■鳥道楽■ネケネケ
鳥・面白いこと好きな心の中はoutdoor派の管理人。好きな言葉は塞翁が馬。
 





またまたお久しぶりです。

TOP画像は見出しどおり、PainterX3と言うソフトを使ってパソコン上で描いてみた
ちゃうサン。(描きかけです)

デジタルにも関らず、線のかすれ方・質感がなかなか鉛筆っぽい。
筆圧設定も絶妙に調整出来るのが凄い。
10年前では考えられなかった程リアルなアナログ線が描ける様になってました。

羽の流れをお手本にしたちゃサン写真と一緒に。今回は実物を見ながら描いてました。





いつもの年なら既にアナログ絵描きを再開している時期なんですが、
今年は10月なのに暑く・・。
そして湿度が70パーセント以上と高かったので、描いているうちに紙がよれてしまう為、
仕方なくデジタル画に手を出していました。




ペインターX3(ダウンロードして無料で1ヶ月間使用できます。※要タブレット・ペン)
数ヶ月前にペインターソフトの最新版が出ていたので、試しに体験版をダウンロードして、
鉛筆ツールでちゃうサンを描いてみました。



ちなみに私が持っているのは、13年くらい前に買ったペインター6で。

10年位前に描きかけて挫折したちゃうサンの絵がこれです。
(フォトショップでファイルを開いた所をキャプチャしたものです)

挫折した理由は、描けば描くほどファイルが重くなり、あまりにデータが重過ぎて頻繁に落ちたり、画面が固まったり、
線がペンの軌道の後をタイムラグで追ってきたりと、とても絵を描くような環境にならなかったからでした。
(windows2000使用時)

ちなみにこれ↑も鉛筆ツールで描いたものなんですが、最新型のペインター13の線と比べると
電子的な線に偏っているように思えます。(鉛筆画と言うよりもペン画っぽいですよね)


おまけ:ペインター6ソフトを使って描いた絵を3種類。
■2002.11.15に描いたヘビと悪魔サン(※閲覧注意:鳥の絵では無いです。R指定位の絵です)
■2006.03.14に描いたドラゴンとエルフの絵。
■2001.10.20に描いたダークエルフpreR指定:変なファンタジー系の絵ばかり。
鳥の絵を描く前(2007年以前)はこういう絵を描いていました。




(以下、覚書です。ソフトの鉛筆ツールに興味のある方以外は読んでも面白みが無いと思います)
ペインターの鉛筆ツールに限定したデメリット。
柔らかい線を描くにはいまひとつ。理由の一つに、ぼかすのが難しい事、
一度線の太さを決めたら、ほぼ均一の幅の線しか描けない事・・筆圧を変えれば多少は
違うものの、アナログの鉛筆程の自由度は無い。
いちいち芯の太さの設定をいじって描くのは、あるいは予め設定したものをその都度取り替えるのは非常に面倒。


広範囲の部分を黒くする(所謂ベタ)が難しい。
油断をすると均一的な面になり、いかにもなデジタルっぽい感じになってしまう。
ちゃうの黒っぽいクチバシをこの鉛筆ツールで羽部分と違和感無しに表現するのがとても難しい。
画像サイズを小さくして描けば解決する可能性大なものの、そうすると印刷には向かず、デジタル画像のみ
での閲覧に限られてしまう。

そして極めつけが・・ソフトの値段が高い。



メリット。
間違いの訂正がアナログと比べてはるかに楽。
新しいレイヤーを作れば簡単に修正が出来る。
なので、冒険的にいろんな表現を試すことが可能。
そしておそらくアナログよりも印刷で線が綺麗に出ると思う。
紙の様に湿気を気にしたり、汚れを気にする必要が無い。





仕上げるには、アナログの描き方とは別の考え方で臨まないといけないか、、



【おまけ画像】


大分前の記事、鉛筆でお家の鳥さんを描いてみよう 【第1回目】 の絵、今こういう状態です。
ここ数年忙しすぎて絵の講座の続きの記事が作成できずじまいだったので、せめて・・と思い画像をアップしておきます。

・・こういう、鉛筆ならではの柔らかい線。
デジタルで出せる様になるのは何時になるんでしょう・・








近頃のちゃサン。

涼しくなって来た為少し羽をフカフカさせる季節になってきましたよ。

興味深い物があると、じっと寄り目で見つめる為、眉毛ができます。


よく遊びます。去年は今くらいに換羽が始まっていたんですが今年はまだ抜けません。

遠くから見ると保護色化するちゃうサンですが、チラチラ揺れる頭のアンテナ羽のおかげでそこに居る事が
解ります。

食欲は相変わらず旺盛。天高くちゃう肥える秋・・と、肥えさせるとまずいのでダイエットしっ放し。

ちゃ「もっと沢山食べたいな・・」



近頃のケンケン。
彼は今また、新しい曲に興味を持ち始めたようです。
星条旗よ永遠なれ、のピッコロ&フルートのパートを一部、繰り返し激しく練習しています。
相変わらず分不相応な難易度の高い曲を歌うのが好きみたい・・音の高低があってテンポの良い、速い曲が好きみたい。
口笛でお手本を示す方は大変です、、
カメラを向けると黙ってしまうので今度隠し撮り(録音)しようと思っています。

いつの間にかズプリームペレットが大好きになっておりました。



そして・・

ケンケン、以前の大雨の時にエア水浴びモードを発動しました(笑


雨のザーッと言う音を聞きながら盛んに羽をばたつかせてましたよ^^

ケンケンは台風、強風、大雨になると窓際から離れないで、外に向かって大声で歌いだすおかしな鳥です。





ちなみに、2羽の距離感は・・

相変わらず。
ケンケンが近づくとちゃうが露骨に嫌がります。
ケンケンは静かに元来た道をUターンします。ジェントルマン。
ちゃサンは心を開きにくい鳥なので仕方が無いものの、もう少し寛大になってくれると良いのになあ、、







一見のほほんとして、何でも受け入れそうな感じなのにね;





っと来る記事があったらクリックして下さると嬉しいです。


web拍手を送る




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )