アシリアペ    「アシリアペ」とはアイヌ語で「新しい火」。住所は茨城県常陸太田市大中町3486-2

営業日等:土日の10:00~17:00 臨時営業もあり。オーガニックの食材を扱っているフェアトレード&ブックカフェです。

花4種

2022-07-02 09:50:19 | 日々の出来事
ヒメシャラ


ホタルブクロ


スモークツリー





蜘蛛の抜け殻

2022-07-02 09:48:43 | 日々の出来事
蜘蛛の抜け殻を発見


第三世界ショップから

2022-07-02 09:45:41 | 取り扱い商品
カレー、塩、ビーフンなど


ポテトサラダ

2022-07-01 14:10:36 | 日々の出来事
材料


カルピカでジャガイモを茹でる。


タマネギ、キュウリ


ジャガイモを潰しながら混ぜる。


出来上がり


ジャガイモの収穫

2022-07-01 14:04:19 | 日々の出来事
昨日ジャガイモの収穫。ダンシャク、デストロイヤー、ノーザンルビー。



「維新ぎらい」 大石あきこ著

2022-06-28 19:35:11 | 本棚


「維新ぎらい」 大石あきこ著

「お腹がすいた」こそが正義。
草の根の力で未来を切り開こう!
序章 橋下徹と私:似て非なる者――転機となった「14年前の出来事」
第1章 橋下徹が大阪に残したものーー公務員バッシングで得をしたのは誰?
第2章 私のたどってきた道――不安と挫折から得たもの
第3章 政治家・大石あきこーー仲間を増やして世の中を変えるために
第4章 私が「維新ぎらい」の理由――有権者をあざむく裏切りの“だまし絵”
第5章 息苦しさの正体――無意味な競争、やめませんか?


「朝日新聞政治部」 鮫島浩著

2022-06-28 19:33:12 | 本棚


「朝日新聞政治部」 鮫島浩著

そうか、朝日新聞はこれに屈したのだ。ネットの世界からの攻撃に太刀打ちできず、ただひたすらに殴られ続け、「捏造」のレッテルを貼られた。
それにもかかわらず朝日新聞はネット言論を軽視し、見下し、自分たちは高尚なところで知的な仕事をしているというような顔をして、ネット言論の台頭から目を背けた。それがネット界の反感をさらにかき立て、ますますバッシングを増幅させたのだ。
すでに既存メディアをしのぐ影響力を持ち始めたネットの世界を、私はあまりに知らなすぎた。――本文より


「[改訂版]アイヌの物語世界」 中川裕著

2022-06-27 16:38:08 | 本棚


「[改訂版]アイヌの物語世界」 中川裕著

アイヌ=人間。
カムイ=人間にない力を持ったものすべて。
アイヌとカムイは対等であり、お互いを補完し合う形で共存し、ひとつの世界を作り上げているーーー
そんな中から生れたアイヌ文学の神謡、散文説話、英雄叙事詩という三つのジャンルを選び、魅力あふれる主人公で彩られた、壮大で豊かなアイヌ口承文芸の魅力を繙く。


「大塩平八郎 他三篇」 森鴎外作

2022-06-27 16:36:23 | 本棚


「大塩平八郎 他三篇」 森鴎外作

親の仇を討つ若い女性を活写した「護持院原の敵討」、動乱の渦中にいる人物たちの葛藤を織り込んだ「大塩平八郎」、武士の切腹を主題とする「堺事件」、儒学者の妻の生涯を辿る「安井夫人」。歴史資料に拠りつつ同時代の思潮に反応して、簡潔明晰な文体で描かれた鴎外の歴史小説4篇。
 

タチアオイ咲く

2022-06-25 09:43:58 | 日々の出来事
タチアオイ、ナデシコなど