ブルーアガベ Blue Agave

健康エージの甘味料。9000年前からのメキシコの先住民からの贈り物。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Nancy'sのヨーグルトで活躍するブルーアガベ

2006-12-30 00:51:50 | ブルーアガベ利用商品
オレゴン州ユージン市はアメリカの反体制カルチャーのメッカだった街の一つ。ベトナム反戦運動や一部反資本主義的行動をとる人が多かったところでもある。そんな状況でコミューン的な活動などを行ってきたところでもあったが、ヨーグルトのメーカーであるSpringfield Creameryは、そのような環境で産まれた。コミューン的な活動は、土地や環境との接点が多かったことから、もちろん有機生産やGMOに反発する精神の元で活動をしてきたところ。従業員の一人の名前がナンシーさんだったから、オーナーのチャックよりナンシーの名前でヨーグルトメーカーとして地元だけでなく北カリフォルニアを含む広域でのブランドに育った。

ここの生産方式は、人間中心の昔ながらの勘で生産をしている。つまり、ヨーグルトの培養の状況をつかむためにpHなどを計測したりするのでなく、チャックまたは担当者が自ら味見をして製品の完成度を見極めると云うまことに手作りなものなのだ。

ここで使う甘味料も精製された砂糖は使わない。果汁を使ったり、ブルーアガベを使ったりしているのだ。特に、酪農製品を食することができない人のために有機大豆で作った豆乳を使い、オリジナル版、マンゴ味、キーウィー味などはブルーアガベで甘味している。大都会でもこの手作りのヨーグルトは食べられると云うのは、素晴らしいことだ。

ブルーアガベは、別に反体制な食物ではないが、企業利益や大量生産ベースでない、人間中心の食文化を考えると使われる貴重な甘味料になりつつある。もともと、テキーラの原料であるだけに、ヨーグルト用の善玉菌を培養するために最適な原料と言えるだろう。しかも、ミネラルやイヌリンなどの植物繊維を含むことは健康食としてはうってつけだ。
Nancy'sヨーグルト
コメント   この記事についてブログを書く
« Aチャン、ダイエット・スティ... | トップ | マヨネーズもブルーアガベ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブルーアガベ利用商品」カテゴリの最新記事