軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

変人

2016年04月22日 | 散文

知っている人は知っていますが

僕はこのブログのほかにも、
facebookの個人ページ、お店のfacebookpage、
個人のtwitter、旅に特化したブログのcompathy、個人ブログの「旅と乗り物とおいしい食事」、instagramなど
様々なツールを使って情報発信を試みています。

だけど最近のネタはほぼ「旅」。
お店がヒマな事もあるんだけど、本業のレストランネタはあまり書いていません。
ちょっと変わっていると思われているかもしれませんね。

しかしながら、
僕自身は若かりし頃、旅行と鉄道が大好きで(もちろん料理も大好きでした)
料理人の仕事か、旅行業か、で散々悩んで
この業界を選んだ経緯があります。

だから僕は誰に憚ることなく、大好きな旅行のネタを書き続け
旅するために働き、暇さえあれば出掛けることを考えています。

それが一番の刺激で、癒しで、趣味で、勉強だから。 

もちろん、料理の仕事はいつも一生懸命ですが
それが全てだなんてハナから思っちゃいない(笑)

そんな変人も
ゴールデンウィークは久々にお仕事モードに入ります。 
久しぶりに本業で完全燃焼できるのをワクワクして待っています。 

コメント

生きる。

2015年10月15日 | 散文

今日はランチをお休みしました。

母が長く入院していたのですが、
ようやく退院で、病院にお迎えに行ってきました。 

母は、忙しい日にお店のお手伝いをしてくれていますので、
夏の間、ありがたい事にお客様からも随分ご心配をいただきました。
入院は長引いたものの、母は元気です。

母の入院期間中は、週一回程度ですが
朝一番で病院まで様子を伺いに行き、戻ってきてから仕事をする日々が続いていました。

母の病院までは片道一時間半くらい。
結構距離があります。

病院までの道のりは、県境の峠を越え、
絶景の中を走る「日本ロマンチック街道」と呼ばれる、とても快適なドライブルートです。
気分転換には最高の大好きな道。

同じ時間に同じ道を走っていると
閑散とした田舎道でも、ほんの少しですが見えてくる人の営みがあります。

いつも同じ時間に歩いているお年寄りたち。

自転車を支えにしながらよろよろ歩く、ひどく腰の曲がったおじいさん。
ハンドルに手をかけるのもやっとの様子。
籠には何か入っているようなので、日々の食料のお買い物でしょうか?
本当に大変そうです。

別の場所では、
独特のテンポと歩き方で、いつも同じ道を歩いている痩せたおじいさん。
体にねじれがあるように見えます。
健康のためのお散歩でしょうか?

いつも、同じところで、同じ時間に見かけます。
見かけない日は、何かあったのではと心配になるくらいに。 

病院にはたくさんのお年寄りが入院しています。

でもそれぞれ懸命に生きている。
生きている以上は、生きるための努力をしなくてはいけない。

普段は体力任せに仕事をしている僕も、
多少ながら老いを感じる年齢になってきました。
他人事ではないかも・・と不安になってみたり。

母も体の回復の遅さを痛感したのではないかと思います。

漠然とですが、生きていく事の大変さを感じた日々でした。

天気が良くて暖かかったので
病院からの帰り道に道の駅に立ち寄り、
母とベンチに座ってソフトクリームを食べました。
「あー、外は気持ちいいね。とっても美味しい」

生きる大変さは、生きる喜びのためにあるのだと思います。


コメント

春眠暁を。。

2015年03月23日 | 散文

暖かくなってきましたね。

軽井沢でも昼間は暖かさを感じる事が多くなりました。

何より嬉しいのは、朝晩がだいぶ楽になってきた事。

厳冬期は
①お風呂に入る時に、裸になってからお湯をかぶるまでの僅かな時間も寒くてツラいんです(笑)

②お風呂から上がっても
ポカポカのうちに寝ればいいんですが、
ちょっとモタモタして、足先が冷えたりすると中々寝付けなくなります。

③基本的に寝ている時は暖房を止めていますから、
朝方(目覚ましが鳴る前ね。)には寒さで目が覚める事もしばしば。

この3つが解消されただけで、ずいぶん違います。
おかげで夜も熟睡です。

なのに昼間もポカポカしていると、ついウトウト(笑)

たまにそんな自分が後ろめたくなります

コメント

じっと我慢。

2015年02月01日 | 散文

じっと我慢の子であった。

この時期に必ず直面する、心の課題。
どれほどオンシーズンにお客様に恵まれようが、
軽井沢にいる以上は避けられないのが、冬の閑散期。

最近は旅のブログなどをまとめたりして、
のらりくらりとやっているように見える僕ですが
そうやって辛抱しているだけ。

こういう時期にも満席になっているお店は、いっぱいあります。
つまり、力が及ばないだけ。
口悔しい気持ちでいっぱいです。 

ここ軽井沢では、オンシーズンに手にした自信やプライドは、
毎年オフシーズン期にズタズタに切り裂かれます。
ましてや、金銭的に追い込まれるなんて最悪の気持ちです。

だけど、どんな事があっても、
「お店の価値は堅持する」と、「一歩も引かない」と誓いました。

先日のイチロー選手のマーリンズへの入団会見でも
「これからも応援よろしくお願いします、と僕は絶対に言いません。
応援していただけるような選手であるために、自分がやらなければいけないことを続けていく、ということをお約束します」
と言うくだりがありましたが

僕が常に心に秘めている言葉と同じです。
自分がプロであることにプライドを持っている人なら、当然そう思うはず。

「じっと我慢」
宿命だと思われがちですが、
僕はそう思いません。
我慢する状況に耐えられないなら、自分で打ち破るのが道です。
これまでもそうしてきました。

5年後、10年後を本気で考えています。

「未来を決めるのは自分自身の現在です。」 

コメント

祈りの後に。

2014年03月11日 | 散文

東日本大震災から3年。 

今日は一日
3年前のあの日から、今日までの事を考えていました。

考えているだけ。
自分が不甲斐ないと思う気持ちばかりが先走ってしまい、
なんて言うんだろうか、この体が動かない感じ。

多分、心が冬に支配されているんだと思う。
先日の大雪災害の記憶から抜け出せていないのかも。
いけない、いけない。

冬の出口となる3月は
こんな気持ちになりやすいみたいです。

今日は少しだけ春の兆しが見えました。

明日から暖かくなるそうです。

お彼岸にはちょっと早いけど
父のお墓参りに行ってこよう。 

コメント

ウェブ作業の事。

2013年12月16日 | 散文
最近やっと時間ができて
ウェブ作業をするようになりました。

正直言ってウェブ作業をする時間なんて
お店が本当にヒマにならないと取れません。

本当にヒマになるという事はまた、それはそれで寂しい物ですが…。

数か月前に「食べログ」のページを作りました。
作っただけで、何もしていなかったのですが、

今日、お店のプロフィールをやっと登録しました。

これです。

管理画面では軽井沢のお店のアクセス数のランキングが見れるのですが
上位のお店は一か月で数万アクセスあるんですね。

もちろんいずれもこの界隈の名店揃い。

うちはと言うと…

欄外の番外ですね(笑)
これまで登録すらしていなかったのですから、当然ですが
数百アクセスしかなくて完全に圏外。

よくこんなんでお店を維持しているな~と
自分でも感心してみたり。

だけどこれこそが
軽井沢町のポテンシャルなんでしょうね。

そんなマイナーな僕のお店でも
オンシーズンになれば、時に徹夜しても追いつかないほどの仕事量になるんですから。

メジャーなお店はどれだけ儲かるんだろう??なんて思ったりもして(笑)
やっぱりすごいわ、軽井沢。

もちろん、食べログのアクセス数や評価だけで
お店の集客数や人気がすべて決まるわけじゃないから
(だとしたら、とっくにうちのお店なんて無くなってるもんね…)
気にしちゃいないんだけど、
無視してもいけないと思う。

最初から軽井沢でお店をやっておけば良かったな~と
1999年当時の自分の視野の狭さを思い知り、今は時々後悔するのですが、
一念発起
ここから追い付いていくしかないですね。
今より前には戻れないのですから。

一歩一歩進んでいきます。
コメント

chandon

2013年12月15日 | 散文
オーストラリアで作った
モエ・エ・シャンドン社のスパークリングワイン

シャンドンです。
今夜のお供にしようかな~。


ここから追記
さっき飲みました。
これ、シャルドネとピノノワールなのね。
甘い香りの割に、辛口でボディが軽いからサクサク飲めます。
お手頃ラインの泡としてはお勧めできそうです。
追記ここまで。

ところで

moët et chandon(moet & chandon)

って、モエテ・シャンドンと発音するのが正解なのでは??といつも思っています。
実際エペルネの本社の人はそう発音してました。

だけど日本の公式サイトには
モエ・エ・シャンドンって書いてありますよね。
確かに単語を一語一語切って読めばモエ・エ・シャンドン
つなげて読めばモエテ・シャンドン

どっちもありなのか??

謎です(笑)
コメント

いいとこ探し。

2013年04月21日 | 散文
このところ、気持ちが浮いたり沈んだり。

心が弱い時には、他のお店の良い所ばかりが見えてしまって
自信がなくなってしまう。

反対に、心が強い時には
人が何していようが自分は自分、そういう風に考える事ができる。
もちろん僕はこっちの自分が好き。

他のお店が何をしていようが関係ないというのが
僕の基本的スタンスで、
これまでそれでやってきたのだけど

このところ結果を出せていない事で、
どうしても弱気の自分が顕在化してしまう。

思考停止。こうなると前に進まない。

そんなわけで、
停止した思考の中で、この2・3日悶々としていたのですが、

とにかく自分のお店の良いところ探しをしないと、自信が回復できないので
それを考える事にしました。

そういう時にヒントをくれるのは、やはりお客様。
今の自分にできる事を、一つ一つ丁寧にこなす事で
どんな感想を頂けるのか?

もちろん、感想というのは心の中から自然に出る言葉ですから
意見を乞うわけではなく、ポロリと出るのをじっと待っています(笑)

その中の良い話を拾って、繋げていくと見えてくるんです。
「よし!!コレだ」という物が。

これからは、それを見える形にしてアピールしていこうと思います。

思考停止状態、解除です(笑)
コメント

この春の話。

2013年04月09日 | 散文
この春、僕がひそかに決意した事があります。

今はまだ書けないけど、とても難しい事。
だけど大切な事。
一歩だけ進んでみました。

まだ一歩踏み出しただけだから、
未来は見えないけど。

チャレンジが落ち着いてきたら、
ちゃんとブログにも書きたいけど、それはまだ夢。

長く厳しいチャレンジになりそうです。
コメント

勉強の時間。

2013年04月08日 | 散文
待つのも仕事。

勉強の時間も大事。

よく考えると
そう言っている自分が、一番勉強できていないような気がします。
何かに没入する時間も大事かもしれませんね。


そろそろ、仕事に追いかけられたいのですが、
まだもう少し辛抱みたいです


今日の予約は入りませんが

ゴールデンウィークの予約だけは、どんどん入っています。

お電話はお早めに!



コメント