黒板の裏側で~おうみ進学プラザの毎日~

おうみ進学プラザは滋賀県の学習塾。困って、喜んで、泣いて、笑って、そして時々怒って。塾のドラマを実況中継します。

小西先生と竹内先生は、花の東京へ。おうみ進学プラザは花の玄関です。

2018-12-18 20:15:04 | Weblog

NHK朝の連続ドラマ「まんぷく」は面白い。今週は脱税で進駐軍に逮捕されて、いきなり刑務所に入れられた。このあたりはデタラメだけど、いいのか。脱税といっても給与所得の計算トラブルで、それを進駐軍が軍事法廷で裁きますか。刑務所に入れますか。そんなアホな。ま、面白いから許そう。
今週は小西先生(南郷教室)と竹内先生(八幡桜宮教室)が研修のため東京へ。いいなあ、いいなあ、いいなあ。まだ書くぞ。いいなあ、いいなあ。
山口先生と前川先生へ。
「シャチョーは河合塾マナビスに関して色々と勝手なことを言う。うるさく口出しをしてきて困る」
…本当にそう思っているかもしれない。いや、そんな気がするぞ。
「じゃあ、河合塾マナビスを基礎基本から学ぶために、シャチョーを東京の研修に派遣しよう。そうすれば1週間不在になってラッキーである」と。
いいアイデアではありませんか。滋賀県方面はシャチョー不在でラッキー、私は東京に行けてラッキー。どうだろう。
「1週間といわず、1か月ぐらい行きなさい」と言われたらどうしようか。東京で1か月も過ごすのは、私は純正田舎者だから無理です。1か月は勘弁してください。
写真は冬期講習会へと突き進むおうみ進学プラザ。
まず県立中学受験クラス「県中エクスプレス」の授業。
次は守山教室。
そして事務センターでは、竹中さん…コンサートで司会をしていた人ですよ…が、缶バッジのデザイン・コンテストの優秀賞を教室へ。生徒のデザインを缶バッジにしました。巨大です。胸につけられないほど巨大です。
御安心ください。楯のように立てることができる構造です。縦に楯を立てる。
そしてコンサートで出版社のEN社からいただいた花。稲Gさん、ありがとうございました。まだまだ美しく咲いています。
2019年まで咲かせようと、事務センター長の星本さんが世話をしています。

コンサート、冬の勉強合宿。さぁ、いよいよ冬期講習会です。行くぞっ!

2018-12-17 18:09:32 | Weblog

雨の月曜日。まだ雨ですが、やがて雪も降りますね。
現代日本情勢について心配事がありまする。全国民がワクワクしながら待っている紅白歌合戦で、AKB48は「恋するフォーチュンクッキー」などを歌うらしい。指原女史が卒業発表したから、彼女がセンターの曲になりましたね。そうなると下尾みうは出演できるのか。「No Way Man」を歌うのなら下尾みうは間違いなく出演するはずなのですが、この「恋する~」の場合、どうなるのだろう。
次。
大河ドラマ「西郷どん」が終了しました。最後まで大河ドラマというよりも東芝日曜劇場のようなドラマでした。大河じゃなくて、小川かなあ、あれは。
正統派の真っ向勝負の歴史ドラマを作ればいいのに。
「大河ドラマはNHKの歌舞伎である。伝統と風格を守るぞ」という気概が欲しいです。なお朝の連続ドラマ「まんぷく」はとても良いリズムです。関西が舞台だから、また安っぽいお笑い芸人を出演させて…と心配しましたが、ちゃんと進行している。
安藤サクラさんという女優は、演技がものすごくうまいと思います。
やがて滋賀県の信楽を舞台にした朝ドラが。うむ。とにかく安いお笑い芸人を出さないでくれ。お願いです。
おうみ進学プラザは「ファミリー・コンサート」と「冬の勉強合宿」を終えて、ここから勢いよく冬期講習会へ。
寒さに負けない熱気と気合で。
写真は県立中学受験クラス「県中エクスプレス」の授業。
樋口先生が熱く語っています。そして、激励のダンスでしょうか。御本人は羽生選手を演じています。
似てるーっ♪そっくりですよ。本当です。
そして西村先生は難問に取り組んでいます。
高校生たちはラスト・スパート。
「推薦で合格が決まりました」という朗報が飛び交う中ですが、しっかりと腰を据えて頑張りましょう。
ラストは花いっぱいのおうみ進学プラザです。冬に咲く青春の花。

アイス? この寒いのにアイスクリームですか???

2018-12-16 21:32:04 | Weblog

中3・冬の勉強合宿が無事に終了。加野先生から「朝の散歩の時、琵琶湖が霞にけむっていて、とてもきれいでした」と。急に冷え込んだから、琵琶湖の北岸は寒かっただろうに、頑張りました。
夜になって荊木先生から「全員の帰宅を確認しました」との報告がありました。
こうして春への一歩。
今日は県立中学受験クラス「県中エクスプレス」の授業。レギュラーのクラスの授業は、これが最終回でした。
キャプテンの樋口先生が登場。
黒板に「アイス」と書いて…?
「アイススケート」でした。県中入試にむけてのアドバイス&訓示で、技術点と芸術点の話でした。いい話だった。生徒たち、参考にしなさいよ。
私も気合を入れて授業をしました。
最初に短い作文を。抽象的なものを1つ、続けて条件を設定した具体的なものを1つ。
生徒たちは少し考えて、そしてサラサラと書きます。良く伸びました。感慨。
しかし、女子の方が圧倒的に文字が美しい。お手本にしたいぐらいの生徒が3人います。そして、文の構成や内容、表現力も…男子!がんばりなさいよ。達筆でなくてもいいから、ていねいに。
写真は「冬の勉強合宿」を指導した加野先生と荊木先生。
守山市の商店街を教室へ向かう道路。遥か彼方に湖西の山並み。白くなっていました。
そして河合塾マナビスの高校生たちと山塚先生。高校生たちの気迫、真剣さ。
県立中学受験クラス「県中エクスプレス」の授業。樋口先生は、アイススケートの模範演技でしょうか。いえいえ、県立中学の入試への心構えを語っているのです。
ラストは福井藤島校の井上先生から届いた写真。
長浜駅前校・湯原先生と彦根校・南濃先生が研修のため福井市へ。
ややっ。恐竜が出現して…危ない!湯原先生、逃げなさーい。
しかし南濃先生は余裕の笑顔です。恐竜とお友達ですか。

琵琶湖の北岸で、ビシッと冬の勉強合宿。生徒諸君よ&先生たちも、がんばれー♪

2018-12-15 13:03:52 | Weblog

中3・冬の勉強合宿を実施中。琵琶湖の北岸、高島市が会場だから、かなり寒いかもしれない。ブシッと冷えた美しい冬の琵琶湖。そんな環境で、春を呼ぶ勉強合宿です。
加野先生&荊木先生をリーダーに、藤野先生と宮本先生が授業を担当。今ごろはお弁当を食べて、午後のプログラムに取り組んでいますね。がんばれー。、

朗報♪
南草津教室に行ったら、真下先生が「Mさんを御存知ですか」と。もちろん知っていますよ。中3のときに担当した女生徒です。河合塾マナビスを受講しているから、毎週のように出会って、雑談また雑談でした。気立ての良い乃木坂系女子高生。
「Mさんが滋賀県立大学に合格しました」と。
昔から希望していた進路のド真ん中に命中。お見事です。おめでとうございます。
その後、生徒本人とお母様にお目にかかりました。ずっ前からの第一志望校。本当によかった。
で、中3の授業で「点数ばかり見ずに、勉強や受験の先にある青春や人生を見なさいよ。そうすれば勉強にもさらに気合が入りますから」と訓示しました。
朗報の2。…勝手に朗報というのも変ですか。
冬期講習会テキストのミス(私の原稿のハングルの部分が、パソコンの変換ミスで印刷できなかった)をカバーできました。
その部分だけタックシールを印刷しました。福冨先生&加野先生の御蔭です。ありがとうございました。タックシールを教室へ届けます。御面倒ですが、よろしくお願いします。これ、やっぱり朗報というのとは違いますね。
朗報の3。
AKB劇場の公演で、下尾みうがセンターに立ちました。とうとうセンターです。野球とは違って、AKBのセンターはものすごいものです。「エースで4番」という位置づけ。
左右と後列に名だたるメンバーを従えて、中心で踊る下尾みう。まさに「夢は汗の中に咲く花」を実現しました。
と書いていたら、「下尾みう、映画の主演が決定」というニュースが飛び込んできました。その次には「週刊誌のグラビアに登場」と、さらに「TV出演が決定」も。
選抜総選挙で投票しては「落選」を繰り返してきたオジサン1名(滋賀県在住、学習塾勤務、匿名希望)は、感激して泣いてしまいそうです。この勢い、どこまで行くのだろう。
今になって「下尾みうのファンです」と言っている人へ。私、譜代です。インスタグラムだって、下尾みうのフォロー数は84000人に達しているが、私は2ケタの時点からフォローしているのです。彦根藩ぐらいの譜代で、下尾みうファンの老中か大老がという地位でありましょう。
写真は合宿の準備をする加野先生と荊木先生。
続いて河合塾マナビス関連。
前川先生と星本センター長が…あれっ?前川先生、何か失敗して星本さんに叱られていますか。そんなことはないですか。気のせいですね。そんな姿勢ですけど、違うらしい。安心しました。
黒系統の写真が多くなったので、後段に花の写真を。
お花畑から登場したのは、熊のマーさん(真壁先生)でした。

歴史をしのぶ赤穂ロード。

2018-12-14 10:36:03 | Weblog

今日は日本史の応用問題からスタートします。
ずっと前に授業で「今日は12月14日だから、チューシングラノアコオローシガキラテテーニウチイリヲシタヒデスガ…」と言ったら、生徒たちは「…???…」と、ぽかーんとしていた。
そこで黒板に「忠臣蔵」「赤穂浪士」「吉良邸討ち入り」と漢字表記したら、再び「…???…」でした。
うむ。歴史的な事件に対する評価、興味と関心は時代とともに移り行くのだなあ。
テレビでも「今、初めてわかった衝撃の事実!実録忠臣蔵」とか「女たちの忠臣蔵」やら「愛は吉良邸の雪に消えた」とか…適当ですが…そういうのが見当たらないです。赤穂浪士の健闘を祈る。
私、岡山県で育ったから、兵庫県赤穂市には地元の村の慰安旅行で行ったことがある。ガイドさんの話を聞きながら赤穂市を巡って、それなりに感激した。
大人になってから考えると、いきなり国の行政機関の施設内で切りつけられて、それで裁判の結果について恨まれて「こうなったら仇討ちだ!」という展開になった吉良上野介氏は災難だったのじゃなかろうか。
しかし、こういう国民伝説が消えていくのは寂しい。
おうみ進学プラザはコンサートの余韻の中を冬期講習会へと進む。
で、ショックです。私が作った講習会テキスト「世界遺産から教科書へ」の「この時代に作られた右図のような韓国の文字を何とよびますか」で、答が「ハングル」。ハングルの部分が印刷したら黒い点に変わってしまいました。私のパソコンと印刷機のパソコンとの間の変換トラブルでしょう。私の失敗です。ハイテク機材に苦しむオジサン1名。
これはもう大事なところだから、訂正用のプリントを自分で印刷して教室に送ります。
ここで生徒諸君&念のため先生たちにも註釈を。
ハングルは「偉大な文字」という意味で、つまり、あの文字のこと。李氏朝鮮の世宗の時代(日本では室町時代の足利義満のあたり)に作られた。
ハングルはフェニキア文字を源流とするから、ギリシャ文字やキリル文字の系統で、直接的にはチベット文字をもとにして考案されたらしいですね。カタカナにあたるけれども、もっと合理的な文字です。
「下層階級の文字」「中国と同じように漢字だけで書くのが正しいのである」という扱いを受けたこともあったが、明治時代の日本の進出などもあって普及した。
ハングルの普及のためには福沢諭吉の功績が大きく…などという事情は、これは紛争になるので省略。
欠点もありますよ。韓国語は元々が漢字語なので、これをハングルだけで書くと意味が分かりにくい。忠臣蔵の赤穂浪士がチューシングラノアコーローシになってしまう。
韓国でも「聞いても読んでも意味が分からない」という問題が指摘され、教育界でも「やっぱり漢字を利用すべきだ」という主張が繰り返し提起されています。
それと、膳所高校とは表記できません。構造的に「Z」と「J」が苦手で、濁音の扱いも難儀です。しかし、科学的に組み立てられているから、覚えやすい文字です。横列の子音とタテ列の母音で「三条堀川」「四条烏丸」のような構造になっている。
ここで生徒諸君へ。
国語だけでなく、社会科や理科でも漢字を使って勉強しなさい。面倒だと思うかもしれないけれども、漢字の方が意味が頭に染み込みますから。
ショキビドウケイゾクジカン、ナイカクフシンニンケツギ…?
初期微動継続時間、内閣不信任決議。
写真は膳所本丸町の本社。道路の凍結防止剤が置かれて、冬へ準備OK。
事務センターの星本さんも冬期講習会の準備を進めています。
そして花いっぱいの玄関。お花畑でゴソゴソと喜んでいるのは、花の蜜をなめにきた熊のプーさんでしょうか。
小尾麻菜先生(福井藤島&四井校)を先頭に、冬期講習会へと疾走する先生たち。
いよいよ師走です。

おうみ進学プラザは花盛りの12月。この勢いで冬期講習会へ。

2018-12-13 14:17:41 | Weblog

最初に世界情勢から。
LS北見はカナダで行われた女子カーリングW杯で優勝しました。この後も何回も試合があるらしいが、とにかくめでたい。冬季オリンピックの銅メダル以来の大勝利でした。
関西でも試合をしてくれないかなあ。いっそ紅白歌合戦の会場で女子カーリングを…無理でしょうか。やればできる!…無理か。
次。
AKB48・チーム8兼チームAの下尾みう。秋葉原のAKB劇場の13周年記念公演では、花形選抜に編入されていました。柏木由紀などの、そうそうたる有名メンバーと一緒でした。そして、その翌日からタイへ遠征して公演。東奔西走、東踊西歌の忙しい日々。
いきなり私個人へ転じます。
マイ・ブームは「岩手県」。
1,学習塾の研修大会で岩手県盛岡市に出張して、随分お世話になりました。あっ。北上川(の支流の中津川)を遡上する鮭を見られなかったのが残念でしたが。
2,そして、浅田次郎著『壬生義士伝』を読んで感動す。今は同じく浅田次郎の『終わらざる夏』の、今日から中巻へ。複数の主人公を置くという手法は『壬生義士伝』と共通のスタイルで、これがまた岩手県盛岡市が舞台の1つ。作中の人物は岩手のお国言葉です。
3,社内には岩手県出身の青年が…元・青年か…いますね。岩手産のリンゴもいただきました。
4,そして!わが家ではお米が岩手県産の「岩手どんぴしゃり」から、次は同じく岩手県産の「銀河のしずく」へと進みます。
このままいくと、やがて私は物質面と精神面で岩手県人に…。それでは故郷・岡山県、現在地・滋賀県に申し訳ないか。
しかし、こうしてみるとかなり単純な…軽い…私です。反省すべきでしょうか。どうだろう。
おうみ進学プラザの教室では、先生たちが猛然と冬期講習会の準備を進めています。教材も続々と届いています。
オリジナル版のテキストの表紙(裏面)には、秋の「#記述式・缶バッジコンテスト」の優秀作品が印刷されていますよ。これが楽しい♪
私の新作、名作、力作の「世界遺産から教科書へ」シリーズも収録されていますから、これまたお楽しみに。「えっ?これって…???」という問題に見せかけて、内容はオーソドックスな直球勝負。ま、ところどころに変な質問を混ぜ込みましたが、ほとんどは教科書ベースの問題です。ただし難問を含む。時々は頭をひねったり、苦笑しながら、頑張りなさい。
「#記述式」の流れに乗って、冬期講習会でも書きまくりましょう。
写真はファミリー・コンサートの思い出。
出版社EN社から立派な花が届いて、稲〇氏も同僚の方とコンサート会場に足を運んでくださいました。長い長いお付き合いではありますが、立派な花、ありがとうございました。
びわこホールから本社に持ち帰って飾っています。花咲く12月。
後段は河合塾マナビスの受講風景。
加野先生(膳所教室)の数学の授業。竹内先生(八幡桜宮教室)は、ミカンでビタミン補給。南濃先生は腕をさすって、いざ冬へという態勢か…違うかも。真壁先生が小指を立てていますが、うむ、可愛らしいぞ。気は優しくて力持ち。おうみ進学プラザの武蔵坊弁慶です。


コンサートから冬期講習会へ。OSP48(おうみ進学プラザ)のマーチが鳴り響く。

2018-12-12 18:00:24 | Weblog

滋賀県南部は時々小雨。
まず報告から。ウキウキ&ワクワク。私、冬期講習会に備えて、新しい法被(ハッピ)を注文しました。自分でデザインしたハッピ。うむ。これで授業をすると気合が入ります。どんなデザインかといいますと…自信がないから言いません!本人が気に入っているのだから、それでいいじゃないか。本当に自信が無くなってきた。
次は残念な報告。
教室へ行く途中で、靴の底がパコンと取れてしまった。漫画の「破れた靴」のように、底がパカパカになってしまった。中国製おそるべし。
負けてはならぬ!と、接着剤で貼り付けました。これで当面は大丈夫だろう…か。
2敗目。防寒コートを通販で買ったら、ファスナーが締まらない。頑張って締めたら、上に上がったときに下から開く。ファスナー金具の部分だけが締まっている状態。よく見たら、これはダメです。さすが「60%OFF」で、まぁ粗悪品でしたね。中国製おそるべし。買った私が悪かった。
そして昨日、3敗目も。セーターが「図のセーターの展開図を書きなさい」のように分解しましたー。こんなことが現実に起こるのか。面白いやら情けないやら。怒りよりも笑いでした。
県立中学受験クラス「県中エクスプレス」の授業で題材にしてみようか。そんな状況でした。中国製、おそるべし。
お祖母ちゃんの「ヤスモノカイノ、ゼニウシナイ」…「安物買いの銭失い」…という言葉が頭に浮かびました。お祖父ちゃんが言われていたのだが、これからは私もお祖母ちゃんの言いつけを守ります。
さて、写真はコンサートの続編。
最初の写真は総指揮官の川合先生と、ステージに上がってOSBと一緒に楽器を演奏した湯原先生(河合塾マナビス長浜駅前校)です。
後半部分は楽しさ重視のプログラムでした。ダンスも登場して、盛り上がりました。
そして、お客様が帰られるのに合わせて「お見送り演奏」をしてくれたのです。
先生たちの撤収作業。
そして、いよいよコンサートから冬期講習会へと進むおうみ進学プラザ。先生たちから冬の連絡と指示が矢継ぎ早に出ています。おうみ進学プラザは走る。

演奏はOSB・大津シンフォニック・バンド。舞台裏のOSP48も息の合った名演奏でした。

2018-12-10 23:27:24 | Weblog

火曜日は会議また会議。
まずはコンサートの感想、気づいたことなどから。
準備と運営にあたった先生たちの中には、「コンサート会場の外や横断歩道で交通整理をしていたので、コンサート会場には入っていません」と。寒い道路で生徒誘導など厳しい任務。申し訳ない。ありがとう。
「モニターで見ていましたが、すごかったです」と。いわば身内ではありますが、本当にありがとうございました。
後で聞くと、色々な人に手伝っていただいたり、「おっと」ということも。みんなの力で運営出来ました。
そして、ジャジャーン、発表しまーす。中学と高校のブラスバンド部員がステージの演奏に参加した「風になりたい」では、河合塾マナビス長浜駅前校の湯原先生が加わっていたのですよ。昔取った杵柄…杵ではなくて楽器ですね。
写真はコンサートのようすと、舞台裏の先生たち。
川合先生の指揮で、先生たちも運営のブラスバンド状態でした。名曲♪

冬の琵琶湖に「アフリカン・シンフォニー」が響く。「威風堂々」も響く。

2018-12-10 12:25:48 | Weblog

「ファミリー・コンサート」の御礼と報告。
ありがとうございました。
まずご来場くださった皆様、生徒たちと御家族、友人など大勢の方に御参加いただきました。
そして大津シンフォニック・バンドの皆様。今年も素晴らしい演奏でした。
「紅の豚」は長い曲で、かなり体力が必要なのじゃなかろうか。「ボレロ」にはソロで演奏する部分がいくつかあって、ひやひやしました。演奏する人にとっては腕の見せ所なのだろうか。しかし、聴いている私は緊張しました。お見事でした。
後列の打楽器を演奏する人が、ササーッと横方向に移動して行って、別の楽器を演奏するのが面白かった。行き先を間違えたりしないのだろうか。私、後列に注目しつつ聴いておりました。
右端にバイオリンを巨大にしたような楽器があって、弦で弾いていたかと思えば、手ではじいているシーンもありました。あの楽器を運ぶのは大変だろうと思いますが、演奏していたのは女性でした。指揮者を見ながら、手元の弦も見ながら…同時には見られないのだから難しそうです。
「西郷どん」テーマ曲は、TVのNHK交響楽団よりも迫力がありました。
「大津シンフォニック・バンドはN響を超えた!」
これは楽器の編成の違いかな。吹奏楽だから大迫力です。
「アフリカン・シンフォニー」では、アフリカの風景よりも甲子園の情景が浮かびました。素晴らしい&楽しい演奏、ありがとうございました。
運営にあたった先生たちにも感謝。
交通整理チームにあたった先生たち、会場周辺の道路や階段など、寒かったですよね。
場内での誘導と整理にあたった先生たちも、お疲れ様でした。
司会を担当した人、荷物を運んだ人…。そして終演後の後片付けも。
おかげで無事故で無事に終了しました。御苦労様。ありがとうございました。

ファミリー・コンサートの日です。

2018-12-09 08:50:08 | Weblog

ファミリー・コンサートの日です。かなり冷え込んでいるので、暖かくして来てください。生徒諸君は交通事故や迷子に気をつけて。会場の周辺には、おうみ進学プラザの海上警備担当の先生たちが立って、案内や誘導をしています。困ったときは声をかけなさい。
私は、まず守山教室の県立中学受験クラス「県中エクスプレス」の授業へ。最終回が近づいているから、気合を入れていきますよ。
それからびわこホールへ駆けつけます。
お待ちしています。
写真は取り急ぎ。加野先生の数学の授業、個別指導WithUの指導のようす。河合塾マナビスの先生たちの会議。そして俳句の優秀作品。
ラストはコンサートの川合キャプテン、司会の竹中さんにアドバイスする山塚先輩です。