広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガッツな走りを ホンダFT400/500

2018-08-19 19:09:31 | 旧車カタログ編

80年代のスクランブラー系になるのだろうか、400と500のシングルマシン。
実はこのバイクは発売当初から気になっていたモデルです。
キャストホイルのデザインと深いリアフェンダーが気に入っていました。


オンロードも

フラットダートやジャリ道など 普段のツーリングで出会う道ならば対応可能で
軽い車体と排気量に物をいわせて 豪快に走れそうです。


4バルブ、2本だしエグゾースト、もちろんバランサー付きで始動もセルオンリー。80年代車です。
4サイクルシングルはセルの有る無しで、交差点での極低速小回りなど、安心感が違います。
万一ストールしてもセルでそのまま立ち直り走ることができます。


上から見ると 走りやすさが直感的にわかります。
エンジン幅がなくスリムであるけれど、ゆったりとした大きな座面、小ぶりなタンク、太い右だしマフラー。
自由自在に走れます。


メーター周りもいい感じです。必要な物がきっちりと収まっています。
160キロまで文字と170キロまでも目盛り。実質的です誇張がありません。
速度警告灯もタコメーター内にありますね。


400と500は同一ボアでストローク差で設定されていますので、
実際のフィーリングがかなり違うと思います。吹き上がりの良さで400、
立ち上がりの強さで500といったところでしょうか。


500はカラーもブラックのみ渋い設定です。

フロント19インチ、リア18インチはワタシには一番しっくりくるサイズです。
車重も160キロほどと軽いです。何にでも使えるビッグシングル。
実質的に走り振ったた車体構成と特に何も放たない雰囲気は、周りを気にせず
ライディングを楽しむことに専念できそうです。
いいバイクだと思います。




コメント (14)

ホンダ SL350 4ストトレールの最高峰

2018-08-03 22:40:09 | 旧車カタログ編

当時の4ST トレール車SLシリーズの最高峰のSL350。
ライディングが美しいSLシリーズのカタログはとても躍動的です。


さすが自動二輪となると装備もしっかりとしていますが、
CB350のツインエンジンは大きく重いですので、軽量化にはきっと苦労もあったと思います。

146キロの車重までにおさえられています。


レーサーのような集合エグゾースト。
腰下はセルモーターのないSL専用の形状です。


ぞくっとするような迫力のつや消しブラックのマフラー。

まさにワンオフのような造りのアンダーガードに守られて集合管となっています。美しい仕上がりに見とれてしまいます。

センタースタンドもあるところが SLらしいです。
ちなみにワタシはSL250を所有していたことがありますが、
250はセンスタはありませんし、どちらかといえばトライアル車のTL250の
ような造り込みでした。


全体をみると、逞しさと美しが両立した感じがきわだちます。

個々にみてみるとよくわかります。

専用カラーと専用タンク形状

美しい成形のフロントフェンダー

ハンドルロックまで仕上げの良さがわかります。

メーターも

サイドカバーも

厚いシートも

CBと同じ仕様のハンドル周りも自動二輪の所有感たっぷりです。


SLシリーズの最高峰にふさわしい走りで旅を誘ってくれそうなトレールです。


コメント (16)

高速トレール2 カワサキ125TR、90TR

2018-08-01 21:01:31 | 旧車カタログ編

DT125と同じクラスのライバルとなると
ハスラー125、エルシノア125と この125TRになるでしょう。
走りではやはり125TRとハスラー125が頭一つ出ててそうです。


実に精悍なスタイリング。125TRのみが競技車両のイメージに近いです。


とてもスリムに見えますがロータリーバルブを採用しています。
パワフルそうです!


マフラーのヒートプロテクターも迫力です。
特別に6段ミッションを採用していますので、走りに徹した車両です。


250TRとデザインが似ている90TR。
スマートでかっこよい車体です。


メカは本格的、90ccエンジンはトレールボスゆずりのロータリーバルブ。速いし何よりタフなエンジンです。


90ccクラスになると等身大の親しみがあります。
構えることなく毎日乗って楽しいクラスです。

カワサキらしく元気いっぱいの音と走りが眼に浮かびます。
コメント (3)

高速トレール KAWASAKI 250-TR

2018-07-29 19:19:24 | 旧車カタログ編

トレーナーにブーツのカジュアルな雰囲気でくつろぐライダーの背後のトレール車

そう 高速トレールといわれたカワサキTRシリーズです。


淡いイエローのタンクとテールカウルがいかにも速そうです。

トレール車ってオフロード走れるけれど、高速は無理なイメージがありますが、
TRは高速も走りのターゲットにおいているところがすごいです。


パワーありそうなアルミシリンダーエンジン。

大きなパンチングのヒートプロテクター。オールブラックで迫力満点です。


Z2のようなテールカウル。高速道路で追い抜かれると、え!トレールなのに思いつつ、このテールカウルを拝むことになるはずです。



メーターはロードスポーツのように美しいです。

フロント周りもすっきりとしています。


高速トレールってなんかすごくワクワクする響きです。


コメント (4)

デカール届きました

2018-07-27 21:44:46 | ヤマハDT125の部屋

廃盤のDT125のデカール。
Kawasakigarageさんに海外から輸入してもらい送っていただいたものです。

黒いシールがマフラーのヒートプロテクタに貼るもの。
大きなヤマハのロゴはタンク用だ。


サイドカバー用はこちら。
125の方は輸出用のエンデューロ125になっています。

175とセットなのは このDT125は175と姉妹車らしく、当然デカールも同一寸法なんですね。
トライアル車のTYには175があるのは知っていましたが、DTに175があるとは知りませんでした。
そういえば ハスラーにもホンダのSLにも175がありますから、DTにもあって不思議ではないですね。
実車はまだですが、楽しみが増えました。
Kawasakigarageさん お菓子もデカールもありがとうございました!
コメント (12)

ヤマハトレールDT250・400

2018-07-23 21:49:15 | ヤマハDT125の部屋

ガレ場にたたずむトレールバイク
ヤマハDT250。2本サスの最終型です。
タンクカラーとくっきりとしたデカールが際立ちます。

タンクカラーは赤とオレンジと黄色。どれも顔料の発色よく、美しいです。

そしてこの機種は最大排気量の400があります。

DT360よりもさらにトルクフル。

5000回転で最大出力と最大トルクを出しますので、低速トルクの塊のような2stバイクです。

一転して眼を移すと 美しい仕上げの車両のデティールが所有感を満たしてくれそうです。

美しい指針とレタリングのメーター。


ブレーキの効き味とフォークのしなやかな感触を楽しめるフロントまわり。


400はCDIとオートデコンプが搭載されて ビッグシングルの取り扱いを楽にしてくれます。



ラジアルフィンとセンターアップマフラーはボリューム感とスリム感を同時に感じることができそうです。


強力なエンジンで高速も自由に使って、目的地のオフロードでワイルドに楽しむ。
そんな楽しみ方もいつか味わってみたいものです。
コメント (10)

90ccトレールの珠玉 SL90 DELUXE

2018-07-19 21:07:58 | 旧車カタログ編

躍動的な表紙のSL90。


なんともグリーンが美しい。フェンダーの裏のさび止め塗装下までもグリーンを反映しているので
仕上げがよいことがわかります。



コブラマフラーが有名です。形状、太さも絶妙です。なんといってもフレームに沿ったこのカチアガりの角度がたまりません。




このモデルはデラックスがあり、なんとタコメーターも装備されています。
90ccのトレール車でタコメーター付きモデルは当時このモデルだけです。


軽量トレールには十分のパワー。4サイクルなのでトコトコ走りも苦にならないでしょう。



日々をずっと共にできる90cc。
キャンディグリーンの美しいトレール。
人車一体で野山を巡れば、身も心も美しいグリーンのようにリフレッシュできることうけあいです。

コメント (6)

スズキvanvan 75

2018-07-08 19:44:00 | SUZUKI  バンバン75 の部屋


札幌の自宅に置いているもう一台の愛車VANVAN75。
ミニマムのサイズではこのvanvan75がいちばん自分の好みで、走りは頼りがいもあったので購入してもう5年過ぎた。
自分が関西に移動することも知らずに、関西で購入して札幌に輸送して、今も札幌に戻ったときの足になってくれている。


ワタシが所有しているのは油圧のフロントフォークのあるスポーツタイプ。
なかなかしっかりしたサスペンションで、不整地も十分対応してくれます。


エンジンは粘り強いロータリーバルブ。実用車Kシリーズのエンジンです。
変速はリターン4速となります。
関西の真夏の停滞路でオーバーヒートになっても、少し休ませればすぐに元気に復活してくれますし、
涼しい北海道なら 全開で丸一日中ツーリングもできます。
跨線橋などの登りでもグイグイと引っ張ってくれます。
北海道のツーリングならリッター45キロは走りますからなかなか経済的です。
一人でトコトコとロングツーリングしたくなります。


このバイクの良さはシート。
広く分厚く柔らかくで、丸一日乗ってもお尻が痛くなりません。
50ccのスポーツタイプと同じシートですが、75ccなのでタンデム用のシートベルトが装備されています。


例の空気入れは、、実用性はありませんし、エンジン回転があがると微妙に共振します。
まぁアクセサリーですけど、出先でパンク修理などをした場合は役立つかもしれません。

草原でも

街中でも

とてもよく似合います。


こんな優しい気持ちでいつまでも乗っていたい1台です。
コメント (4)

美しいDTシリーズとMR50

2018-06-27 22:30:29 | ヤマハDT125の部屋

グリーンの外装とライダーのウエアのグリーンがよく合っています。
ベルスタッフなど腰下まであるツーリングウェアは高速走行を多用しないツーリングでは便利で好きです。
砂埃をかぶってメンテ中のバイクをカタログの表紙に持ってくるところが面白いです。

美しいDTシリーズは4機種+MR50


360はこのモデルからDTとなります。さらにこの360のみ6V仕様ですがCDI点火です。
エンジンのヘッド部分大きさとシリンダー部分の胴の太さが360ccの凄みを感じます。
タンクカラーもTX系のセイジブラウンこの一色だけです。
佇まいにTX650シリーズを彷彿とさせます。


250はシリーズのメイン機種になると思います。バランスがよく美しく、自動二輪のロードスポーツを持たずとも
これ一台でファーストバイクになれる満足感があります。
グリーンとブルーシルバー系があります。色目のあるグリーンが特に美しいです。


ブラディレッドと呼ばれるキャンディ系のレッドがきれいな125。
今回これを入手しています。楽しみです。
もうひとつミニトレの淡いグリーンと同じカラーのモデルもあります。
街乗りにも オフロードにも 十分に楽しめる実力を備えています。
タコメーターも装備、フロント19インチで乗りやすく、実力もあり
長くつきあえる1台となるバイクです。


90cc実はこのモデルの青を探していました。
必要なモノがすべて揃っていて、小さくてシンプルです。
自分の分身のように接する事ができそうな気がします。


そして MR50、、こんなに美しいバイクだったのか、、
同じ背景をバックにしたMR50のグリーン。上位機種に全く劣らないです。

この立ち上がったマフラーから水平に排気煙が出て、加速していきます。
あの姿と音は今も決して忘れません。


こんなツーリングジャケットを着こなして250か360で遠いツーリングしてみたいものです。
コメント (12)

DT125 DT90 Ⅱ型からみる共通点

2018-06-07 22:10:38 | ヤマハDT125の部屋

DT125と90は75年ころモデルチェンジを受けていわゆるⅡ型となる。

最初はカラーリングだけの変更だろうと思っていましたが、

125はフロントタイヤを19インチから21インチにアップしています。

ヤマハコンペテションイエローも鮮やかです。


DT90もタンクを125と同じにして6Lから7Lとなって 足の長い走りができます。

リアショックの取り付け位置や、バッテリー経由のテールライトなど 安全装備も加わり
実はそうとうバージョンアップしています。重量は10キロほど重くなりましたが
鮮やかなビタミンカラーが軽快です。

そしてDT125、90Ⅰ型Ⅱ型に共通するのが品質の高さ手抜きのなさです。

125も

90も
スロットル、クラッチケーブルの中継ぎなど、操作抵抗をふせぐ細やかな処理
みやすいメーター ブラックアウトされて操作類など、自動二輪の装備を
そのまま原付2種のトレールにも採用してくれています。
なんでもっと早く知らなかったのかと思いました。


オフロードも

オンロードも楽しめます。
上級のDT250 DT360とも品質ではひけをとりません。
手頃な大きさからも、手放せない一台になるでしょう。


もし男だったらこんな風に友人と過ごせたら楽しいだろうなと思いました。


ワタシにはワタシの楽しみ方がきっと見つかるでしょう。
そしてずっと手元に置いておき、いつでも走れるようにしておきたい1台になるでしょう。
そんな日を想っています。

コメント (9)