みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

無知な小泉進次郎に教えてやらあな!放射能トリチウム汚染水除去装置を安倍首相がロシアから購入しない、プーチンさんが提案しても!小泉家も安倍家も売国、戦争殺戮屋の血筋、ポチだよ、進次郎好きの日本人に

2019-09-18 12:58:59 | 政治
無知な小泉進次郎に教えてやらあな!放射能トリチウム汚染水除去装置を安倍首相がロシアから購入しない、プーチンさんが提案しても!小泉家も安倍家も売国、戦争殺戮屋の血筋、ポチだよ、進次郎好きの日本人に!米ガラクタ兵器を晋三が自ら血税で大量購入、キックバック利権もある売国奴、人工気象兵器、棄民政策の一味!


初入閣で露見した、小泉進次郎の原発汚染水に関する「勉強不足」(髙橋 洋一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

好感度モンスター・小泉進次郎の“すべて他人事”な本性 「汚染水は管轄外」「加計問題はフェイク」「被災地も支援する側に回れ」|LITERA/リテラ

放射能トリチウム水「タンク増え続け」ロシアのトリチウム除去装置を購入しない「安倍政権」プーチン大統領が安倍政府に勧めるも!放射能たれ流しで東京五輪!5、6年でタンク満杯!2018年/汚染水を海に、東電会長言及!トリチウムは水と同化し、雲に雨になり、野菜、魚のDNAに入り、人間のDNAに!みんなが知るべき情報/今日の物語




ロシア科学アカデミー【放射能】をレーザー照射で中和、安全化させる方法を発見!プーチンが提案したトリチウム除去装置を購入しない安倍政権!東電は猛毒トリチウム汚染水を海に流す魂胆!日本人殺戮政治=安倍政権! - みんなが知るべき情報/今日の物語


放射性物質『猛毒トリチウム汚染水』を無毒化の驚異の新技術!!別の元素で置き換える日本のA社。-gooブログ




初入閣で露見した、小泉進次郎の原発汚染水に関する「勉強不足」 政治には「理屈」も大切だ - ライブドアニュース </fon>

初入閣で露見した、小泉進次郎の原発汚染水に関する「勉強不足」 政治には「理屈」も大切だ

2019年9月16日 6時0分 

現代ビジネス

情緒で科学を否定?

9月11日の内閣改造で、小泉進次郎氏が初入閣し環境相となったが、早速その発言が物議を醸している。

就任時の記者会見において、東京電力福島第一原発の汚染水浄化後の処理水をめぐり、原田義昭前環境相が「海洋放出しかない」と発言したことについて、関係者に謝罪をしたのだ。

まず、原田前環境相の言い分は、9月10日の記者会見での発言だ。内容は11日の自身のブログに書かれている。

結論から言えば、詳しくは後から述べるが、科学的見地などから見ても適切な発言だ。

一方、後任の小泉環境相は11日の就任記者会見で、原田発言に異論を唱えた。

記者からの2つ目の質問への答えだったが、いわき市小名浜の漁連組合長を「素晴らしい人」とし、「そうした人たちに寄り添っていくことが大切」という趣旨で、いわば情緒によって科学的な知見に基づく意見を否定してしまった形になる。

小泉環境相は、先日の結婚会見の際に「理屈じゃない」と述べたと記憶しているが、もしかすると処理水のことについても、そうした直感で判断したのかもしれない。

今回の小泉環境相の対応のまずさは、第一に、個人名を挙げて政治判断の根拠としている点にある。行政は特定個人の意見や利益のために行われるものではない。憲法第15条にも、「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定されている。

汚染水「処理」の具体的手順

情緒で判断することのまずさは、以下の事実の整理からもわかる。

まず、福島事故での処理水問題は、過去の世界の原発事故では見られなかったものだ。東電福島第一原子力発電所では、デブリ(溶融燃料)を冷やし続けるための水や雨水、地下水が放射性物質に汚染され、汚染水が発生している。

東電は、建屋内に入り込む雨水や地下水をできるだけ少なくしてきた。しかし、汚染水は2014年度平均の1日470トンから減ってきてはいるものの、まだ1日170トン(18年度)ある。

東電は、専用の装置である多核種除去設備 (ALPS)を使って、汚染水からセシウム、ストロンチウムなど62種の放射性物質をおおむね取り除いている。ただ現在の技術では、トリチウムをきちんと除去することは困難だ。

こうした現状については、東電の処理水ポータルサイトを見ればわかる。

昨年夏、処理水にはトリチウム以外にも、基準値以上の放射性物質が含まれていることが報じられた。反原発派は、東電の「ALPSによりトリチウム以外は除去している」という言い分は間違っており、東電はウソをついていた、と批判した。

一方の東電は、タンクに貯蔵している処理水の中には基準を満たしていないものがあるが、環境に放出する際にはもう一度浄化処理(二次処理)を行い、基準を満たすとしている。なお、このようなデータはきちんと情報公開しており、ウソではないと反論している。

処理水中のトリチウム以外の放射性物質が基準値以下であれば、水で希釈して、海水に放出しても問題ない。実際、トリチウムの海洋放出は世界中で行われており、原子力規制委員会も認めている。

もし処理水に、基準値を超える量のトリチウム以外の放射性物質が含まれていれば、基準値以下になるまで再除去を繰り返すだけだ。それまで、処理水は保管継続するしかない。

~以下略~


好感度モンスター・小泉進次郎の“すべて他人事”な本性 「汚染水は管轄外」「加計問題はフェイク」「被災地も支援する側に回れ」 (LITERA) - LINE NEWS


好感度モンスター・小泉進次郎の“すべて他人事”な本性 「汚染水は管轄外」「加計問題はフェイク」「被災地も支援する側に回れ」

LITERA

powered byLINE NEWS

2019年9月14日 06:00LITERA

 千葉県の大規模停電が深刻な被害をもたらすなか、その問題もそこそこにテレビのワイドショーが熱狂して取り上げつづけたのは、環境相に抜擢された小泉進次郎初入閣の話題だった。昨日も引き継ぎで「意識は復興大臣」と述べ、さっそく被災地の福島県を訪問すると、“福島復興は進次郎氏のこだわり”などと大きく伝えた。

 だが、そうしたヨイショだらけのメディア報道の一方で、進次郎氏はさっそく馬脚を露わした。それは、進次郎氏の前任者である原田義昭・前環境相の発言をめぐる対応だ。原田前環境相が「(汚染水は海に)思い切って放出して希釈するほかに選択肢はない」「安全性、科学性からすれば、これはどうもね、大丈夫なんだ」と発言。専門家はもちろん、福島県の漁業協同組合連合会会長からも「環境相は福島の現状を理解していない。あまりに軽々な発言で不快だ」と批判が起こっていたものだ。

これについて、進次郎氏が12日、福島県の漁業関係者に対して原田発言を国の方針ではないと釈明して「率直に申し訳ない」とおわびしたことがニュースになっているが、じつは、進次郎氏の当初の対応はまったく違うものだった。

内閣改造が発表された11日、進次郎氏は官邸で囲み取材に応じたが、原田前環境相の「汚染水を海に放出する」発言について質問が飛ぶと、進次郎氏はこう述べたのだ。

「まず、原田大臣のご発言というのは、ご本人もおしゃっていましたけど、個人的な見解だと。そういったことをおっしゃったと思います。そしてもうひとつ大切なファクトを言えば、所管は環境省ではありません。あれは経産省の小委員会で議論されている過程のことですから、そこは経産省の小委員会でしっかり議論していただきたいと思います」

「復興はライフワーク」と語っては“福島に寄り添う”ことを最大のアピールにしてきたというのに、進次郎氏は「ファクトで言えば所管は環境省じゃない」と強調した上、「経産省で議論して」と丸投げしたのである。

しかし「所管じゃない」と言うが、汚染水処理が経産省の所管というだけで、もし海洋放出されるようなことになれば、その結果もたらされる海洋汚染は環境省の担当だ。進次郎はこのとき「福島の人を傷つけないような議論を」などとも言っていたが、必要なのはニュース番組のコメンテーターのような他人事の発言ではなく、環境省のトップとして、はっきりと拙速な議論にNOを突きつけるべきだったのだ。それを縦割り行政丸出しに「所管じゃない」などと突き放すとは……。

この発言を聞くかぎり、翌日、福島県の漁業関係者に対して謝罪したのは、一部で官僚的な対応を批判されたから見せたパフォーマンスにすぎない。

そもそも、進次郎氏は「強いリーダーシップ」「発信力が大きい」などと評価されているが、そのじつ、発している中身はスカスカな上、冷酷ささえ滲み出るものばかりだ。

たとえば、今月6日には仙台市で震災復興をテーマに講演をおこなったが、そこで進次郎氏はこんなことを言い放っている。

「支援をされる側でなくて未来の被災地を支援する側に回るような発想ができれば、日本人らしさを発揮できる復興や国づくりができるのではないかと思います」

 被災地の生活再建や産業再生などまだまだ支援の強化が必要とされているというのに、「支援される側に甘んじるな」「支援する側に回る発想こそ日本人らしい」などと宣う……。一見すると“前向き”な発言にも見えるが、これは「被災者や高齢者といった“弱者”と呼ばれる人々の甘え、そしてその甘えを当然の権利と認めてしまう社会に不安を覚えます」と自己責任論で弱者攻撃をおこなった作家の曽野綾子の発言と同根のものではないか。

●進次郎は「加計問題はフェイクニュース」と安倍応援団そっくりの主張をしたことも

 よくこれで「復興はライフワーク」などと喧伝してきたものだと呆れるが、さらに唖然とさせられたのは、西日本豪雨で懸命な捜索と復旧作業がおこなわれていた最中の昨年7月12日に発した、こんな言葉だ。

「今回の豪雨災害を見ていても、気象予報を含めて衛星の力、これからさらなる精度の向上、そういったことが国民の暮らしを守り、いかに宇宙空間の在り方、環境の在り方が大事かということを改めて認識をした」

 進次郎氏は「日本が世界で初めてスペースデブリ(宇宙ゴミ)の除去に成功する国になる」(小泉進次郎オフィシャルブログより)などと宇宙ゴミ除去についてたびたび発信しているが、よりにもよって豪雨災害を引き合いに出し、被災地の深刻な状況が伝えられているなかでそれを主張したのである。

 進次郎氏のことをメディアは「情に厚い」などと評しているが、一体これのどこが、と言うほかないだろう。

災害による被害が拡大しているのに自分のアピールに勤しみ、被災地には自己責任を押し付け、汚染水問題に対しても無責任な発言を放つ。メディアは進次郎氏について「安倍政権の新しい風」「安倍政権にも物申す人物」と論評しているが、むしろ進次郎氏は「極めて安倍政権的な人物」なのである。

 実際、進次郎氏は「安倍政権にも物申す」というイメージを振りまきながら、一方で肝心なところではしっかり安倍首相をアシストしてきた。

たとえば、加計学園問題で「総理のご意向」文書が見つかって世間を賑わせていた2017年6月に日本記者クラブでおこなわれた記者会見では、進次郎氏は加計学園問題について「国家戦略特区潰しをしてはいけない」「私は国家戦略特区、賛成です」と述べたあと、こうつづけた。

「この問題を見ていて思うのは、やっぱりフェイクニュースの時代ですね。何が本当で、何が嘘か。一連の報道を見ていても、わからない」

「日本にもフェイクニュースは蔓延している」

 加計学園問題はフェイクニュースだ──。つまり、進次郎氏は安倍応援団たちとまったく同じ主張を繰り出していたのだ。

●進次郎は沖縄・名護市長選の応援演説で対立候補をフェイク攻撃

 しかも、そうやって加計学園問題を「フェイク」認定した当の本人が、昨年の沖縄・名護市長選では、応援演説で堂々と「フェイク」を垂れ流したこともある。

本サイトではジャーナリスト・横田一氏が連載でこの問題を追及したが、あらためて振り返ると、この名護市長選は「安倍政権vs翁長雄志沖縄県知事の代理戦争」とも言われ、安倍自民党は現職だった稲嶺進候補に数々の攻撃を仕掛けた。そのひとつが、“稲嶺市長が市営球場の改築を怠ったせいで北海道日本ハムファイターズが名護キャンプから撤退した”なる情報の拡散だった。

そして、応援演説に“客寄せパンダ”として選挙戦の応援に投入された進次郎氏も、「日ハムのキャンプの拠点だった名護市。残念ながら今度からいままでよりも名護市にいる期間が圧倒的に短くなってしまった。なぜ、その日本ハムファイターズのキャンプの拠点として求められていた球場の改修を含めて、もっとスピード感をもってやることはなかったのか」と聴衆に向かって訴えた。

だが、「稲嶺市政のせいで日ハム撤退」というのはフェイクニュースだった。日ハムは名護市営球場の老朽化に伴ってキャンプを2016〜19年は前半をアリゾナ州、後半を名護でおこなうことになったが、球団側が球場の改善を求めたのは、稲嶺氏より前に自公が推薦して当選した島袋吉和市長時代からのこと。しかも2020年には全期間を名護でキャンプをおこなうのだ。

つまり、進次郎氏は安倍自民党が用意したフェイクニュースに乗っかり、それを応援演説で垂れ流したのである。フェイクニュースの流布に加担しておいて、よく「フェイク」だの「ファクト」だの言えたものだ。

進次郎氏をめぐっては「安倍政権にも物申す」というイメージだけが独り歩きしているが、その実態はこのとおり、安倍政権のたんなる補完要員だ。 だが、進次郎氏は、そうした実態とはかけ離れた「イメージ」づくりさえできればいいと考えているのである。

それを象徴するのが、「夫婦別姓」問題だろう。

●歴史認識や選択的夫婦別姓問題などについて明言を避けてきた進次郎

進次郎氏は滝川クリステルとの結婚ネタを存分に自己アピールに使ったが、さらには「もし選択的夫婦別姓の環境が整っていたら、私はその(夫婦別姓を選ぶ)可能性があったと思う」などと言及。入閣が決まった際の官邸の囲み取材でもこう述べた。

「(選択的夫婦別姓は)前からずっと言われているのに、全然それが動いていない。反対する思い、それは反対の自由がありますからいいんですけど、日本って選択肢を増やすだけなのに反対する人、結構いません?」

 この進次郎氏の発言には賛同するが、しかし、選択的夫婦別姓に猛反対しているのは自民党であり、先の参院選の党首討論でも「選択的夫婦別姓を認めるという方は挙手してください」という質問に手を挙げなかったのは安倍首相ただひとりだった。

しかも、こうした党の姿勢に対し、進次郎氏が厚労部会会長として切り込んだ形跡はまるでない。実際、進次郎氏を政治家として分析した中島岳志・東京工業大学教授は〈彼の特徴は、歴史認識や選択的夫婦別姓問題などについて、極力、明言を避けている点〉と評している(「論座」2019年4月7日付)。

 自民党が猛反対していることで夫婦別姓の議論が「全然動いていない」上、これまで発言もしてこなかったのに、突然、「環境が整っていたら夫婦別姓を選んでいたかも」などと言及する──。無論、本サイトは夫婦別姓を認めないのは違憲という立場であり、選択的夫婦別姓導入に向けて議論を進めることには完全に賛同するが、進次郎氏のこれまでの姿勢をみるかぎり、これはたんなる「パフォーマンス」「自己PR」で、深く考えもせずにイメージづくり先行で持ち出しただけで、言いっぱなしで終わるのではないかと疑念を抱かずにいられない。

 しかし、メディアは進次郎氏のこうしたひとつひとつの言動を検証することもせず、本人のパフォーマンスに丸乗っかりして「イメージ」だけを言い広めるばかり。「ポスト安倍」などと持て囃すテレビは完全に進次郎氏のプロモーション媒体に成り下がっている。

 自分を良く見せることに余念がないばかりの「次期首相候補」に、中身がスカスカのこの男に躍らされるだけのメディア……。つくづくげんなりするしかないだろう。(編集部)


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

放射能トリチウム水「タンク増え続け」ロシアのトリチウム除去装置を購入しない「安倍政権」プーチン大統領が安倍政府に勧めるも!放射能たれ流しで東京五輪!5、6年でタンク満杯!2018年/汚染水を海に、東電会長言及!トリチウムは水と同化し、雲に雨になり、野菜、魚のDNAに入り、人間のDNAに!みんなが知るべき情報/今日の物語



殆どの人は知らない【トリチウムという除去不能な猛毒放射性物質が、水道水に混入している事】トリチウムを内部被曝すると、遺伝子を根本から破壊するチカラがある事も知られていない! - みんなが知るべき情報/今日の物語




福島原発から【放射能】が日本全土に垂れ流しになっている!状況はまったく変わらず海も汚染され続けている!2018年04月12日「復興は原発セールスのため」復興の偽善!福島の政治家がついに決死の大暴露! 放射能汚染のヤバさをひた隠す日本!政府は現実をことごとく隠す!動植物の奇形も増加!大手メディアに忖度の嵐が吹き荒れ「放射能」という言葉を用いることさえ躊躇うほど萎縮した今、いったい誰がこの国のことを本当に愛し、真剣に将来の国民の幸せを考えているといえるのだろうか?(TOCANA)放射能トリチウムは海に、水蒸気、雲、雨となり… 野菜、魚のDNAに入り、人間のDNAに、日本全土に!- みんなが知るべき情報/今日の物語



日本人はどこまで愚かなのか!小泉進次郎氏に【期待】74・0%!共同通信社緊急世論調査!年金75歳、戦争屋のポチ!父親はレイプ魔の売国元総理【小泉純一郎】これじゃ新聞テレビに洗脳され続けるだけ! - みんなが知るべき情報/今日の物語




【売国奴】小泉進次郎が初入閣!安倍内閣改造/年金75才【社会保障改革宣言】父親譲りの日本破壊!戦争屋CSIS・戦略国際問題研究所【マイケル・グリーン】副理事長のポチ! - みんなが知るべき情報/今日の物語



テレビが称賛する【小泉進次郎】が安倍首相側に寝返った裏に女性スキャンダル?今後は安倍家臣として改憲スポークスマンに!年金75才【社会保障改革宣言】米戦争屋の手下【日本破壊】父親はレイプ魔【小池純一郎】改憲のスポークスマン化で安倍の改憲は一気に進む!憲法改正に向け、安倍官邸が味方につけた最強の広告塔!これまでにない警戒が必要だ!- みんなが知るべき情報/今日の物語


小泉進次郎が入閣した情報を誇大に宣伝し続けているマスメディア!日本を歪める権力癒着の罪!台風15号千葉県の深刻な事態を伝えず、内閣改造のお祭り騒ぎに加担した!テレビは【洗脳装置】嘘でも放送しちゃえば…それが真実!TBS代表取締役会長:井上弘! - みんなが知るべき情報/今日の物語




衛装備品」を買うことになった!自動車25%関税の強力な「切り札」変わりはない!TAG(日米物品貿易協定) 世界でも類を見ない「真性奴隷国家」想像以上の安倍晋三の売国性にトランプ本人も驚いているんじゃないかね!- みんなが知るべき情報/今日の物語



台風15号大災害を無視する安倍政権、9日目に首相、災害派遣など自衛隊の活動ねぎらう!千葉県内停電なお7万軒超【助けて…SOSツイッター 投稿】屋根ブルーシートはりで死者、けが人多数!農林水産被害267億円余、過去10年で最悪!特産トマト・梨「全滅」も、農作物被害、千葉県全容つかめず!- みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します




コメント   この記事についてブログを書く
« 台風15号大災害を無視する安... | トップ | 小泉進次郎【日本国民を半減... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。