レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マメシバ一郎 第2話

2011年10月10日 01時04分11秒 | 2011年ドラマ
『ライフラインは直訳すると命綱なのだ。』

内容
母・鞠子(藤田弓子)から、仕送りの条件を突きつけられた二郎(佐藤二朗)
そんなおり、母の紹介だと。。。動物ボランティアの由紀(美波)が現れる。
犬が苦手だというのに、チワワを連れて。。。。。
そして、チワワのリリーを二郎に預け、由紀は帰ってしまうのだった。

なぜだか、マメシバの一郎と、、チワワのリリーそして、、、二郎の3人暮らし。
そんななか、金が尽きてしまった二郎。ついに電気も止められてしまう。
当然、電器会社に苦情を入れても聞き入れてもらえるわけもなく。。。

「かくなる上は、強硬手段!」

二郎は、叔母・富子(角替和枝)の家から、、、電源コードを使って盗電。
これでPCだけでなく、エアコンも使えて快適生活!
が、、、そんなコトは長く続くわけもなく、富子に怒られ失敗する。

そこに由紀が、現れる。
リリーを置いて帰ったことの謝罪だったのだが、ぐったりするリリーを発見!
水を飲ませようとするが、二郎の家は、水も止められてしまっていた。。。。。

敬称略



そっか、、、ペットショップの店員さんも再登場するんだ。。。。

あ。予告ね、予告。次回の。



そこはさておき。

今回は、金が無くなった二郎の生活。

リリーちゃん、大ピンチ!

そんなお話である。


お話自体は、二郎らしさがたくさん登場するお話で

いつも通りの面白さはあったのだが、
追い込まれた状況の表現だけであり、

物語としての進展は、ほぼない。

それが、この枠の魅力と言えば、、、その通りなのだけどね。


で。今回、ある事に気付いたのだが。
今作、、、「ねこばん」、、、意識してますよね??

前回見たときは、そこまでは感じなかったのだが。。。。。

考えてみれば、スタッフは重なっているわけで。
当たり前と言えば、当たり前なのですが。

明らかに、シリーズ上、「ねこばん」だけは、異質ですので。

これならどうだ!。。。。って感じですよね。


とりあえず、次回、間違いなく色々と動き出すでしょうから
楽しみってことで。



楽天ブログ
第2話 
トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« マルモのおきて スペシャル | トップ | カーネーション 第7回 »

2011年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

「マメシバ一郎」第2回 (日々“是”精進! ver.A)
ライフラインは、必須・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110120002/ 映画版 幼獣マメシバ [DVD] posted with amazlet at 11.10.09 竹書房 (2009-10-23) 売り上げランキング: 17986 Amazo...
「マメシバ一郎」第2話 (三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ)
預かるはめになったチワワと止められた電気。 第2話『ライフラインは直訳すると命綱なのだ。』ネタバレです。 映画版 幼獣マメシバ [DVD]佐藤二朗 安達祐実竹書房 by G-Tools
【マメシバ一郎】第2話 (ドラマ@見取り八段・実0段)
一郎とリリーちゃんのツーショットが可愛すぐる「マメシバ一郎」第2話。 「ライフラインは直訳すると命綱なのだ」 簡単感想で。 ついに電気を止められ、暑いのにエアコンも点けられず、 「...