レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カーネーション 第75回

2011年12月28日 07時49分47秒 | 2011年ドラマ
内容
今を生きていくことに必死だった糸子(尾野真千子)に、
突然届けられた勝(駿河太郎)の戦死公報。
悲しみの実感がないまま。。。。葬式を出すのだった。
それからも毎日が、ただただ忙しく、必死に生きるだけであった。
そして泰蔵の死を知り、、、神戸のお屋敷が焼けたことを知る。

そんななか、だんじり小屋の前で、ふと思い出す幸せの日々。
糸子は泣き崩れ。。。。。

敬称略


きっと、これが“リアリティ”なのだ。

悲しみ、そして、、、絶望し、、それが麻痺し。。。
ただただ、生きる。

それだけである。


ほぼ見たことがない演出。

ほんとに見事な戦争表現だったと思います。


まあ。。。。今年は、いろいろな“同種のモノ”を見ましたが、
そこにある現実を感じ取れるからこそ、

定番の表現がなくても、
そんな定番以上のモノを感じ取れることが出来ます。


よくある現実感のないノンフィクションよりも、
よっぽど、主人公の気持ちや、その世界観が伝わってきました。

お見事でした。


早く“次”が見たいです。



楽天ブログ版
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201112280000/


TBが飛ばない場合は以下のURLへ
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-3175.html

トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« BLEACH354 一護v... | トップ | 秘密諜報員エリカ MISS... »

2011年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

カーネーション 第75話 (しなもにあ 2)
泣けましたね~。疲れて心がなくなるような毎日でもだんじりの前に来た時涙が・・・あ
玉音>『カーネーション』第75話 (もう…何がなんだか日記)
シネマハスラー 2011年ランキングで『その街のこども 劇場版』が第2位に輝いた。(あ、勿論これは宇多丸さん個人の選考だけどさ)でも、やっぱ本物ってことだと思うぞ>渡辺あや&hel...
【カーネーション】第75話 (ドラマ@見取り八段・実0段)
勝の戦死通知を受け取って、遺骨を抱いて葬儀を出す。 ただ忙しくてうるさくて暑いだけ。 糸子の生活には何の変化もない。泣く時間も余裕もなかった。 「カーネーション」第75話       ...