どこまでだって歩いていけるさ

2012年1月22日 それまでの日記を引き連れてOCN Cafeから移住。
新しい扉の向こうには何があるのだろうか。

夜行列車

2018年08月11日 | 日記
今日は山の日

そして多くの労働者の夏休みが始まる日でもある

最高気温は34度だったが あの暑さを経験したからだろうか 曇りがちだったこともあってそう暑いとも思わなかった

午後 珍しく夕立があり 少し気温も下がる

今日は ふとしたことからユーチューブにある豪華夜行列車「四季島」の映像を見てしまった

九州を走る「ななつ星」の存在は知っていたけれど こちらのほうは知らなかった

乗ってみたい気もするが 別にこれでなくても良いか という気もする

何より 値段が豪華だし~~

夜行列車は若い頃に 何度か乗った

寝台列車ではなく普通車で 勿論当時のことだからエアコンは無く 車内では扇風機が回っていた

向かい合いになっている二人用の席を一人で占領し なんとか身体を横にして寝ながら 時折目が覚めては真っ暗な車窓を眺め 通り過ぎるホームの駅名を読む

夜明け前のまだ暗い駅での乗り換えの時の少しひんやりとした空気 その時の虫の声 満天の星

今は こうした夜行列車はバスにとってかわられた

その夜行バスでさえ 数人限定の豪華個室スタイルが運行されるようになってきている

豪華は快適だし ひとは快適なほうに魅かれるもの

さんざん映像を見たあとで 豪華列車に憧れないことはないけれど あの快適とはとても言えなかったあの夜行列車にもう一度乗ってみたいと思ってしまったのは やっぱり貧乏根性がしみついているせいかもしれない

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 相変わらず | トップ | 髪を切る »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も好きデス (みらい)
2018-08-13 02:40:55
むかーし、青森の友人の結婚式に行くのに、
他の友人と寝台列車に乗りました。
ねぶたの頃で二人部屋の寝台列車は取れなくて、
片側に三段づつある車両の寝台列車でした。
昔は青森に行くのに、太平洋側の列車と日本海側の列車があって、
日本海側は三段の車両で、名前に鶴がつきました。
狭かったけれど、揺れたけれど、好きでした。
懐かし〜です。
今はサンライズに乗りたいんですが、、、
豪華列車も憧れますね!
Unknown (yokochann)
2018-08-13 08:08:38
おはよう~みらいちゃん。
私、寝台列車は未経験なの。
豪華列車はあまりに豪華過ぎて、落ち着かないかも。
それに風景は、どの列車から見ても同じだしね^^。
何しろ、海外旅行が出来るくらいの値段だから・・・。
私もサンライズくらいがいいなあ~^^。
電車に乗りたくなってきた~~。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事