黒板の裏側で~おうみ進学プラザの毎日~

おうみ進学プラザは滋賀県の学習塾。困って、喜んで、泣いて、笑って、そして時々怒って。塾のドラマを実況中継します。

ソバ、パクチー、作文力を育てる鼎先生。青葉キャンペーンが進行中です。

2022-05-28 14:34:20 | Weblog


地元滋賀県と、お隣の京都市をグルグルと回りました。新型コロナに閉じ込められていたから、やっと…まだまだ。しかし、土地勘というか、仕事をしているエリアの最近のようすを見ておかねば、と思ったのです。
が、はい、1回ぐらい見て回ったから何がどうしたということもなし。はい、そうですよね。
こうして徐々に脱・コロナへと進む。
それでもまだまだ感染防止です。
世の中の雰囲気と違って、発表される感染者数などはそんなに減ってないですから。

唐崎教室で授業。
かなり濃厚な内容だったから、テキストよりもノート作業で進みました。
ここも生徒たちの鉛筆使用率は100%でした。
*鉛筆を推奨していますが、無理強いはいけませんね。そこはわきまえています。
そして久末先生にバトンタッチしました。

夏が近づいて、PR活動のデザインを担当している久末先生は、仕事がどんどん増えています。
大変だと…よろしくお願いします。美術方面の任務、私、邪魔にはなってもお手伝いはできないですから。
写真は野洲教室の小さな庭園。
鼎先生が種をまいたソバが、白い花を咲かせました。早い!そして可愛い。
収穫したら、鼎先生の手打ちそば♪
待っていまーす。
パクチーも芽を出しました。
福井恒誠先生が
「じゃあ、僕も」
と種をまいたのはパセリです。
待っていますが、これがなかなか。
早く芽を出せ、パセリ。福井恒誠先生が水をやって、待っています。

次に東京の麻布十番にある『atama+』本社。
オフィスには見えません。自由に伸び伸びと。
さすが最先端AIの本社です。

ここでクイズです。
東京の麻布十番と滋賀県の野洲教室の共通項目は何でしょう。

後段は、青葉キャンペーンを推進するおうみ進学プラザ。
次の第3ステージの「作文コンテスト」へ、初夏の滋賀県を走る。
鉛筆を手にして、夏へと走ります。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京の麻布十番で、野菜たっぷりのサラダランチ。

2022-05-27 22:04:17 | Weblog


出張の報告です。
行先は東京で、詳しく書くと東京の麻布十番という場所でした。
なかなかの土地であるらしい…が…詳細は不明です。品川駅で新幹線から乗り換えて、無事に到着す。前川先生のスマホ案内、ありがたかったです。
早めに着いたから、まずは腹ごしらえを。
蕎麦屋…歩いて行ったら、休業。残念でした。
オシャレなお店に入りました。パリかロンドンか、あるいはニューヨークか…いや東京だ。そういうお店でした。
パスタランチ or サラダランチの選択問題です。
サラダランチで、アイスコーヒー付き。
加野先生に
「サラダランチにするよ。同じものにしよう。早いから」
と。
やがてテーブルに置かれたのは、野菜が山盛りのお皿、パン2切れ、アイスコーヒー。
野菜を食べて、さらに野菜を食べて…どこまでも野菜でした。パスタかご飯が出てくると思ったのに、ひたすら野菜。うむ。さすが東京です。さすが麻布十番です。
パスタもご飯も出てくることはありませんでした。とことん野菜。
こうしてビタミンを補給して、いざ仕事へと向かったのでした。
生徒諸君へアドバイスです。
暑くなってきました。
新型コロナはまだ居座っています。
そこで大事なのは、手洗い、不織布マスク、換気。
そして野菜をしっかり食べましょう!

なお、仕事の報告は書きません。
驚いたこと、意外だったこと、「なるほど」と納得したこと。
どうなのだろう???というのもありました。
そこを…前川先生&加野先生、しっかりと進めていきましょう。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京出張から、ビューンと滋賀県に帰ってきました。さぁ、成果を夏へ!

2022-05-26 18:18:26 | Weblog


東京への出張から滋賀県に帰着しました。
1、同じシステムを導入して運用しているのに、ドドーン♪と猛烈な結果、成果を出す塾もあるのだなあ。
うちの塾の場合、まだ「教室や学年にかかわらず、一律に同じ型でスパッと押す」というところには到達していません。
現場に合わせて、生徒に応じて…。
正解を見つけるのは簡単じゃないです。
あちこちの経験を参考に、探求は続きます。
2、東京の麻布十番という土地でした。有名なエリアらしいです…詳細は不明ですけど。
3、仙台からの出張チーム、お久しぶりで懐かしかったです。
現場の苦労&苦心の話なども聞いていただきました。
交流というよりも、この時期ですから
「いやー。お久しぶりでーす♪」
という再会。

お世話いただいた東京のスタッフの皆様、ありがとうございました。
経験をお伝えいただいた北海道、東北方面の塾の方々、ありがとうございました。
さて前川先生、加野先生。出張の成果、教訓をもとに、夏へ!




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いざいざ、東京へ出張です。前川先生、加野先生と私のフレッシュな3人組、頑張るぞっ♪

2022-05-25 09:53:18 | Weblog

これから東京方面へ出張します。
前川先生、加野先生と私の3人です。ややゴテゴテした顔ぶれか…フレッシュです!
新型コロナが収まってきたのか…まだまだですけど、そこは用心しながら、出張が再開です。
今回は、かなり具体的な研修、情報交換がありそうなプログラム…らしい。
現場での経験、成功と失敗、頑張りをお伝えして、現場からの要望、意見などを。
うむ、頑張るぞ。
久しぶりに、お世話になっている塾の懐かしい先生たちにもお会いできそうです。

出張に備えて、新幹線で読む本を買ってきました。
が、そんなに読めないかなあ。
車内販売のコーヒーを飲みながら読書。
そして車窓には富士山が…。
どうでしょうか。

青葉キャンペーンは、第3ステージの「作文コンテスト」へと進みます。
優秀賞のお菓子、水筒とペンなど賞品が教室へ。
ここで加速しますよー♪


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本史の問題です。浦島太郎を乗せたのは亀。金太郎と相撲を取ったのはクマ。では桃太郎が連れて行ったのは…? これは難問です。

2022-05-24 17:17:01 | Weblog


日本の夏、作文の夏♪
青葉キャンペーンは、大型テスト「プラザ・カップ」が終了して、成績の集計。
優秀賞が決まって、豪華な…そんなに豪華じゃないですか。でも心がこもっております…優秀賞の賞品が教室へ。
お知らせしまーす。
北海道の「白い恋人」に、今回は「黒い~」もあるのだそうです。本当でしょうか?
そして沖縄の「ちんすこう」。これは色々な種類の味で楽しそう。
R命館大学のオシャレな水筒と書きやすいペン。
そこへ、岡山県の「吉備団子」がドドーンと。
低学年の英語を応援するというねらいで、吉備団子を追加したのだそうです。
追加分の吉備団子が事務センターから教室へ。
犬、猿、キジを引き連れて、元気よく英語の勉強に行きましょう。
おうっ♪

さて、青葉キャンペーンは第3ステージへ進みますよ。
いよいよ作文です。
テーマは
 「これはオススメ。
     私のお気に入り」
です。書きやすいテーマですよね。
そして、明るく楽しい作文になりそう。
原稿用紙の上を、鉛筆が走ります。

火曜日で会議。
青葉キャンペーンの推進。
テスト対策をどう進めたのかの確認と、早くも
「中間テストは終わった。次は期末テストの準備ですよ」
という号令が出ていました。早い!
さらに、夏期講習会の時間割と教材の準備の話題も出始めていました。そろそろ準備開始ですか。
なお、先生たちと
「塾からのお知らせやPRにSNSを利用するのはどうでしょうか」
という相談をしてみて、そして意外にアナログ先生が多いことが判明しました。
私、正直なところ安心したのです。自分だけが時代に取り残されているわけじゃない。
しかし、このままではいけないわけで、若者フレッシュ先生チームにおうみ進学プラザのSNS時代を引っ張ってもらいます。
「まずツイッターから」
…???…。
よろしく&お手柔らかにお願いします。
もちろんアナログ手作りの大切な部分、こだわりの伝統は残しつつ、頑張りますよ。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

青葉キャンペーンは進む。野洲教室では、鼎先生のソバが芽を出しました。夏に向かって、作文の力とソバを大きく育てます。

2022-05-23 18:39:49 | Weblog


NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の感想です。
一応は見ていますよ。
大河ドラマなんか絶対に見ないぞー、というような強固な信念は無いから。
しかし、うむむ。
この作者(監督か、プロデューサーか)は、得意じゃないのです。
今回の「鎌倉殿~」も、韓国歴史ドラマをもっと安っぽいものにして、次々と安直な物語を付け足し、また付け足し…。
  受ければいいだろう。
  面白いでしょ。
  ここ、ちょっと遊んでみました。
サラリーマン会社内出世争いのような…そういう作り方じゃないでしょうか。
まあ、そういう作風で押し通すのなら、それでもいいですけどね。
文句を言いながらも、見ております。
せっかく中尊寺平泉方面の源義経の館に秘密の地下通路を用意したのだから、じゃあ義経脱出伝説へつないだら…そうしませんでした。がっかり。
歴史の流れを考えたら、この先はもっと安っぽいワナ、陰謀、仕掛け…などなど鎌倉市内でのミニ抗争事件が連続するのでしょう。
いっそドンと一気に飛んで、北条時宗の元寇のところまで行ったら…それは無茶ですか。

アメリカのバイデン大統領が来日。
ウクライナ、中国、北朝鮮など共通の問題が多数です。日本列島、今のところは平和ですが、今後は心配。
よろしくお願いします。

さて、おうみ進学プラザは「青葉キャンペーン」をグイグイと進んでいます。
学校のテスト対策、かなりパワフルにやり抜いています。
学校別の対策プリント、効果抜群ですよね。
こうしてピンチをチャンスに♪
今週は特大のテスト「プラザ・カップ」の結果発表と表彰を予定しています。
次のステージは、いよいよ作文ですよ。
鉛筆で取り組む作文。頑張るぞ。

後段は作文指導プログラムを組み立てて「作文のおうみ進学プラザ」を引っ張る鼎先生。よろしくお願いします。
鼎先生は、野洲教室の庭園でミニ農業に取り組んでいます。
育てているのは、蕎麦(ソバ)のようです。芽を出して、ぐんぐん育つ。
作文の力と蕎麦、どちらも立派に育てますよ。
弟子の福井恒誠先生は、パセリの種をまいたそうですが、さてさて…。
早く芽を出せ、パセリの種。
ここは農業の専門家・二宮金次郎氏に相談しましょうか。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

部活動と勉強の両立へ、初夏の全力疾走。汗と涙の青春群像です。

2022-05-22 17:29:06 | Weblog






中学生がキリキリ舞いの青春絵巻。
まず部活動の試合が行われています。
 ベスト8に進出が決まった。
 地区大会で優勝した。
もちろん青春は多彩ですから
 1回戦で負けた。いきなり強い学校と当たったから…。
 試合はあったけど、出場メンバーに選ばれてないから、応援しただけで…。
などもあるのです。でも、これもまた青春ですよ。
私の言葉を贈りましょう。
 汗と涙は青春の花。  福井清人

そして中間テストの勉強もあります。文武両道。部活動と勉強の両立。
濃度100%の青春ですね。がんばれー。応援します。
学校別のテスト対策プリント作成システムが、青葉の中でフル回転です。
どんどん利用してくださーい♪
それにしても、去年のことを思い出すと新型コロナに邪魔されることが減ってきた。
このまま収束へと願います。

中3の授業では化学式、化学反応式を地道に、やや低速で進みました。
ノート作業を多くしたから、まるで机の上で部活の練習をしているような、体育系の授業でした。
鉛筆とノートと消しゴムで、机の上でも汗を流しましょう。
なお、しつこく書きますけど、引き続き感染防止ですよ。
不織布マスク着用で、換気も徹底です。

写真は、青葉キャンペーンをグイグイと進んでいく授業風景と生徒たち。
青葉キャンペーンの優秀賞の
 沖縄の「ちんすこう」
 北海道の「白い恋人」
 岡山の「吉備団子」 *これは低学年の英語部門で。
 R命館大学のペンとオシャレな小型水筒。
古久保先生が飾りつけをしています。
県立中学受験クラス「県中エクスプレス」の授業風景も。
樋口先生と北村先生が授業をしていまして、私も押しかけの押し売りの割り込みで、時間制限の厳しい作文を。
たった7分間で書いてもらいましたが、書けました。
そして、内容も良かったですよ。
ここのクラスは鉛筆使用率が100%でした。その効果もあるのか…はい、生徒たちの頑張りですね。
難しいテーマだったのに、大健闘でした。
青葉が茂る琵琶湖畔を、ビューンと走る県中エクスプレス号です。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

青葉のように鮮やかに&爽やかに。おうみ進学プラザの初夏のホームページ。

2022-05-21 14:05:49 | Weblog


引き続き河合塾マナビスのマスコット「マナベアー」の可愛いハッピで授業をしています。中学生のクラスですけどね。マナベアー、どの教室でも大人気です。
授業では化学変化の基礎基本から低速で。中1の気体の発生から中2の化学反応式へとゆっくりと進めています。
ノートに書かせているから、手が疲れますね、たぶん。
ここをきちんとマスターしておかないと、イオンに進んだときに混乱します。

おうみ進学プラザのホームページ、初夏になって爽やかな緑色の記事が増えています。
作成は唐崎教室・久末先生。ありがとうございます。
樋口先生、古久保先生にも感謝。
こういうお知らせやPR活動は、専門の業者さんに依頼すると派手になって、
「これ、実際とはかけ離れてますけど」
「授業中にこんな笑顔で手を上げる生徒たち、いません」
「そもそも東京方面の制服でしょうか、この生徒たちは」
「うちの塾の生徒たちは地味ですよ」
「ジャージー、体操服ファッションの生徒が多いです」
「先生だって…質実剛健、地味でまじめ系の人が多いです」
などなど。
そのあたり、オリジナルのホームページだから、地味に地道に、爽やかに。
ホームページも手作り100%のおうみ進学プラザです。
初夏のホームページ、どうぞご覧ください。
以上、自慢ですけど、本当に自慢のホームページです。

夏に向かって内容が増えていきます。
つまり、学習プログラムがますます山盛りになっていくのです。
よろしくお願いします。
そして、
生徒諸君よ、頑張ろう。
琵琶湖周辺、青葉が鮮やかに。
ピンチをチャンスにする夏♪

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マナベアーは大人気でした。ちょっと声が大きかったですけど。落ち着いて静かに盛り上がってください。

2022-05-20 12:38:38 | Weblog


電車の旅へ。と言っても近い場所をウロウロ、グルグルと回っただけですけど。
JR、地下鉄や私鉄を乗り継ぎながら回りました。
「わぁ、久しぶりに来てみたら…」
「おお。こんなににぎやかな場所だったのか」
など色々と小さな発見がありました。
歩き回ったらお腹が空いた。
冷やし中華を食べよう。
…冷やし中華、まだやってません!
結局は巨大な京都駅のビルの上のほうまで行って、ラーメン屋へ。
たくさんのラーメン屋が並んでいる一角で、ラーメンも各種ありました。
ここにも冷やし中華はありませんでした。
夏よ、来い。
冷やし中華の夏よ、来い。

中3の授業へ。
ゴールデン・ウイークがあって、その次には大型テスト「プラザ・カップ」がありました。ここは腰を据えて地道に。
生徒たちは部活動で疲れていたようですが、それでも頑張りました。
偉いぞ。

河合塾マナビスのハッピを着たら、大人気でした。
大人気で、女生徒たちが
「わーっ!カワイイイイ♪」
と騒ぐ。
マナベアー、大人気ですね。
そこでポーズを決めたら、さらに騒ぐ。
キャーッ、可愛いいー。
高音が響き渡ります。教室の外まで聞こえるかも…うむむ。
はいはい、お静かに願います。

まだまだ各エリアの学校で、新型コロナの感染情報がポロリポロリと出てきますね。
青葉キャンペーンでは、そこを突き抜ける定期テスト対策をパワフルに実施中です。
そして、次に青葉キャンペーンの第3ステージは、いよいよ作文へ。
ピンチをチャンスにする夏。
作文の夏。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドキドキ、縄文土器。「プラザ・カップ」の成績を集計中です。はたして…。

2022-05-18 16:45:16 | Weblog

青葉キャンペーンが大型の一斉テスト「プラザ・カップ」を乗り越えました。大変なテストでありましたが、よくぞ!
現在は成績を集計中です。
ハラハラ、原監督。
ドキドキ、縄文土器。
 *面白いでしょうか…どうですか。
優秀賞がそろいました。
北海道の「白い恋人」。札幌進学プラザから送っていただきました。
沖縄の「ちんすこう」。各種あります。食べるときには粉が…。お茶が必要です。
R命館大学のオシャレな小型水筒&オシャレなペン。
そして、遅れて届いた岡山の「吉備団子」。
賞品を目指して、というわけじゃないですけど、楽しく取り組みましょう。そういう明るい姿勢で進む青葉キャンペーンです。
現在は第2タームの
「中学の定期テスト対策」を実施中です。ここも元気よく突破しましょう。

ウクライナの戦争、なかなか…。
日経新聞の解析では、「ウクライナが嘘を言っている。この戦争ではロシアが正しい」というネット上の意見の持ち主と、
「新型コロナのワクチンは効かない。ワクチンにはマイクロチップが埋め込まれているから危険」などの意見を書き込む人は共通グループであるとか。そういうものか。
私なんかは、普通にニュースを受け止めていますけど、色々な考え方、受けとめ方をする人がいるのですね。
NHK、イギリスのBBCなどは、そんなに陰謀のような嘘のニュースをばらまいていないと思うのです。
ともかく、マリウポリの製鉄所で地下深くに立てこもって包囲されていたウクライナ部隊は降伏して、治療を受けているようで、そこは安心しました。
世界中の目が見ているから、ロシア軍も無茶苦茶な扱いはできないだろうと…。

新型コロナも終わりません。
おうみ進学プラザのエリア内でも、あちこちで
「熱っぽいので、念のためしばらく休みます」
「同じクラスの友人が~」
「姉の学校で、同じ部活の複数の生徒が~」
などなどの連絡が、まだ入ってきます。なかなか消え去らないです。
先生たちへ。
暑くなってきましたが、窓を開けて換気を徹底ですよ。
少しぐらい虫が入っても、新型コロナを吹き飛ばしましょう。
女生徒一名が
「虫だけは嫌。絶対に嫌です。無理」
と言うのです。
「虫よりも新型コロナのほうがマシです!」
とのことでしたが、そんなことないと思います。
虫、そんなに嫌ですか。よく見れば可愛い虫、興味深い虫も…ダメですか。




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする