやりする 交差点。