ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

41巻-395話 オハラ VS 世界政府 (ロビンの過去-5)

2016年08月05日 | エニエス・ロビー編





『全知の樹』の地下室から、『歴史の本文(ポーネグリフ)』の石が発見され、オハラの学者達は逃げ場を失った。
来るべき指令に備えて、海ではぞくぞくと海軍の軍艦がオハラ沿岸に集まってきていた。
オハラの一般住民たちは、我先にと避難船へと急ぎ、巨人のサウロはこの事態からロビン1人を逃がす為に『全知の樹』へと走った。



オハラは、まさに今から何かが始まろうとする、不気味な喧騒に包まれていた。


その中で、死を覚悟したクローバー博士が声をあげた。
「政府が畏れているものは・・本当に兵器なのか!!!
死ぬ前に"五老星"と・・・政府のトップと話をさせろ!!この考古学の聖地『オハラ』が長きに渡り研究を続け、夢半ばながら、"空白の100年"に打ち立てた仮説を報告したい!!!」





世界政府の頂点に君臨する『五老星』と電伝虫が繋がる。
「残念な結果となったが、世界の法を破ったのだ、仕方がない。
考古学の権威、オハラのクローバー博士か・・・これまでの世界文化への貢献人だ、名前はよく知ってる。君ほどの男が道を踏み外すとは・・・」
と言う『五老星』に、クローバー博士は最後の反論をした。

最後に言い残しておくべき言葉は、考古学者達が今まで全精力を賭けて解いてきた古代の謎の確認・・・、最後の最期まで「真実を知りたい」とう要求は尽きる事はない。それを知ったところで間もなく死ぬとわかっていても・・・。

だが、その”真実”をロビンには聞かせたくなかった。
知ってしまうと、取り返しのつかない事になる。
クローバー博士は、近くに隠れているであろうロビンに(ここを離れろ、わしの話を聞くと罪になる)と念じたが、行く充てのない少女がその場を離れるはずもなかった。


「見え透いた社交辞令などよせ、五老星!!過去は全ての人類のものじゃ、語られぬ歴史を知りたいと思う気持ちを止める権利は、誰にもない。」

だが、世界政府側にも言い分がある。
「『歴史の本文(ポールグリフ)』を読めば、古代兵器の復活が可能になり、世界政府に危機が及ぶ!!お前達にもし悪意がなくとも、それを利用しようとする者が現れれば同じ事。」

「過去がどうであれ、それが人間の作った歴史ならば、全てを受け入れるべきじゃ!!恐れず、全てを知れば何が起きても対策が打てる!」

電伝虫は一言「理想論だ」と強く却下したが、クローバー博士は食い下がった。
「そうかな、それが出来んのはお前達の都合ではないのか?」

これには電伝虫は何も答えなかった。
クローバー博士は、『五老星』の電電虫が黙ったのを見て、話を続けた。
「現在、この世に残る事実の中で最もわしらが知りたいことは、『歴史の本文(ポールグリフ)』の内容はもとより、その存在理由。
過去の人々がなぜ、硬石という砕けぬ石に歴史を刻んで世界中にばら撒き、未来へ伝えようとしたのか・・・。
紙や本に残しては、そのメッセージが根絶やしにされると考えたからではないのか!?
つまり、これを残した者達には"敵"がいたという証拠じゃ!!」





五老星は「・・・・!!何が言いたいのだ、クローバー博士・・・」と答える。


クローバーは博士は、続きを語った。
「その者達が何らかの"敵"に敗れ、滅亡したと仮定するならば、"敵"はその後の歴史に生き残っておるはずじゃ。
奇遇な事に、"空白の100年"が空けた今から600年前、その時ちょうど誕生したのが『世界政府』。

滅びた者達の"敵"がもし『世界政府』ならば、"空白の100年"とは、『世界政府』の手によってもみ消された"不都合な歴史"とも考えられる!!
遥か昔の文献と、発見したいくつかの『歴史の本文(ポーネグリフ)』を読み解く事で、我々はやがて一つの国の存在に気づいた・・・。
今はもう跡形もないが、文献の上に浮かびあがったのは、ある"巨大な王国"の姿・・・・!!
かつては強大な力を誇った王国だが、その国の情報は執拗なまでにかき消されておる。





おそらく後に『世界政府』と名乗る連合国の前に敗北を悟った彼らは、その思想を未来へ託そうと、全ての真実を石に刻んだのじゃ。
それこそが現代に残る『歴史の本文(ポールグリフ)』!!!」


"五老星"は、静かに聴いていたが「成程・・・大胆な仮説だな・・・」と小さく相槌をうった。

クローバー博士の仮説は、勢いを増す。
「"古代兵器"は確かに世界を脅かす!!!だが!!それ以上に歴史と共に呼び起こされる、その王国の"存在"と"思想"こそが、お前達『世界政府』にとっての脅威ではないのか!!!
その脅威が何なのかは解き明かさねばわからんが、全ての鍵をにぎる、かつて栄えたその王国の名は・・・・・」


そこで"五老星"は一言強く、指示を出した。
「消せ。オハラは知りすぎた・・・!!!攻撃の合図を出せ。」












スバンダイン長官は、大将センゴクから預かった"ゴールデン電伝虫"のボタンを押した。ただ、それだけだった。
「バスターコール」が発動する。





クローバー博士が撃たれたのを見たロビンが、物陰から飛び出して、クローバー博士にすがった。
撃たれた博士は、必死に・・・必死に、その命の限りにロビンに避難所へ走るよう命じたが、ロビンは動こうとしない。
そうしている間にも、『バスターコール』によって、軍艦に一斉に動きが出だしていた。


背後では『全知の樹』が燃え出した。
捕まっていた学者達は、自分の首が斬られるのはいいが、図書館の書物が焼かれることは許されない!と立ち上がり、必死になって書物を守ろうとした。
自分達が死んでも書物があれば、古代からの意志は、歴史の伝える真実は後世に継がれていく・・・学者にとっては自分の命よりずっと大切な物が書物であるのだ。

『全知の樹』の消火活動をする学者達を放っておいて、スパンダム長官を初めとする政府の人達は引き上げだした。
"大犯罪者"であるオルビアさえ連行すれば、オハラの悲劇の正当性がつくとして、唯一オルビアを連れて。


オルビアは、もう二度とロビンの方を見なかった。
(ロビン・・・!!どうかうまく逃げて・・・絶対に死なないで・・・!!)そう願いながら。


だが、ロビンはその横顔に思うものがあった。2歳の時に別れた母親の顔など覚えてもいない。だけど、ロビンの本能が母親を感知する。
ロビンは、連行されて行く女の人の後姿に、意を決して声をかけた。
「お母さんですか・・・?」




オルビアはその声に・・・6年ぶりで顔も覚えていないはずの・・・幼児だった子供を置いて海に出た非情な母親を・・・お母さんと呼ぶ声にハッとした。
だけど、あの日、自分は覚悟したはずだ。
泣き叫ぶ我が子を置いていく決意をした時に、覚悟したのだ。あの日のロビンの泣き声を忘れたことなどなかった。
(ごめんねロビン・・・。もう二度と母とは名乗れない。今更許されるはずもない・・・、私が母親だなんて・・・)




ロビンは女の人の返事を待った。
待つ間、親がいなくて孤独で辛かった毎日が思い出される。
ずっと待っていた、自分にはお母さんがいて、いつか迎えに来てくれると信じて生きてきた・・・。




ロビンはボロボロと泣きながら、もう一度聞いた。
「私の・・・お母さんですか!?」


オルビアはその声に、ロビンが辛い思いで母親を待ち続けていた事を悟り、今再び我が子を絶望に突き落とすことに唇を噛んだ。だけど・・・・!!!ロビンには生きていて欲しい!!!母親だと名乗れなくてもいい、生きていてくれそえすれば!!!オルビアは、涙に気づかれないよう、背中を向けたまま答えた。
「いいえ。・・・ごめんなさいね、人違いだと・・・思いますよ・・」




クローバー博士はわかっていた。
子供を捨ててでも、命を捨ててでも知らねばならない事がある。
生きて欲しいと願う親心が、母だと名乗ることも出来ない事がどんなに辛く、またどんなにロビンを傷つけているのかも、全てわかっていた。


それでもロビンは諦めなかった。子供の母親を感知する本能の凄まじさは、母親が子を思う以上なのかもしれない。
「私!!!ロビンです!!!大きくなったけど・・・私を覚えていませんか!?ずっと帰りを待ってました!!!
本当にお母さんじゃないですか?いつか・・・私・・手をつないでもらって、一緒に歩いて欲しいから・・・・・・」

オルビアは涙を堪えることが出来ず、その場に崩れるように座り込んだ。




ロビンは、母親に伝えたかった。全てを知って欲しかった。褒めてほしかった。手をつないでほしかった。もう孤独はいやだった。お母さんと一緒にいたかった。ただ、それだけだった。皆が普通にしている事がしたかっただけだった。
「私!!!一生懸命勉強して、考古学者になれたの!!!
『歴史の本文(ポールグリフ)』も読めるよ!!!?だから、一緒にいさせて、お母さん!!!
もう・・・一人にしないでぐだざい!!!!」





その時、『バスターコール』が発動した。



『マンガ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 41巻-394話 オハラの悪魔達... | トップ | 41巻-396話 サウロ (ロビンの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エニエス・ロビー編」カテゴリの最新記事