石渡くんと麻生くん

趣味も仕事も音楽の40余年、急にハマったボートレース。ごひいきお2人の観戦日記、ときどきぽちと旅と食い+好きなものです。

若松 若松夜王シリーズ第2戦わかわくらんど2周年記念スピード王決定戦 最終日

2018-10-22 23:59:09 | ボート

麻生くんが参戦してた、若松 スピード王決定戦は最終日でした。

いやーーーーー、苦戦しちゃいましたね(´゚З゚`)

A1浮上に余裕あると思ってたのが、一気にボーダー下になってしまった

初戦の8R2号艇が、1マークで3号艇勝の引き波にはまって後退。2マークでは4番手争いまで盛り返すも、また3に突っ込まれて、6着。

2日目の7R3号艇はスタート凹みながらも3番手だったのに、2マークで逆転されて4着。

後半の予選ラスト10R4号艇は差し構えのとこを5号艇にまくり差されて後退。5着。

昨日は7R1号艇が、前付けもあって多少深めとはいえ、スタート行けず、入ってきたバカどもも揃って遅れて、カドの5号艇にまくられながら、なんとか残して2着。舟足は少しよくなってそう。

後半12R5号艇はまくり差しで2番手争い。2マークは麻生くんらしいターンで優勢かと思ったのに、競り負けて3着。

本日最終日、3R6号艇は5号艇伊藤についていって3コースに入るも、スタート行けず、カドの2号艇に出られて、なんとか先攻めしようというとこをまくられ後退。5との4番手争いに負けて5着。。。

今節ラストは9R3号艇。ビッと飛び出したスタートでしたが、2号艇もそこそこで攻めきれず、まくり差しから2番手争い。競り勝ったと思ったら、今度は先頭の1号艇にも迫る走りでしたが、逆転はできず、2着でゴール。

ということで、おしりに火がついた。。

無事故で終われたことが救いです。

そして、月末に2日間かかる、次の三国があります。

三国の前回は、魔の三国のときだったので、おそろしいですが((((;゜Д゜))なんとかボーダー越えられますように

コメント

江戸川 G2 634杯 優勝戦

2018-10-21 23:59:04 | ボート

石渡さんが参戦中の、江戸川 634杯は今日が優勝戦です。

優勝戦は4号艇となりました。

演奏会と被らなかったので、見に行けました。が、到着したら、駐車場が一杯で、マックだけ先に入ってもらって、待機。展示は見られませんでした~

日曜だし、優勝戦だし、中は混雑。。

1号艇じゃないけど、前日予想は◎つけられてたし、やっぱり緊張しますねー、私が(^_^;)

石渡さんはチルト1度にしてました。展示タイムはイマイチだけど、伸びは良かったと当日予想。

水面際で本番を待ちます。

流れは止まっちゃうんですよね。そして風もほとんどない。何かもう少し後押しがほしいけど、、、

さあ12R優勝戦。夕日の中、出走です。

スタート、1号艇から5号艇までほとんど変わらず、と実況が聞こえました。スリットからは少し出ますが、攻めていくほどではないです。

1マーク、1号艇鶴本が先マイ、最内を差します。差されーと念じますが、ああああー差しは届かず。5号艇大峯のまくり差しを受けますが、しっかり受け止めて、3号艇中辻と2番手争い。2マーク、5が先マイ、石渡さんは差し、中辻が外マイで、まだ接戦。

2周1マーク、ここは3も5も牽制しながら、先マイ。これで抜け出して2番手。このまま2着でゴール。

はあー( ´Д`)=3優勝はできなかった。。

でも、東京支部で唯一優勝戦乗って、2着だし、がんばったねえ。。

まあ、、1号艇乗れた可能性もあったしなーとか思うと、ちょっと悔しい。

水上パレードなんて見るもんか。

すぐに出てくることはないけど、セレモニーも興味ないし、出待ちに行きます。入りにときとは違って、たくさん人がいました。

たくさんタクシーが出ていくのをぼんやり見送ってました。辻さんは両側に大サービスしてくれてます。いい人ー^^

最後に東京勢がぞろぞろ出てきて、先生も出てきましたが、めっちゃ人気者なので、落ち着くのを待って、お話させてもらいました。

テヘペロ😛

一番気になる、膝の具合をお聞きします。唐津のときより、だいぶいいです、とおっしゃっていたので、一安心。

あの1号艇のスタート遅れは、どこか痛めたんじゃないですか??と聞くと、直前でロックしちゃって、はずそうと思って動揺しちゃいました。。言い訳になっちゃうんですけど。。とおっしゃってました。いやいや、、言い訳なんて思いませんよ。だって、聞かなかったら、言わなかったでしょ。。やっぱり、、、いくら読み違えたって、あんなに遅れないですもんね(ToT)地元のドリーム1号艇で、悔しかったでしょうねえ。・゜・(ノД`)・゜・。

こないだ、さかのぼって調べましたけど、.40より遅いなんて、例の4年前の宮島の.99までなかったです。。

まだ、ホントの全速ターンは出来てない、ともおっしゃってました。

私は両手とも小指の第一関節が、バネ指っていうのか、曲げられなくなって、うーん、うーんとなんとか曲げると、今度は伸ばせなくなるので、ロックの感じはちょっとわかります。

クラは小指で4つのキーを操作するので、本番中に動かなくなって、変な音が出て泣きたくなったことが、ちょいちょいあります。まあ、私なんてどーでもいいんですが、

膝。年齢もあるし、職業的にも酷使するし、完治することはないでしょう。また通院すると言ってましたし。レース中にロックしちゃうのも、対処していくしかないんでしょうねえ。

それでも、早く思う通りのレースができますように、と願うばかりです。

ともかく、一節間お疲れ様でした!!!!

優勝できなかったのは、悔しいけど、、最終日までレースできて、良かった。あと2走で、A2にはなるので、次の桐生でクリアできます。リフレッシュして、リハビリして、またカッコいいレースしてくださ~い

爽やかに談笑中

コメント

江戸川 G2 634杯 準優勝戦

2018-10-20 23:55:19 | ボート

石渡さんが参戦中の、江戸川 634杯は5日目。準優勝戦です。

予選は4位。1号艇は逃しましたが、東京支部ではトップでした。

しかーし、今日は本番で見られないかも。。見られなくてもいい、とにかく優出してほしーいp(^-^)q

演奏会が終わって、楽屋に戻ると、15時55分。ハッと結果一覧を見たら、10Rが164で、一瞬びびりましたが、予選3位と2位のレースが入れ替わってたんだ、と思いだした。ちょうど始まるところだあ、、と慌てて動画でチェック。

石渡さんは11R2号艇。

スタート、しっかり行ってますが、両側のが速い。1は結構速い。

1マーク、1が先マイ、逃げちゃいました。差しですが、少し流れ気味。それでも、2番手追走です。外マイの3号艇渡邉と差した6号艇仁が僅差で追ってきます。2マーク、仁が先マイですが、差して2番手。

2周1マーク、しっかり回ったし、先マイの3を差した仁とは差がひろがりました。このまま2着でゴール。

おおっ優出です!優出なくては、優勝はありませんからねー

4号艇だと伸びが生かせるな。どうなるだろう、、、

10Rは2着のユキヤが絞りすぎて、3号艇剛くんをエンストさせて、不良航法で賞典除外。3着の4号艇辻が優出です。リプレイ見たら、2号艇永井彪也がバックでは先頭だったのに、ユキヤをめっちゃ牽制したあげく、1号艇中山さんに先マイされ、自分は大暴れで後退でした。。3着でも優出できたのにね。でも、永井はイケメンだけど、怨みがあるので、私は応援しません(*`Д')

12Rは帰りながらチェック。

1号艇鶴本が大きく変わらないながら、いいスタートで、1マーク先マイですが、少し流れ気味。差した4号艇大峯が舳先かかるかというとこまで行きましたが、振り切って、逃げました。2番手は6号艇野村、4、5号艇抹香が競って、2周1マークで5が脱落。3周2マーク、4に突っ込んでいった6は後退。4が2着、3着は逆転の2号艇ジローの142で決着。

優勝戦は、鶴、中山、中辻、石渡さん、大峯、辻となりました。 

 大峯のコメントが、もうペラは叩かないで、石渡さんの肩を叩きます、というのが笑わせてくれます^^

 

どーでもいいんですが、これを書いてる間、2時間くらい脱走してたかみこがやっと見つかりました。。。。

帰ってきて、お腹がすいてたみたいで、最近、引っ越した家で、コーン食べてます。

帰ってきて良かった~

コメント

江戸川 G2 634杯 4日目

2018-10-19 17:08:57 | ボート

石渡さんが参戦中の、江戸川 634杯は4日目、予選最終日です。

初戦ドリームの5着もありましたが、連勝もしたので、昨日までの得点率は4位。今日は6号艇もありますが、決して外枠は苦手じゃないし、やっぱりいい枠で準優に乗ってほしいですなー

まずは6R6号艇。展示タイムは一番です。

スタート、ビシッと行ってますが、大きくは変わらず。5号艇東本が少し遅めなので、攻められるか、、

1マーク、1号艇榎が先マイ、握った4号艇輝年さんが外、差した2号艇抹香が内から迫って、まくり差した石渡さんは4番手。2マーク、2が先マイですが、差し替えした1が先頭。小さく回って、前との差を詰めます。

2周1マーク、 グッと差して、4をとらえて3番手優勢。2周2マーク、きっちり回って、波でもたつく2号艇もとらえて、2番手です。

3周1マーク、ちょっと振り込んだ感じもありますが、大丈夫。このまま2着でゴール。

おおーさすがの逆転です

予選ラストは12R2号艇。 

1着なら予選トップ、3着でも1号艇と言ってます。

スタート、3号艇川尻凹み気味。1号艇中辻と石渡さんもしっかり行ってますが、ダッシュのがいいスタート行ってます。

1マーク、1は先マイ。4号艇剛くんが握って、先生は差し。おお、いい感じか、、、、、と思いましたが、届いてない。1は逃げて、剛くんと2番手争い。2マーク、6号艇大峯を行かせての差し、でしたが、あれれ、波で遅れをとった、、4番手に後退。2周1マーク、それでも前を追って、というとこでしたが、今度はバランスを崩したか、、差が広がって、このまま4着でゴール。

うーん、、

 結果は仕方ないんだけど、

これで予選4位、準優がまた中辻が1号艇の2号艇です。

今日の差しだって、良かったんですよ。でも、あいつのは2連対率60%近いエース機。差しの逆転はキビシめだなあ。

まー何が起こるかわからない。まずは優出していただきたいです

コメント

江戸川 G2 634杯 3日目

2018-10-18 23:59:47 | ボート

石渡さんが参戦中の、江戸川 634杯は3日目。

今日は7R3号艇の1走。ポイント上げていきたいです(*´∀`)♪

スタート、ビシッと行って内2艇よりグッと出ます。しかし、4号艇タケローが凹んで、5号艇関くんも出てきてます。

1マーク、一気にまくり。おおーあっという間に差をつけた先頭です。2マークもきっちり回って、、1マークの方ではタケローが止まっちゃってるので、まあ、そうじゃなくても、大丈夫だけど、このまま1着でゴール。

さすが~

勝利者インタビューでは、また遅れちゃったかと思ったとおっしゃってましたが、すごく伸びたようです( ´・∀・`)

いい調整できてるようなので、明日予選最終日、いい枠で準優乗れるようにがんばれー

でも、あの伸びなら外枠でもいいかも~

コメント