レイクのリターンズ日記

毒にも薬にもならない初代スタホの真実

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Max馬の走らせ方

2017年12月24日 | スターホース
随分とご無沙汰しておりました。
スタホの方は相変わらず細々とですが、継続しております。
プレイはしていても興味というかモチベーションにつながる調べものがなく日記の方も滞っておりました。
しかしながら本日からは1年ぶりの大型イベントでマルチ5クレが始まっていますので久しぶりにベットゲームを楽しんでおります。
年明けにはまたペイ変更で25クレとか1日だけでもやってくれると嬉しいのですけど、現状はペイ84のままで厳しい設定です。

さて、今回はMax馬についてどう走らせ、どこで見切り、あるいは使い切るのかの個人的な意見を述べてみたいと思います。
Max馬とは言えただ単に素質が最上位の馬ということだけで、どれだけ稼ぐのかは未知数です。
素質と獲得賞金は比例関係にあるのは事実ですが、ことはそう簡単ではありません。
5000枚程度で終わる馬から5万枚稼げる馬まで、その稼ぎの幅は広いものがあります。
上記の平均値を取ったら準Maxよりは平均値は高いと言えるでしょう、ということなので
下手をすれば2落ちぐらいの馬にも稼ぎで負けることはざらにあります。
準Maxでもうちの主戦では48000枚馬がいます。
この当たり外れの度合いは、系統としてのトータルでのINがものを言うというお話を以前させて頂きましたが、
いかんせん毎世代+αの補正値が入るという程度でそう大きな係数ではなく、その場の運に大きく左右される感触が強い所です。

そんなわけでMax馬の作成時点あるいは弥生⇒皐月で素質がわかった時点でもどれだけ稼ぐかなんてことは正直全く見えてきません。
大方のプレイヤーがまずはMaxであったことを確認して、胸をなでおろし、継続して皐月以降の出走に向かうわけです。
第一関門突破というわけですね。
確かにMax馬だからと言って稼ぐ馬ばかりではありませんが、とりあえず現時点ではこの素質でしか、走らせるか、
あるいはこのまま素材にして消化するのかの判断基準はありませんので、大概はこのまま結果を追いかける所でしょう。
この日記を読んで下さる方にもMax馬を作り始めて間もない時期のプレイヤーもおられるかもしれません。
Max馬作成1頭目、2頭目などといった時期については、とりあえず使い切ってみることをお奨めしたいと今の私は考えています。
例えば5頭できたら、すべて使い切ってみてもいいのではとも思います。
それはそのプレイヤーなりの素材作成によって馬の成長型が異なるからです。
まずはご自分の作成馬の傾向をつかむことから初めて、その後、初期に使い切った馬を自分のハードルにして目標をアップしていくのが良いのではないでしょうか。

私は序盤で勝ちあるいは結果の出た馬を素材としてピラミッド配合しています。
結果が出ない馬は結果が出るまでCPU配合し、成長型を早熟にしています。
そのおかげでしょうか。私のMax馬はとんでもない早熟馬ばかりなのはご存知かと思います(爆)
それが良いか悪いのかは議論の余地がある所ですが、走る馬はわかりやすい感じはしますね。

翻って初代からCPU配合せず、そのままP馬配合に努めたプレイヤーの馬では早熟は少ない傾向に感じます。
3万枚馬などそれなりな稼ぎをする馬であっても序盤でもたつく、あるいは残り60週を切ってからの方がはるかに稼ぎが多いということもあり、
諦めて引退するかどうかの判断を見極める時期を結構後に持ってこなければならない可能性もあります。
晩成な傾向の素材作成だった場合、どこで引退を決めるのかというのは私自身も経験が少なく、非常に判断が難しいものがあります。
そういった意味では自分の使い切り馬の経験というのは自分にとっての大きな財産ともなるわけです。

確かに私自身で言えばWBC3回走らせて勝てなかったら、いかにMax上と言えども確実に引退させます。
これは私にとっては鉄板ですが、これがすべてのプレイヤーに当てはまるかと言ったら難しいものがあります。
使っているプレイヤーの経験値と素材作成の仕方によって、さらに続行することは当然ありでしょう。
とは言え自分の中ではいくつかの関門があります。
先ほど申しましたようにまずMax馬であるということ。
少なくとも国内GIが順調に勝てる馬であること。
最後に最も高いハードルであるWBCを走る馬であること。
ここに到達できるまでに幾多のMax馬が露と消えたことでしょう。
さらに上記を満たせてもWBC2~3勝程度で終わってしまう早熟馬も結構います。
本当に殿堂馬として主戦に名前を残せているMax馬なんて氷山の一角です。
そしてこの3つのハードルは私にとってのハードルであって、万人に共通というわけではないと思います。
序盤国内不順な殿堂馬というのも現実には存在します。
ここはやはり自分の素材作成での経験値を高めることが一つは重要だと思いますし、それでこそ納得のいく諦め・引退もできると思います。

期待を裏切るような内容で恐縮ですが、私の記録・データを反面教師として活用して頂ければという思いでおります。
やはり早熟な成長型な素材作成であればこそ、序盤でWBCを何連勝できるかが勝負所でしょうか。
オハヘミ君の馬もいきなり6連勝+5連勝の馬でしたから、今となってもこれを超えるのはなかなか厳しいハードルですね。
それでは~






コメント (104)

殿堂馬データ30

2017年10月21日 | 殿堂馬データ
レイクイースター号(30010枚)ペイ88

最近はすべての素材を全消化しています。一つの世代を消化し終えるまでに結構な時間を要します。
その分、継代数が少なくともMaxに到達できる部分はありますので、60切りや80切りと比べてどちらが良いと一概には言いにくいですね。
ただ、途中継承配合の方が2万前後のコンスタントな万枚馬作成には結果が早く出る感じはします。
これは世代の流れというか、初代からの継代毎に段々と強い馬が生まれてくる傾向があることに対して代数の進みが早いことが挙げられます。
ただ、1世代での能力アップは全消化配合には及ばないので同じ代数となった時に同じMaxでも能力値の平均が違っているように感じられます。
しかしながら、中には世代を経過しても能力値が上がらないブラックホールのような系統もいます。
これを全消化配合で継承を続けていたら、目も当てられない大損失ということもあり、運が悪いとスタホも辞めたくなるでしょう。
世代の流れは読めるものでもないし、どこまで行っても運に左右されるものに感じますので、
継代の仕方はプレイヤーのスタイル次第ということは言えます。
あくまでも自己責任な世界だけに自分の思い通りプレイされるのが一番だと私は考えています。

同じ代数まで継代したとして、途中継承はローリスクローリターン的な傾向、全消化はハイリスクハイリターン的な傾向と言えるでしょう。
まあ、初代より全消化してピラミッド配合してたら5代でMaxに到達していないことはまず希少と言えるじゃないでしょうか。
でも、60切りとかだったらよくある事例です。
初Maxがそんなに当たる馬ばかりではないということは皆さんも経験されていることと思いますが、そんなところかなと思います。
全消化配合でも多大な時間を要し、渾身の思いをこめた配合してもスカということも普通にありますので、ハイリスクという部分も念頭に置いてプレイされれば良いだけではあります。
もちろん途中継承でも大物は引けます。主戦の殿堂1・2位は60切りですので・・・
初代も含めてどんな配合にも大当たりな馬が生まれる確率は含まれている可能性はあると思います。
その確率を高い状態で継代するか、低い状態で継代するか、はプレイヤー次第ですし、高いからと言って簡単に当たるほど甘くはないのがスタホです。

さて、久しぶりの更新です。しばらく前に引退していましたが、ようやっとアップです。
下記の馬はネガティブMax馬データ⑨『レイクブリーダーズ号』のその後になります。
使い切り後の3世代後でMaxでもないのにWBC勝ち、FEGJ勝ちさせてます。多分にラリーコンプのためでしょう。(記憶が曖昧)
その後、13代目でMax下を消化、14代目でMax中になるもWBCダメで消化、15代目で標記の親となります。

<♂親>5代(ペイ88)
弥生3.1①
皐月3.1②
引退全消化

<♀親>15代(ペイ88)
弥生3.0①
桜花2.7①
皐月2.1④
ダービー2.4①
秋華1.5①
菊花1.5①疲労コメ×2
WBC4.0②疲労コメ×2
JC1.5④疲労コメ×2
引退全消化

16代♂(ペイ88)
弥生3.0①
皐月2.7③
安田3.6③
宝塚2.9③
安田2.2①
宝塚1.5①
WBC4.2①
WBC3.0①
WBC1.8①
WBC1.5②
JC1.5①疲労コメ×1
WBC1.5①疲労コメ×1
WBC1.5①
WBC1.5①
WBC1.6③
有馬1.4①
WBC2.0①
WBC1.8④
天春1.5①
WBC3.4②
天秋1.5②
JCD1.5①
WBC4.2②
天秋1.5①
WBC4.2⑧
マイル2.2⑤
高松宮3.0④
スプタ3.7⑥
マイル5.1⑨
マイル6.0⑨
マイル6.5③
マイル5.9⑦
スプタ6.5①
マイル5.1④
WBC10.8⑤
マイル4.4①
WBC10.9⑦
スプタ4.6⑥
高松宮4.8⑦
高松宮5.8⑥
安田6.6③
スプタ6.1②
マイル6.0③
フェブ5.1⑥
高松宮5.6③
安田5.2②
マイル5.2⑥
高松宮6.1③
スプタ5.7②
高松宮5.6②
安田5.6⑩
スプタ6.1①
WBC13.1⑪
マイル5.9⑤
フェブ6.8⑦
高松宮7.4②
スプタ6.6②
有馬8.5③
引退

15代目の♀親は初WBCも2着で結果としては悪くなさそうではあったのですが、菊花の辺りから連続で疲労コメが出だし、WBC後のJC4着後に有馬への出走を控えた場面でも疲労コメが出るのを受けて出走を取りやめ、引退を決めました。
ここを引退するかどうかは悩ましい所ですね。
今回の馬も私の作成馬にありがちな早熟な成長型でした。
どうしても後半は消化試合的な出走になりがちなので仕方ないですね。
やはり序盤でWBC10連勝以上の馬ですね。どうせならこういう早熟馬を生産してみたいです。




コメント (76)

ネガティブMax馬データ⑩

2017年09月14日 | ネガティブMax馬データ
大変ご無沙汰しておりました、お久しぶりのレイクです。
日記は更新しておりませんでしたが、スタホは相変わらず継続しています。
プレイ時間の方はかなり少なくなりました。
特に何か検証をしているわけではないということもあってネタはありません(笑)

今回は近況報告も兼ねて、ネガティブデータです。
これも消化試合的な後半戦の出走がシンドイので今回で終了ということにさせて頂きます。
現在は3万に近い馬がいますが、すでに後半の消化試合に入っていて、なんとか3万いくかいかないか程度の馬になりそうです。
主戦のペイは相変わらず88です。私にとっては垂涎の還元率であったはずでしたが、
プレイ時間が短くて検証はほとんど進んでいない所です。
今の所、レアオッズ以外は弥生2.9を確認していません。やっぱり出ないのでしょうか。
Year8のスプリングはお約束のサクラプレジデント被りで2.9レアオッズを目撃しています。
それではデータです。

弥生3.0②
桜花2.7①
皐月2.1②
NHK1.7③
オークス2.0①
WBC4.1④
菊花1.5①
エリ女1.5②
JCD1.5①
WBC4.2①
WBC2.8③
JC1.5②
有馬1.5①
WBC3.3②
天春1.5①
WBC3.5⑤
エリ女1.5①
WBC3.4①
WBC2.4②
JC1.5②
JC1.5③
JC1.5②
宝塚1.4②
マイル1.5②
マイル1.5②
フェブ1.5④
高松宮2.0①
WBC4.6②
安田1.5②
宝塚1.5②
マイル1.5①
WBC3.9②
天秋3.8③
安田1.5①
WBC4.8④
フェブ2.9①
WBC8.9⑧
宝塚3.5②
宝塚3.6①
WBC9.4⑧
スプタ3.5②
スプタ3.5③
スプタ3.5①
WBC8.5⑦
高松宮3.8③
エリ女4.0③
エリ女4.2②
高松宮4.2⑥
安田5.0②
スプタ4.5⑦
エリ女5.5③
安田5.3②
スプタ5.0②
WBC17.2⑥
安田5.2①
WBC9.6⑥
エリ女5.3⑦
スプタ5.7⑤
スプタ5.7⑤引退
18490枚

この馬はまだ7代目、さらに継代を続けるつもりではあります。
多分にこの系統が今後のメインになると思います。
それでは。
コメント (42)

殿堂馬データ29

2017年07月02日 | 殿堂馬データ
アイスクナ号(35500枚)ペイ90

この系統はネガティブMaxとしてデータ提示した『レイクカリブ号』のその後になります。
×弥生3.5全消化配合⇒17代:スプリ3.3
×初代GⅢ徹底馬⇒18代:弥生3.3
×CPU配合4代GⅡ徹底馬⇒19代:弥生3.5
×CPU配合2代障害GI徹底馬⇒20代:弥生3.4
上記の様な経緯を経て、21代に向けての配合となっています。
最終的な配合に向けて性別が合わなかったことが原因ではありますが、割と適当な配合を繰り返していますね。
馬名も冠名をつけてはいませんし、Maxじゃなくとも仕方なしという気持ちをありました。
そういう意味では殿堂馬になれたのは運が良かったとも言えます。

<♂親>5代(ペイ90)
弥生3.1④
皐月3.4①
ダービー2.9①
菊花2.2②全消化
 
<♀親>20代(ペイ90)
弥生3.4⑤
皐月4.2②
安田4.9②
天春3.9⑨
安田4.4③全消化

21代♂

弥生3.0①
皐月2.8①
NHK2.1③
ダービー2.1①
菊花1.5③
WBC4.3④
天春1.6①
安田1.5①
WBC4.2①
WBC3.1①
WBC1.7①
WBC1.5①

WBC1.5①
WBC1.9③(P4.0)
JC1.5①
WBC1.8①
WBC1.7③
宝塚1.5①
WBC3.1②
天春1.5①
WBC3.1②
天秋1.5①
WBC3.3①
WBC2.3②
有馬1.6④(P5.6)
有馬1.5②
有馬1.5①
WBC4.5②
JCD2.8②(P2.0)
フェブ1.5①
WBC4.5②
JCD2.8②(P2.0)
フェブ1.5①
WBC5.3④
JCD3.0⑥
中山大障害2.5①
中山GJ2.5⑦
中山GJ3.0③
中山GJ3.7①
FEGJ4.5②
JCD5.2③
JCD4.8②
JCD4.2⑥
JCD5.1④
高松宮4.9③
安田4.6⑥
JCD6.0⑧
朝日1.5①(全制覇)
JCD6.3③
高松宮5.6⑥
マイル6.4③
JCD6.1⑥
高松宮5.9③
安田5.8④
安田6.1⑤
マイル6.3②
JCD6.3④
高松宮5.8②
安田5.2⑨
高松宮6.0④
安田6.3①
WBC9.2①
WBC10.4⑥
引退

コメント (109)

ネガティブMax馬データ⑨

2017年06月18日 | ネガティブMax馬データ
ご無沙汰しておりました、レイクです。

先月末のことなので随分日が経ってしまった感がありますが、独眼流の最終日でした。

最終金曜日は常連さんのために特別営業してくれましたが、オードブルやら炊き込みご飯やらラーメン以外にもいろいろと用意されていました。

締めのラーメンはやはり『鶏そば』ですね。最後の余韻をたっぷり味わいました。

さて、最近は忙しいこともあってスタホもなかなか進んでいない所ですが、主戦の馬券ペイが変更になりました。
変更となったペイはなんと88です!
待ち望んでいたペイだけに私としてはモチベアップなのですが、あまりプレイができずもどかしい所です。
それでもMaxオッズの検証を進めることができるので楽しみが広がりますね。
また、日記でご紹介することができればと考えております。

さて、今回は標題の通り、ネガティブな使い切りMaxのデータです。
8代♂(ペイ90)
弥生3.0③
桜花2.9②
皐月2.4①
オークス1.8②
ダービー1.6③
秋華1.5①
菊花1.5②
WBC4.4⑥
フェブ1.5①
WBC4.6①
WBC3.1②
JC1.5④
有馬1.5②
高松1.5①
WBC4.0①
WBC3.1①
WBC2.0③
JC1.5③
有馬1.5①
WBC2.8②
JC1.6①
WBC3.6②
天春1.5①
WBC3.2③
天秋1.5③
マイル1.5①
WBC4.2①
WBC3.0①
WBC2.3③
安田1.5②
宝塚1.5①
WBC3.4⑥
天秋2.2②
JCD3.2④
安田3.7②
安田3.5②
宝塚3.8⑤
天秋4.6③
JCD4.8⑤
天秋5.0④
JCD5.6①
WBC9.3⑦
安田5.7③(P1.5)
天秋5.1④
安田5.0④
スプタ5.4③
天秋5.8①
WBC11.6⑥
安田5.1③
安田5.1③
安田5.3①
WBC11.9⑤
スプタ5.3⑤
スプタ5.6①
WBC12.4⑥
スプタ5.1⑤
スプタ5.6②引退
25850枚
現在、殿堂50位の最後尾はレイクアイマール号で25870枚です。
残念ながら20枚足りませんでした・・・五十歩百歩ですが、最後は500GIだったでしょうか。

次回は殿堂馬データを掲載します。
これはネガティブMax馬⑧レイクカリブ号の系統のその後ということになります。
これでレイクアイマール号もランク外ということになりますね。
それでは。



コメント (29)

Maxオッズの法則

2017年05月18日 | Maxオッズの検証
お久しぶりのレイクです。
風邪でここの所ずーっと調子が悪かったこともあるのですが、時間があるにもかかわらず日記を書くエネルギーが沸かず、申し訳ありません。
まずは定番の『麺匠 独眼流』からです。

結構前になってしまうのですが、5/1はその日限定の夜イベントをやっていました。

今年のG.W.はこれだけと聞いておりましたので無理にでも食べに行きましたよ。

『鴨油の鯛塩そば』800円です。『閉ざされたドアの向こうに』で出す鯛系そばとは違って鯛の出汁感は抑え目でした。
いや~でも最高の塩ラーメンです。やっぱり塩ラーメンが美味いお店っていいですね。

上記のイベントの日はイベントラーメンのみでしたが、いつものメニューは特に変わってはいません。

『鶏塩』はキレキレです。これが食べられなくなるのは残念です。

定番の『鶏そば』ももちろん素晴らしい醤油味でした。閉店までに是非食べ納めして頂きたいです。

最近にご飯ものはこれですね。そのままでもスープでお茶漬けにしても美味しいです。

ここの所、お店は結構混んでいます。3時までの営業ですが、遅めに行くとスープ切れもあったりします。
皆さん、名残惜しいのでしょうね。私もとても残念ですが、お店を畳むその日までラーメンを頂きたいと思います。

さて、近況ですが、またしてもネガティブなMaxを使い切ってしまったかもしれません。
現在の殿堂50傑最後尾は『レイクアイマール号』25870枚ですが、今回の馬も引退間近で僅かに届きそうもない雰囲気です。
とは言え、以降に生産した馬で殿堂馬となれる馬が出てきていますので、また引退の暁には日記にもアップしたいと思います。

今回はMaxオッズに関する自分の考えを述べたいと思います。

上記はあくまでも自分の頭の中にある考えを模式化したもので、ちょっと見なんだかわかりにくいかもしれません。
縦の項目は三歳GⅡ初戦オッズ、横の項目は馬券ペイです。
虹みたく見えるのはMaxオッズの幅です。青は上推移、緑は中推移、赤は下推移になります。
法則があるとしたらこの直線の帯の傾きですね。

各ペイでは単勝ペイの分布は平均値を中心としてある程度の正規分布を描いていますので、端に当たる両脇の部分の頻度は稀になります。
そのあたりも踏まえて見て頂けると有り難いと思います。
この図もペイ80や104辺りの経験値が上がるともっと現実的な線を描けるかもしれません。
ペイ90は弥生3.0が出ればめったなことで下推移は出ません。
また、ペイ86は単勝ペイの高い領域で弥生3.0でも下推移があります。
こういったすべての条件を無理なく綺麗に処理できている図とは言い難く、今一つだったかなと感じます。
この図に単勝ペイの頻度グラフを重ねれば、もっといい絵が描けるところでしょうか。


コメント (52)

ネガティブMax馬データ⑧

2017年04月25日 | ネガティブMax馬データ
1週間ぶりのご無沙汰でした。まずは『麺匠 独眼流』です。

正式にアナウンスがありました。5月一杯かと思ったら5月中なんですね。
いつ食べられなくなるのか戦々恐々です。

デフォもちょびっと変更されています。

私は当初『鶏そば』を頼むつもりでしたが、メニュー表を見て変更しました。
『和風な中華そば』850円です。喜多方ラーメンを思い出す繊細なお味で美味しかったです。
店主曰く、『鶏そば』も味付けをちょっと変更されているということでこちらも早く食べたい所です。

当日は限定もあったんです。しかしながら1杯しか残っていませんでしたので、どうしても食べたいと言っていた嫁さんに譲りました。

『鯛中華』880円です。『閉ざされたドアの向こうに』のお味ですね。今は営業しなくなりましたから粋な計らいです。
嫁さんとはお互いのラーメンをシェアしました。
鯛の出汁がたっぷり出たコクのあるラーメンでした。御馳走さまでした。

さて、スタホです。
WBCはいくつか勝てたけど殿堂馬になることはできなかった馬たちです。
ネガティブデータとは言え、個人的な思惑ですので、本来からいけば2万以上の稼ぎがあればMax馬としては御の字と言えると思います。
当然、WBCは三冠を達成できていることもありますから、注ぎ込んだメダルの回収もできている可能性が高いでしょう。
今回はそんな感じで終わってしまった直近の使い切りMax馬のデータです。

16代♂(ペイ90)
スプリ3.0④
皐月3.1④
安田4.7③
宝塚3.8④
天春3.6④
安田3.5②
宝塚2.6③
スプタ2.5①
マイル1.9②
JCD1.5②
フェブ1.5①
WBC4.8①
WBC3.1①
WBC2.1①
WBC1.7①(P4.2)
WBC1.7①
WBC1.8①
WBC1.9②
天春1.5②
宝塚2.4①(P2.9)
WBC2.7②
天春1.5②
JCD1.5①
WBC4.0⑦
有馬1.5①
WBC5.1⑤
高松2.3①
WBC9.3⑦
天春5.4②
マイル4.9⑥
天春5.8⑧
マイル6.3⑤
天春6.9⑤
安田6.9②
天春6.0⑦
安田6.7⑦
マイル7.0⑤
天春7.9⑧
安田8.0⑪
スプタ8.7⑤
天春9.4④
安田8.8⑦
マイル9.4⑤
天春10.1⑥
安田9.7⑧
マイル9.8②
天春10.1⑥
安田9.6②
マイル9.0②
マイル8.7①
WBC15.4②
天春6.5⑨
安田6.2⑥
天春7.2③
安田6.7④
天春8.1⑦
安田8.3⑤
スプタ8.1⑨
有馬11.5⑦引退
24510枚

現在の殿堂50傑には25000枚以上の獲得賞金がないと入れません。
以前なら殿堂馬記録としてもいいのですが、日々ハードルが上がってしまっています。
ペイ90で三歳GⅡ3.0デビューはMax確定ですが、掲示板上の皐月推移が私にとって懸案の問題になっています。
これはどう見てもMax上とは考えられない所ですし、素質切れもWBC5勝目で訪れるあたりもそれを匂わせています。
次回の日記ではここを考えてみたいと思っています。

こんな素晴らしい時期もあったんですがね・・・この馬の後半は正直拷問でした。あまりにも走らな過ぎです。
終盤にちょこっとだけ能力値の振り分けがありましたが、申し訳程度という感じでした。残念です。









コメント (71)

ネガティブMax馬データ⑦

2017年04月16日 | ネガティブMax馬データ
こんばんは、レイクです。
いつもの如く『麺匠 独眼流』のラーメンです。

紹介する機会は多いと思いますが、平均すると週に1回ぐらいは食べに行っていると思います。

ラインナップは特に変化がありません。このお店では通算100杯以上のラーメンを食べているでしょうね。

白湯スープのラーメンはしばらくやってくれるとのことでしたので再度食べています。

『濃厚鶏そば』です。嫁さんは塩をチョイスですが、私は醤油の方がやっぱり好きです。スープにコクと切れがあって美味しかったです。

別の日には『味噌ラーメン』も食べています。煮干しの苦みと味噌のコクがマッチしていつもぶれない美味しさです。

『ZEROジロー』も最近頂いています。ボリュームもあるし、癖になる旨さです。

今まで本当に美味しいラーメンをいろいろと食べさせて頂きました。たまには外しちゃうこともありましたけど・・・
本当に残念なことなんですけどお店を移転するというお話をお聞きしました。
地元の仙台に帰って、いよいよあちらで営業されるとか、向こうでは震災等々ありましたから環境が整うまではというのもあったかもしれません。
こちらでの営業は5月一杯までとの事。これからは『閉ざされたドアの向こうに』の営業はされず、基本お昼のみの提供を考えておられるようです。
お店をたたむその日まではラーメンを食べさせて頂きたいと思っています。

さて、スタホです。
WBC6連勝の馬は後半鳴かず飛ばずでGⅠ10倍台にまで突入する体たらくです。
すでに終盤に差し掛かっていますが、ここでちょっと能力値の振り分けがあったみたいで賞金を微妙に稼いでいます。
25000枚を超えないと殿堂50傑には名を残せません。かなり微妙です(笑)

こちらも続きのWBCは何勝かできたけど殿堂馬になれなかったMax馬達です。
25代♂(ペイ86)
弥生3.0②P2.8
皐月2.7①P2.9
NHK2.1③P2.7
ダービー2.2④1114倍
宝塚2.7②
高松1.8①
WBC4.6①
WBC3.4②
有馬1.5②
JC1.5①
WBC2.7①
WBC1.8①
WBC2.0②
JC1.5③
有馬1.4①
WBC2.4①
WBC2.0②
JC1.5②
JC1.5①
WBC2.9②
JCD1.5②
マイル1.5②
JCD1.4①
WBC3.8④
マイル2.6①P2.1
中山大障害1.5②
WBC5.7④
中山大障害2.5①
FEGJ4.9③
中山大障害2.9②
中山GJ3.0⑧
中山大障害3.7⑤
中山GJ4.6⑤
中山大障害5.2④
中山GJ5.7⑧
中山GJ6.3①
FRGJ7.3⑧
中山大障害5.0⑦
中山大障害6.2⑤
中山GJ5.8⑧
中山大障害6.4④
中山GJ6.6③
中山GJ5.9⑤
中山大障害6.2⑤
中山GJ4.8⑤
中山大障害6.4①
FEGJ6.8⑤
中山GJ6.2⑦引退
21460枚
初戦は2.9同士で弾かれて3.0となっています。
その後も被りで分かりにくいですが、Max中ぐらいの推移かなと思います。
おかしな推移(ダービー、4戦目WBC)の時には結果が出ずに割と素直な抽選結果の馬だなと思いました。
序盤はなかなかでしたが、その後は全然伸びず残念な馬でした。
後半は適当に間隔開けながら走らせていますのでご了解下さい。




コメント (11)

ネガティブMax馬データ⑥

2017年04月12日 | ネガティブMax馬データ
お久しぶりのレイクです。
京都にもよく行く機会が多いのですが、駅ビルには東京のラーメンストリートと似たようなラーメンの専門店街があります。

札幌や喜多方、博多などの有名店を集めているのですが、せっかく京都に来たのですから地元のお店で食べました。

ご当地代表のお店は『ますたに』さんです。

中華そば¥650を頂きました。

細麺で鶏ガラ醤油味のスープに背脂が浮いています。見た目の割に大人しめなラーメンでした。
ちょっと印象が薄かったでしょうか。

さて、スタホです。
最近、初WBCより6連勝の馬ができましたが、その後がいけません。
このままではネガティブデータになりそうなほどの急ブレーキです。
私の作成馬に有りがちな成長型かもしれません。
最後まで面倒を見るつもりですが、残り60週ほど先が思いやられる展開です。
果たして殿堂馬としてご紹介できるのか、ネガティブデータなのか微妙な所です。

引き続きネガティブデータのご紹介です。
8代♂(ペイ86)
弥生2.9④
皐月3.0③
フェブ3.9②
高松3.0①
WBC4.6②
JC1.5①
WBC3.5①
WBC2.2③
JC1.5①
WBC2.7⑧
JC1.5②
有馬1.5①
WBC4.3②
JC1.5①
WBC3.7⑤
天春1.5④
JCD1.5①
WBC4.1①
WBC3.0④
JC1.5②
天秋1.5①
WBC3.3①
WBC2.5④
天春1.4①
WBC3.4⑤
マイル1.5①
WBC4.8④
安田3.0④
フェブ3.6⑥
安田4.4④
フェブ5.0①
WBC10.2④
安田4.4④
安田4.8⑤
安田4.9⑥
安田5.7⑧
スプタ6.6⑥
安田6.8③
安田6.2④
スプタ6.5②
スプタ5.6⑤
安田5.8①
WBC12.4④
スプタ5.2①
WBC12.3⑪
マイル5.0③
フェブ5.3②
高松5.3①
WBC12.4②
スプタ4.7①
WBC11.4③
天春5.2⑨
天春5.3⑤
高松5.3⑤
マイル5.6⑤
スプタ6.0⑤
天秋7.1⑦
マイル6.8②引退
20170枚
まあ、2万越えれば仕方ない面はありますでしょうかね。

17代♀(ペイ86)
弥生2.9④
桜花3.0①
皐月2.4②
オークス2.0③
マイル2.2③
フェブ1.6①
高松1.5①
WBC4.2③
マイル1.5②
安田1.4①
WBC4.3③
マイル1.5③
マイル1.5①
WBC4.3①
WBC2.8③
JC1.5③
スプタ1.5⑤
スプタ1.5②
WBC5.5①
WBC3.7②
スプタ1.5①
WBC3.1②
JC1.5①
WBC2.9⑤
JCD1.4①
WBC4.0③
天秋1.5②
マイル1.5①
WBC5.2⑦
天春3.2③
安田4.8④
宝塚5.6①
WBC11.7③
高松4.8③
大阪杯2.1①
中山GJ5.1①
FEGJ6.0⑥
天春5.9⑦
安田6.3④
スプタ6.7④
天秋7.8③
エリ女6.8①
WBC12.9⑦
中山大障害4.1②
フェブ5.9④
高松6.3⑤
安田6.7⑤
スプタ7.4①
有馬8.6⑤
WBC14.2⑦
中山大障害5.2②引退
15160枚
まあ、どこにでも転がっていそうなMaxでしょうか。




コメント (2)

ネガティブMax馬データ⑤

2017年03月26日 | ネガティブMax馬データ
まずは最近の独眼流です。

定期的には食べに行かせて頂いています。

ラインナップも特に変化はありません。

ちょっと前には『貝そば醤油』を頂いています。良い出汁が出たそばでした。

今週末には楽しみな限定食が提供されていました。白湯系のスープです。

嫁さんは濃厚鶏塩そばをチョイス。

私は醤油味の濃厚鶏そばを食べました。インパクトがあって美味しいラーメンでした。
『武蔵』さんの白湯ラーメンも美味しいですが、こちらもお奨めです。
塩系は最初大人しめに感じるのですが、何度かスープを飲んでいると白湯スープの味がこちらの方が良くわかります。
しばらくはやってくれるそうなので、また食べに行きたいと思います。

さて、スタホです。2011~2012年頃の馬になります。
47代♀スマイルムービー号(準Max牡馬三冠即継承馬×レイクレリーフ号・ペイ90)
スプリ3.0①
桜花2.8①
皐月2.2③
NHK1.9①
オークス1.9②
ダービー1.5②
WBC4.3⑤
秋華1.7①
菊花1.5①
WBC4.3④
フェブ1.5②
スプタ1.5③
WBC5.2②
フェブ1.5①
スプタ1.6①
WBC4.2①
WBC2.3②
JC1.5①
WBC2.7⑤
JC1.5①
WBC3.3③
JC1.5③
JC1.6①
WBC5.0③
天春1.8①
WBC6.6③
天秋2.7⑥
エリ女4.7⑥
フェブ5.0④
高松5.8⑤
安田6.5③
スプタ6.4①
WBC10.0③
エリ女4.6①
WBC11.2①
WBC4.9②
マイル1.7②
フェブ2.1①
WBC8.6⑤
安田4.3⑥
フェブ4.5③
高松4.7⑤
マイル5.3①
WBC9.8③
スプタ4.7③引退
17390枚
これは番外編です。初戦は普通なら3.1がつくところですが、弾かれて3.0になっています。
Max下の推移と言えます。
いつもだとWBC2戦目着外を見て、引退を決意するところですが、
これはメダル回収と動画撮影も兼ねていたので使い切る方針で進めていました。
レース間隔は入れっ放しの時も結構あるので、長めです。その分、レース数も少なくなっています。
後半のWBCを勝利する辺りに賞金獲得能力の振り分けがあったんでしょうね。
Max馬としてはありふれた普通の馬という感じがします。

9代♂(ペイ86)
弥生2.9①
皐月2.7①
NHK2.0②
ダービー1.9③
菊花1.9③
安田1.5①(P2.6)
WBC4.1①
WBC3.0①
WBC1.8③
JC1.5①
WBC2.0②
JC1.5②
JC1.5②
JC1.5①
WBC3.7③
JC1.5②
有馬1.5①
WBC3.9①
WBC2.6③
JC1.5①
WBC3.1③
JC1.5②
有馬1.5③
天春1.5①
WBC5.2②
宝塚1.5③
宝塚1.8①
WBC6.6⑤
天秋3.4①
WBC9.2⑧
JCD3.6②
JCD3.8⑨
JCD4.4④
フェブ4.8⑥
高松5.6④
フェブ6.0⑨
高松6.7①
WBC10.7②
JCD3.9③
フェブ3.7③
JCD4.3④
フェブ4.7⑥
JCD6.5③
JCD6.3④
フェブ6.2⑥
中山GJ5.2⑥
スプタ6.6④
JCD7.2①
WBC12.1⑩
中山GJ4.5⑤
阪神大賞典3.1③
金鯱2.6②
スプタ6.1④引退
20220枚
こちらは馬主ペイ80が解除され、馬券ペイを90⇒86に下げる代わりに馬主ペイを上げたという
ふれこみ後に作成したMax馬でした。
ここら辺の稼ぎならある意味普通かもしれません。
失敗作を何度か使い切ると、どんどん使い切るためのハードルが高くなってしまいます。
10戦、20戦、30戦使って諦めという馬もたくさんありますが、
馬の成長型がすべて表せているわけではありませんので割愛させて頂いています。
特に自分の早熟な作成パターンを鑑みると使い切りたくなくなるのが実情です。
もちろん、晩成である可能性は残されてはいますが。
コメント (36)