■鳥道楽■ネケネケ
鳥・面白いこと好きな心の中はoutdoor派の管理人。好きな言葉は塞翁が馬。
 





TOP画像は、東丹沢、三ノ塔を少し烏尾尾根方面に歩いた場所で撮った、烏尾山小屋(三角の屋根の小屋)を中心に塔ノ岳に続く道を
写したものです。




【今更ながらの自分用メモ】

YAMAPアプリ

こちらのアプリを初めて使用、2017年の山行き記録は全てこちらに掲載してあります。
写真はブログで上げるよりも多いかも・・


※2017年に行った山MEMO 全てソロです。ソロになって行ける場所、日時の幅、行ける時間帯が広がりました。
殆どの箇所、走れる所は走っています。
トレラン装備ではなく、ザックの重さは4、5キロ以上あるので、スピードハイク、というカテゴリーに近い山行になるのかな。



■8月末 大雨の中、丹沢大山山頂までソロ。下りで多数のヒキガエルの飛び込みによりよけようとして左膝を痛めてます。
記録なし

檜洞丸  ツツジ新道 ピストン

西丹沢、お初の場所、ソロ
(車で相方は下方でまったり待機)



丹沢 大山 (女坂~かごや道〜見晴台経由)


塔ノ岳  表尾根(ヤビツ峠→大倉尾根)

■父親と一緒に行ってきました。
鎌倉アルプス(小さな沢コース)明月院〜天園 大平山〜獅子舞〜鎌倉宮


大室山 ピストン(用木沢出合~)


塔ノ岳 大倉尾根ピストン


鶴巻温泉駅→吾妻山→念仏山→高取山→浅間山→大山山頂→見晴台→下社


鎌倉アルプス(明月院脇→天園→大平山→獅子舞→鎌倉宮)



2017-12-19 15:18:44
に記事作成、アップしようとしたまま保留してました。




今年(2018年)は、まだ大山3回、塔ノ岳大倉尾根ピストン1回・・のみしか行ってません。
記録はなし、ツイッターやインスタに画像数枚たまにあげてます。

あまり行ってない理由は9月の初めに足を負傷しまして(こんなんばっかりですね;)
今もまだ微妙に痛いのですが、10月に大山山頂まで行ってきてるので一応問題はないかな、という状態。
あと、呼吸疾患がイマヒトツ、というもの。

今年はあと何回行けるかなー・・・









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






※大変今更となりますが、今年六月にアップしようとしてまだアップしていなかった記事です。
丁度その頃、私が描いた鳥絵がツイッター上で無断掲載+自身が描いた様な成りすまし、がありまして
そちら側に時間を割いてしまわざるを得なかったので・・


※コメント欄は再開しました。




6月11日、
サンゴが家に来て1年経ちました。

そして



その数日前から羽が数枚抜け始め

6月11日来家記念当日は、一気に30枚以上抜けました。







まるでノーマルオカメのお嬢さんが潜んでる様な羽も。

サンゴ羽の中にひっそりとちゃうサンのシルエットが(笑


サンゴの冠羽。根元の毛先がうっすら淡い黄色なので、

こんな、チョンマゲみたいな、筆みたいな冠羽にみえるんだね。(6月撮影)

こちらの方が解りやすいかな。

(先日9月撮影)

♪ひとひとぴっちゃん、ひとぴっちゃん・・
今にも「ちゃん!」と言いそうです。このネタが解る方は私と同年代か更に年上の方^^

それにしても、サンゴの羽模様は多彩・・





来家一年目にして、やっと換羽が来ました^^
当分は発情&産卵のことは考えないで良さそうです。

お店で切ってあった羽も抜けてきてます。

残念ながらパフち、鈴が達成出来なかった、切られた羽が元来の羽の長さで生え変わる事。
サンゴはやってくれそうです。(6月記)



MADE IT! やりました!
今では切ってあった羽も含めすべての羽が綺麗に生え変わってます^^(現9月記)


家に来て1年目を迎え、換羽を迎えられて、感無量です。








換羽期に入ったので、おやつバーを設置。
7月12日



この角度だとタレ目に写る様です。


※この後、換羽は7月末まで続きました・・発情した数日後には産卵。換羽終了。短いTT
今まで家に来たお嬢さんの中でも一番発情しやすい鳥さんで。今回の発情の発端は前記事にも載せましたが、酷暑続きでスイッチが
入った感じでした。ダイエットもしてたのにね・・。







【飼い主近況】
どうでもいい話・・飼い主の覚書的なものです。

サンゴを迎える1日前、6月10日は飼い主&相方の結婚記念日でした。
一緒に丹沢大山に行きましたが(11日は台風が来るということで、前日10日土曜日に行って来ました。)
一週間前の本道での熊目撃騒動のため?土曜日なのに平日並かそれ以上!?にガラガラでした。そう言う意味ではついていたか・・


今年は大山はこれで2回目、その後塔ノ岳に一度行ったのみ。

只今飼い主は2週間前くらい、9月1日に足を負傷した為、少なくともあと1ヶ月は山行、空手も無理だろうな(TT
はやく普通に歩けるようになりたいです。







今回は記事を二つに分けます。次回の記事は

サンゴ、来家1年目(6月11日)②

6月11日前後の彼女の写真を中心に用意してあったものをアップします。




【おまけ画像】
8月25日はチキンラーメンの60年目の誕生日だった為か、それを記念してコンビニで該当商品を該当数買うとひよこちゃんボトルが貰えるよ、という企画がありました。

ゲット!した後はすぐに鳥のご飯入れに^^





ケンケン、何を緊張してるんだか・・


サンゴ「あ、ケンケン?」









っと来る記事があったらクリックして下さると嬉しいです。


web拍手を送る













コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






TOP画像は、ベランダ日干し中のサンゴ。





サンゴは光の当たり方で涼しげな色合いになる様です。




お久しぶりです。


今年は7月の早いうちから猛暑、台風と連続しておりますが、皆様、如何お過ごしでしょうか。
こちらでは室内温度が34度を超えたのは2010年以来です。しかも36度近くの、最高記録(7月23日)が出てしまいました。

本日8月17日、急に涼しくなりました(が、予報では来週後半からまた猛暑復活するみたいです。最近の暑さは読めません、、)
北からとても乾燥した風が吹いてくるのです。
昨日までは部屋の湿度が65%~75%位だったんですが、今日は32%・・・差がありすぎ、、
台風が近づくと北から強風が吹き湿度が下がることが多い近年。
古き良き時代?の夏の観念はここ10~20年で大幅に崩れてしまった感があります。
本日はツクツクホウシが鳴く中、アキアカネが飛んでました。









今まで晴天なのにベランダでの鳥日干しを実行しなかった事はなかったのですが、あまりの暑さに2羽が焼き鳥になりそうな気配があったので、7月23日(埼玉で40度を超えた日です)この日のみ、日光浴をお休みしました。

炎天下でも風があり、湿度が低めなら霧吹き水浴びで快適なので
(以下、ツイッターより画像抜粋)




上記の日以外は例年通り日干しを実行しております。2羽とも水浴び好きなので(特にサンゴ)霧吹きが壊れるのが早いです。これで今年二本目。



霧吹きを構えると大急ぎで近くにやって来るサンちゃん。


いっちょ前に霧吹き水浴びの催促もしますよ。

サンゴ「さあ、サンちゃんにどんどん水をかけにゃ!




「・・。」


かけにゃ



サンゴは、頭をなでると猫の様にのどをゴロゴロ鳴らす様な音を出すことがあるし、性格も猫っぽい(気まぐれ、人ではなく場所につく)
ので、飼い主の脳内では、サンゴが発する言葉はこう聞こえる・・って事で。(適当にスルーしてくださいな)


ケン「この家に来ると語尾に余計な言葉がつくっち・・」
さだめぢゃ。諦めたまえ。









サンゴの水浴びの仕方は、亡きちゃうサンをパワーアップした感じです。
基本的な動きはちゃサンに近い様に思います・・ダイナミックです。


懐かしの「水浴び万歳!」
ちゃサンと同じく万歳もしますよ。

手羽関節の可動域が大変広い鳥さんです。



水浴び中に、万歳したまま頭を撫でさせる鳥はサンゴが初めてだけどね(笑












昨年、ついにエアコン無し歴50年近く(笑)の我が人生に幕を閉じまして・・
(とは言っても窓取り付け方の簡易なエアコンですが)去年夏より恩恵を受けております。




去年の今頃はやっと4月から続いていた改装工事が終った、と思った矢先、目の前の近接アパートの解体・新築工事を開始した時期で。
塗装などや騒音対策で真夏に窓を締め切らなくてはならず、今年に比べたらかなり涼しい夏であったにも関わらず締め切った部屋はどんどん気温が上がり・・自分は大丈夫でも鳥が危険かもしれない・・との判断で、導入した次第です。
そういう意味では、工事に感謝、かな。
(それと、ツイッターでエアコンについて言及してくださったBさん、ありがとうございます)
きっかけがなければ今年も無しで過ごしていた可能性大なので、、


7月23日、埼玉初の40度越えの日。
暑さと換羽で少しヘタリ気味だったケンケン。特に問題なさそうだったけど、やっぱりいつもよりも動きが少なかったサンゴ。
エアコンを入れ、部屋が涼しくなってからはスイスイ動き始めました。まさに水を得た魚の様。

ちゃう、ちーさんの時もそうだったんですが、オカメインコが特に問題なく過ごせる温度の上限は32度位まで。
飼い主は34度まで大丈夫なので、体温の高い鳥は当然もう少し高くても耐えれると思っていたんですが、34度近くになると羽をグライダーの様に広げて開口呼吸をはじめることもあるので、すぐに対処します。


室内温度32度で風が吹く(熱風ではない※)時はエアコン無しで余裕なんですが、風がないときは

この様に扇風機を当てると

2羽とも扇風機の当たる中央に集まってきます。
片足あげてクチバシをジョリジョリ言わせながら憩ってる風景も見られました。

ちゃう、ちーさんのときは扇風機を怖がってこういう事は出来なかった(ので、アイスノンを籠の上に置いて対処してました
のですが、この2羽は許容範囲が広くて色々と助かってます。

アイスノンを上に置いてみたこともありました。こちらはエアコンをつける為に締め切った部屋の暑さ、冷えるまでのの繋ぎの為においてます。


エアコンを導入するまでは、夜中は2~4時間ごとに鳥かごの上に置いたアイスノンや保冷剤を替えて凌いでました。
飼い主もそろそろ歳をとってきたのでコンスタントに夜中に起きるのは難しくなり始めまして・・
思えば、ちゃう、ちーさん、オカメインコを初めて飼ったのが32歳の時。まだまだ若く体力も有り余ってるので色んなことに問題なく対処できましたが、40代後半位(食物アレルギーの呼吸困難が現れて睡眠不足が日常茶飯事になてから)から怪しくなってきました。













今回の猛暑がきっかけで、折角6月11日前後から始まっていたサンゴの換羽が止まり、発情、産卵(7月28日~1日おきに計4個、いつもと同じ間隔、個数)が始まってしまいました(TT

2010年の猛暑では、ちゃうが暑さのために抱卵放棄、換羽が来て万々歳だったんですが、
【参考記事】ありがとう猛暑(発情・抱卵解除→換羽へ)2010年 9月16日の記事

サンゴは↑記事の途中にある、動物園のバリケンと同じ現象が起きました。

6月10日位からずっと続いていた換羽、羽ぬけ最中だったのがピタリと止まり、発情モードになったかと思うと翌々日には卵を産んでます。ダイエットも続けていたんですが、あまり効果はなかった様です。


【勇ましいサンちゃん】

サンゴは夜中に卵を産んで夜中に抱卵、お腹に卵があるときでも、抱卵期間でも、日中は普通に遊んでいるタイプです・・と、言うよりも
そういうタイプになりました。去年初めて卵を産んだ11月~1月までは日中も産卵・抱卵をしていたんですが、
1月に病院で発情抑制の注射(リュープリン)を打ってもらい、2月は発情なし・・だったのが3月にまた産卵TTこの時から、暗くした状態のカゴでなければ抱卵も産卵もしなくなってます。



で。
心配なので、夜寝かせるとき、サンゴが籠の中に入って抱卵を始めるときに、
(サンちゃん、大丈夫?)
と、声をかけるわけですが・・・・



ぎえええええええぇぇぇええええっーーーーっっ!!



・・と、それはもう、ありったけの力を振り絞ってすごい大声を出して威嚇するのです。
初めてこの状態を目の当たりにしたときの飼い主、思わず「うわああっ!」と大声を出し、尻餅をつきました(笑

歴代のお嬢さん・・というか主にちゃうとちーさんですが、卵を守るために大変な威嚇をしていましたが、ここまで大きな声を出して威嚇するのはサンゴが初めてです。

気合入ってるな;
お前なら空手マスターになれるかも。
飼い主はサンゴの圧倒的な気に負けました・・。
お前なら、自分の身よりも大きな動物を声で牽制することができる・・

ちなみに、サンゴを先に寝かせるので、ケンケンはまだカゴの外にいたわけですが、サンゴのその声を聞いてびっくりして
部屋の中をぐるぐる4回位超高速で飛び回ったくらいです。

「俺としたことが・・びっくりっち;」



ここまで大きな声で威嚇したお嬢さんは初めて。
ちなみに、二年前に鈴が抱卵していた時は、彼女は誰が近くを通っても気にせず、抱卵中に頭を撫でてあげても気にせず、で・・
その感覚が残っていたためか、余計にサンゴの威嚇声が効いてしまった次第です。


ホント、オカメさん達の個性の違いには驚かされます・・
・・なんて。当然と言ったら当然なんだとは思いますが^^;




※前回の記事でサンゴ特集にする旨ほのめかしていましたが、諸事情により秋以降へ・・
6月11日、無事サンゴが来家1年目を迎えたため、その日位に更新しようとしていたものの、
面倒事が舞い込んだ為、そしてブログにも?な書き込みがあった為のコメント欄も休止しておりました(近々再開する予定です)







【おまけ記事: サンたまクッキング】
ちゃうサンの時には偽卵が手に入らなかったので、ずっと実行しようと思ってできなかったコレ。
(※無精卵です)

産みたて、新鮮なうちにまず冷蔵庫に保存しておいて



ゆでてます。


ゆでサンたま。ゆで卵の匂いがします。


白身は透明がかった白色、黄身は鶏卵のそれと同じ感じです。



味は普通にゆでたまご。

サンちゃんに内緒でこっそり食べました。

ゆでたまの味。



小学生の時、セキセイの卵でフライパンの余熱で目玉焼きを作った以来です。ちなみにその時は妹と半分こしておそるおそる口にしたんですが、小さすぎて味はわかりませんでした。卵の感じは確かにしましたが・・





【おまけ画像2:濡れごはんはじめました】
サンゴは去年の7月頃濡れ飯(ウェットペレット、パフちが好んで食べたペレットの食べ方:記事、パフち特製ご飯と器用なケンケン )を喜んで食べていたのですが、
去年秋になってからは食べなくなったので、いっときの気まぐれで食べたのかな、と思ってました。

が、

今年7月になり、また復活。





水入れまでズプリームペレットを持って行って、水につけてから食べてます。
暑くなってから再開したので、冷たい水に浸して食べるのが好きなのかもしれません。
(パフちは冬でも食べたがったので、お湯に浸したヌレメシを作って与えてました)

勿論、こちらで作ってあげたものも


嬉しそうに食べます。


その様子を横目で見るケンケン。

(あんな湿った飯を美味しそうに食べやがって・・)


ケンも欲しいのかな?


はいよ。
渡したのはカッチカチのヨウム用デフォのズプリームペレットです。


食いつきはやい・・








おっと・・足で掴んで食べ始めました。懐かしいね。と、言うか、お前はお嬢さんが濡れ飯を食べると目の前で硬いのを足で掴んで食べるんだね(笑




サンゴは今日も濡れ飯を食べております。
涼しくなって、水を冷たいと感じるようになったら、去年の様に食べなくなるかもしれません。









【おまけ】ツイッターより。

珍しく好評だった記事です。

皆さんは豆苗、と聞いてすぐにいくつの料理方法が浮かびますか?
(他にも同じ体験をした方がいらっしゃる様です(笑)









っと来る記事があったらクリックして下さると嬉しいです。


web拍手を送る






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






こんにちは、お久しぶりです。
昨年11月に改めてケンケンの誕生日の記事を作るよ、と言っておいて半年経ってしまいました・・
ごめんよ、ケンケン!



「ブログ更新する時間があるなら、もっと遊んでくれ」

そだね^^;




・・と、言いつつ。

かなり遅くなりましたが、誕生日記事を兼ねて、ケンケン特集記事をアップします。





昨年11月12日は、ケンケンの6回目の来家記念日でした。
初めて来た時と同じく、晴れ。
晴れ男のケンケンはやっぱりこうでなくちゃ。



いつもお世話になっている小鳥の病院が大変込み合っていた為、割と近所にある病院(院長先生が元横浜小鳥の病院勤務の方)で、
ケンケン、初めての違う病院での健康診断をしてもらいました。(サンゴも一緒です^^)



2羽とも異状なしでしたが
ケンケンの診断の結果が・・

「筋肉太りですね。」



何度この言葉を聞いただろう。


ケンケン、何処の病院に行っても言われる事は同じなのか。









行きつけの居酒屋さんのメニュー。



・・・左上の、どう見てもケンケン。



もふマッチョ。





フとそんな言葉が頭に浮かびました。
今後ケンケンのカテゴリーはこれでいきましょうか。

ダイエットしてもしても、食べたものが片っ端から筋肉に。
特に今の時期、初夏~秋は120g超えることもあるので要注意です。








他のオカメさんではあまり見たことがないタイプ・・と思ったけど考えてみれば、ケンケンの故郷には
ケンケンよりも更にマッチョタフな親戚達が縦横無尽に飛び回ってるんだろうな・・

















以下、アップしようとしたまま放置していた文章の抜粋です↓
(一部、ツイッターで公開済みのものです)


2017年9月20日 ·


先日入ったお店のメニューにあった、一番上の硬そうな肉の鳥の絵を見て
(家のケンケンみたいだなあ)
とぼんやりと感じてました。

彼はいつもの病院で健康診断に行くと(筋肉太り)と言われます。
今回初の別の病院に行った時も(筋肉太りです)と言われました。
食べたものが脂肪にはならず筋肉になってしまう体質だそうです。

一般のオカメインコよりも重く体が締まって体格が大きいのです。


これが投げたボール並の速さで部屋の中を飛び回る姿をご想像ください。

テニスボールの硬球が横をかすめていく感じ。

たまに顔に当たるとケンケンの爪痕がくっきりと頬につきます。

もし顔に引っかき傷があったら、それはケンケンの蹴りによるものです。
怖いことがあると飼い主の顔に飛びついてくるので^^;





写真の様に丸い腹なので普通に脂肪太りかと思っていたんですが、病院の先生がお腹の羽をめくって(このお腹~胸の部分は全て筋肉です)と、赤黒い素肌(ヘモグロビンいっぱいの赤肉)を見せてくれました。

(あ、ここに少しだけ脂肪がありますね)と、脇のところに小指の爪より小さな白っぽい肌色が。
有ってもなくても分からないくらいの微量な脂肪。


その時もぼんやりと焼き鳥の部位が頭に浮かんでしまった飼い主でごめんね、ケンケン。


脇に脂肪・・・赤い筋肉・・
着ぐるみ着てるからさっぱり解らんね。





そんな筋肉ケンケンの最近のマイブームがコレ。
怒りのちゃぶ台返し≒エサ入れぶん投げ(クリックするとyoutubeに飛びます)


先輩ちゃうサンがエサが足りない時に怒って餌箱を持ち上げて下にゴトッと落としていたのを見て育ったケンケン。
何故か今になって真似し始めたわけですが・・
彼は力が強いので、落とすというよりも叩きつける感じ・・既に2つの餌箱を割っています。

今回はたまたま録画できたものを載せましたが、もっとすごい時はカゴの側面にぶち当てて、そのままエサ入れが激しくバウンドして戻ってくるという・・ケンケンにも危険なので今はエサ入れの位置を変えて投げにくくしております。)

勿論ぶん投げたエサ入れの中のズプリームペレットは床網の下にほとんど落ちてしまうのですが・・・
・・後で見たら、落ちないで側面にひっかかっていたペレットをかじっている彼の姿が(^^;


私が外出する間際に必ず餌箱をぶん投げます。怒ってます。外出する私への抗議の様です。









彼は去年、ほぼ1年間続いた度重なる工事の為に怖がりになってしまいまして・・
しばらくはどこに行くのも私にピッタリ付いてきたので(塗料の匂いが危険なので外出の時もキャリーに入れて持って行ってました。
お店の中で突然歌いだして焦ったことも、、)その癖から抜け出せないのもあるのかな。






画像はツイッターにアップしていた解体工事(こちらは7月半ば~今年2月末まで)の時のものです。
サンゴは家に来て1ヶ月半位。
住んでいる所の改装工事が6月前半に終わり、やっとお店で預かってもらっていたサンゴを引取りに行ったかと思ったらまさかの
目の前のアパートの解体&新築工事。

その間ずっと、重機が動かなくなる時=工事の方々のお昼休みに合わせてベランダへGO!
工事の方々のお昼休みに合わせて日干ししてました。


家の鳥も工事の騒音、建物が崩壊する場面を見て大騒ぎしてましたが、下の階の小さいお子様たちが・・クレーンで元アパートがメリメリと破壊されるたびに可哀想に、怖がってる声、泣き声が聞こえてました。(ちなみにそのご家族、数ヵ月後、工事真っ只中に引越しされてます)




去年は本当、工事続きな年だったね、、
2月末、ようやく新築工事も終わり、やっと静寂を取り戻しました。
・・1年近く工事の時間に合わせての行動、待機、外出の制限、騒音・異臭など予期しない事件ばかりで流石にくたびれましたー、、



ケンケンの良さが6年目にしてようやく解ってきたのです(遅いですね、、)
そういう意味では、(かなり)辛かった工事の時間、今は喉元すぎれば・・と言うのも勿論あるのですが、ケンケンの可愛さを再認識できるきっかけとなったので、有難い出来事だと思うことができるようになりました。




さて、その後撮ったキレイめケンケンの画像を。




余裕の微笑み。男らしいです。


















同じ時に写したサンゴ。冠羽が筆毛みたい。






























【おまけ】

飼い主、去年末からランニングを始めました。とは言っても、今までも空手道場に行く時に4キロのザックを背負って駅まで走ってるし(走らないと遅刻するから)、丹沢山系を走りまくってるので、全く走った事がない訳では無かったんですが・・
・・・・何も荷物をもってない状態で走った事が無く。

最初は苦戦しました(意外かもしれませんが、荷物を背負って走るのに慣れていると上半身が軽すぎて、安定しなく走りにくい)
本屋さんで、いろんなランニングの本を立ち読み、その中で1つとても気に入った本(青学の本でした)があったので購入。

本を開いたらいきなりこれが






ケンケン!?

・・そうだったんだ・・流石だ、ケンケン。

このアドバイスのおかげで一気に走りやすくなりました。ありがとう、青学コーチ。ありがとう、ケンケン(笑




サンゴ「次回はサンちゃんの記事だって。」

全く仲良くないのに仲良く見えるお二人さん(笑








っと来る記事があったらクリックして下さると嬉しいです。


web拍手を送る




コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )






(TOP画像は去年11月のサンちゃんです。)



サンゴ(サンちゃん)は、4月14日、2歳の誕生日を迎えました。
おめでとう・・!無事誕生日を迎えてくれてとてもとっても嬉しいよ、、

・・抱卵中でもありますが^^;









朝起こしたばかりのサンちゃん。
カゴの手前で抱卵してました。

敷毛布の色合いと羽模様が同化してるね。



4月13日に3個目をうみました。一番手前の綺麗な卵がそれです。あとは偽卵です。




以下、ちょっと自分用も兼ねた卵メモ(興味ない方は適当に飛ばしてくださいね)

只今抱卵中・・ではあるのですが、サンゴは今年2月から抱卵に対するスタンスを変えた様で
日中は全く卵を温めず・・夜寝かせるときに抱卵を始めます。

産卵も夜、寝かせた後の暗い場所で産む様になりました。

日中産まないので、産卵期間も比較的安心して外出できるようになりました。

リュープリン(発情抑制のための注射です)を1月に打ってもらってからダイエットを続けたものの2月28日にまた産みだしました。
但しダイエットのおかげで一度に産む卵は4個のみでした。


ちゃさん、ちーさんの場合はリュープリンを打ってもらってからその後ダイエットしたのみで産卵は防げたのですが、
サンゴは・・・・


寒さに弱いためか、寒い時期には自然に発情しなくなったちゃうサンよりも手ごわいサンゴ(何せ、寒さ強いので室温14度以下でも平然としてます)
まだ若いので余裕はありますが、今後どう対処すればいいか、課題です。
ケンケンの歌声が好きなようで、これにも多少反応してる可能性があるような、、



家に来て6月で1年になります。

実はまだ家に来てから本格的な換羽を迎えておりません。
産卵が終わると一日1~2枚位抜ける事はあるものの。
サンちゃん、そろそろ衣替えをしようよー







今回は4月13日~14日、誕生日前夜・当日の画像を貼っておきますね。


4月13日、日干し中。










頭部左のみ換羽で2枚位抜けたので少しハゲてますが、下がり眉毛みたいになって可愛いです。








なでられるのが大好きなサンゴ。(4月14日)

















ダイエット中でしたが、少しだけおやつバーをあげました。
今まで見向きもしなかったおやつバー。
お腹がすいているのか美味しそうにがじってました。


ケン「俺もちょっともらったよ!」
ケンケンもまた重くなってきたので減量中・・なかなか減りません。








星型とミニマンチボールのついたおもちゃをかじるのがとても好きです。


一緒に遊んであげたり。


そこで

はい、誕生日プレゼントだよ^^

「・・。」
特大サイズです。

・・流石にちょっと驚いたのか、すごい速さで私の手に登ってきました。全く遊ぼうとしません。


なので



腕にとまらせたままサンゴを私のお腹近くに寄せ、その場所で改めて大きなおもちゃを渡してみました。


私の方にもたれかかりながらあそび始めました。



実はサンゴ、パフちと同じ感じで、私の腕にとまりながら、私の胴体にひっつくのが好きな様です。
来たばかりの時はそうでもなかったんですが、いつの間にかこうなってました。




しばし、このひっつき虫はこの場所で新しいおもちゃと遊んでおりました。





よし、もう一人で遊べるね?






予想以上に甘えん坊の様です。
抱卵時は凄い勢いで威嚇する肝っ玉母ちゃんモードになるくせに(笑
(以上、4月14日の画像)














※後程改めて、サンゴの今までのデータ近況をアップする予定です。
ケンケンの誕生日記事の続きも今更ですがアップする準備をしております。


飼い主、今年も絶不調の時期が伸びてしまって・・・・もうちょっと待っててね、、










っと来る記事があったらクリックして下さると嬉しいです。


web拍手を送る




















コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ