アシリアペ    「アシリアペ」とはアイヌ語で「新しい火」。住所は茨城県常陸太田市大中町3486-2

営業日等:土日の10:00~17:00 臨時営業もあり。オーガニックの食材を扱っているフェアトレード&ブックカフェです。

今月の本棚

2019-01-15 17:08:13 | 本棚
「縄文の思想」瀬川拓郎著 
「アイヌ・海民・南島・・・。縄文は、生きている!!! われわれの内なる「縄文性」に迫る、まったく新しい縄文論」(帯より)


「沖縄の淵 伊波普猷とその時代」鹿野政直著
「沖縄学の父・伊波普猷(1876〜1947)は、貶められつつある沖縄の回復を願い、自立と従属のはざまで苦闘しながら民俗研究の独自のフィールドを切り拓いた。」(裏表紙から)


「沖縄文化論 忘れられた日本」岡本太郎著
「過酷な歴史の波に翻弄されながらも、現代のわれわれが見失った古代日本の息吹を今日まで脈々と伝える沖縄の民俗。その根源に秘められた悲しくも美しい島民の魂を、画家の目と詩人の直感で見事に把えた、毎日出版文化賞受賞の名著」(裏表紙より)


「岡本太郎の見た日本」赤坂憲雄著
「太郎は身をやつした民族学者そのものとして立っている。太郎にとって、京都や奈良のようなひとつの中心を抱いた「ひとつの日本」は、幻影にしぎなかった。太郎の前にはただ、この弧状なす列島にははるかな時間をかけて、複合的に、多層的に「いくつもの日本」が生成を遂げてきたという歴史認識だけが、現実的なものとして転がっていたにちがいない。そして、この「いくつもの日本」が朝鮮半島という臍の緒をつうじて、ユーラシア大陸の北や東や南に広がっている「いくつものアジア」と結ばれていることを、太郎ははっきりと凝視していたはずだ。」(本文より)


コメント

包丁研ぎ

2019-01-15 16:58:47 | 沖縄から
全国を回っている包丁研ぎのおじさん。お店の軒先を借りて暗くなってもやっていました。1丁300円。ハサミも同じでした。


コメント

家族写真をめぐる私たちの歴史

2019-01-14 10:40:28 | 沖縄から
1月13日15時からジュンク堂で開催された「家族写真をめぐる私たちの歴史」トークイベントに参加しました。
 2016年に、「様々なルーツをもつ女性たち24人が語る、もう一つの歴史」と帯の紹介にあるように、在日朝鮮人、被差別部落、アイヌ、沖縄、外国人女性が、家族写真を持ち寄って自身や家族の歴史への思いをそれぞれが書き、お互いに読み合って不明な点やわかりにくいところを修正する作業を重ね、3年かけて一冊にまとめました。
 日本人に同化したふりをしていては自身のアイデンティティを見失ってしまう、そうならないようこの本を若い人に読んでほしいという目的でトークイベントを開催し、一人でも多くの人にこの本を手にとってもらえるよう願っている、ということでした。







 
コメント

池上永一開館記念講演会 「歴史は僕たちの道標」

2019-01-13 10:39:59 | 沖縄から


「テンペスト」「ヒストリア」を読んで以来のファンです。なんと開演1時間前に着いたのに整理券は149番と150番、あと10名で締め切られるところでした。石垣島出身の池上永一さんのお話が聞けるのは沖縄ならですね。その時の報告です。

新沖縄県立図書館開館記念イベント

池上永一開館記念講演会 「歴史は僕たちの道標」

子どもの頃石垣島の県立図書館分館に毎日通いすべての本を読んだという。特に郷土資料である「八重山生活史」に感銘を受ける。東京での大学時代は本だけが友だちでジャンルにこだわらず毎月100冊は読んでいた。後にただ読んでいるだけでは自身の血肉にはならないことに気づく。本は読んだ後「思いを巡らす」というプロセスを踏むことで「自分と出会うこと」ができる。
ところで、取材で訪れたボリビアの沖縄出身者の組織は日本語の図書館も充実し、沖縄の文化と伝統をしっかり守っている。今の沖縄の問題は、「アイデンティティがあやふやになっている。」こと。うちなんちゅうとはなんなのか、「私の好きな沖縄」を問い続けてほしい。
コメント

科学技術が発展する世界に「やちむん」が教えてくれること

2019-01-13 10:28:31 | 沖縄から


沖縄にこのような大学院大学があるということを初めて知りました。先日、ジュンク堂で行われた講演の報告です。

OIST(沖縄科学技術大学院大学)科学者による「衣」「食」「住」にまつわる
サイエンストーク〜身の回りにある科学に目を向けよう〜 という6回シリーズです。

4回目の「科学技術が発展する世界に「やちむん」が教えてくれること」を聞く。

講師 佐二木健一(G0 細胞ユニット スタッフサイエンティスト)

ウィスコンシン大学(遺伝子学士号)警察科学捜査勤務を経て奈良先端科学技術大学院にてバイオサイエンス博士号取得。現在はOISTにて酵母周期の研究と読谷村の北窯で陶芸の指導を受けつつ伝統工芸の価値について科学的立場から「やちむん」の材料となる土や釉薬の研究を行っている。

科学の進歩はめざましく、たとえば3Dプリンターで、現在でも精巧な偽造コインや、破壊された歴史的建造物の再現が可能になっていて2040年頃には40%の物が作られるようになるでしょうという。
それに対して「やちむん」は共同作業で地域と結びつきながら生活に必要な物を制作し、「みんなが幸せ」になることを目指しています。伝統工芸という人間の歴史の圧倒的な美しさに魅了されます。
結論として、科学技術は人の営みを省くためのものではなく、人の営みを守り支える存在となります。そのためには専門分野の研究だけでなく他の分野にも関心を持ち、分野を超えた多くの人が参加することで人々が幸せになる研究が可能になることでしょう。


コメント

「縄文と沖縄」特別展

2019-01-10 17:48:12 | 沖縄から




沖縄県立博物館で開催されている特別展「縄文と沖縄」へ行ってきました。来てすぐに行きたかったのですが、展示解説のある日が限られていたため今日になってしまいました。解説を聞くと理解がすすみます。1万5千年前に作られたと言われている世界最古の土器、縄文時代を象徴する火焔土器、岡本太郎が「太陽の塔」を作るにあたって参考にしたであろうと言われている筒形土器などがありました。また、本土と沖縄との関係は縄文時代から深く、新潟県糸魚川のヒスイや佐賀県産の黒曜石が本島や奄美などから発見されています。勾玉は本土では古墳時代以降すっかり廃れたようですが、沖縄では13世紀になって突然勾玉ブームが起き、本土以上の大きな勾玉「最強の勾玉」が神女の装飾に使われていました。勾玉は日本由来のもので歴史的にも日本本土とのつながりがあったようです。今年は映画「岡本太郎の沖縄」「太陽の塔」、そして今回の展覧会と、再度縄文へと導かれて行く年になりそうです。

世界最古の土器


筒形土器


火焔土器




コメント

soi

2019-01-10 11:02:21 | 沖縄から
私たちのお気に入りのお店です。優しい夫婦がおいしい料理を提供してくれます。

ココナッツミルクカレー 850円


しーかーさーで味付けしたお魚と島野菜の盛り合わせ 950円

コメント

食材の仕入れ

2019-01-10 10:52:56 | 沖縄から
宿のそばには、イオンとサンエーというスーパーがあります。時々は利用しますが、まとまったものは次の店で買うようにしています。

「がじゅまるガーデン」 浮島通りの外れにあります。オーガニックやフェアトレードのものを扱っています。雑貨、本、衣類もあります。無農薬野菜が週1回届きます。


「ハルラボ」 泊港の近くにあります。今年から利用しています。県産野菜がいろいろ。その他オーガニックな食材があります。

コメント

太陽の塔

2019-01-09 14:26:18 | 映画評


「岡本太郎の沖縄」に続いて、「太陽の塔」が公開されました。1970年当時に現地で見た太陽の塔はそれほど印象に残っていないのですが、この映画によって、岡本太郎が太陽の塔に込めた気持ちを理解できるようになりました。1章から9章までで構成されているのですが、4章の「起源」が好きです。縄文時代、縄文土器、アイヌ、マレウレウ、鹿踊り、イヨマンテが紹介されている。多くの人に観ていただきたいおすすめの映画です。映画評はこちら・・・https://blog.goo.ne.jp/kaeruyama5151
コメント

独学のすすめ 時代を超えた巨人たち

2019-01-09 11:37:28 | 本棚


今年始めて読み終えた本「独学のすすめ 時代を超えた巨人たち」(谷川健一著)
民俗に興味のある人にはおすすめです。南方熊楠、柳田国男、折口信夫、吉田東伍、中村作、笹森儀助について語られています。
「学問を始めるのはいつでもかまわない。20歳でも60歳でも70歳でも、年齢は関係ない。才能があるかないか、そんなことを気にする必要もまったくない。人には得手があるし、不得手がある。だからそんなことは関係ない。山の頂きをきわめるには、どこから登ってもかまわない。決められた登山口があるというわけではない。自分の得意なところから登ればよい。ただ必要なのは、たえまなくやることである。それさえあれば、いつかは山の頂きをきわめることができる。」(本文から)
コメント