どこまでだって歩いていけるさ

2012年1月22日 それまでの日記を引き連れてOCN Cafeから移住。
新しい扉の向こうには何があるのだろうか。

お墓参り

2014年04月30日 | 日記
父: 今日あたり来るんじゃないか

母: そうかしら GWは始まったけれどカレンダー通りの休みだから明日は仕事だろうし 家の事もあるから今日は来ないんじゃない?

父: いや きっと今日だぞ 天気もいいし

(しばらくして 父が肘で母を軽く突っつく)

父: ほらほら ザックを背負って来るのがいるぞ 

母: あらあら ほんとだわ(笑顔で)


私: 来たよ~ じゃ 初めに白髪を抜いてヘアーカットね でも 今回はあんまり伸びてないね 誰か来たの?

父: どうだったかなぁ

母: 家のことはいいの?忙しいんじゃないの?

私: 大丈夫 明日仕事に行ったらまた休みだし 家事の残りはその日にやるから

(1時間ほどでさっぱりと綺麗になる)

私: じゃ 今度は体を洗うからね 

父・母: あぁ 気持ちいい

(暖かい太陽の日差しがあっという間に乾かしていく)


私: 終わった!乾杯の準備をするね

(クーラーボックスに入れてきたビールを出し お茶や水 お菓子を並べ 花を飾る)

父・母・私: 乾杯~

母: カーネーションが入っているのね

私: うん 綺麗でしょ?もうすぐ母の日だしね

母: 何か変わったことは無かった?元気だった?

私: うん・・・でも 突発性難聴になっちゃってね 耳が悪くなった

母: あら まぁ

父: 俺も耳が悪くなったぞ

母: あなたのは老人性でしょ

父: 他にはどうだ?

私: うん お姉さんも私もなんとかやってる

母: ちゃんと食事してるの?

私: 大丈夫(と 半分嘘をつく)

父: そろそろ帰る支度をしたほうがいいぞ 香も焚き終えただろう?

私: そうだね

(片付けを始める)


私: じゃね また来るからね

父: ああ

母: ええ 気をつけてね

(ザックを背負い バケツの入った袋を片手に 二度ほど振り返りながら 私はお墓を離れていく)


天気の良い日曜日

広い 青い 空の下

いつもと同じお墓参り

コメント (8)

それでも明日は5時半起き

2014年04月16日 | 日記
残業で22時帰宅

お腹すいた でも眠い

しかも 明日は社員の早朝ミーティングがある

社長は健康診断でメタボと診断され 毎週水曜 体操教室に通うことになった

それで今日は 6時で退社


私と社長は同い年

メタボになったのは 自分の生活姿勢が悪いせいだろうが~~~

週に一度の体操でこのお腹 引っ込むかなって・・・ そんなこと知らんて^^

社員が動いてる時でも腕組みして監視してるような毎日を送っていたからだ と言いたい

どこの会社も どんな組織もそうかもしれないが 問題があるとすればそれはトップにあり

支えているのは まっとうな下部の人間かもしれない

あはっ 我が社だけか~?


真面目に働く者とそうでない者 その比率というのは集団の中では常に変わらないのだそうだ

2割か3割かは忘れたけれど その真面目に働かない人を切ってしまうと じゃぁ 真面目人間ばかりになるかって思うけれど

なんと また その2割だか3割は真面目人間では無くなるのだそうだ

集団の意識がそうさせるのだろうか


ともあれ 眠い

それでも明日は5時半起き

電話のモーニングコールをセットして 私は眠ることにする



 

コメント (11)

三大欲求もTPO

2014年04月13日 | 日記
桜が咲き そして散り始めた

細い枝だけを残していた街路樹もここ2週間ほどで見事なほどに青々とした葉をつけ 我が家の庭の雑草を心配しながらも 季節の移り変わりを楽しませてもらっている

年度末から年度初めにかけては仕事も忙しく また 家庭の事情で3月に一人退職したこともあって 貧乏暇なし状態が続いている

相変わらず週末は家事に追われる生活だが 先週 友人と会うために九段下まで出かけた

この時期は避けるべきだったと思ったのは あとのまつり

花見客の多いことといったらなかった

気持ちはわからないでも無いのだが あれでは花見ではなく人見


ブルーシートを敷いて宴会の人も居たが あれは私の好みではない

田畑の中に1本の桜 

その下で 家族や友人たちが集まっての食事

そんな風景なら歓迎するが 絶え間なく人が行き来する都会の歩道の横で長い時間飲食をするのは 私には貧乏くさいというか かっこ悪い姿に見えてしまうのだ


飲食といえば 最近では車内でも増えてきており 賛否両論

朝の混んだ電車の中で 立ったまま菓子パンを食べる強者の女性も見たことがある

法律に違反しているわけではなく 他人の服に食べかすなどをつけたり また 強烈な臭いを発することが無ければ 私の勝手でしょうということになる

みっともないとか 見苦しいといったことは 所詮 他人の価値観でしかないのだから


昔は歩きながら物を食べてはいけないと言われたものだ

たとえ家の中であってもだ

ジャンクフードが入ってきた時 それもありの所作と変わった(むしろかっこいいとも)

私自身 深夜の道を歩きながら肉まんを頬張ったこともあるが 昼間にそれをしたことはない

車内での唯一の飲食といえば旅に出た時になるが それでも隣に見知らぬ人がいると気を遣うし 逆にその隣のお弁当から揚げ物などの匂いがしてくると顔をそむけたくなることがある



食欲は 睡眠欲・性欲と並ぶ三大欲求のひとつである

そのどれもが個人としても種としても 生存してくのには欠かせないものである

しかし 欲求であるからこそ 本来は親しい人にだけ見せるもの 親しい人との間だけにあるものであり それにふさわしい場所というものもあるはずだ

焼き肉を食べる男女は深い仲だという俗説があるが 食事という行為にある種のエロスを感じる人もいるだろう

口の動きをクローズアップさせて 暗にそれを表現した映画のシーンなんていうものを 誰でも一度ならず見ているはずだ

もしも食事の間中ずっと誰かに見られていたら 私なら食欲も減退する 

寝姿にしても 誰にでも見せたいものでは無いはずだし 性欲に関しては言うに及ばず(そうではないという御仁もおられるらしいが)

みっともないという反対派の根拠は 私はこのあたりにあると考えている


欲は誰にでもあるし 大事なものだ

けれども その見せ方もまた大事

ほら 『ローマの休日』で王女であるヘプバーンがジェラートを食べる有名なシーン あれはOK

TPOをわきまえるかどうかで チャーミングな所作にも 目をそむけたくなるような所作にもなる

なんてことを言うなんて 私も年をとったということか(漏れる溜息 ひとつ・・・)




 
コメント (6)