ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

239話 エンジェルビーチ

2016年02月29日 | 空島編
”麦わらの一味”は、とうとう「空島」のスカイピアの海岸へと上陸した。初めての空の島、初めての雲の造形物、ゾロとロビン以外のクルーは、珍しくて楽しくて大はしゃぎだった。 そこで空島の住人、「コニス」と「パガヤ」に出会う。 . . . 本文を読む
コメント

238話 天国の門

2016年02月28日 | 空島編
空に来て初めて出会った「空の騎士」は、下界から来たルフィ達を「青海人(せいかいじん)」と呼んだ。 いろいろ聞きたいことが山のようにあったが、彼はビジネスの話しが先、と料金について話しだした。 彼は、この界隈でフリーの傭兵として、先ほどのようなゲリラから依頼者を守っているのだと言う。 「1ホイッスル、500万エクストルで助けてやろう」と言うが、麦わらの一味には、その意味がまったくわから . . . 本文を読む
コメント

237話 上空にて

2016年02月27日 | 空島編
”麦わら海賊団”が、空へ昇って行くのを見送ったのは、猿山連合軍だけではなかった。 「黒ひげ海賊団」も自身の船が木っ端みじんになるような最短距離で、メリー号の上昇を見送っていた。 黒ひげは愉快そうに笑った。 「ゼハハハハハ!!!まいったぜ、逃げられた!!!だがすぐにまた会うさ、このグランドラインにいる限りな!!」 部下の「音越・ヴァン・オーガー」がつけ加えた。 「その通り、この世は全て強 . . . 本文を読む
コメント

236話 船は空をゆく

2016年02月26日 | 空島編
猿山連合軍は、メリー号を渦の中心まで運ぶと「じゃあ後は自力で何とか頑張れよォ!!!」と立ち去って行った。 渦の真上に"積帝雲"が重なったらしく、メリー号のいる渦の海域は突如の夜におそわれた。 ナミ、ウソップ、チョッパーと不思議鳥サウスバードは、渦に飲み込まれる恐怖にガクブルと震えたが、ルフィは一人、この大冒険にワクワク・ゾクゾクが止まらなかった。 船長がこうなった以上、クルーは覚悟を . . . 本文を読む
コメント

235話 突き上げる海流(ノックアップストリーム)

2016年02月25日 | 空島編
ベラミーから金塊を取り戻してきたルフィを乗せたサニー号を、猿山連合軍は空へと送り出すべく出航した。 出航するルフィに、モンブランは言う。「黄金郷も空島も過去誰一人、無いと証明できた奴はいねェ!!人は笑うだろうがそれでこそロマンだ!!!」 . . . 本文を読む
コメント

234話 ご記憶くださいます様に   (嘘つきノーランド-9)

2016年02月24日 | 空島編
「聖地マリージョワ」の海軍本部会議室では、「王下七武海」の2人が現れて以降、おかしな事が起こっていた。 海軍大佐達が、自らの意志とは別に、誰かに操られたように戦いだしたのだ。 海軍本部中将「大参謀のツル」は落ち着き払って、「ドフラミンゴお前の仕業だね?いい子だからおやめ」とまるで幼な子を諭すように言った。 ドフラミンゴは「いい子だからかフフッ!!敵わねェなァあんたにゃ。おつるさん」 . . . 本文を読む
コメント

233話 世界最高権力     (嘘つきノーランド-)

2016年02月23日 | 空島編
キャプテン・ジョンの宝石と、憎き麦わらを探すバギー海賊団の前に、黒ひげ捜索中のエースが現れた。 一方、「聖地マリージョア」では「五老星」が、クロコダイル抜けた後の王下七武海についての議論を始めていた。 . . . 本文を読む
コメント

232話 一億の男     (嘘つきノーランド-7)

2016年02月23日 | 空島編
怒りのルフィは、「バネ」にの悪魔の実の能力者であるベラミーを、たった一発で倒した。 . . . 本文を読む
コメント

231話 ハイエナのベラミー    (嘘つきノーランド-6)

2016年02月21日 | 空島編
ルフィ達がサウスバードを掴まえて戻ると、クリケットさん達がベラミー海賊団の襲撃を受け、ボコボコにされたうえに大切な黄金を2点とも奪われていた。 出航まであと3時間。ルフィは「朝までには戻る」と言い残して走り出した。 . . . 本文を読む
コメント

230話 サウスバードを追え!!   (嘘つきノーランド-5)

2016年02月20日 | 空島編
モンブランは、ルフィ達に海底から見つけだした「2つの黄金で出来たオブジェ」を見せた。 ロビンは「ここに文明があった証拠になる」とその物証を裏付けた。 ここでモンブランは思い出した。「空島」に行くには、南の方角を指す「サウスバード」を連れていく必要があることを。 . . . 本文を読む
コメント