2019年 トレーシーは走り始める

2019-01-20 21:15:01 | YAMAHA トレーシーCZ125の部屋

1月19日土曜日、タイヤ交換やメンテナンスが整ったトレーシーを走らせた。
上本町の自室を出てすぐのところで忘れ物チェック。


大阪の都心を抜けてゆく。さすがに寒いけれど、バイクウェアは着たくなくて、膝にサポーターを使った。これでずいぶんと違う。


都心から40分ほど走るともう別世界のように寒い。軽装で走ってきたのでよけいに寒かった。


無事に実家に到着。

ミシュランタイヤは路面温度の低さにも十分対応してくれた。
土日は近くの施設に移っている母親の相手をしていつものように過ごした。

翌日は朝から雨だったのでトレーシーは実家において、午後から帰宅は公共機関で戻った。
大阪駅からは路線バス。




春には桜の通り抜けとなる大阪市役所~造幣局の桜並木。


運河や大阪城を見ながら自室に戻った。

まだまだ寒い日は続くと思うけど、春はきっとやってくると実感できた週末だった。
コメント (9)

2019年 本年も宜しくお願い致します

2019-01-04 17:32:46 | 650RS W3 関西路編
新年あけましておめでとうございます。
今年もなにとぞ宜しくお願い致します。

1月4日 午後2時 初乗りしました。
2017年7月に車検をとってから、まったく走らず、去年の9月下旬にエンジン始動をして以来です。
残量の少ないガソリンも2017年7月に給油したハイオクです。
しかし、何事もなくキック一回目で始動しました。
十分に暖機をして、残ガソリンも残りわずかなことを確認して、新しいガソリンを入れて上本町を一周することに
しました。その戻りの自宅近くの東平公園で停めてみました。


冬空の下、W3は安定した三拍子アイドリングを続けています。

マンションの駐輪場に戻りセンスタをあげて、キャブレターのガソリンを使い切るまでのあいだアイドリンを続けて
すこし暖まったドライブチェーンを清掃して、新しくグリースを補給して、音の静かさなめらかさを確認しました。

なぜか右前のウィンカーが点かないことに気づき テスターあてていろいろやりましたが不明 夕方で冷え込んできたので
次回まわしにて、カバーをかけました。

W3は新しいタイヤ(レザーテック)をオーダーしていますので、交換してもらったら まず近場を走ってみようと楽しみに
しています。
今年は自分の時間を作って 少しでもいいから新しい空気を吸いに出ようと思っています。

今年も何卒宜しくお願い致します。
コメント (12)

今750にカムバックするなら FZX750

2018-12-10 21:15:41 | その他バイク

今、750に乗るなら、ずばりこれがいい。


もちろん乗ったことはないけれど 思い通りに走らせることができそうな感じがする。

スペックは750マルチなので気にしなくても十分ある。

なんというか、街中でキレもある走りと乗りやすさを兼ね備えていると思う。
リムレスの角形ヘッドライトがカッコいいです。

調べると初期型は6速、後期型は5速らしいけど、別にどっちでも良い。
カタログはシルバーの車体が美しい後期型。色的にもこれがいいなぁ。
特にバイクウェアでかためずに、ぽんとまたがって
エンジンかけてぱっと出かけることができて、
750マルチのパワフルさと小径タイヤの小回りの良さで
キレのある走りができそうです
思わず所有して旅用のW3と並べて起きたい一台です。

(ps)
平日はお仕事、土日は実家で介護となる日が4年になり、ここ半年は介護が重度となり、まったく休みのない生活を送っていました。
自身も体調酷使してしまい 夏場からは48キロあった体重も45キロを割り込んでしまい、晩秋には不安を抱えての毎日でした。
ここ1ヶ月ほど前から施設の利用をさせてもらって少しゆとりがもてるようになってきました。土日は必ず出向いてサポートをして
いますが、日帰りだし、夜の見守りも 家事もしなくて良いのでぐっと楽になりました。
交通手段を工夫して空港に駐輪場を借りて、トレーシーを駐輪して空港と実家を往復して、自室から空港までは従来通り
空港バスを利用する方法を考えています。
冬から早春にはきっとW3にも乗り出せると思います。




コメント (16)

ガッツな走りを ホンダFT400/500

2018-08-19 19:09:31 | 旧車カタログ編

80年代のスクランブラー系になるのだろうか、400と500のシングルマシン。
実はこのバイクは発売当初から気になっていたモデルです。
キャストホイルのデザインと深いリアフェンダーが気に入っていました。


オンロードも

フラットダートやジャリ道など 普段のツーリングで出会う道ならば対応可能で
軽い車体と排気量に物をいわせて 豪快に走れそうです。


4バルブ、2本だしエグゾースト、もちろんバランサー付きで始動もセルオンリー。80年代車です。
4サイクルシングルはセルの有る無しで、交差点での極低速小回りなど、安心感が違います。
万一ストールしてもセルでそのまま立ち直り走ることができます。


上から見ると 走りやすさが直感的にわかります。
エンジン幅がなくスリムであるけれど、ゆったりとした大きな座面、小ぶりなタンク、太い右だしマフラー。
自由自在に走れます。


メーター周りもいい感じです。必要な物がきっちりと収まっています。
160キロまで文字と170キロまでも目盛り。実質的です誇張がありません。
速度警告灯もタコメーター内にありますね。


400と500は同一ボアでストローク差で設定されていますので、
実際のフィーリングがかなり違うと思います。吹き上がりの良さで400、
立ち上がりの強さで500といったところでしょうか。


500はカラーもブラックのみ渋い設定です。

フロント19インチ、リア18インチはワタシには一番しっくりくるサイズです。
車重も160キロほどと軽いです。何にでも使えるビッグシングル。
実質的に走り振ったた車体構成と特に何も放たない雰囲気は、周りを気にせず
ライディングを楽しむことに専念できそうです。
いいバイクだと思います。




コメント (14)

ホンダ SL350 4ストトレールの最高峰

2018-08-03 22:40:09 | 旧車カタログ編

当時の4ST トレール車SLシリーズの最高峰のSL350。
ライディングが美しいSLシリーズのカタログはとても躍動的です。


さすが自動二輪となると装備もしっかりとしていますが、
CB350のツインエンジンは大きく重いですので、軽量化にはきっと苦労もあったと思います。

146キロの車重までにおさえられています。


レーサーのような集合エグゾースト。
腰下はセルモーターのないSL専用の形状です。


ぞくっとするような迫力のつや消しブラックのマフラー。

まさにワンオフのような造りのアンダーガードに守られて集合管となっています。美しい仕上がりに見とれてしまいます。

センタースタンドもあるところが SLらしいです。
ちなみにワタシはSL250を所有していたことがありますが、
250はセンスタはありませんし、どちらかといえばトライアル車のTL250の
ような造り込みでした。


全体をみると、逞しさと美しが両立した感じがきわだちます。

個々にみてみるとよくわかります。

専用カラーと専用タンク形状

美しい成形のフロントフェンダー

ハンドルロックまで仕上げの良さがわかります。

メーターも

サイドカバーも

厚いシートも

CBと同じ仕様のハンドル周りも自動二輪の所有感たっぷりです。


SLシリーズの最高峰にふさわしい走りで旅を誘ってくれそうなトレールです。


コメント (16)

高速トレール2 カワサキ125TR、90TR

2018-08-01 21:01:31 | 旧車カタログ編

DT125と同じクラスのライバルとなると
ハスラー125、エルシノア125と この125TRになるでしょう。
走りではやはり125TRとハスラー125が頭一つ出ててそうです。


実に精悍なスタイリング。125TRのみが競技車両のイメージに近いです。


とてもスリムに見えますがロータリーバルブを採用しています。
パワフルそうです!


マフラーのヒートプロテクターも迫力です。
特別に6段ミッションを採用していますので、走りに徹した車両です。


250TRとデザインが似ている90TR。
スマートでかっこよい車体です。


メカは本格的、90ccエンジンはトレールボスゆずりのロータリーバルブ。速いし何よりタフなエンジンです。


90ccクラスになると等身大の親しみがあります。
構えることなく毎日乗って楽しいクラスです。

カワサキらしく元気いっぱいの音と走りが眼に浮かびます。
コメント (3)

高速トレール KAWASAKI 250-TR

2018-07-29 19:19:24 | 旧車カタログ編

トレーナーにブーツのカジュアルな雰囲気でくつろぐライダーの背後のトレール車

そう 高速トレールといわれたカワサキTRシリーズです。


淡いイエローのタンクとテールカウルがいかにも速そうです。

トレール車ってオフロード走れるけれど、高速は無理なイメージがありますが、
TRは高速も走りのターゲットにおいているところがすごいです。


パワーありそうなアルミシリンダーエンジン。

大きなパンチングのヒートプロテクター。オールブラックで迫力満点です。


Z2のようなテールカウル。高速道路で追い抜かれると、え!トレールなのに思いつつ、このテールカウルを拝むことになるはずです。



メーターはロードスポーツのように美しいです。

フロント周りもすっきりとしています。


高速トレールってなんかすごくワクワクする響きです。


コメント (4)

デカール届きました

2018-07-27 21:44:46 | ヤマハDT125の部屋

廃盤のDT125のデカール。
Kawasakigarageさんに海外から輸入してもらい送っていただいたものです。

黒いシールがマフラーのヒートプロテクタに貼るもの。
大きなヤマハのロゴはタンク用だ。


サイドカバー用はこちら。
125の方は輸出用のエンデューロ125になっています。

175とセットなのは このDT125は175と姉妹車らしく、当然デカールも同一寸法なんですね。
トライアル車のTYには175があるのは知っていましたが、DTに175があるとは知りませんでした。
そういえば ハスラーにもホンダのSLにも175がありますから、DTにもあって不思議ではないですね。
実車はまだですが、楽しみが増えました。
Kawasakigarageさん お菓子もデカールもありがとうございました!
コメント (12)

ヤマハトレールDT250・400

2018-07-23 21:49:15 | ヤマハDT125の部屋

ガレ場にたたずむトレールバイク
ヤマハDT250。2本サスの最終型です。
タンクカラーとくっきりとしたデカールが際立ちます。

タンクカラーは赤とオレンジと黄色。どれも顔料の発色よく、美しいです。

そしてこの機種は最大排気量の400があります。

DT360よりもさらにトルクフル。

5000回転で最大出力と最大トルクを出しますので、低速トルクの塊のような2stバイクです。

一転して眼を移すと 美しい仕上げの車両のデティールが所有感を満たしてくれそうです。

美しい指針とレタリングのメーター。


ブレーキの効き味とフォークのしなやかな感触を楽しめるフロントまわり。


400はCDIとオートデコンプが搭載されて ビッグシングルの取り扱いを楽にしてくれます。



ラジアルフィンとセンターアップマフラーはボリューム感とスリム感を同時に感じることができそうです。


強力なエンジンで高速も自由に使って、目的地のオフロードでワイルドに楽しむ。
そんな楽しみ方もいつか味わってみたいものです。
コメント (10)

90ccトレールの珠玉 SL90 DELUXE

2018-07-19 21:07:58 | 旧車カタログ編

躍動的な表紙のSL90。


なんともグリーンが美しい。フェンダーの裏のさび止め塗装下までもグリーンを反映しているので
仕上げがよいことがわかります。



コブラマフラーが有名です。形状、太さも絶妙です。なんといってもフレームに沿ったこのカチアガりの角度がたまりません。




このモデルはデラックスがあり、なんとタコメーターも装備されています。
90ccのトレール車でタコメーター付きモデルは当時このモデルだけです。


軽量トレールには十分のパワー。4サイクルなのでトコトコ走りも苦にならないでしょう。



日々をずっと共にできる90cc。
キャンディグリーンの美しいトレール。
人車一体で野山を巡れば、身も心も美しいグリーンのようにリフレッシュできることうけあいです。

コメント (6)