原キョウコ ダンスセラピーラボ

ダンスセラピーという手法を通して心身の解放をサポートし、心と身体と魂をつなぐことを目標に、研究を重ねている場です。

ここで行っているダンスセラピーセッションについて

2019-01-11 | ダンスセラピーについての考え方


呼吸法や動きを通してのご自身の心身の調整と、
自発的な表現をサポートします。
野口体操をベースにした身体技法、ダンスセラピーの技法、
わたしが学んで来た舞踏の技法をご紹介していきます。

殊に、舞踏の技法には西洋的なダンスの概念にはない
さまざまな驚くようなエッセンスがあります。
ここ近年、舞踏の魅力、そして癒しのチカラを再発見しています。
実際に舞踏を学びに行くにはハードルが高いと感じている方も
安全で安心な空間の中でじっくりと味わっていただけます。

あらゆる表現芸術の中にはセラピューティックな要素があります。
特に踊り全般は大きなダイナミクスをはらんでいます。
自分の中に眠る表現の可能性を発見し、育てることを楽しんでください。
表現されたものを丁寧に見ていくと
ご自身の問題解決にもつながることがたくさんあります。

セッションの前後にはシェアリングもしていますが
とても大切な時間と考えています。
身体で表現されたものと言葉とつなげていく作業です。
シェアをすることで体験がぐっと深くなることが多いのです。
聴くだけでもいいのです。共感したり深く頷いたり…
身体と言葉が結ばれていくとき、
大きな気づきが起こります。
その作業を続けていくと
ご自身の在り方~魂の在り方~への道につながってくるのです。


安心、安全で自由な空間づくりを心がけています。




KEY WORD:即興/ムーブメント/呼吸法/野口体操/舞踏/イメージワーク
       グラウンディング/重さの感覚/足裏/知覚すること
       ファシリテーション/心理療法/フォーカシング
       セルフケア/ケアする人のケア/環境と身体/関係性
       「場」のチカラ/シャーマニズム/アニミズム/身体、心、魂の統合 
       感覚、感情、思考の統合/生と死/祈り/詩/ゆらぎと軸
       「抜き」の動き/アジアの身体
コメント (1)

10月22日(月)のつぶやき

2018-10-23 | mysterious
コメント

10月21日(日)のつぶやき

2018-10-22 | mysterious
コメント

10月20日(土)のつぶやき

2018-10-21 | mysterious
コメント

10月19日(金)のつぶやき

2018-10-20 | mysterious
コメント

10/27のダンスセラピーWS(首都圏)

2018-10-19 | ダンスセラピークラス/スケジュール


先週行われた多摩川の花火大会の写真です。秋の花火もまた良きかなですね。



だいぶ秋めいてきましたね。
山の方からは紅葉、
富士山は冠雪などの便りもあります。

大きな台風を挟んで
ちょっと穏やかな天候になっているのにホッとしていますが
曇りや雨も多いので
だるさや身体の重さなどを感じている方も多いようです。
「養生」の季節ですね。

改めてこの二文字を見ると
養い生かすと読めます。

自分に課することばかりが増えていないか
常に目標を達成することばかり考えていないか
現在の状態に不満ばかりを感じていないかどうか
無意識に自分を責めたり貶めたりしていないかどうか。

常に「今、ここ」に戻ろうとすること。
今の身体を感じること。
本当は何を欲しているのかを感じること。

シンプルな身体の状態に立ち戻った時
身体は自ずからそれを教えてくれます。

秋という季節に
あらためて心して自分自身を養い、生かすこと。

他者や世間や自分の感情に惑わされず
静かに自分自身を感じること。

ゆっくりと呼吸をしてほぐすことから、
身体の深いところにダイブするプロセスを大切にしています。
気持ちよく動けることは
いつも無条件に働いてくれている身体への感謝でもあります。


そのような場を今回も準備して
みなさまの参加をお待ちしています。



************

「ダンスセラピー」常設クラス(東京)

呼吸法や動きを通してのご自身の心身の調整と、
自発的な表現をサポートします。
野口体操をベースにした身体技法、ダンスセラピーの技法、
わたしが学んで来た舞踏の技法をご紹介していきます。

重力と脱力、身体感覚を手がかりに動きを引き出していくので
ダンスの体験のない方も無理なく参加いただけます。

殊に、舞踏の技法には西洋的なダンスの概念にはない
さまざまな驚くようなエッセンスがあります。
ここ近年、舞踏の魅力、そして癒しのチカラを再発見しています。
実際に舞踏を学びに行くにはハードルが高いと感じている方も
安全で安心な空間の中でじっくりと味わっていただけます。

あらゆる表現芸術の中にはセラピューティックな要素があります。
特に踊り全般は大きなダイナミクスをはらんでいます。
自分の中に眠る感覚や表現の可能性を発見し、育てることを楽しんでください。
身体の内側から表現されたものを丁寧に見ていくと
ご自身の問題解決にもつながるヒントがたくさんあります。

セッションの前後にはシェアリングをしていますが
とても大切な時間と考えています。
身体で表現されたものと言葉とつなげていく作業です。
シェアをすることで体験がぐっと深くなることが多いのです。
聴くだけでもいいのです。共感したり深く頷いたり…

安心、安全で自由な空間づくりを心がけています。
単発参加もOKです。

※ご自身の心身の状態により、途中で休憩したり早退したりすることもOKです。
内容に関して一切の強制はしていません。
初めての方にも安心して参加いただけるように配慮しております。

みなさまの参加をお待ちしております。


★持ち物:水分補給ドリンク、動きやすい服装(靴は不要.五本指ソックスでOK。ベルト、スカート、ストッキングは不可です)
     

★場所: 

お申し込みの方にお知らせします。 (東急田園都市線「溝の口」駅/JR南武線「武蔵溝ノ口」駅下車 徒歩5分)

溝の口駅は渋谷から急行で約20分。東急世田谷線、東急大井町線、東急東横線とのアクセスも便利です。
路線図
http://www.tokyu.co.jp/sp/map/expansion.html
    
 当日11時以降のご連絡は090-9302-2046のショートメッセージにお願い致します。
 遅れる場合はご連絡ください。

     

★参加費:
 一般 5.000円  Under25 3000円
(お支払いは当日/証明できるものをご持参下さい)


コピー&貼り付け=======

ダンスセラピーWSお申込書(初めて参加される方用)

お名前:
参加日:
参加なさるうえでの興味、やりたいこと、気になっていることなど:
ダンスやボディワーク経験の有無:
当日連絡のつくtel:

-コピーend======

※予約制 このメイルにご返信ください。

内容についてのお問合せや、現在治療中の方のお問合せもお気軽にどうぞ。


★11〜12月のスケジュール

ご予約受付中です。

11/18(日)
11/24(土)
12/15(土)

場所はいずれも溝の口です。

11/18は、春に行い好評だった「舞踏の歩行」を行います。



★エナジーダンス合宿体験記掲載!

ブログに記事をアップしました。

今回の合宿の体験記を
参加者の方が送ってくださいました。
大人になると自分の気持ちを素直に表せない場が多くなるけれど
だからこそそういう場がとても大切なのだとずっと思い、場を作ってきました。
大変なことも色々ありましたが、やってきてよかったなあと思わせてくれる美しい素晴らしい文章でした。
ぜひ読んでみてくださいね。
https://blog.goo.ne.jp/kyondance/c/38421a52d18f19e128e4e9a1f151f663


★秋の大阪WS決定!

11/30~12/1 大阪阿部野橋で行います。
金曜の夜と土曜の午前午後です。
詳細はまたお知らせ致します。

コメント

10月18日(木)のつぶやき

2018-10-19 | Twitter
コメント

10月17日(水)のつぶやき

2018-10-18 | Twitter
コメント

10月16日(火)のつぶやき

2018-10-17 | Twitter
コメント

10月15日(月)のつぶやき

2018-10-16 | Twitter
コメント

10月14日(日)のつぶやき

2018-10-15 | Twitter
コメント

10月13日(土)のつぶやき

2018-10-14 | Twitter
コメント

10月12日(金)のつぶやき その2

2018-10-13 | Twitter
コメント

10月12日(金)のつぶやき その1

2018-10-13 | Twitter
コメント

2018女神山合宿体験記

2018-10-12 | 夏合宿



今年の女神山の感想文をいただきました。
ご本人の許可を得て
あえて加筆訂正せずにそのまま掲載いたします。
参加を検討している方に読んでいただけるといいなと思います。
来年は9/14~16です。


Sさん、どうもありがとう!


****************


今回で3回目の女神山
私の段階に合わせて、いつも女神山でのワークは贈り物をくれます。

今年は自分にこもるというか、内省する事が多く、去年の職場でのパワハラや人間関係の疲れや傷つきがあって、
人と関わりたくない、関わらないという気持ちが強くなっていました。
今回の女神山でも内省してゆっくり静かに過ごしたいと思っていました。

でも、そんな想いとは反して、今回の女神山では「他人と自分」というテーマを過ごしていたように思っています。
原さんに言われたように、人に対して「恐さ」がずっとあったという事をしっかり認識できましたし、
その恐さが今回の女神山をきっかけに和らいでいるように感じています。

木のワークで踊った時、全ては自分の内側から始めるという感覚をもちました。
私という木からずっと外へ外へ
根も枝もずっと外へ外へ向かって他の物体と絡み合い、触れ合いはするが決して「同化」しない。
それがとても悲しく感じました。
「私は誰とも同化出来ない一体には慣れない」

その現実を受け入れた時に一人でいることの決意が沸き起こってきました。
一人なんだという思いは悲しく寂しいが、そういうものなんだという事が心底実感出来ました。
私の中にあった「人と同調しなくてはいけない、同化しなくてはいけない」と言う思い込みは
「誰かと同化できれば、この所在ない寂しさは無くなるのかも知れない」と言う願いだったのだとはっきりとわかりました。
誰かと同じにはなれないし、ずっと誰かにになりたかった私は誰にもなれずに、私にもなれずにさまよっていつも不安だったのでした。
ここ数年で育ててきた「自己肯定感」が私を一人でいる勇気と強さを与えてくれました。
気づくと、心を占める「寂しさ」や「不安」は少なくなっています。

今回、死のワークが本当に印象的でした。
アンケートにも書きましたが、あんなに自分から離れがたい気持ちになるとは思いませんでした。
自分をもっと謳歌してもっと堂々と生きれば良かったと思ったし、家族や友達の顔を思い出し、
私をこんなにも好きでいてくれた人がいたのに、私が私を愛せなかった事が悔しくてたまりませんでした。
涙が止まらず、私は私に心から謝っていました。

そして、あの時、私が私を愛している事を許可した瞬間なのだと今は思っています。

癌になってから、自分自身に厚く張られた価値観、概念を少しづつ剥がす作業をコツコツ続け、
細かった自分とのコンタクトの糸を少しづつ太くし、地味な作業を原さんに助けてもらいながら続けていました。
癌になって手術してそれからずっと自分を見つめ続けて、地味ながらもずっと自分との繋がりを探して…

そして、私はやっと私にはなれた。
そしていつの日か私で死ねる。
癌にならずに生きてたら、私は私で死ねなかった。
私で死ねる事がこんなにも幸せなのかって今は実感しています。
そして、私はこれからも私になり続けるんだって確信しています。

死のワークで、私は怖くてなかなか産まれてこれなかったのですが、オギタカさんの優しい声がして、とても安心しました。
そして、世界に降り立ち目を開けたらたくさん人がいてくれてうれしいと感じましたし、やっと会えたんだと思えました。
嬉しくて、産まれた喜びに包まれて、世界が平和で味方でした。
世界が暖かく、安全になった瞬間、人と繋がりたいし、みんなが自分で、自分がみんなという感覚を持てました。
「大好きだ」という思いが身体中に満ちて来ていました。
更に、メグちゃんが撮影してくれた踊っている時の私の写真を見たとき、手が足が髪が顔が全て美しく見えました。
心から「私ってこんなに美しいんだ」と思ったし、美しいって自分も人も幸せにするんだって感じました。
そう、人をも幸せに出来るって感じたんです。
何かをしなくては価値がないとずっと言い続けていた私に、身体が女神山がダンスが教えてくれました。
「存在が美しいってあるんだよ」って。
そして、本当に全てが、みんなが美しかった。
同じ人間はいらないし、それぞれの色が重なって、それはとてもいいカラフルで、美しい。
比較ではない美しさを実感した時、他人は敵ではなく仲間となり愛すべき対象となるのだと思っています。
そして、今は人が怖いという思いから解放されつつあります。

今回の女神山での体験
女子のじゃれ合い、褒め合い、ただただ笑うことが楽しくてずっとワクワクしていました。
子供のころにもらえなかったもの、出来なかったことを
悔しいと思ったり、残念と悲しんだり、自分を憐れんだり、
誰かを恨んだり、羨ましく思ったり、妬んだりする気持ちがありましたが

今から始めればいい
いつだってここからスタート
何度も、いつでも、始める
小学生の夏休みも
女子のじゃれ合いも
お洒落も
冒険も
やりたいことも、やりたかった事も全部出来るんだという感覚を持てています。
いつでも私は時間を、時空を行き来して、何度でも生き直し、育っていく。
私がはじめればいい、今から、この瞬間から
時間は戻らなくはない、そう確信しています。


最後に女神山のオーナーの女性の方とお話しをしていた時の会話で
「ずっとここにいても飽きないの。毎日綺麗、何かが美しい、何かしら綺麗なのよ」とおっしゃっていた言葉に感動しました。
そうやって、生き続けることが私の目標だなって思っています。

原さんが毎年の、「産みの苦しみ」を味わいながら、
私にとって大事な女神山を用意、準備して下さる事、あの場を安全で安心な場所にしてくださる事…感謝以外にはありません。

私、おばあちゃんの介護をしていて思うんですが、
「場を整える」って目には見えないし、自分もやってる感というか成果っって言うのが見えない仕事だなぁって。
そして、ただただ疲労感だけが残る時があるんです。
でも、人が居心地の良い安心な場所で生きられるって言うのは実は何よりも大切で、
水とか空気とか電気とかそう言うライフラインに通じるくらいの事だって思うんです
原さんはシャドーワークな部分が多くて、私も思いが至らない場所での働きがたくさんあるんだろうなって思っています。本当にお疲れ様です。


私はいつも女神山で「超至福」で、原さんは「いい人」(笑)
今年の女神山流行語大賞!!


コメント