■鳥道楽■ネケネケ
鳥・面白いこと好きな心の中はoutdoor派の管理人。好きな言葉は塞翁が馬。
 






今回は鳥様たちのお話では無く飼い主の事です。



このブログに(麹アレルギー、夏型過敏性肺炎など)の検索で入って来られる方々には多少なりとも参考になるかもしれません。
また、誰にでも起こりうる可能性のある症状なのだそうで、興味のある方は以下、どうぞ適当に読み流してください。



不定愁訴、慢性疲労、やたらと疲れが抜けない、やる気が出ない、呼吸器疾患、鼻炎などのアレルギーの悪化、いきなり出現した食物アレルギー、化学物質過敏症、精神不安定、頭のもやもやした感じ、目が見えにくい、音や光に敏感など・・


もしかしたらここの管理人と同じく、体の中の菌バランスが崩れたのが原因のひとつかもしれません。


心配してくださった方、なかなかお返事、更新できず申し訳ありません。




早い話が今流行り?の腸内環境の悪化=アレルギーの原因と言うヤツです。
流行に疎いのに、知らない間に要らぬ流行に乗っていたとは・・。

しかしこれは自分で治す事が出来る様で。

他の方はどうか解りませんがとりあえず自分はネットで治療情報を集めまくって実行し、短期間で好転しました。
(とは言うものの、今まで通りの状態に戻るまで早くて数ヶ月、大体半年~2年はかかるそうなので気長にやっていきたいと考えています。)








先月まで合わないものを食べると食物アレルギー様の反応が出て、その度に呼吸困難を起こしていました。
食べたくても食べると息ができなくなるので食べるのを諦めて・・主に主食系、炭水化物が全滅だった為、
一気に7、8キロ痩せてしまいました。
(ここで炭水化物は体重を維持できる、炭水化物は太ると言う事を確定)

それが食生活を変えて、あるものを摂取したら劇的に呼吸器系の調子が良くなり服用していた薬も殆ど使わずに済むように。
体重も3キロ戻ってきました。

ある物とは
TOP画像の(オリーブリーフ)です。
オリーブの葉っぱを粉砕したものをカプセルに詰めたもの。
画像の物は1600円程也。
アメリカのサプリです。

これを飲んだ晩に高熱が出て重い風邪のような症状になり(風邪はここ4、5年まともにひいてなかったのです。体が疲れていてひけなかったのかもしれません)次の朝には嘘のように呼吸器系が軽くなり息がしやすくなってました。





そしてその1ヶ月後の現在。
今まで病院で処方されて10年間近く使っていた吸入ステロイド他、8種類の薬が不要となってしまいました。
(まだ完全に脱ステ出来てないので、1週間に数回は使用しています。今までは1日2回吸入してました>吸入ステロイド)

ようやく頭の中もクリアになってきて、こうやって文章を今までのように作成する事ができるように(嬉
まだ本調子では無いものの、パソコンの画面を見ていても目が痛くならなくなったのは有難いです。
(ただ≒副作用のダイオフの為に少し頭がグラグラする事はありますが)





今までの症状経歴については、右上のカテゴリー、【アレルギー、健康関連】をクリックすれば出てきます。


今から10年ほど前に体調を崩したのがきっかけで。

ちゃう、ちーさんが家に来てから2、3年後に夏風邪→咳が一ヶ月以上止まらない→ひどい鼻炎→喘息→今に至る



その後一時期はマクロビ(とは言っても、全く動物性食品を取らなかった訳ではないので、ゆるーい菜食主義みたいな感じ)じみた事を
体調の悪い時にたまに取り入れて、数年間は割とマシな状態になっていました。


が。

2011年以降に状態が怪しくなり・・ちーさん、義子さんが亡くなった年、大震災、計画停電など一気にいろいろあった年だったので
ストレスで悪化した可能性もあったのかもしれません。
(副腎疲労症候群はストレスなどで悪化するらしいです)


祖母が亡くなった去年2014年に更にアレルギー症状が悪化、7~8月頃は夜間に呼吸ができず死にそうな目にあってました。
当然熟睡なんて夢の夢。おかげでどんどん体調が崩れていく。


それでも運動して無理やり血行をよくするとマシになるので、空手や山走りにも行ってた去年秋~初冬、その矢先に
今年2015年にちゃうが亡くなり、人生最大の大ストレスに見舞われたもののその後しばらくは何故か小康状態。
が、それは嵐の前の静けさの類だったようで、3月~5月くらいから今までになかったくらいの酷い状態に。


米、小麦、糖類、果物、イモ類など、とにかく炭水化物系を食べると鼻から喉、胸にかけて鼻をつままれて首を軽く締められるような閉塞感が出現、息ができず四苦八苦。
実はその頃の記憶はかなりあいまいで・・いつの間にか毎日過ぎていってしまってるような、自分だけ世間から取り残されてるような
気分になっておりました。
殆ど廃人状態。
そんな時期にちゃうが体調を崩して他界してしまったのでした・・


かなりの量の食事(軽く2~3人分)を摂ってるのに、とにかく食べても食べても痩せていく。これは結構恐怖です。
勿論少食にすると更に痩せてしまうし、異常にお腹がすくので食べないわけにも行かず。

一応運動を続けていたため筋肉量は落なかったのですが、とにかく脂肪がどんどん消えていく。
お腹なんか中学の時よりもぺたんこ・・と聞けば聞こえがいいかもしれませんが、あまりに脂肪がなくなると、血管が透けて見えてくるのです。さすがにお腹や太ももの血管が見えてきたときは驚いた。・・このまま人体模型図みたいになってしまうんだろうかと思っていました。
(でも何故か顔はそれほど変化が無かったようで。むくんでるんだろうか。不思議。)



と。

そんなわけで。

とてもブログを更新をできるような状態では無く、例えば鳥かごの底あみ1つを取り替える事だけにも30分~1時間以上かかっていたり。
寝不足(その頃の平均睡眠時間は連日で1~3時間です。横になっても呼吸出来ないので全然休めない)によるものだと思うんですが、目はぼやけて見えないし耳も聞こえにくいし・・キーボードで文字を打っても間違えてばかりで(狙った所に指が行かず他のキーを一緒に押してしまう。なんどやっても上手くいかず、ただただ時間が過ぎていく)
コメントへのお返事もまるで出来ず本当に申し訳ありません。ひとつのお返事を書くのに計3日かかった時もありました。
そのくせ光や高い音には過敏になっていました。狂犬病ってこんな感じなのかな、みたいな(苦笑


体が慢性的にだるく、筋肉痛、疲れがなかなかとれない。
初めのうちは歳のせいかと思っていたもののあまりに急激にそうなったので、原因は他にあるんだろうな、と。


ネットで検索すると副腎疲労と言う言葉が出てきて、このままでは遅かれ早かれ自分もそうなってしまいそうと言う危機感を募らせ、
とにかくなんとかしなければ・・と、
思っていたもののとにかくだるくて辛くて行動を起こす気になかなかなれず。

先月ようやくその手の事を本やネットで調べてみたら、あらら私、副腎疲労の症状の19項目のうちの16項目あてはまってるよ^^;
更に細かく診断テストをやってみたらほぼ確実に対象になってるみたい・・

副腎疲労の簡易診断テスト/
↑いろいろあった診断のうちのひとつです。
最近妙に疲れやすいなど心当たりのある方はやってみては。





・・・さて、どうしようか。


今まで通っていた病院では埒があかないのはここ10年で証明済み。
が、副腎疲労について検査してくれる病院は国内にはまだ少ない状態で健保が使えない事が殆どだそうで
通院するとかなり高額になる、とあって断念。


なのでネットで自分と似た症状の人のブログなどを徹底的に検索、
あわよくば治療方法を知ることができるかなと。

+

以前から気になっていた




イーストコネクション

リーキーガット症候群




これらの記事に絞り込んで検索をかけたら、更に思い当たる事が多々過ぎで。




前置きが長くなりましたが、以下、今私が実行している治療方法。
正直、目からウロコです。



欧米ではごく普通に民間で、または病院で治療で使用する場合があるみたいですが・・アメリカなら気軽に店舗で手に入ってしまう物。
上記しましたが、オリーブリーフ。殺菌作用抜群。
値段も1000円前後~高くても数千円。
こんなもので、今まで10年間苦しんできた重い症状が10日位であっさり治るなんて。
(とは言っても+炭水化物を少なめにするなどの食事療法も必要です)

とりあえず今の所、経過は上々です。


ちなみにこのオリーブリーフは風邪、インフルエンザの予防に使えるそうです。
また、風邪をひいたとしてもこれを飲めばすぐに治ってしまうらしい。
カプセルを開けて粉を舐めてみたらかなり苦い。まさに良薬は口に苦し。





日本の病院で、こういうサプリメントを使った治療を行っている所はまだ少ないようです。
分子栄養学、などで検索をかければ、この治療方法を扱っている病院を検索できるかもしれません。

あとこんなのも。

グレープフルーツシードオイル。
こちらも殺菌力が強いらしい。飲用する他にもいろいろと用途があるようです。








以下、自分用メモとして、自己流治療を行う為に参考にさせていただいたサイト、ブログのURLを貼っておきます。
貴重・有用な情報を公開してくださって有難い限りです。





【アトピーが100日で完治した方法】カンジダ症(イーストコネクション)
カンジダ症(リーキーガット)を治した方法



■サプリを用いた治療を行っている日本の病院↓

【ようこクリニック】インフルエンザにオリーブ葉サプリメント

【あなたの疾患の根本原因を見つけます】根本原因を治すサプリメント





■オリーブリーフ、オリーブの葉関連↓
ナチュラル日記


■パレオダイエット関連↓
【おいしい思い出 】パレオダイエットと糖質制限食の違い









もっと早くに実行できていればもしかしたら、去年ずっと疲れて頭がボーっとしていたのも無くて、
ちゃうの具合が悪かった症状も見逃さないで済んだのかもしれないかな・・と、そう言う事は考えない方が良いのか;




※こちらのブログに(麹アレルギー)で検索して入ってくる方へ、もしかしたら体内に酵母菌系の菌が
通常よりも多い可能性があるかもしれません。検査が可能ならした方が良いかも。アレルギー検査で酵母菌・カビにひっかからない
のにカビ、酵母関連を摂取すると調子が悪くなる場合は私のケースと同じで・・体の中の酵母系の菌がMAXを通り越して善玉菌を圧迫
して更に増殖しようとしている状態なのかもしれないです。

ちなみに、酵母の餌となるのが甘いものや炭水化物だそうで。お酒やパンに入ってる酵母も増殖の加勢をする可能性が高いので
しばらくは控えた方が無難です。
炭水化物好き、お酒好きの方は要注意。

あと小麦グルテンは腸壁に悪さをして腸内環境をよりひどい状態にするとか・・
このあたりの事はもっと詳しく記載している方々がいらっしゃるので、そちらの方を検索してご覧くださいな。








■参考になった本■
この本は読まれた方も多いのでは。

自分の症状と瓜二つ。
この方の比にはならないと思うものの、同じく激しい系のスポーツを定期的にやっていて、米、小麦製品を毎日毎食
2~3人分位大量に平らげていた所は共通しております。

食べても食べてもお腹がすき、食べるのを怠ると体重が減る・・そのうち、米と小麦のIgE抗体反応が出てしまった訳です。
まさかこの年になって食物アレルギーになるなんて考えもしませんでした。初体験。
ちなみに遅延型食物アレルギー反応IgGについては以前にも言及しましたが、複数の食品が高い反応を示しておりました。

数年前に塩麹で体調を崩して2ヶ月間グロッキーだった事があったり、エビオス酵母を飲んで呼吸困難になったり、
カビを吸って数週間再起不能になったり・・
全て2012年に起こった事で。この頃既にイーストコネクションの基盤は出来ていたのかもしれません。



で。
オリーブリーフや、酵母菌クレンジング用サプリを使うようになってから少しずつ食べれるものが増えてきています(嬉

原因は、10年以上前からうっすらと考えていた(カビ)で間違いなかったんだなあ、と。
病院の対処療法(ステロイド使用や抗生物質使用)で更に状況を悪く、ややこしくしていたんだな、と。







次回は鳥さん達の記事に戻りますよ。
【おまけ画像】

100円ショップに売っていた、インコのカレンダー。
こういう場所でもオカメの姿を見かけるようになるなんて。

小さいのは卓上カレンダーです。





絵が可愛いのです^^











※今回もコメント欄を閉じておきます。
もし何かありましたらWEB拍手の方からよろしくお願いいたします。





っと来る記事があったらクリックして下さると嬉しいです。


web拍手を送る
















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )