家具の学校

家具の学校を開設し15年目になります。初級、中級、上級、30人が頑張ってます。

中級特派員便り

2010年06月29日 | Weblog
6月26日@伊勢原。曇り時々雨

中級特派員便り

前回、左右両側面の組み立てを終えており、今日から両側面と前後面の組み立てを行い、隅木で補強しました。スツールは4本足で立てるほどに成長しました。
後工程になっていた引き出し製作が始まり、引き出し前板、向板、側板の板取り加工を、手押しカンナ、自動カンナ盤、昇降盤を使って行いました。加工機械には少し慣れ、機械によっては加工前セッティングもだいぶ出来るようになりました。

写真1 4本足で立てるようになったスツールです

写真2 組み立て後の検査もどうに入ったもの

写真3 組み立て終わってほっとして・・・

写真4 手押しカンナは僕に任せて

写真5 手馴れた生徒を見守る講師にも余裕が・・・

堀江記
コメント

6月26日の授業

2010年06月27日 | Weblog
890-^初級は、道具箱で塗装の実技


タッチアップを教わる生徒さん。


中級は、スツールの組み立て


上級は、木部加工に向けてかんな砥ぎ

練習風景

蟻組のアップ

専攻科は、いろいろなイメージをデッサンで表現してました。
コメント

6月19日の授業その2

2010年06月22日 | Weblog
6月19日@伊勢原。晴れ
中級特派員便り
スツールの部材加工が、隅木の穴加工にて(抽斗を除いて)終了。今週はいよいよ組み立てに入りました。組み立て前の部材の研磨、そして組み立て開始。初級のミッシェル製作で習得した経験と技術を存分に発揮して組立作業もスムーズに・・・・・出来るはずなのに・・・・レレレ。まだまだ細かい配慮に行き届かないこともあり・・・だから学校に来ている・・・だから楽しい、とか。失敗して更に学んで、腕上げて。
左右両側面の組み立てを終えました。

写真1:部材の組み立て前の処理。角を落として磨きに専念。

写真2:磨きに疲れ・・・
Look!テーブル中央後方にたくさんのミニチェアーが。Tさんの自宅製作の作品を並べて講評。お昼休みも楽しいひと時。

写真3:側面から組み立てが始まりました。

堀江
専攻科は、前回校長のサジェスションでデッサンの検討をしました。
前回の説明の写真を掲載します。



コメント

6月19日の授業その1

2010年06月21日 | Weblog
初級の授業今日の練習

色の調合どんな色に調合しようかな?

道具箱に塗ってみる

今年色は

お昼は、ダニエルスタジオでゆったり歓談

コメント

6月12日の授業その2

2010年06月15日 | Weblog
中級は、スツールの機械加工ここまで出来ました。

特派員報告
中級は、スツールの部材加工の続きです。昇降盤にて羽目板の組み込み溝加工を終わらせた後、スピンドルによる切削加工を行いました。 スピンドル加工では、1)それぞれの脚に“ぎんなん”型装飾模様切削 2) ほぞ切り盤にて荒取りの後、曲線部分の切削 を行いました。ここでも便利なジグを用いました。曲線部分はベルトサンダーで仕上げました。
ほぞ切り盤、スピンドル加工機の使用では緊張が続き、みなさんお疲れ様。
写真1:ぎんなん加工前の切削ブレードのセッティング

写真2:スツール脚の曲線部分のスピンドル切削加工、お手本とそれを遠くから見守る生徒たち

写真3:自作に感心、休憩のひと時

上級は、佐宗講師の指導で頑張る生徒さん

専攻科 島崎校長を迎えてデザインコンセプトを説明し校長からサジェションをいただきました。

発表する生徒さん
コメント

6月12日の授業その1

2010年06月13日 | Weblog
初級は、塗装の授業で伊勢原に来ました。
最初に、有福講師よりビデオで塗装の初歩を学びました。

事前にビデオ作成中の写真

塗装場での説明
中級以降は、後日掲載します。

家具の病院が掲載されました
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/395360/
コメント

チルチンびと掲載

2010年06月08日 | Weblog
平成22年6月7日発売のチルチンびとに「家具の病院」が掲載されました。

コメント

6月5日の授業特派員便付き

2010年06月06日 | Weblog
初級は、木工機械の説明と安全な使い方の座学でした。
 
 午後は、道具箱製作でダニエルの焼印天野講師からを貰いました。


中級は、スツールの製作。特派員便り昨日(6月5日)の伊勢原作業レポート(中級)です。
6月5日中級@伊勢原
スツール部材の機械加工作業の継続です。脚のほぞ穴加工、羽目板の組み込み溝加工、45°隅木加工、ずり桟と脇ずりの切削および接合。
使用した、道具、加工機械は、角のみ盤、横きり盤、昇降盤、エアタッカー。
加工ジグを含む高度な加工技術を習得したものの、慎重かつ集中力を要する加工に少々お疲れ気味の一日でした。
写真1:45度切削の機械精度に感嘆。

写真2:ジグを使っての作業。治具は正確で効率的な加工に大変便利です。

06-16 堀江

上級は、手加工試験の練習 練習 練習
専攻科は、デザインコンセプトを作図




     
コメント