ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

480話 迎撃     (ゲッコー・モリアとの戦い---5)  

2016年10月30日 | スリラーバーク編
ルフィの活躍で、オーズとモリアは倒れたが、それでは意味がなかった。 モリアの口から「本来の主人の元へ帰れ」と命令を出さねば、影は元の体には戻らないのだ。 なんとかしてモリアを起して言わさなければ・・・と「求婚のローラ」達が画策していると・・・なんとオーズが再び立ち上がってきたのだ。 ゾンビであるオーズは、いくら殴られても、斬られても痛みを感じないのだ。 今まで何年もかけて集めた切り . . . 本文を読む
コメント

479話 希望の戦士     (ゲッコー・モリアとの戦い---4)

2016年10月29日 | スリラーバーク編
大男ルフィは、手を休めることなく、オーズを叩きのめし続けた。 その巨体を軽々と持ち上げてぶん回し、背中の刀でオーズを斬る!!! いつものルフィなら刀を扱うことは出来ないので、影の中の剣士がそうさせているのだろう。 もしかすると、ゾロに浄化された「剣豪リューマ」の影かもしれない。 だが、最後にオーズを倒したのはルフィの持ち技【ゴムゴムの暴風雨(ストーム)】だった。 殴るついでに、腹の中 . . . 本文を読む
コメント

478話 ルフィ VS ルフィ     (ゲッコー・モリアとの戦い---3)

2016年10月28日 | スリラーバーク編
戦闘に対してネガティブなナミとウソップは「無理だ!もう打つ手はねェよ!」とたじろぐが、ゾロは諦めなかった。 「ウソップ!おれが隙を作る!!」と言うと飛び出していって、オーズの右腕を【三刀流・夜叉烏】で斬っていったが、オーズの巨大な膝蹴りをまともに正面から受けて撃沈した。さすがのゾロでも命が危ない。 そのゾロの捨て身の犠牲を無駄にするわけにはいかない。 ウソップは、ブルックが骨身を惜し . . . 本文を読む
コメント

477話 8分の3     (ゲッコー・モリアとの戦い---2)

2016年10月27日 | スリラーバーク編
オーズの反撃は、その体を伸ばしてくるので逃げても逃げても一瞬で追いつかれてしまう為に逃げ切れない、ヤバイ!!と思った時、オーズの動きが止まった。 ロビンが【八十輪咲き・四本樹・ホールド(オチュンタフルール・クワトロ・マーノ・ホールド)】でモリアの体を拘束したのだ。 「ちょっと影の操作、やめて貰えないかしら・・・」 ロビンは、モリアを拘束したまま、その首の骨を折った。 だが相手は” . . . 本文を読む
コメント

476話 ナイトメア・ルフィ     (ゲッコー・モリアとの戦い---1)

2016年10月26日 | スリラーバーク編
オーズと麦わらの一味が戦っている間、ルフィ本体は深い森を迷子になっていたが、ゾンビ達に連れ去られるように救出された。 ゾンビ達に連れて来られた先には、”ローリング海賊団”の女船長「求婚のローラ」がいて、ルフィはとりあえず求婚されたが、とりあえず断った。 ローラ達は今は海賊ではなく、モリアに影を取られて森をさまよう”被害者の会”であると言う。 被害者の会の大勢のゾンビ達は「おれ . . . 本文を読む
コメント

475話 森の海賊団

2016年10月25日 | スリラーバーク編
オーズを浄化せる為の塩の入手は無理か、と諦めた時、ブルックが大量の塩を持って現れた。 瀕死だったブルックは、食堂で牛乳を飲んで、カルシウムをたっぷり取って動けるようになったのだと言う。 ”麦わらの一味”は臨戦態勢に入った。 一人では到底敵わない相手だが、仲間と力を合わせれば、その力は無限に拡大するはずだ。 まずはウソップの【必殺・特用油星】に、フランキーの【吹火】を加えて、【 . . . 本文を読む
コメント

474話 「やるしかねェ!!」

2016年10月24日 | スリラーバーク編
モリアをぶッ飛ばして皆を助けると意気込んだルフィだったが、モリアの影によって、森深くに置き去りにされて戦うことすら出来ずに無駄に時間だけが過ぎていった。 このままでは、朝日を浴びて体が消滅するのをただ待つだけだ・・・。 一方、モリアの本体は珍客中の珍客の応対をしていた。 相手は”暴君くま”と呼ばれる、王下七武海にして唯一、政府の言いなりに動く男、バーソロミュー・くま。 . . . 本文を読む
コメント

473話 「王下七武海”バーソロミュー・くま”あらわる」

2016年10月23日 | スリラーバーク編
オーズと戦う”麦わらの一味”は6人。 ルフィはゾンビ達に連れて行かれ、ナミはアブサロムをやっつけて”目的の場所”へと急いでいた。 ナミの向かう場所は、スリラーバークの金庫。 ここまでそれて、手ぶらで帰るわけにはいかなかったが、到着した金庫はもぬけのカラとなっていた。 ナミは、早速ゾンビをしばいて状況を聞き出すと、宝物を全部持ってサニー号で逃げようとするペローナの後を追った。 . . . 本文を読む
コメント

472話 ダウン

2016年10月22日 | スリラーバーク編
オーズに倒されたはずの6人が、立ち上がっていた。 「てめェの仲間の底力、見くびっちゃあいかんだろ」 サンジはタバコを、ゾロはバンダナを、チョッパーは戦闘体型を、それぞれが本気モードになっていた。 オーズの巨体を前にゾロが皆に提案する。 「一つ提案なんだが・・・・こいつを一丁投げ飛ばすってのどうだ」 ウソップは驚いたが、サンジは「なるほど、そりゃあ、さぞ気持ちいいだろうな」と賛成した。 . . . 本文を読む
コメント

471話  MY FREND

2016年10月21日 | スリラーバーク編
オーズは、「麦わら」と「オレンジ女」と「イカスヒーロー」の3人がいない事に気付いて、屋敷中を破壊しながら探しだした。 オーズの暴れ様にビビったペローナは、ゾンビ達にスリラーバーグ内と「財宝」と「食糧」を集めて海賊船に乗せて逃げる事にし た。 その頃、結婚式場の奥では、ナミがやっと目覚めた。 目覚めてみると、アブサロムがいまにもキスをしようと迫っている最中で、必死にキスから . . . 本文を読む
コメント