ムルマンスク便り

-夏の完全白夜、冬のオーロラ- ロシア連邦北西部にあり北極圏最大都市ムルマンスク市(ムールマンスク)の現地情報をお届け。

オーロラ出現報告(2018年8月)

2018-10-15 00:00:00 | オーロラ
相変わらずの多忙で、ごめんなさい。

 2018年8月1~31日までに、ムルマンスク州各地に出現したオーロラの様子をご紹介します。


 8月は。8月黒点群。フレアは月通して小規模でしたが20日にCMEが発生し、これによる太陽風の乱れが26日頃到来。磁場が大きく南向きに最大15nTまで変化して、磁気圏の活動を強めました。8月の平均黒点相対数は8.8でした。

 これを待ち構えていたムルマンスク州のオーロラハンターたちが愛機でバシバシ撮って数時間後にはネットにUPLOAD。州内で一番早かったのは、常連のトゥリフォノワ氏と、新しくオーロラハンターに加わったセーヴェルヌィ氏でした。

 では、2018年8月に撮影されたオーロラをお楽しみください。

 
▲ 2017年11月3日
左:無題inムルマンスク州(L Trifonova)
右:無題inムルマンスク州(V Severnyi)


▲ 2017年11月5日
今季最初のオーロラinモンチェゴルスク市(I Matveev)



▲ 2017年11月7日
やったー!オーロラシーズン開幕!inカンダラクシャ市(A Kovalyov)


ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ
コメント

団体ツアー企画「冬のオーロラ2018」のお知らせ

2018-09-24 00:00:00 | オーロラ
すみません、通常の業務の他「ロシアにおける日本年」関連イベントで多忙を極めておりますので、更新が滞ってしまいました。「ロシアにおける日本年」関連イベントに関しては、こちらが落ち着きましたら弊ブログでご紹介しますね。

ムルマンスク市のオーロラ&大自然ツアー会社・ノルドツアーズからお知らせです。




ツアー開催期間
11月30日~12月2日
12月7日~12月9日
12月21日~12月23日
12月28日~12月30日

日程表
1日目 サーミ族とトナカイに会いに行こう(昼食付き)
北に生息するトナカイとコラ半島に住む北方少数民族サーミ族の代表達と会います。サーミの暖炉を囲い本物の民族料理を食べ、あなたのモバイルでトナカイと一緒に写真を撮りましょう!

2日目 ハスキー犬が牽引するそりに楽しく乗ろう(朝食、昼食付き)
ハスキー犬飼育所を訪れ、飼育職員の話を聴き、ハスキー犬と触れあい、写真を撮り、そりに楽しく乗りましょう。

3日目 氷で覆われた海の岸を行こう(朝食、昼食付き)
氷で覆われたバレンツ海の岸を観光しましょう!北極海沿岸の荒い景色、雄大な北の大自然の息吹の中に浸りましょう。地球の果てへ、レッツゴー!

一晩 オーロラ狩りに出掛けよう(おつまみ付き)
プロの写真家でありガイドでもあるステパーネンコ氏と一緒に、北で一番美しい自然現象オーロラを狩りに出掛けましょう!そしてオーロラと一緒に記念撮影してもらいましょう。撮影は旅行代金に含まれています!

旅行代金とツアー条件(いずれもお一人様当たり)
18250RUB サーミ族とトナカイ観光なし。食事・宿泊を含まず。(ホテルはお客様ご自身でご予約ください。)
23198RUB サーミ族とトナカイ観光なし。グーベルニィホテルのツインスタンダード付き*。
25650RUB サーミ族とトナカイ観光なし。アズィムットホテルのツイン・スマートスペリオール付き*。

追加お支払いとサービス
+600RUB 氷で覆われたバレンツ海岸を雪上車で観光。
+5000RUB サーミ族とトナカイ観光(ご希望により)。
+1500RUB 空港からムルマンスク市街までの往復トランスファー(ご希望により)。

含まれるサービス
ご希望によりグーベルニィホテルまたはアズィムットホテル宿泊。朝食・昼食付きで、ツアー中に必要な情報を全てサポート。
観光施設に必要なチケットを全てサポート。観光中に温かいコーヒーまたは紅茶をご用意。送迎サポート。ガイド付き(英語・ロシア語)。プロのオーロラ写真家のガイド付き。オーロラを背景に高品質記念撮影付き。

含まれないサービス
ムルマンスクまでの往復交通費、夕食(空の条件が良ければ夕刻にオーロラツアーに出発するため、ツアー参加者は各自夕食を用意する必要があります。オーロラツアー中おつまみはこちらで用意しております。)


是非ご検討ください。

ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ
コメント

団体ツアー企画「秋のオーロラ2018」のお知らせ

2018-08-22 01:37:40 | オーロラ
すみません、あまりに忙しいので、更新が滞ってしまいました。
ムルマンスク市のオーロラ&大自然ツアー会社・ノルドツアーズからお知らせです。




日程(2泊3日):
   第1弾  9月 28~30日
   第2弾 10月 26~28日
   第3弾 11月  3~ 5日
料金(お一人様): 22,100ルーブル ※人数が多いと、お安くなります。

詳しくはノルドツアーズ(+7-911-340-5357)までお問い合わせください。


コメント (2)

オーロラツアーお申し込みの皆様へ

2018-02-18 13:01:51 | オーロラ
すみません、あまりに忙しいので、更新が滞ってしまいました。
ムルマンスク市のオーロラ&大自然ツアー会社「ノルドツアーズ」からお知らせです。

オーロラツアーに関する、これまで戴いたお便りやアクシデントについて回答致します。


前払いだと25%お得!
ご旅行が確定すると、当社から参加料金お支払いをお願いするメールが届きます。
当日払いできますが、前払いするとグッとお得です。
ご到着日から3営業日前までに前払いすると、25%引きでご参加できます。

例)2名様が2月23~25日の間ムルマンスクにご滞在し、ツアーに一回参加する場合
  2月23日にムルマンスク市ご到着 → 2月20日まで前払い受付致します
            すると・・・
  <当日支払い> 9,000ルーブル/名様 × 2名 = 18,000ルーブル
  <前払い>   9,000ルーブル/名様 × 2名 × (1-0.25) = 13,500ルーブル

お支払い後は、直ちに入金した旨のメールを当社にお送りください。


ツアー参加お申込の一部未達を解消
これまで送って戴いた皆様からのツアー参加お申込の一部が届かなかった、という問題がありました。
こちらでは特に迷惑メール設定していませんでしたが、転送先メールサーバーの不具合(迷惑メール選別がやけに厳しい、或いは気まぐれに選別されていた)が原因ですが、この問題を解消しました。ご迷惑をお掛けしました。


オーロラハントは3~4日余裕持って
日本の皆様はなかなかお休みが取れないのが現状ですが、オーロラは天気や太陽活動に左右される気まぐれな自然現象です。
したがってご旅行の際は、少なくても3~4日お取りになるよう、余裕持ってご計画されることを推奨致します


当社のガイドについて
現地では、オーロラ写真家のアレクサンドル・ステパーネンコ氏がガイドします(英語)。
オーロラ出現待機の際は、暖かい車内で温かいお茶とお菓子をご提供致します。
オーロラ出現の際、ここに掲載されているようなオーロラとのショットを撮影致します。旅の想い出に・・・。
 
※このページに掲載の写真は全て、ステパーネンコ氏によるもの。

G O O D L U C K!

詳しくはこちら・・・http://www.nordtours.ru/jp/


-----リンク先引用ここから-----

ご参加料金

個人および少人数でご参加の場合:

1名様のみ — 18000ルーブル
2名様 — 9000ルーブル(お1人様当たり)
3名様 — 7500ルーブル(お1人様当たり)
4-9名様 — 7000ルーブル(お1人様当たり)

団体でご参加の場合:
10-14名様 — 6500ルーブル(お1人様当たり)
15-19名様 — 6000ルーブル(お1人様当たり)
20-24名様 — 5500ルーブル(お1人様当たり)
25-29名様 — 5000ルーブル(お1人様当たり)
30-39名様 — 4500ルーブル(お1人様当たり)
40-49名様 — 4000ルーブル(お1人様当たり)

グループでご参加の場合は、表示されている料金を各自お支払いください。例えば、4人グループでご参加の場合、お一人様7000ルーブルずつお支払いいただくことになります。★グループ参加がよりお得!


参加料金には以下のサービスが含まれています。
1)オーロラ出現予報日と観望ツアー最適日のお知らせ(オーロラは雲の上に現れるので、曇り度合い、大気団も考慮に入れてお知らせします。)
2)プロフェッショナルのガイド兼写真家の同行。移動中オーロラについて説明をし、本物のオーロラを背景に貴方の写真をプロの技術で撮影します。
3)ホテルから観望地までの往復トランスファー
4)移動中お茶、コーヒー、おつまみなどの提供
観望所要時間は6~8時間ぐらいです。これは1回の観望当たりの所要時間ですが、最適日をこちらで選定するため、約3日ご滞在することをお勧めします。

参加料金には滞在費や食費は含まれていません。宿泊先はお客様自身でご予約ください。


観望ツアーのご予約の際、以下のことを弊社にお伝えください。
1)ムルマンスクご到着日時
2)ムルマンスクご出発日時
3)ご宿泊ホテル
4)ご連絡先電話番号
これらは、弊社が観望日を計画し、お客様に観望当日スケジュールをお知らせするために重要です。

-----リンク先引用ここまで-----


ご予約ご希望の方は、必要な情報をお書きになった上で、以下の宛先までお送りください。
http://www.nordtours.ru/contacts-jp/


ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ
コメント

オーロラ出現報告(2017年11月)

2018-01-31 02:49:54 | オーロラ
相変わらずの多忙で、ごめんなさい。

 2017年11月1~30日までに、ムルマンスク州各地に出現したオーロラの様子をご紹介します。

 今月は太陽面が非常に賑やかな月でした。9月上旬に2673・2674黒点群が太陽面で大きく発達。その2673黒点群から、4~11日にMやXクラスの大規模フレアが断続的に発生しました。特に、7日のX9.3、11日にX8.2クラスと十数年ぶりの大規模フレアでした。そして8月末に大きな黒点が現れました。11月の平均黒点相対数は3.4でした。当月の太陽風速度は、ほぼ常に500km/s以上でした。南北磁場も活発に変化しましたが、特に上旬のXフレアが出た後に-29nTまで非常に大きく振れました。

 9月上旬にあったXクラスフレア連発の時には、ムルマンスク州でも州内中のプロアマ写真家が一斉にオーロラハントに出掛け、愛機でバシバシ撮って数時間後にはネットにUPLOADしていたので、即ダウンロード。気がつけば、手元にある9月に撮影されたオーロラ写真総数が200枚に迫る量になっていました。

 では、11月に撮影されたオーロラをお楽しみください。



▲ 2017年11月3日 
太陽から贈られたブーケを愛する君に!inムルマンスク州(A Stepanenko)



▲ 2017年11月5日
オーロラを背景に心から愛のプロポーズ-何て素敵な伝統なんだ!inムルマンスク州(A Stepanenko)



▲ 2017年11月7日
オーロラコロナinカンダラクシャ市(A Kovalyov)



▲ 2017年11月8日
inモンチェゴルスク市(M Smirnov)



▲ 2017年11月11日
コラの大地の果てinムルマンスク州(A Stepanenko)



▲ 2017年11月12日
テリベルカへの道の守護人inムルマンスク州(A Stepanenko)



▲ 2017年11月13日
本当にあったおとぎ話「テリベルカの岸」inムルマンスク州(A Vasiliev)



▲ 2017年11月14日
月とオーロラと夕映えとinアパチット市(V Dziganov)



▲ 2017年11月15日
無題inアパチット市(V Dziganov)



▲ 2017年11月16日
無題inアパチット市(V Dziganov)



▲ 2017年11月17日
光inムルマンスク州(V Pupkin)


 
▲ 2017年11月18日
左:コロナはオーロラの中で最も美しく見応えある現象の1つinアパチット市(V Dziganov)
右:無題inムルマンスク州(S Hrenov)



▲ 2017年11月19日
Вышка, фонарь на дамбе и база инопланетян между сопок 8)
塔、ダムの灯り、丘間にある宇宙人基地inムルマンスク州(L Trifonova)


  
▲ 2017年11月20日
左:無題inムルマンスク州(A Stepanenko)
中:ヒビノ山脈上空にinアパチット市(V Dziganov)
右:雲じゃない、あれオーロラだっ!inテリベルカ村(Y Fyodorova)


   
▲ 2017年11月21日
無題inムルマンスク州(A Stepanenko)
空に伸びる光の線路inムルマンスク州(A Saltykova)
ヒビノ山脈上空にinアパチット市(V Dziganov)
無題inアパチット市(V Istomin)


▲ 2017年11月22日
オーロラと天の川inアパチット市(V Dziganov)
左:ルヴェンガ村にてinカンダラクシャ郊外(A Kovalyov)
中:ヴィッテにてinモンチェゴルスク市(I Matveev)
右:ルヴェンガ村にてinカンダラクシャ市(I Prozorov)
無題inアパチット市(N Sobolev)
北国の住人じゃない人のために魅せてくれた神秘inヒビノ山脈(A Kolesnikov)
無題inモンチェゴルスク市(M Smirnov)
左:無題inアパチット市(A Krotov)
右:無題inアパチット市(R Goryachiy)



▲ 2017年11月23日
上段左:無題inムルマンスク州(A Mandeyka)
上段中:無題inアパチット市(A Krotov)
上段右:慌てて飛び出して大感動inムルマンスク市(A Tsuvitun)
中段左:無題inモンチェゴルスク市(I Matveev)
中段中:無題inムルマンスク市(M Moskalenko)
中段右:オーロラとプレアデス星団inアパチット市(N Sobolev)
下段左:無題inテリベルカ村(O Lakeeva)※宇宙天気ニュース(2017年10月17日付)に掲載されました
下段中:バレンツ海沿岸でinムルマンスク州(R Impolitov)
下段右:無題inモンチェゴルスク市(Y Platuhin)



▲ 2017年11月26日
報告書を仕上げなければならなかったけど、我慢できなくなってオーロラハントinキーロフスク市(B Vahmistov)



▲ 2017年11月28日
無題inヒビノ山脈(A Chernuho)



▲ 2017年11月30日
上段左:雲上のオーロラinアパチット市(V Dziganov)※宇宙天気ニュース(2017年10月17日付)に掲載されました
上段中:無題inアパチット市(V Istomin)※宇宙天気ニュース(2017年10月17日付)に掲載されました
上段右:無題inモンチェゴルスク市(I Matveev)
下段左:無題inモンチェゴルスク市(M Smirnov)
下段右:市から9km地点でinムルマンスク市(N Polovnyov)
上段左:飛行機の窓の向こう側inムルマンスク州(A Gorodinskiy)
上段中:無題inムルマンスク州(A Stepanenko)
上段右:無題inアパチット市(A Krotov)
下段左:無題inムルマンスク州(V Ivchenko)
下段中:ニャリヤヴルにてinムルマンスク州(V Pupkin)
下段右:無題inアパチット市(V Istomin)
上段中:無題inムルマンスク市(A Tsuvitun)
上段右:キルディンスコエ湖畔でinムルマンスク州(V Onatskiy)
下段左:高層に現れたオーロラinムルマンスク州(S Hrenov)
下段右:無題inモンチェゴルスク市(Y Platuhin)
上1段目左から2番目:無題inアパチット市(A Krotov)
上1段目左から3番目:無題inムルマンスク市(A Tsuvitun)
上1段目左から4番目:無題inアパチット市(V Istomin)
上2段目左から1番目:シーズン到来!inムルマンスク市(D Telegina)
上2段目左から2番目:無題inオレネゴルスク市(K Egorov)
上2段目左から3番目:無題inムルマンスク市(M Moskalenko)
上2段目左から4番目:大熊座とオーロラinアパチット市(N Sobolev)
上3段目左から1番目:無題inムルマンスク州(O Kuzikova)※宇宙天気ニュース(2017年10月17日付)に掲載されました
上3段目左から2番目:市上空でinムルマンスク市(O Murabey)
上3段目左から3番目:無題inアパチット市(R Goryachiy)
上3段目左から4番目:無題inムルマンスク州(S Hrenov)
上4段目左から1番目:十数年に一度の巨大フレアの後でinアパチット市(Y Grechihin)
上4段目左から2番目:無題inムルマンスク市(Y Nikolaevich)
上4段目左から3番目:無題inモンチェゴルスク市(Y Platuhin)
上4段目左から4番目:夕べ窓から見たオーロラinアパチット市(Y Yaschenko)
右:無題inムルマンスク州(S Hrenov)
左:無題inムルマンスク州(O Kuzikova)
右:無題inアパチット市(R Goryachiy)
1番目:沼地を散歩していてinアパチット市(V Dziganov)
2番目:無題inアパチット市(V Istomin)
3番目:無題inムルマンスク市(E Kovalenko)
4番目:無題inムルマンスク市(O Murabey)
上段左:無題inムルマンスク州(V Ivchenko)
上段中:午前一時頃inムルマンスク州(V Istomin)
上段右:ちょっと引っ掛けた・・・inアパチット市(N Sobolev)
下段左:無題inコヴドール市(S Baylukov)
下段右:オーロラinモンチェゴルスク市(Y Platuhin)
上段左:無題inカンダラクシャ市(A Kovalyov)
上段中:秋の初日にinキーロフスク市(B Vahmistov)
上段右:無題inキーロフスク市(V Istomin)
下段左:無題inモンチェゴルスク市(I Matveev)※宇宙天気ニュース(2017年9月15日付)に掲載されました
下段右:無題inカンダラクシャ市(I Prozorov)※宇宙天気ニュース(2017年9月15日付)に掲載されました
1番目:シーズン到来!inムルマンスク州(A Stepanenko)
2番目:無題inムルマンスク州(A Vasiliev)
3番目:無題inアパチット市(A Krotov)
4番目:ライトセーバーinアパチット市(V Dziganov)
左:フェニックスinアパチット市(V Dziganov)
右:雲間から捕まえたけど未だ小さいから逃がしてやったよinカンダラクシャ市(I Prozorov)

ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ
コメント

オーロラ出現報告(2017年10月)

2018-01-11 00:00:00 | オーロラ
 2017年10月1~31日までに、ムルマンスク州各地に出現したオーロラの様子をご紹介します。

 当月は、非常に穏やかな太陽面でした。2682黒点群によるMクラスの大規模フレアが21日に発生。その後2685黒点群が出現しましたが、月末に消滅し、10月は無黒点の日々が続きました。10月の平均黒点相対数は7.9でした。当月の太陽風速度は、中旬に700km/s台の高速風を記録、下旬にも600km/s台を記録しましたが、月平均して中低速でした。南北磁場は小幅な動きを見せました。当月最大高速風を記録した17日でも、磁場の振れは-6nTまででした。

 ムルマンスク市では10月中旬から11月にかけて降雪シーズン。曇天雪天の日々が続きましたが、ムルマンスク州内中のプロアマ写真家が、転向にめげず足しげく脚を運び、撮影してくれました。ありがとうございます。

*   *   *   *   *

 これを書いているのは、2018年1月11日ですが、ムルマンスク市で念願の初日の出の日でもあります。
   日出時刻  12:33
   日没時刻  13:17
   日照時間  44分 (以上、yandexの天気予報参照)
 ムルマンスク市では初日の出を観望したい方のために、無料シャトルバスを毎年運行しています。
   11:00   アフトパルク停留所(市中部にある)発
   11:30   多目的施設「クレチェット」 着 ソルネチナヤ・ゴルカ丘まで徒歩で移動
           同丘上で観望
   14:00   ソルネチナヤ・ゴルカ丘 発
   14:30   アフトパルク停留所 着
 ソルネチナヤ・ゴルカ丘(сопка "Солнечная горка")とは、ムルマンスク市内で最も標高が高い場所(305メートル)。旅行者がよく利用する宿泊施設オグニ・ムルマンスカの近くに多目的施設「クレチェット(комплекс "Кречет")」があり、ここで下車し丘まで1キロ歩きます。毎年多くの初日の出FANで賑わいます。この伝統的なイベント参加者に地元で採れたキイチゴ茶が振舞われるそうです。ご興味ある方は、来年からどうぞ。ただし丘上のマイナス10度は寒いので、防寒対策は万全になさってください

▲ソルネチナヤ・ゴルカ丘周辺 ※クリックすると拡大されます


 では、2017年10月に撮影されたオーロラをお楽しみください。



▲ 2017年10月1日 
午前2時頃inモンチェゴルスク市(I Matveev)


▲ 2017年10月3日
無題inムルマンスク州(V Istomin)


▲ 2017年10月4日
無題inニャルヤヴル(V Pupkin)


▲ 2017年10月5日
無題inアパチット市(V Istomin)


▲ 2017年10月6日
無題inアパチット市(V Istomin)


▲ 2017年10月8日
無題inムルマンスク州(O Semenkevich)


▲ 2017年10月11日
左:無題inアパチット市(V Dziganov)
右:無題inアパチット市(V Istomin)


▲ 2017年10月12日
左:午後10時頃inテリベルカ村(E Shelkovnikov)
右:無題inムルマンスク州(L Trifonova)


▲ 2017年10月13日
無題inアパチット市(V Istomin)


▲ 2017年10月14日
左:無題inアパチット市(V Dziganov)
中:無題inアパチット市(V Istomin)
右:無題inムルマンスク州(O Semenkevich)


▲ 2017年10月15日
無題inアパチット市(V Istomin)


▲ 2017年10月19日
無題inムルマンスク州(L Trifonova)


▲ 2017年10月20日
無題inアパチット市(V Dziganov)


▲ 2017年10月24日
無題inモンチェゴルスク市(I Matveev)


▲ 2017年10月25日
左:無題inムルマンスク州(L Trifonova)
右:無題inムルマンスク州(M Smirnov)


▲ 2017年10月27日
沼上でオーロラハント成功inアパチット市(V Dziganov)


ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ
コメント

オーロラ出現報告(2017年9月)

2017-11-01 00:00:00 | オーロラ
 2017年9月1~30日までに、ムルマンスク州各地に出現したオーロラの様子をご紹介します。

 今月は太陽面が非常に賑やかな月でした。9月上旬に2673・2674黒点群が太陽面で大きく発達。その2673黒点群から、4~11日にMやXクラスの大規模フレアが断続的に発生しました。特に、7日のX9.3、11日にX8.2クラスと十数年ぶりの大規模フレアでした。そして8月末に大きな黒点が現れました。9月の平均黒点相対数は26.2でした。当月の太陽風速度は、ほぼ常に500km/s以上でした。南北磁場も活発に変化しましたが、特に上旬のXフレアが出た後に-29nTまで非常に大きく振れました。

 9月上旬にあったXクラスフレア連発の時には、ムルマンスク州でも州内中のプロアマ写真家が一斉にオーロラハントに出掛け、愛機でバシバシ撮って数時間後にはネットにUPLOADしていたので、即ダウンロード。気がつけば、手元にある9月に撮影されたオーロラ写真総数が200枚に迫る量になっていました。

 では、9月に撮影されたオーロラをお楽しみください。


  
 
▲ 2017年9月1日 
上段左:無題inカンダラクシャ市(A Kovalyov)
上段中:秋の初日にinキーロフスク市(B Vahmistov)
上段右:無題inキーロフスク市(V Istomin)
下段左:無題inモンチェゴルスク市(I Matveev)※宇宙天気ニュース(2017年9月15日付)に掲載されました
下段右:無題inカンダラクシャ市(I Prozorov)※宇宙天気ニュース(2017年9月15日付)に掲載されました


  
 
▲ 2017年9月3日
上段左:無題inムルマンスク州(V Ivchenko)
上段中:午前一時頃inムルマンスク州(V Istomin)
上段右:ちょっと引っ掛けた・・・inアパチット市(N Sobolev)
下段左:無題inコヴドール市(S Baylukov)
下段右:オーロラinモンチェゴルスク市(Y Platuhin)


   
▲ 2017年9月4日 左から
1番目:シーズン到来!inムルマンスク州(A Stepanenko)
2番目:無題inムルマンスク州(A Vasiliev)
3番目:無題inアパチット市(A Krotov)
4番目:ライトセーバーinアパチット市(V Dziganov)


   
▲ 2017年9月5日 左から
1番目:沼地を散歩していてinアパチット市(V Dziganov)
2番目:無題inアパチット市(V Istomin)
3番目:無題inムルマンスク市(E Kovalenko)
4番目:無題inムルマンスク市(O Murabey)


  
 
▲ 2017年9月7日
上段左:テリベルカの滝inムルマンスク州(A Stepanenko)
上段中:無題inムルマンスク市(A Tsuvitun)
上段右:キルディンスコエ湖畔でinムルマンスク州(V Onatskiy)
下段左:高層に現れたオーロラinムルマンスク州(S Hrenov)
下段右:無題inモンチェゴルスク市(Y Platuhin)


   
   
   
   
▲ 2017年9月8日
上1段目左から1番目:オーロラ美人inムルマンスク州(A Stepanenko)※宇宙天気ニュース(2017年10月17日付)に掲載されました
上1段目左から2番目:無題inアパチット市(A Krotov)
上1段目左から3番目:無題inムルマンスク市(A Tsuvitun)
上1段目左から4番目:無題inアパチット市(V Istomin)
上2段目左から1番目:シーズン到来!inムルマンスク市(D Telegina)
上2段目左から2番目:無題inオレネゴルスク市(K Egorov)
上2段目左から3番目:無題inムルマンスク市(M Moskalenko)
上2段目左から4番目:大熊座とオーロラinアパチット市(N Sobolev)
上3段目左から1番目:無題inムルマンスク州(O Kuzikova)※宇宙天気ニュース(2017年10月17日付)に掲載されました
上3段目左から2番目:市上空でinムルマンスク市(O Murabey)
上3段目左から3番目:無題inアパチット市(R Goryachiy)
上3段目左から4番目:無題inムルマンスク州(S Hrenov)
上4段目左から1番目:十数年に一度の巨大フレアの後でinアパチット市(Y Grechihin)
上4段目左から2番目:無題inムルマンスク市(Y Nikolaevich)
上4段目左から3番目:無題inモンチェゴルスク市(Y Platuhin)
上4段目左から4番目:夕べ窓から見たオーロラinアパチット市(Y Yaschenko)


 
▲ 2017年9月9日
左:フェニックスinアパチット市(V Dziganov)
右:雲間から捕まえたけど未だ小さいから逃がしてやったよinカンダラクシャ市(I Prozorov)


 
▲ 2017年9月10日
左:無題inアパチット市(V Dziganov)
右:無題inムルマンスク州(S Hrenov)


 
▲ 2017年9月12日
左:無題inムルマンスク州(O Kuzikova)
右:無題inアパチット市(R Goryachiy)



▲ 2017年9月15日
北国の住人じゃない人のために魅せてくれた神秘inヒビノ山脈(A Kolesnikov)



▲ 2017年9月17日
無題inアパチット市(N Sobolev)


  
▲ 2017年9月18日
左:ルヴェンガ村にてinカンダラクシャ郊外(A Kovalyov)
中:ヴィッテにてinモンチェゴルスク市(I Matveev)
右:ルヴェンガ村にてinカンダラクシャ市(I Prozorov)


 
▲ 2017年9月20日
左:無題inアパチット市(A Krotov)
右:無題inアパチット市(R Goryachiy)



▲ 2017年9月21日
無題inモンチェゴルスク市(M Smirnov)



▲ 2017年9月22日
オーロラと天の川inアパチット市(V Dziganov)


  
  
  
▲ 2017年9月24日
上段左:無題inムルマンスク州(A Mandeyka)
上段中:無題inアパチット市(A Krotov)
上段右:慌てて飛び出して大感動inムルマンスク市(A Tsuvitun)
中段左:無題inモンチェゴルスク市(I Matveev)
中段中:無題inムルマンスク市(M Moskalenko)
中段右:オーロラとプレアデス星団inアパチット市(N Sobolev)
下段左:無題inテリベルカ村(O Lakeeva)※宇宙天気ニュース(2017年10月17日付)に掲載されました
下段中:バレンツ海沿岸でinムルマンスク州(R Impolitov)
下段右:無題inモンチェゴルスク市(Y Platuhin)



▲ 2017年9月26日
報告書を仕上げなければならなかったけど、我慢できなくなってオーロラハントinキーロフスク市(B Vahmistov)



▲ 2017年9月27日
無題inヒビノ山脈(A Chernuho)


  
 
▲ 2017年9月28日
上段左:雲上のオーロラinアパチット市(V Dziganov)※宇宙天気ニュース(2017年10月17日付)に掲載されました
上段中:無題inアパチット市(V Istomin)※宇宙天気ニュース(2017年10月17日付)に掲載されました
上段右:無題inモンチェゴルスク市(I Matveev)
下段左:無題inモンチェゴルスク市(M Smirnov)
下段右:市から9km地点でinムルマンスク市(N Polovnyov)


  
  
▲ 2017年9月29日
上段左:飛行機の窓の向こう側inムルマンスク州(A Gorodinskiy)
上段中:無題inムルマンスク州(A Stepanenko)
上段右:無題inアパチット市(A Krotov)
下段左:無題inムルマンスク州(V Ivchenko)
下段中:ニャリヤヴルにてinムルマンスク州(V Pupkin)
下段右:無題inアパチット市(V Istomin)



ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ
コメント (8)

オーロラ出現報告(2017年8月)

2017-09-30 00:00:00 | オーロラ
 2017年8月18~31日までに、ムルマンスク州各地に出現したオーロラの様子をご紹介します。

 今月は21・24・31日にCクラスのフレアが発生しました。そして8月末に大きな黒点が現れました。8月の平均黒点相対数は でした。太陽風速度は8月18日頃到来し、600~750km/sの高速太陽風が5日間ぐらい続きました。そのあと9日に一旦速度が上がりました。これに伴い、南北磁場が活発になりました。

 ムルマンスク州でのオーロラ初観測は、8月18日にVahmistov氏とShubin氏によってもたらされました。今は暗い時間がどんどん長くなり、オーロラ観望チャンスがどんどん増えていきます。今期も素敵なオーロラにたくさん会えるといいですね。

 では、8月に撮影されたオーロラをお楽しみください。


 
▲ 2017年8月18日 
左:オーロラシーズン到来inキーロフスク市(B Vahmistov)
右:無題inムルマンスク市(K Shubin)



▲ 2017年8月29日 
シーズン解禁!inムルマンスク州(V Ivchenko)※宇宙天気ニュース(2017年9月15日付)に掲載されました


  
▲ 2017年8月31日
左:無題inアパチット市(A Krotov)※宇宙天気ニュース(2017年9月15日付)に掲載されました
中:無題inキーロフスク市(V Istomin)※宇宙天気ニュース(2017年9月15日付)に掲載されました
右:オーロラシーズンを俺が開けたぜ!inアパチット市(N Sobolev)※宇宙天気ニュース(2017年9月15日付)に掲載されました


ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ
コメント

オーロラ観望スポット・遠場編

2017-09-15 00:46:54 | オーロラ
オーロラ観望にいらっしゃる方へ

この季節になると、観望ポイントに関するご質問をたくさん戴きます。
前回「オーロラ観望スポット・近場編」と題し、ムルマンスク市内で観望できる場所を当ブログでご紹介しました。
今回は、郊外へ脱出して観望する「オーロラ観望スポット・遠場編」についてご紹介します。

よく戴く質問に、「オーロラツアーを開催している旅行会社はないか」などがございます。
ご宿泊先のホテルの外でも観望できますが、「町明かりや悪天候なんてうんざり、ここまで来たんだから多少出費してでも観望したい!」という方のために、オーロラツアー専門会社を1つご紹介します。

ノルドツアーズ(Nord Tours)

ムルマンスク市にある、オーロラツアー専門会社です。
日本語版はまだ工事中ですが、「次回のオーロラ観望好期」の欄以外は正しいので、詳しいツアー内容は以下リンク先をクリックしてご覧ください。
http://www.nordtours.ru/jp/

-----リンク先引用ここから-----

ご参加料金

個人および少人数でご参加の場合:

1名様のみ — 18000ルーブル
2名様 — 9000ルーブル(お1人様当たり)
3名様 — 7500ルーブル(お1人様当たり)
4-9名様 — 7000ルーブル(お1人様当たり)

団体でご参加の場合:
10-14名様 — 6500ルーブル(お1人様当たり)
15-19名様 — 6000ルーブル(お1人様当たり)
20-24名様 — 5500ルーブル(お1人様当たり)
25-29名様 — 5000ルーブル(お1人様当たり)
30-39名様 — 4500ルーブル(お1人様当たり)
40-49名様 — 4000ルーブル(お1人様当たり)

グループでご参加の場合は、表示されている料金を各自お支払いください。例えば、4人グループでご参加の場合、お一人様7000ルーブルずつお支払いいただくことになります。★グループ参加がよりお得!


参加料金には以下のサービスが含まれています。
1)オーロラ出現予報日と観望ツアー最適日のお知らせ(オーロラは雲の上に現れるので、曇り度合い、大気団も考慮に入れてお知らせします。)
2)プロフェッショナルのガイド兼写真家の同行。移動中オーロラについて説明をし、本物のオーロラを背景に貴方の写真をプロの技術で撮影します。
 
3)ホテルから観望地までの往復トランスファー
4)移動中お茶、コーヒー、おつまみなどの提供
観望所要時間は6~8時間ぐらいです。これは1回の観望当たりの所要時間ですが、最適日をこちらで選定するため、約3日ご滞在することをお勧めします。

参加料金には滞在費や食費は含まれていません。宿泊先はお客様自身でご予約ください。


観望ツアーのご予約の際、以下のことを弊社にお伝えください。
1)ムルマンスクご到着日時
2)ムルマンスクご出発日時
3)ご宿泊ホテル
4)ご連絡先電話番号
これらは、弊社が観望日を計画し、お客様に観望当日スケジュールをお知らせするために重要です。

-----リンク先引用ここまで-----

近場vs遠場、あなたはどちらがいいですか・・・迷いますね。

ご予約ご希望の方は、必要な情報をお書きになった上で、以下の宛先までお送りください。
http://www.nordtours.ru/contacts-jp/


ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ
コメント

オーロラ観望スポット・近場編

2017-09-15 00:42:34 | オーロラ
オーロラ観望にいらっしゃる方へ

この季節になると、観望ポイントに関するご質問をたくさん戴きます。
今回は特に多い質問「オーロラ観望スポット」についてお答えします。

よく戴く質問に、「ムルマンスク市内で見られますか」「郊外へ行かないと見えませんか」「どんなところが観望に適していますか」などなどがあります。
ご宿泊先のホテルの外でもできますが、車や団地の灯りなどで結構邪魔されます。でもあまり遠出したくない、倹約して観望したい方のために、近場3箇所をご紹介します。


アリョーシャ像

大祖国防衛戦争戦死者の慰霊像、町の皆からアリョーシャと呼ばれているこの像は、緑の岬と言われているところに建っています。岬の下にはムルマンスク港の明かりがありますが、工夫次第で隠して観られます。像の下には永遠の火が24時間燃えているので、冬季は暖取りにいいですね。ただ岬上で風がちょっと強いです。
【アクセス】
市中心から
  トロリーバス 2番、3番、4番
  アフトバス 5番、10番、18番
  マルシュルートカ 10番、18番、51番、53番、54番、55番
で最寄バス停「ガガーリナ(ул.Гагарина)※下の地図で緑の点」下車。目前にセミョーノフスコエ湖や遊園地が見えるので、その間の道を道なりに行きます。アレクサンドロワ通りという広い道路に出るので、左折して突き当たりまで進みます。そしてまた左折し直進。徒歩20分。像まで緩やかな上り坂です。28RUB。
タクシーだと市中心から15分。「ド・アリョーシ(До Алёши)」とご指定ください。150~200RUB。

https://www.google.ru/maps/place/%D0%90%D0%BB%D1%91%D1%88%D0%B0/@68.9919817,33.0768252,15.01z/data=!4m2!3m1!1s0x443411c8fef97425:0x9dfb0fd2de6f643b!6m1!1e1




スパス・ナ・ヴァダフ正教会

セミョーノフスコエ湖をはさんでアリョーシャ像の反対側の高台にあります。市中心からバスなどで上がってくると右手に見えてくる教会が、これ。近くには多角柱の灯台、大錨のオブジェクトがあります。教会近くにも灯りがありますが、オレンジ色の弱い光なので工夫して隠し、観望しましょう。
【アクセス】
市中心から
  トロリーバス 2番、3番、4番
  アフトバス 5番、10番、18番
  マルシュルートカ 10番、18番、51番、53番、54番、55番
で最寄バス停「セミョーノフスコエ・オーゼラ(Семёновское озеро)※下の地図で緑の点」下車。目前にセミョーノフスコエ湖が見えます。降車後右へ行くと二差路に差し掛かります。左側の道路を直進して行くと右手に協会が見えてきます。徒歩10分。28RUB。
タクシーだと市中心から15分。「ド・ツェルクヴィ・スパス・ナ・ヴァダフ(До церкви Спас на водах)」とご指定ください。150~200RUB。

https://www.google.ru/maps/place/%D0%A1%D0%BF%D0%B0%D1%81+%D0%BD%D0%B0+%D0%92%D0%BE%D0%B4%D0%B0%D1%85/@68.9888778,33.0852038,15z/data=!4m2!3m1!1s0x44341034f648c6c3:0xd23410e3865126a0




ドリーナ・ウユータ

やや低く広がる大きな谷間。夏はキノコ&木の実狩り、冬季はウィンタースポーツで使われます。3月中は冬季スポーツの祭典「プラーズニク・セーヴェラ」が開催され、北極圏ならではトナカイレースも見られます。
【アクセス】
市中心から
  トロリーバス 2番、4番、6番
  アフトバス 5番、18番
  マルシュルートカ 18番、51番
で最寄バス停「ドリーナ・ウユータ(Долина уюта)※下の地図で緑の点」下車。目前の低木樹海(冬季は雪原)がドリーナ・ウユータです。下の地図では、ピンク色にハッチングしてある部分がドリーナ・ウユータといわれているところです。徒歩1分。28RUB。
タクシーだと市中心から10分。「ド・ドリーヌィ・ウユータ(До долины уюта)」とご指定ください。150~200RUB。

https://www.google.ru/maps/place/%D0%94%D0%BE%D0%BB%D0%B8%D0%BD%D0%B0+%D0%A3%D1%8E%D1%82%D0%B0/@68.9410658,33.1167143,15z/data=!4m2!3m1!1s0x44340ff059916581:0xe8b85e555fb236a4



 バスとマルシュルートカ利用ご希望の方 
・乗車時に運転手または車掌に料金をお支払いください。
・バスではお金と引き換えに小券をもらいます。降車時まで紛失なさらないように。
・トロリーバス、アフトバス、マルシュルートカは24時間営業ではありません。0時頃運行終了しますので、ご注意。


 タクシー利用ご希望の方 
・ここには白タクはいませんが、乗車前に運転手に聞いて、料金をご確認ください
・0時以降も踏ん張りたい方は、治安は大丈夫ですが、帰路はタクシーが無難です。但し深夜利用は、紹介料金より若干割高になりますので、予めご承知置きください。
・大通りまで出れば、タクシーを見かけます。特にバス停留所あたりに待機していますので、お探しください。
・電話予約も可能です。ムルマンスクのタクシー会社と電話番号をご紹介します。オペレータに繋がったら、現在地目的地をお伝えください。タクシーが来たら確認のため、運転手にも目的地をお伝えください。料金は後払いです。
  ナロードヌィエ・タクシー(Народное такси)   700-000
  ムスタング(Мустанг)Такси Мустанг   750-750, 400-016, 212-212
  スト・ピヂシャート・アジーン(Такси151)   151, 150, 43-06-06, 43-07-07, 994-151, 994-150
  ヴェジョート(Такси Ведет)   999-888 ※携帯電話予約すると、数分後に車種を伝えるSMSが来ます。
  シェスヂシャート・デェーヴャチ(Такси 69)   69-69-69
  プーマ(Такси Пума)   008, 26-26-25
  エコノム(Такси Эконом)   145, 27-72-77
  メガ(Такси Мега)   210-210
  ミクス(Такси Микс)   26-26-26
  ゴーラト(Такси Город)   21-21-21, 63-63-63, 62-70-00, 001
  ヴォヤーシュ(Такси Вояж)   22-22-22
  セーヴェル(Такси Север)   116, 130, 44-08-08, 333-444


近場じゃなくていいから、もっとすごーいオーロラが観たい!という方に・・・次回ブログを乞うご期待。



ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

コメント