ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

300話 交響曲(シンフォニー)   (おれ達はここにいる-8)

2016年04月30日 | 空島編
スカイピアを失い、雲隠れの里を失って空島を離れようとしていた人々が、次々と「神の島(アッパーヤード)」へと上陸してきた。 この島でエネルに倒されていた、ラキ、カマキリ達シャンドラの若き戦士達や、エネルの元で戦わされていた神官達も、 6年間監禁され、エネルに労働を強いられていた神兵達も続々と解放されて集まってきた。 死んだと思っていたコニスの父パガヤさんも、白海まで落とされたものの命は助 . . . 本文を読む
コメント

299話 幻想曲(ファンタジア)   (おれ達はここにいる-7)

2016年04月29日 | 空島編
ルフィは、とうとう"黄金の鐘"を鳴らした。 「届け!!!届けェ---!!!!聞こえているか!!?ひし形のおっさァん!!!サル達ィ!!黄金郷はあったぞーーー!!!!」 その、この世のものとは思えない美しい音色は、空の国中に響き渡った。 ガン・フォールは「いつか・・こんな時が来ると・・信じてた・・・」と涙を流した。 ただ神に祈るしかなかった空の人々は、願いが通じたことを感謝し . . . 本文を読む
コメント

298話 島の歌声(ラブ・ソング)   (おれ達はここにいる-6)

2016年04月28日 | 空島編
空の国を完全に葬り去るはずだった【巨大雷迎】は、ルフィの活躍によって弾けとび、そこに広がる美しい青空は、希望そのものだった。 ワイパーはボロボロの体が壊れそうなほどに叫んだ。 「鳴らせェ麦わらァ!!!シャンドラの灯を!!!!」 元神ガン・フォールも、平和への願いを込めて空へ叫んだ。 「聞かせてくれ小僧・・・!!!島の歌声を!!!!」 もちろんルフィはそのつもりだ。 「じゃあな . . . 本文を読む
コメント

297話 大地讃称    (おれ達はここにいる-5)

2016年04月27日 | 空島編
ゾロ、ノラ、ワイパーが決死の思いで倒した「巨大豆蔓ジャイアント・ジャック」を伝って、ナミとルフィが、エネルの方舟へ飛んだ。 エネルは【超巨大万雷ママラガン】で、「神の島アッパーヤード」を破壊して沈めてしまおうとした。 そうすれば「巨大豆蔓ジャイアント・ジャック」は根ごと青海へ落ち、もう二度とエネルのいる高みまで到達する者はいなくなるからだ。 無数の落雷が「神の島アッパーヤード」を . . . 本文を読む
コメント

296話 最空局面   (おれ達はここにいる-4)

2016年04月26日 | 空島編
カルガラの思いと無念、その意志を引き継ぐワイパー達シャンドラの子孫達の思い。 ノーランドの思いと無念、その意志を引き継ぐモンブランの強い意志。 誰も知らない大蛇「ノラ」の孤独。 彼らの思いを繋げてやりたいと思うルフィと”麦わらの一味”。全ては思いは大鐘楼へと繋がる・・・!! . . . 本文を読む
コメント

295話 巨体豆蔓ジャイアントジャック  (おれ達はここにいる-3)

2016年04月25日 | 空島編
大鐘楼を手に入れたエネルは、用の無くなった空島の全てを破壊すべく、最後の【雷迎】を形勢しだしていた。 ナミが、豆の葉にメッセージを書き込んで、下にいる仲間達の元に落とした。 「ジャイアント・ジャックを西に切り倒せ」 . . . 本文を読む
コメント

294話 雷迎らいごう   (おれ達はここにいる-2)

2016年04月24日 | 空島編
ルフィとナミが、ジャイアント・ジャックを登りあぐねている時、目の前でエネルは超エネルギーの塊である【雷迎】を落とし、エンジェル島が跡形も無くその存在を消した。 だが、ルフィは諦めない。 ひし形のおっさんの為に鐘を鳴らさねば、ひし形のおっさんは死ぬまで海底を探し続けるんだ!!! . . . 本文を読む
コメント

293話 舞曲ボレロ (おれ達はここにいる-1)

2016年04月23日 | 空島編
少年ワイパーは、先祖カルガラの友を思った無念を知った。 また、ある時「北の海」から来た男から、ノーランドもまた友を思って無念で死んだことを聞かされていた。 ワイパーは、彼らの為に大鐘楼”シャンドラの鐘”を鳴らせたかった。 「ここにいる」と伝えたかった。 だが、エネルによって鐘どころか、空島の全てが破壊されようとしている。 . . . 本文を読む
コメント

292話 あふことは片われ月の雲隠れ (カルガラとノーランドの物語-6)

2016年04月22日 | 空島編
ノーランドは5年後、今度は王を連れて親友の待つジャヤを訪ねたが、そこにあるはずの村や遺跡が跡形もなく消えていた。 ノーランドは、大嘘つきとして処刑されたが、首が跳ねられるその瞬間まで、友の存在を否定せず、友の身を案じ続けて死んだ。 一方、ノックアップストリームで空に突き上げられたシャンドラの人達は、空の神に土地を追われる戦いにあけくれた。 渡すわけにいかなかった。友が再び訪れる約束の地を、導きの鐘を守って大戦士カルガラは戦い続けて死んだ。 . . . 本文を読む
コメント

291話 ここにいる   (カルガラとノーランドの物語-5)

2016年04月21日 | 空島編
村人達が怒ったのは、先祖の霊が宿る神聖な木を、ノーランド達が勝手に伐採してしまった為だった。 ノーランド達が木を伐採したのは、すでに木は「樹病」に冒され、感染拡大を防ぐために致し方のない事だった。 その事実を知ったカルガラと村人は、ノーランド達を追ったが、ノーランドはすでに出航していた。 村人達は、大鐘楼の鐘を鳴らす。伝える事ができなかった”思い”を”言葉”を、鐘の音にのせて。 再びこの地で会うことを誓って。この地で友を待つことを鐘の音は告げていた。 . . . 本文を読む
コメント