軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

ドルドーニュへ。

2011年02月06日 | フランス・スペイン

丸々一日を使えるのが今日で最後となってしまいました。

と言っても、翌日は夜遅い(9時近く)便でボルドーを出発なので
実際にはまだまだ、あと2日の気分です。

ヨーロッパの気候は湿潤の巡りがアジアと逆で、
湿度は冬に高くて、夏低い。
(正直羨ましいです!)

だから冬は朝靄がよく発生する。
まるで、ストンと雲が地面に落っこちてきちゃった感じで
そのすぐ上に空があるようなイメージ。

上は晴れているんだけど、前方の視界が晴れなくて、
写真を撮りたくても、もうちょっと。
あ~もう一息なんだよな~。。とヤキモキする事も多々(笑)


ほらね。こんな感じ。


これもあと一歩。
おかげさまで、素人にも幻想的な写真が撮れますが…(笑)

なんだか上手になったような錯覚


こちら「フランスの美しい村」に
認定された村の入り口に表示されている標識。
「美しい村」はたくさんあります。
今回は5~6か所くらい行ったかな??

認定には基準があって、人口が少ない事や
遺産的価値のある史跡や名所が最低1か所ある事(だったかな)。
難しい定義はいいとして、「美しい」事をフランスが認めた村なので
この看板を見つけると、テンションが上がります。


今日は冬だから静かだけど(誰も歩いていませんね)
夏には観光客が世界各地から訪れて、たいへんな賑わいになるそうです。
そうだろうな~、と思う。
景観が半端じゃなく美しい。

だけど、今日の主目的はフォアグラとトリュフを食べる事です(笑)
目指したのは
ペリグーとサルラ・ラ・カネダという二つの街。

サルラでは郷土料理のレストランへ。


使えそうな写真がこれしかありませんが、
この地で特に名産のフォアグラ、マグレ鴨、くるみ、トリュフ、ロカマドゥール(チーズ)…。
一通りの物をまんべんなく使ったムニュがなんと14€!!
さすが産地、感激。
ギャルソンは一言二言の日本語を知っていて
「日本人もよく来るよ」って笑ってました。

フランスは割合とどこへ行っても
「日本人のお友達がいる」とか「日本に行ったことがある」とか
日本や日本人が好きだと言ってくれる人が多くて
実に楽しく過ごすことができます。
(特にかわいいお姉さんが言ってくれる事が多くて余計に嬉しい)

こういう反応をたくさん見ていると
きっと僕たちが思っている以上に、日本には魅力があるんだなと思えます。
少し誇らしい気持ちで
もっともっと「日本の事を知ってもらいたい」という素直な気持ちが芽生えてくる。
我が故郷、東京の素晴らしさを、たくさんの人に伝えたいな。
(おっと今は軽井沢だ・笑)


これはペリグーで買ってきたフォアグラボール??
今回、バスク地方も含めて一番たくさん食べたのは、多分フォアグラ。
しかし、よく出てきたなぁ。
最後は完全に飽きてたくせに、
お土産でまた買ってしまった…

この日、最後の晩餐は
とうとうフランス料理にギブアップで「ケバブ」で終了…(笑)

ま、十分食べました。
(でもケバブもそれなりにウマいんだよな)

コメント

食べ比べ色々。

2011年01月29日 | フランス・スペイン

前の「食」テーマの日記の更新で(この所、テーマに食と乗り物がありますので・笑)

牡蠣の食べ比べの話をちらっと書いたのですが、
その続き。オレオン島の牡蠣の話。(スペルはオレロンですが発音はオレオンに近い)

オレオン島の牡蠣は殻の表面が薄い緑色をしているんです。
これは時に中身も緑色な場合もあるそうです。

その理由が、海の生け簀である程度大きく育てた牡蠣を、
敢えて、陸地のクレールと言われる汽水域の池に移して仕上げる
独特の工程を踏むからなのです。
(もちろん美味しくするために)
その間に葉緑素やミネラル分が付着した殻が緑色を帯びるというわけ。
ただの色ではないんです(笑)
簡単に言えばそんな理由です。

ヨーロッパは牡蠣の種類が豊富です。
味もたまらなく美味しい。
まだすべては食べ尽くせないけど
今回このオレオン島の牡蠣は格別でした。

ただし食べ比べたアルカッションの牡蠣がイマイチだったのかと言うと
むしろこれだって、悶絶の美味しさ。
僕は料理人だから旅先の食べ物に一々感激せず、
結構冷静に食べているのですが
産直剥きたては本当にすごい。

オレオン(クレール)もアルカッションも汽水だからだと思うのですが、
日本の牡蠣と決定的に塩分濃度が違います。
(味も違うけど)
とにかく塩分がちょうどいい。
あっぱれ「大西洋の牡蠣」でした。

今回はさらに生ハム対決やガトーバスク対決
マカロン対決、カヌレ対決、フォアグラ対決など「食べ比べ」が非常に多いのが特徴的な旅でした。
これは本当に勉強になります。
これこそ駆けずり回った成果…かな(笑)

ちょっと今日は文章だけで失礼いたします
写真を加工して選ぶのが一番時間かかるので省略。
…アジアカップの時間です(笑)

コメント

山羊のチーズの話

2011年01月28日 | フランス・スペイン

僕がどうしても苦手なものに
「山羊乳(シェーブル)のチーズ」がある。

僕の好き嫌いの最後の砦(笑)

バスク、ピレネー地方と言えば
名物はなんと言っても山羊乳や羊乳のチーズですね。
ネット上で情報収集をしていると、あちらこちらでこんな声を聞きます。
「現地で食べたらおいしかった」
「山羊のチーズとは思えない味わいにうっとり」
「クセがなくてたまらなく美味しい」…

これは試さないと!
てなわけで随分食べましたよ~。
フロマージュリーでもレストランでも。
AOC・ロカマドゥール(カベクー)、AOCオッソ-イラティ、
その他名前の詳細不明な山羊乳&羊乳(ブルビ)チーズも3~4回ほど…。
特にレストランでは良く出てきたなぁ…。


で、感想は…
羊は大丈夫だけど
山羊はまだ克服できず…。コレ結論。

山羊小屋の独特のにおいってわかりますか?青ーい匂い。
僕は子供のころから、アレが苦手なんです。
東京&近郊でも「こども動物園」みたいな場所が、ちょっとした公園の一角とか…
昔は随所にあって、あの時の山羊の記憶(笑)

特にロカマドゥールは本当にリッチ&クリーミーで穏やかで
とても良い状態の物を食べさせてもらったにもかかわらず、
後味でふっと感じるだけの山羊の香りで、アウト。

苦手な食べ物を好きになる時と言うのは、
大抵その苦手だった部分が好きになります。
僕の場合、ビールしかり、牡蠣しかり、椎茸しかり。ふきのとうや独活なんかも。

今回はダメだったけど
いずれ克服できる日が来る事を祈っていますが、これはかなり手強いかも??


食べ比べと言えば今回、
ボルドー「月の港」で日曜毎に開催される、大きなマルシェに行って、
(ちなみにこのマルシェ、非常に内容が濃い)

あの「オレオン島の牡蠣」と「アルカッション湾の牡蠣」を
(どちらも近所です)
それぞれ生産者直売の屋台で(どっちも張り合ってましたよ~・笑)
剥き立てを食べる幸運に恵まれました。

世界各国で牡蠣だけは「生食」が主流です。
そしてこのフランスでは特に有名な2大産地を
その場で食べ比べるとは本当に贅沢。

味の記憶と言うのは曖昧なもので
食べ比べや飲み比べは
時間差をおいても意味がない事がほとんどなので、嬉しい体験です。

長くなってきたので
詳細は別日記でレポートかな(笑)


写真は海バスクでの魚介類のアシェットです


スペイン・ゲタリアの海。ここへ行く道は本当に癒されました。

ヨーロッパは縦写真も多くなります。

こんなのや(ムーミンに出てくるあのキャラではありません)

こんなのも。(H-2Bではありません)

コメント

走っていると思う事・その2

2011年01月28日 | フランス・スペイン

お前そんなに走るのが好きなのか??

って、そんな質問が飛んできそうですが…



好きもそうなんですが、
国内外問わず、皆さんもどこかへ出かける時に
ネットや本で事前に色々な事を調べますよね。
そんな時にやっぱり心強いのは
経験者の「情報」だと思うんです。

特にネット上には無償の情報がたくさんあって、
色々な方のご厚意を少しずつ集めて自分の旅に役立てるような感じです。


無償の情報提供の根底には「誰かの役に立てば」と思う気持ちがあって
それを考えたら、
自分も少しはそういう事に対して恩返ししないと。って思うようになったんです。
だから「まだ見ぬ誰かのため」に書こうかなと。



余談ですが
海外にいると「日本語」のガラパゴスぶりを痛感します。
それはもう悲しいほど。

僕のレベルだと、フランス語も英語もイタリア語も大まかな事は分かる程度。
だから、細かい事ほど事前に「日本語」で予習する必要がある。
でも、大抵の人がそうなんじゃないかな。
「コミュニケーションさえできれば、もっと色々できるのに…」って思っていませんか?

コミュニケーションがうまく行かなければ、旅の魅力はほぼ半減。
だから僕は、いわゆる「どこでもドア」より「翻訳コンニャク」が欲しい(笑)


おっと、いつも前置きが長いですね。。
高速道路の話…でしたっけ(笑)
前回同様左右は逆です。

高速道路は日本とほぼ同じです。
料金所も大差なし。
日本で言うETCも当然あります。そうじゃないゲートを選べば大丈夫なのも同じ。
係員がいるゲートは係員の絵が書いてあります。
その他には現金を自動収受する機械のゲート。通常はこれが便利。

料金は区間ごとに設定されていたり、段階的に加算されたりとまちまちですが
その辺も日本と変わりないかな。
料金は全般的に安く、無料区間も多いです。

サービスエリアもたくさんあります。

最高速度は130km/h。ただし130km/hでも次々オーバーテイクされます
一般道を100キロで走っていても時に抜かれますから、
「肉食系」になって走りましょう。

ここからが日本との違い
「登坂車線」
車線が増える時は右に登坂用が増えるのは日本と同じ。
ところが、
登坂が終わると左車線、日本でいう「追い越し車線」が消えるんです。

つまり、坂を登り終えた時に、「トラックが走行車線に戻ってくる」という危険がないんです。
(日本ではこの部分が本当に危ないですよね)
これは素晴らしいと思います。
是非日本でも真似してほしい。

また、平坦路でもトラックは常時右車線を走っているので安心です。
「トラックに車線変更させない」が、かなり徹底されています。その代わり速いですが(笑)

高速道路(A・E)と国道(N・E)は互換性があり
国道は高速道路の無料区間的な役割も果たしているので、
国道を走っていて、途中から有料区間に…と言う事も多いです。

また、よく標識を見ていないと一般道を走っているつもりだったのに
すーっと吸い込まれるように国道や高速道路に入ってしまう事もあります。

でも慌てることなかれ。
それだけ、相互間の流れが良いと言う意味で
入るのが簡単なら出るのも簡単だと言う事。

日本の道路事情は独自の進化(ガラパゴス的な発展)もあると思うので
根本的な考えのギャップを埋めるためには、やはり日本語での説明が必要です。



どうしても、クドクドと回りくどい話になってしまいますが、
あくまで僕目線の「情報提供」です。
読みたい人に読んでいただければ幸いです。

次は街中編です

コメント

今度は旅の話。

2011年01月27日 | フランス・スペイン

バスクの色を少し。
バスク特有の建物の色。赤や緑、青も。
この地方のシンボルカラー赤・緑・白をよく反映した
美しい町並みです。


この写真は多分、家を撮ろうとしたのではなくて
家の上に見える山で、奥の方にあるアンテナが立っている山がありますよね。
「ラ・リューン」って言いまして、この地方のシンボルの山です。
記憶にありませんが、
これを撮ろうとしたのでは…?とも思えるショット。

ラ・リューン(リューン山)は
オンシーズンには(ええ、冬は走っていません…
保存鉄道みたいな古い客車を使った登山電車が走っていて
とっても人気のある観光スポットです。

↑↑ あっ、隠してある~~!!

もしかしたら車で登れないかな~と思って、
登山鉄道の山麓駅に行ってみましたが、どうやら車で登れる道はナシ。
(ミシュラン地図上でも書いてなかったから、望みは薄かったけど)
もちろん登山列車もお休み。天気良かっただけに残念…。


よほど悔しかったのか
スペイン側バスクに行ってもリューン山の写真撮ってた…
バスク馬の向こうに見えるのがソレ。
どこでもつい富士山探しちゃうのと同じか(笑)

実はこのルート、とんでもない所(ハイズキベル)を走っているのですが、そこは省略かな。


…さて、ここはスペイン側バスクのサンセバスチャン。
ビスケイ湾の真珠と言われるのがここ、コンチャ湾。

丘の上にホテルが見えるでしょ。
その場所からの景色がコレ。


そして夜景。


え?食べ物の写真はどうしたって??
実は、
ほとんど撮ってません…

そこは勉強の部分だし
「ネタ元」と言う事もちょっとあるのですが、
なにより、僕はレストランで料理の写真を撮る事が苦手みたいです。
食べる料理(レストラン)のレベルが上がれば上がるほど撮れない。
食卓にカメラがあると、なんだか落ち着かなくて…。

これはマシに撮れた方かな


これはパティスリーだしねぇ。

サンセバスチャンでは、現地在住の方のご案内でバル巡りをしたのですが
喋りに夢中で、ここもまともな写真がほとんどなし(笑)
でもね~、うまかったよ
「チャコリ」って言う微発泡の地ワインがあるんだけど、スッキリしていてメッチャうまい。
あれ買ってくれば良かったなぁ。。


こーんな長閑な港の風景。いいね~。

コメント