水俣病の現在

2006年はチッソ付属病院から水俣保健所に「奇病」発見の公式通知から50年。水俣病公式確認から50年です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猊鼻渓

2005年06月25日 | 水資源
岩手県に砂鉄川という北上川の支流がある。農業用水の取水堰があり、そこの水たまりに舟を浮かべて、両岸の石灰岩断崖絶壁を有料で見せている。100年前の地元漢学者佐藤猊厳の発案である。
近くに厳美渓という景勝地がある。磐井川の奔流と奇岩で有名だが、舟は無理である。厳美渓(げんびけい)によく似た名前で、しかも佐藤猊厳の1文字入れて猊鼻渓(げいびけい)と名付けた。舟から見る白い断崖絶壁、そこに咲く藤やつつじ、紅葉がきれいである。農業用水を利用して、これだけの観光客を集めるアイデアがすぐれていた。佐藤猊厳には漢学者らしからぬ商才があった。
コメント   この記事についてブログを書く
« 日向神ダムが干上がる | トップ | 水道料金値上げ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

水資源」カテゴリの最新記事