日田市議会議員・なかの哲朗です(^_^)

日田市議会議員の中野哲朗です。「積極的な情報発信」をお約束し、議会へ送っていただきました。初心を忘れず、がんばります👊

衆議院解散、カンピュータ😅

2017-09-22 23:18:30 | 日記
日田市議会9月定例会。委員会審査2日目。

3つある常任委員会のうち、教育福祉は昨日、審査を終了しており、総務環境と産業建設が審査を続けました。総務環境委員会では、総務部、企画振興部、市民環境部の一部までの審査が終了しており、本日は、市民環境部の一部を審査。審査結果のまとめと採決の結果、付託された議案のすべてを全会一致で可決しました。

今日は、午前中は、会派室で資料作成等を行い、昨日に続き、持参した弁当を食べた後、委員会審査に出席しました。

昨日もお知らせしましたが、決算審査に出ることとなりました。執行部から提出されたり、ホームページ等で公開されている膨大な資料のすべてに目を通すのは不可能。しかし、得意な分野について掘り下げるのは、そう難しいことではありません(笑)。決算審査での質疑の後、12月定例会の一般質問で取り上げようと考えている内容について、調査を開始しました。

ところで、
来週木曜日(28日)には、衆議院が解散されるのは確実なようです。

今月はじめ、ほんの5年前には政権の座にあった政党の幹事長に内定したという女性代議士が、たった数日のうちに離党に追い込まれるという事態が発生した直後、麻生副総理が安倍総理の自宅を訪ねて、話し込んだという新聞記事を目にして、「衆議院解散? 投票日は10月22日?」とのカンピュータが働きました。まさか、本当になるとは?と驚きましたが…。それだけに、「いきなり!」という実感がまったくありません。

いずれにしても、衆議院議員の任期は、来年の12月13日で満了。いつ解散があってもおかしくない時期には来ていたわけで、「安倍内閣を解散総選挙に追い込む」と意気込んでいた野党は、選挙準備が万全だと推測します。

衆議院大分2区は、大分市(佐賀関町・野津原町)・日田市・佐伯市・臼杵市・津久見市・竹田市・豊後大野市・由布市・玖珠郡を選挙区とする広大なエリア(9月1日現在の有権者285,837人)。12期目の当選を目指す自民党現職と、比例復活の社民党現職が激突する構図。今回が3度目の対決となりますが…。

○衛藤(自民) 
平成24年-94,666票(日田市17,939票) 
平成26年-86,363票(日田市16,650票)

○吉川(社民) 
平成24年-46,786票(日田市8,095票)
平成26年-59,775票(日田市10,281票)
コメント