精神科医療は思想警察なのか?

児童思春期病棟→精神科急性期病棟→精神科救急病棟→精神科訪問看護ST→PSW→特定保健指導員→看護教員。

創造的な人間に育てるにはどうすればいいのでしょうか?

2020年01月19日 | 子育て論
世の中にはクリエイターと呼ばれる職業があります。 しかし、現在の社会では、常にクリエイティブに生み出し続けることができる人はいません。 人気ユーチューバーが、テレビ番組に出るようになるのは、新しいものを産み出すわけではありません。 むしろ、その逆で新しいものを産み出すことができなくなったため、テレビ視聴者を自分のチャンネルに取り込もうとして 営業活動しているようなものです。 営業とは「良 . . . 本文を読む
コメント

看護の専門性って一体何だろうか?

2020年01月18日 | IM理論
『早く死にたい』 「楽に死なせて欲しい」 これが日本人の死生観です。 心のうちにある不安や寂しさ、孤独感を誰にも話さず、家族や医療関係者に囲まれながらも、「不安と孤独の中」で死んでいく。 自分の人生について振り返る、向き合うことほど恐ろしく、怖いものはないのが日本人なのです。 「自分の意志を持たず、ただ会社の奴隷になり、定年退職後は国、政府の奴隷となって年金生活を細々としてきただけの人生 . . . 本文を読む
コメント

精神障害者の社会復帰とは、仕事をすることである理由

2020年01月17日 | 精神科看護
精神病院の入院制度について、講義資料を作っていますが、教科書には 精神保健福祉法にかかる「5つの入院制度」だけを教えるように書いてあります。 実際は、医療観察法の入院制度もあるのですが、実習先の病院に司法病棟がないため、教える必要がない。 しかしながら、精神科医療とは一体何なのか?という核心の部分を教えるのに、「治安維持」という観点から、医療観察法について教える必要があります。 実際に . . . 本文を読む
コメント

現実を生きていないのが大学生。それでも大学に通う必要があるのか?名城大刺傷 鍵を掛けて襲撃か2020/1/12(日)

2020年01月13日 | 子育て論
どうして、卒業単位が貰えないと言われたくらいで、人をハサミで刺すことができるのでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ハサミは自宅から…「単位もらえないなら殺そうと考えていた」名城大学で准教授刺し逮捕の学生が供述 2020/1/12(日) 12:16) 名古屋市天白区の名城大学で、准教授の男性を殺害しようとしたとして逮捕された学生の男が「ハサミ . . . 本文を読む
コメント

高齢者によって現代医療ビジネスは成立している現実。自己責任論はどこまで通用するのか?

2020年01月12日 | 医療
医療崩壊が目前まで来ています。 私は、このような状況で、「まだ、医師や看護師を目指すのか?」と正直思います。 その理由を端的に示していきたいと思います。 一番の理由は、「現代医療は高齢者頼みである」ということです。 その理由は、私が隣地実習に指導に行っていつも学生が受け持つ患者が高齢どころか、「超高齢」だということです。 病院の入院患者の7割は65歳以上が占めている - シニアガイド . . . 本文を読む
コメント

教育現場の問題は「部活」である。過労死自殺はいつなくなるのだろうか?

2020年01月11日 | 学歴もスポーツも同じ
学校において、諸悪の根源は「部活動」である可能性が高い。 今回はTogetterのようなまとめになります。 気楽な気持ちで読みやすい内容です。   部活動は礼儀やマナーが身につく!だから部活動はあるべきだみたいな意見をよくみる。ぜひ、礼儀部orマナー部を作り顧問になってほしい。しかし、それはいらないと言うでしょう。礼儀やマナーは学級で教えます。 — 川藤先生 ( . . . 本文を読む
コメント

社会的入院の統合失調症患者は65歳以上になり、認知症と診断される。

2020年01月11日 | 精神科看護
精神科病院の未来は真っ暗です。 それは、精神病院、精神病が嘘で塗り固められたもので、治療も覚醒剤や麻薬を内服させて大人しくさせ、廃人にしているだけだからです。 それを「治療失敗」という言い方をしますが、家族は誰も訴えるはずもありません。 その理由として、精神科に入院させられるのは、「家族や社会から疎まれた、邪魔者だから」という理由の他ありません。 家族としては「家でお金を無心してきたり、暴 . . . 本文を読む
コメント

1964年のライシャワー事件における精神衛生法改正は製薬会社が利益を上げるために仕組まれたものである可能性が高い

2020年01月07日 | 精神科看護
精神科医療が相当あくどいものであるのは周知の事実です。 1/45篇 #巨利をむさぼる精神医療業界 第1章:はじめに#731部隊 系医学会と #ナチス 外資系ビッグファーマ、これらと政界を結ぶ(公財)#日本精神科病院協会 の #山崎学 会長は、安倍晋三後援会「#晋精会」会長である事もここに記しておく。#DeepState #QArmyJapan pic.twitter.com/PV4mjxsK . . . 本文を読む
コメント

手に職をつけるのなら、25歳までに看護学校に入るべきである。

2020年01月05日 | 看護師になってはいけない
実は、私は楽器が好きでした。 かつてプロのギタリストを目指していた時があり、その夢がかなわず、それでも音楽業界に関わっていきたいと思い、「ギター職人」になりたいと考えていました。 警察官を辞めて、看護大学に進学したのですが、大学教育のような緩い環境でも「どうも自分に看護は合わないな」と思っていた矢先、ハローワークに行って、夏休みにギター職人になるための研修を受けようと思って相談に行きました。 . . . 本文を読む
コメント

睡眠薬はアルコール依存症と同じ、問題から逃げるための道具。

2020年01月04日 | 精神科看護
アルコール依存症の薬物療法として、「シアナマイドの内服」というものがあります。 シアナマイドを使用することで、人為的に「二日酔い」の症状を引き起こすとで 「飲酒による不快な身体症状を作り出す」ことで「飲酒」に対して嫌悪感を抱かせる、古典的条件づけによる行動療法です。 これらを抗酒薬と呼ぶのですが、これで断酒できた人を見た事がありません。 身体不調を訴えて、服薬中断する人ばかりです。 . . . 本文を読む
コメント

看護師免許があっても仕事がなくなる理由:交通事故をすると、翌年から保険料が上がるシステム

2019年12月29日 | 看護師になってはいけない
「国家資格を持っているから、仕事に困ることがない」 それが看護師免許の強みであったと思います。 しかし、それは過去の歴史となる可能性が高いことをご存知でしょうか?   実際、マッチングといって、需要と供給つまり労働市場において、 「働きたい側」と「求人側」とミスマッチが起きている結果、有効求人倍率が高いだけという現象が起きています。 ◎看護師の就職にミスマッチ 最高の求人倍率 . . . 本文を読む
コメント

2019年以降、看護業界は本当に売り手市場なのか?

2019年12月28日 | 看護師になってはいけない
「看護師免許もっていれば就職には困らない」 私はかれこれ10年以上前に、看護師免許を取得しました。 これが看護師になる前に私が抱いていたイメージでした。   しかし、看護教育の現場に入ってみると、実際そうではない。 2000年前後と看護師の就職状況が変わってきていると感じています。   今回の記事では率直な意見も述べながら、看護師の就職状況について書いていきた . . . 本文を読む
コメント

統合失調症が病気でない理由:急性期以外での精神科の薬物療法は単なる麻薬漬け

2019年12月23日 | 精神科看護
「包丁を振り回して暴れている人がいる」人は警察が対応してくれます。 しかし、 「包丁を持って自殺しようと引きこもっている」という場合、精神科医療が向かうことがあります。 頭の切れる刑事課長や生活安全課の課長だと、保健所通報して公立病院の精神科に依頼が来るのです。 「直ちに往診して欲しい」 というやつです。 警察はというと 自傷他害があれば、警職法2条で保護をしなくてはなりません。 . . . 本文を読む
コメント

吉濱ツトム アスペルガー人を何も知らない役立たずの力動学的ヒーラー、カウンセラーたちへ

2019年12月22日 | 精神科看護
発達障害は、製薬会社が意図的に作った病気であることは、この読者の皆さんならご存知かと思います。 詳しくはこちら↓ 「国語力があればつけられる病名、それが発達障害。 発達障害と診断されると、コンサータ、アンフェタミン、覚せい剤を内服させる」 驚愕!普通の主婦が聞きだした発達障害の闇は長崎が震源地?精神医療の実態を暴露!!   しかし、それらのものをビジネスにしている . . . 本文を読む
コメント

精神科病院における暴力を科学する。なぜ精神病院には知的障害者も入院してくるのか?

2019年12月21日 | 精神科看護
精神科で勤務したことがある人や、重症慢性期病棟に実習に行ったことがある方は知っていると思いますが、何故か精神科の閉鎖病棟には、一定数の「知的障害者」が入院しています。   そして、精神科のイメージである、壁をけったり、ドアをたたくといった行為を行っているのは、例にもれず、いわゆる精神疾患と診断されていない、「知的障害者」が行っています。 今回はその理由について根拠を示して行きたいと . . . 本文を読む
コメント