家具の学校

家具の学校を開設し15年目になります。初級、中級、上級、30人が頑張ってます。

1月24日の授業

2009年01月25日 | Weblog
今日は、6期生の入学説明会がありました。
多数の方が説明会に参加されました。ありがとうございます。
早速入学の申し込みをなさった方が大勢おりましたが定員に満たないため
説明は、3月7日まで毎週土曜日適時行います。
ご連絡をお待ちしております。定員になり次第終了になります。

さて授業の初級は、張りの練習をしました。脚置き台を作り今まで練習した土手巻き等で作りました。分からないところまた忘れてしまったところを講師に教えて貰いながら製作してました。去年初級を修了した生徒さんが漆を勉強して、ミシェルの椅子に漆を塗り張りの授業に持ち込みました。漆の色合いがとても素敵でした。出来上がりが楽しみです。
中級は、塗装の授業を久しぶりに行い下地処理に奮闘してました。
上級は、スツールの縫製も順調に仕上がり今日から取り付けに入ります。

専攻科は、原寸図を描くのに非常に悩みながら構造的なところをチェックし
来週ぐらいには完成するのかな?

私事ですが目の保養に正月休みに行ったオーストラリアのラベンダーを挿入してみます。
コメント

今年最初の授業

2009年01月18日 | Weblog
ダニエルの帯チェアが1月17日付日本経済新聞のプラスワンに掲載されました。
今年最初の授業
昨年の4月から5期生が始まり32回目の授業であと9回を残すのみとなりりました。
初級は、午前中は、ダニエル社長の高橋がダニエルへの思い入れを講演しました。
午後は、張りの実技でした。

中級は、接着を膠で端材で額を作って見ました。膠を溶かす額の角の機械加工 小さい端材で練習
上級は、足置き台の作製中です。
専攻科は、原寸図を作成 思案中の生徒さんと図面を一生懸命に取り組む生徒さん
コメント