軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

旅のすすめ。

2014年10月05日 | 旅の話

このところ、お店の最新情報は
facebook pageから発信する事が多くなりました。

ブログのあり方も時間の経過と共に
変化していることを感じます。


今日の話も、facebook pageからの焼き直しですが
facebook pageをご覧になっていない方用に
もう一度、10月13日のイベントの最終案内を致します。

今回のテーマは「旅」です。
軽井沢への旅。
前回の更新ブログでも書きましたが
僕は旅が好き。
若かりし頃、自分の将来を決める時に「旅」か「食」かで悩んだほど。
今でもたまに「旅」の方が良かったかも。。なんて思う事もあり(笑)

もちろん、ご近所の方に来ていただくのも大歓迎ですが
ここは是非、遠来の方に
「軽井沢への旅」の目的地として来ていただきたいな、と。
そんな風に思っています。


   


そういった経緯もあって
お食事メニューは「信州産」の食材を。
ライブの曲のセレクトも軽井沢(信州)を意識しています。


①信州サーモンの本格スモーク

信州サーモンとは
信州特産の品種改良サーモンで
ニジマスとブラウントラウトの掛け合わせ
トロリとした食感・透き通るように美しい身・濃厚な旨味が特徴です。
これをLe BonVivant特製のスモークに仕上げ、
信州東御・御牧ヶ原の白土の馬鈴薯と野辺山高原ヨーグルトで作った
パンケーキの「ブリニ」を添えて。

②信州産バターナッツかぼちゃのポタージュ

Le Bon Vivant契約農園の信州佐久・箕輪農園の自家用野菜畑で栽培した
安心無農薬の「バターナッツかぼちゃ」で作る
なめらかで濃厚なポタージュ。
このかぼちゃ、舌触りがなめらかできめ細かく、
味わいも日本のかぼちゃと遜色なく本当に美味しいポタージュができます。

③信州産サフォーク仔羊の煮込み「ナヴァランダニョー」

ジンギスカンで有名な信州新町で生産されている
信州サフォーク羊。
今回は特別にその「すね肉」を入手いたしました。
(人気の食材なので、中々手に入らないんですよ~!)
すね肉は脂がほとんど無く、
ゼラチン質が豊富で、とても軽く、旨味の強い煮込みができます。

また、すね肉というのはスジがそれなりにあるのですが
そのスジこそが
煮込むことにより加水分解してゼラチンに変化します。
これがホロホロの食感を生み出すポイント。
繰り返しになりますが脂はほとんどありませんので
とても健康的な食材です。
クセもほとんど感じません。

こちらを
パリのビストロの定番料理とも言える煮込み料理
「ナヴァラン・ダニョー」としてご提供いたします。

今年は
お食事の間もマンドリンの生演奏によるBGMが楽しめます。

そして、食後はスペシャルライブ!
今回は総勢9名の迫力あるアンサンブルを楽しんでいただけます。

お席はまだ少し余裕があります。

ご予約はお電話、メールで受け付けております。
facebookのメールでもOKです。

旅に出ませんか?

皆様のご参加をお待ちしております。

コメント

夏のお疲れさん。

2014年10月03日 | 旅の話

軽井沢の夏は結構長くて、
9月に入っても、それなりに忙しい日々が続きます。

一つ一つを見れば、お客様が少ない営業もあるのですが
中々ゆっくりする暇は取れません。
週一回の定休日も買い出しやら、仕込みやらに追われ
営業していないだけで「仕事」からは解放されていない状態です。

それでも体の疲れは徐々に取れてくるのですが
一日丸々のお休みを取らないと、心の疲れが溜まるんですよね。
要は気分転換したくなるんです。

僕の気分転換はお出かけですから
頭の中は、出掛ける計画でいっぱい(笑)

というわけで小布施へ軽くドライブ。

先日、
お店の開業以来の常連のお客様に、小布施を紹介したところ
とても喜んでいただけた事もあり、
久しぶりに行きたくなりました。



だけど、これは半日だったので
まだもうちょっと、息抜きが足りません(笑)

なので、翌週は
久々に一日丸々のお休みをとって
ちょっと遠くまで。





灯台を見てきました。

灯台、好きです。

 

青い空に突き抜ける白亜の灯台。
これぞ気分転換!!
だと思いませんか??(笑)



あと、水のある風景が好きかな~。


美味しいご飯もね。

ふー。
これで気分一新。
紅葉のシーズンも頑張れそうです
 

コメント

小さな旅

2014年01月31日 | 旅の話
今週は変則で火・水・木とお休みして、
近場の小さな旅に出かけてきました。
昨年に引き続き台湾。

寒い軽井沢を脱出して
ちょっとだけ避寒、そして美味しい旅(笑)


食べ過ぎてしまったので
その分動かないと…という事情もあり
昨日の夜、店に戻ってきてから必死に仕込みをして
何とか仕事が追いつきました。

今日から日曜までは昼夜共に営業いたします。

皆様のお越しをお待ちしております!!
コメント

日本三大とは?

2014年01月22日 | 旅の話
冬になって時間が取れるようになったので
ちょこちょこ近所に出歩いています。

最近、出掛けてたびたび思う事は

日本一の○○やら日本三大○○
はたまた世界三大○○まで。
表現は様々ですが、そんな看板がやたらにある事(笑)
時にはwebページやガイドブックに書いてある事も。

看板の場合、車を運転中の場合が多いので、
目に付いてもなかなか写真に収める事はできないのですが
(収めない方が良い場合が多いですが。。)

地方に行けば行くほど多いような気がします。

本当にそんなにすごいのか??

はっきりとした答えは求めていないのですが
主観の捉え方でそうなっているんでしょうね。

日本一でも最大でも何かしらをアピールして「ここへ来てもらいたい」
そういう願いの現れ。

僕が日々ブログを更新しているのも同じ。
自分や自分のお店を誰かに見て、知って欲しいから。

先日も「世界○○100選」(○○は言えません・笑)というものがあって
日本から4か所が選ばれているという話だったのですが
wikipediaで調べてみると「日本の主観で書かれているため信憑性が低い」との事。
実際ソースは不明(笑)

日本も世界もあまりに広すぎるため
全部調べる事は誰にとっても不可能なのかもしれませんね。
特にテーマが「世界」の場合は
インターネットで調べた所で、ありとあらゆる言語で書かれているのだから理解できないし
実際に全部行くのも不可能ですよね。

おっと、批判的な話じゃありません。
ネットで何でも調べられる時代だけど、やっぱり万能じゃない。


もちろん旅先では「そうなんだ~!」って騙される事も大事。
むしろ、積極的に騙されて楽しんじゃう方がいい。
この目で見てみれば感動も大きいし、愛着もわきます。
失敗やガッカリだって良い思い出かも。

お出かけなんて、たまにしかできないんだしね。
コメント

音楽と映像と。

2013年10月04日 | 旅の話
今回の「音楽と美食の祭典2013」では
新たな試みとして、音楽と映像のコラボレーションを企画しています。

今年の演奏のテーマは「南欧」です。
マンドリンの発祥の地・イタリアを中心に、
南欧各地に由来する楽曲をピックアップした演目となりますので
それにあわせて


ルボンヴィボンが所有している、南欧のオリジナルの写真の数々を
バックスクリーンに投影して
演奏と共に皆様に楽しんでいただこうと思います。

南欧の風景と演奏が重なる事で
より深く曲の世界観が表現できれば最高です。

お楽しみに。


そしてこちらは今日改めて撮ったイベント当日の前菜で、ムール&フリッツ。



ムール貝はやっぱこれでしょ。
もちろん撮影後に試食しました。最高です(笑)

すっきりとしたソーヴィニヨン・ブランあたりが良いかな~

10月14日(月)12時開演。お一人3500円。

お席はあと少しです。是非!
コメント

ちょっとだけ息抜き。

2013年10月03日 | 旅の話
皆さんもご承知の通り、
僕のお店は、僕が一人で全ての料理を作っています。

ゴールデンウィーク以降、
夏の準備、夏本番の仕事、
9月に入っても暑さが続いて、シルバーウィークもあって
軽井沢は夏とあまり変わらない賑わいが続きました。

定休日も実質仕事で休みにならず、
正直言うと追い込まれちゃうんです。
なんとなく心も体も疲れていて、
どこかで仕事を忘れてリフレッシュしないと
新鮮な気持ちで作業に向き合えない日々が続いていました。

やるべき仕事も山積みで、まだシーズンだって終わっていないのに、
途中で息切れしてしまうなんて恥ずかしい話ですが、
それもまた自分の姿です。

心の弱い自分を受け入れて
今日、思い切って丸一日、一切の仕事をせずに
軽井沢から離れて、息抜きの時間を作りました。
(ご迷惑をおかけした関係者の皆様、失礼いたしました…)

だけど、これで吹っ切れたかな。

またやる気が出てきました!
明日からまた頑張ります。
(つまり僕には息抜きが必要みたいです・笑)
コメント

音楽と美食の祭典2013・前菜

2013年09月29日 | 旅の話
南欧料理と言えば、やっぱりムール貝でしょう。
僕の大好物でもあります。




幸い僕のお店では
北海道・オホーツク海に面したサロマ湖の生産者から直送で、とびきりのムール貝が手に入りますから
先日モンサンミッシェルのムール貝と食べ比べをしましたが、負けていません。
これを食べてもらうのが一番のおもてなし。

「おもてなし」流行り言葉でしたね。
ついつい使ってしまいます(笑)

シンプルな白ワイン蒸しにして、アクセントは契約農園の無農薬イタリアンパセリの爽やかな香り。
カリッと焼いた香ばしいバゲットをスープに付けて、
アイヨリと共にパクパク食べちゃってください。
やみつきになりますよ~

あともう少しお席はご用意できます。
毎年「音楽と美食の祭典」は初めてのお客様が多いイベントですから、
顔見知りじゃないと行きにくいなんて事はありません。
どなたでもウエルカム。

マンドリンの演奏も最高です。
この楽器の音色の豊かさは本当に感動ものです。


是非皆様のご参加をお待ちしております。

ご連絡はメールまたはお電話にて!
コメント

軽井沢ぐるっとバル

2013年06月12日 | 旅の話
六月の最終の金土曜日(28・29日)に開催される
軽井沢ぐるっとバルに参加します。

僕のお店はフレンチだけど、バルと聞いたら黙っちゃいられません。
本場スペイン、サンセバスチャンのバル巡りを4回もやった経験は伊達じゃない。

コンチャ湾の美しい風景。
旧市街のそぞろ歩き。
大西洋のオーシャンビューのホテル。
バスクの美食。
全てが僕の大切な経験。

写真は大西洋の真珠と言われる、コンチャ湾(サンセバスチャン)の夕景です。

この日ばかりは
フレンチである事なんて忘れて
バルで楽しみたいね。
ちなみに「バル」って言う時は、ちゃんとスペインじゃないとね。
僕はそれ、礼儀だと思ってる。

ピンチョス考えよ。
ワクワク。

コメント

今日はまだまだ仕事だから

2013年05月24日 | 旅の話
今日はまだ仕事がたくさん残っているので
ノンアルコール

お店では端っこレモンがいっぱい出るので
ギュッと絞って、コルシカの蜂蜜でレモネード。



独特の香り。
頭の中に懐かしいコルシカ島の風景が広がります。

さ、もうひと踏ん張り。これ飲んだら元気出して頑張ろう。
コメント

OUVERT

2013年04月10日 | 旅の話
ウーヴェール(ルはルじゃないんだけどね)と読みます。

意味は英語で言うところの「OPEN」です。

昼間のOPEN・CLOSEが、アイキャッチ的に分かりにくいので
どうしようかなって以前から考えていたのですが、

先日のフランスで、アンティークの万年カレンダーを買ってきたので
それをベースに、何かできないかな?と考えていました。

で、買ってきたのがTOUR DU FER ・鉄塔です。


こんな感じ。
お店のシンボルになればいいな。

日付を表示して、そこに「OUVERT」「FERMER(CLOSEの意)」
の看板が付けられればなお良いな、と思います。

今日はそれを見つけられなかったので、また今度
もしくは手作りするかな(笑)

TOURと言えばTOUR DE EIFFEL。エッフェル塔ですね。


見つけてしまったので、おまけに買ってしまいました。
さて、これはどう使おうか?

トリコロールをてっぺんに飾ってもいいし、

本物のエッフェル塔よろしく、シャンパンフラッシュの電飾がいいかな。
てっぺんでクルクルライトを回すのも有りか。

ま、当座は飾りで(笑)



芝生が青くなってきたら綺麗だろうな



コメント