Cockloft

趣味の道具や昔のノートなんかが散らばってる。
そんな「屋根裏部屋」。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大人と子供

2011-09-04 | Thinking
久々に会う友人と話してよく思う違和感。

懐かしい思い出話に花が咲き、
変わらないキャラクターややり取りを見て、
タイムマシンであの頃にもどれる安心感。

でも
みな確実に大人になっていっている。

でもその
「大人になる」てのは
=「現実を見る」
ということ?

自分の現実を受け入れ、
環境や周りの人間を見ての現実的な「限界」ってのを知り、
その中で自分なりの楽しみを見出していくのが大人なら、

そんな大人ってどうなのよ。



みんなが自分の不遇自慢をする中で、
自分はすげー恵まれた環境で仕事に誇りを持って頑張っている話をするのは、
ただの自慢に聞こえてしまうのだろうか?

ま、実際の労働環境(時間とかカオスなミッションとか)を考えたら、
激務って言われてもしゃーないと思うが。

楽な仕事なんて世の中にはまず無いし
大変な中でもそれを楽しみにできるかは心持ち次第。
その前に、自分が最大限面白く働ける環境を手に入れるかどうかの本人次第?



そんなことを、日に日に「大人」になっていく友人達を見て思った。

どうせなら、自分のライフワークに誇りを持って、
生き生きと前に向かう話をしたい。
好奇心のままチャレンジして、
転んでも「なにくそ」ってアホのような夢を追い続ける
「子供」の方が楽しいんじゃないだろうか。


「仕事が楽しい」と胸張って言える人はどのくらいいるんだろうか?

そんな人達がマイノリティで、
なぜか肩身の狭い思いをしている不思議な世の中、
そしてそこに疑問を感じない日本の社会。
「協調性」という文化は、
時に意図しない方向にも迎合していきがち。
案外景気の上下、経済の勢いってのも、
「多数派がどっちか」っていうそんなもんかもね。



現実に感謝し、これからの未来をがんがんに話せる人とガッツリ話したい。
自分の身の回りにそんな友人がたくさんいる自分はラッキーだ。

日本にいるうちに、
出来る限り「子供」な話をして来よう。

そして、どれだけ「子供な大人」にこれから出会えるかってのが楽しみだ。


Comment (1)

わくわく

2011-04-19 | Thinking
よーし。

思い出した思い出した。

自分の原点。



人を感動させることのできる人間になる。

これって素敵やん。



自分の子供や孫に、やってきたこと
チャレンジしてきたことを語れるカッコいい爺さんになる。

これも素敵。



自分の夢を目指している人に会って感化された。

どうやら自分はアーティスティックな人に惹かれるらしい。






ワクワクすることに素直になろう。

ぶっとんでやろう。



世の中には最近ワクワクすることが溢れていますが、

自分の中でふと、

「これって絶対面白い!」

って思った瞬間のワクワク感ったらないね。




生み出してやろうぞ。

散文ですがこんな感じで。




ワクワクを乱用すると、

なんだかワサワサに見えてくる。

関係ないけどそんな感じで。



Comment

のうはう

2010-06-18 | Thinking
梅雨も本格的なじーめじめ、そしてついに夏。
ちょっと前までスノボやってたのに月日は早いもんで。

お仕事も環境も慣れて、
いっちょ前にW杯の流れに乗って、薄型テレビなんかも買ってしまい、
いっぱしの社会人のごとく壁にぶち当たっております。




新しい世界で新しいことを身につけるのは難しい。

しかし、本物の営業力はいくらでも生活で応用が可能。
壁を乗り越えた未来にはいろいろ未知の希望があるもんで
なんとか食らいついております。

心がいっぱいいっぱいになるのは、自分の視野が狭いから。
気付かないうちに自分のいる世界を狭く限定してしまっている。
自分の世界はまだまだ広い。
未来も考えれば果てしなく広い。
そんな中で一要素だけ限定して自分を押しつぶしててはもったいない。

シビアに結果を出したいなら、
ずっとやってたテニスみたいに緻密に原因や要素や練習法を考えて、
結果を出すために取り組むべきなんでしょう。

何かで培った成長する哲学は、何にでも応用が利く。




そんなわけで
自分なりのテニスのやり方をまとめてみた。


■まずは目標

○○年の大学オープン大会で優勝!
秋までに○○倶楽部の△△さんを倒す!
などなど。


■自分の能力をひたすら客観視。だいたいのパラメーターで評価する。(1~10)

フォア、バック、コートカバーリング、決めのボレー、スマッシュ、
アタック(フォア)、アタック(バック)、ボレーヤーボレー、コントロール、
ファーストサーブ(スピード、コントロール)、セカンドサーブ(スピード、コントロール)、
動体視力、反射神経、パワー、スタミナ、アジリティ、ボディバランス、、、


■自分の中の強み、弱みを分析して、それを基に基本の戦術を組み立てる。

<特徴>
フォアのストロークと、コートカバーが強み。ボレーヤーボレーは苦手。
動体視力とコントロールは良い。パワーはそんなにない。
サーブはそこそこ、サービスキープの武器にはなる。
アジリティ・ボディバランスが良い。スタミナはそこそこ。

<戦術>
攻めの形として、ストローク主体で、緩急、コースで揺さぶる。
チャンスが来たら、アタック、もしくはライジングでプレッシャー。
決めのボレー、スマッシュで2段構え。
攻められたら、カバーリングとカウンター。

<課題>
バックからの展開の種類を増やすのと、サーブの平均スピード、コントロールの向上。


■後は実戦の戦い方
自分の中の4段階のギアを作り、
自分の調子、相手のレベルに合わせてリスクを取り、ギアを上げていく。

1、コントロール主体、ショットは6~7割程度、足を動かして丁寧につなげる、コースも無理はしすぎない。低リスクな分、ミスは極力0で。
2、コントロール主体のラリーから、甘い球をしっかりアタック。スピン量、スピードでストロークに変化をつける。
3、カウンター・アタックを多様、コースも厳しい場所に狙いだす。スイングスピードを7~8割に。たまにはリスクをとって攻める。
4、ライジングを織り交ぜ、緩急の幅をさらに広げる。スイングスピードは8~9割。攻めは常に先手。攻められたら粘り&カウンターで形勢逆転。

これを基本形にして、タイプによっては
※1、ポジションを後ろにとって、ヘビースピン、ロブを多様。遅いテンポ。
※2、ポジションを前にとって、アングルで浅いところ、ネット前に落とす。

など、相手のタイプによって対応。


■実戦と課題、目標

相手によってしっかりと調子を上げ、戦術をフィットさせる。
互角、格上になると、結局は自分の一番慣れ親しんだ戦術になり、プラスアルファで駆け引き。

負けた時は、
自分に何が足りなかったか、
何を身につければ最短で結果を出せるかを
戦術面、準備面、技術面で徹底して分析。

何に関して準備不足か。後何の練習が必要だったか。何でカバーできたか。
ネット前の決定力不足なら、徹底して決めのボレー、スマッシュの練習。
バックからの展開の力量不足なら、バックのストローク、コースのコントロール精度の向上。
(次点として、新しいショットの習得、戦術への組み込み)

期限は○○日まで!と決めてスケジューリング。




みたいな感じ。
人によっちゃ当たり前かもしれんが
結構緻密なスケジューリング、練習法をやってた。

・試合のコンディションに戻すのに何時間の練習が必要か。
・調子を引き上げるのに何の練習をするべきか。
・課題を克服するにはどんな練習をすればいいか。

ってのを考えて、限られた時間に一点集中。

でないと月4回のライブ活動&バイトの中で、サークルの試合の連戦。
就活スーパー真っただ中の3月に、つくばカップ優勝なんてできなかっただろう。



たぶんある程度の経験があってこそ、効率化ができるまで分けて考えられるようになった。
明確に自分の課題を決め、期限までに消化することができた。
そんだけやれるようになれば、ある程度結果が出てくる。

この要領でいろいろな競技や企画、練習に応用したり、
モノによっちゃ、系統立てるまで経験や練習がちょっと足りなかったり。

とりあえず、何かを結果が出るまでやり続けた経験は何にでも応用できる。

テニス関係者以外はちんぷんかんぷんだろうけど、
自分流ノウハウのアウトプット。

参考と備忘録にまで。







最近は読書がおもろい。

かといって、勧められるままに
アレコレ並行して4つくらい読みだすと

たまにすんごい混ざり方をするw

Comments (2)

モノか自分か。

2009-12-23 | Thinking
夢、野望を持つ人には二種類の人がいる。

一つは、
モノに夢を持つ人。

もう一つは、
未来の自分に夢を持つ人。



前者は、
叶えたいモノがあって、
どんな方法でも、
時には自分を犠牲にしてでも
成し遂げたい夢がある。
形にしたい夢がある。

明確なゴールがあって、それに対して逆算をしながら
そこに行きつくためのいくつかの方法を考え、道の選択をする。

そんな、何かを具現化したいという大きな想いを目指して、
つらいことも乗り越え、前向きに頑張れる人。




対して、
自分に夢を持つ人というのは、
自分のあり方、生き方を大切にして、
それが実現できるなら、別にどんな手段でも関係ないという人。

もちろん愛着とかはあるが、
今の自分のやっていることは偶然であって、
何をしていなきゃいけないってモノ自体にこだわりはない。

「絶対これじゃなきゃだめだ」って夢は無いが、
たとえば自分が5年後、10年後にどうなっていたいかってイメージは、
明確に持っている。

そのための過程、進んで行ったうえでの結果は、
そんな自分の進んだ道の一つの要素って考え。





どちらも大したものだし、
思いに向かっているエネルギーは大きい。
ただ、思いや力の使い方、向け方が違う。

これから進む道にこだわるか、
自分の通った道にこだわるか
ってとこか。

世の中にはまだ別のタイプもいるかも知れんが、
そんな分け方をふと思いついた。


自分は後者の考え方。
たとえばテニスでも音楽でも学生でもなくてもいいし、
「これじゃなきゃいけない」ってもんよりは
自分の生き方ができれば、それを実現する手段が何だろうとあまり関係ない。

ものにはこだわらないけど、
それに関わる人々、
自分のあり方みたいなものにはこだわる。




同じ考えを持っている人も面白いが、
もう一つの考え方の人も、違った発見があって面白い。

学生の特権。
いろんな人と飲も。
いざ忘年会シーズン。


Comments (2)

人の決意

2009-11-04 | Thinking
頑張らないとな。


時間とお金と信頼をかけて
自分の人生で大博打を打ってる人がいる。

初めての、負けられないギャンブルなんだと。



俺も眠い~とか言ってる場合じゃないな。
今じゃないとできないことがある。

そんな備忘録。

Comment

伝える業。

2009-09-29 | Thinking
アマゾンで本を7冊買った。
そりゃもう勢いよく。

しかし、4日くらい経っても宅急便は来ないし不在届けも無い。
アマゾンもまだまだだな~。


そう思いながらふとアパート一階の郵便受けを開けてみると。

なんと小さな郵便受けに7冊の本が寸分の無駄な空間なく
さながらテトリスのように収まってるではないか。

アマゾンクオリティw





ここ最近、文章を書いたりアウトプットに迫られながら考えたこと。

「伝わる」ってなんでしょうねと。

表現すること。
それは文章でも言葉でも、絵でも、音楽でもスポーツでも。
自分の中にあるものを、見た目やメッセージや物などを媒体にして受け手に伝えること。
いくら心に素晴らしいものや、強い思いや伝えたいことがあったとしても、
それを伝える媒体の情報量が少なかったり、ちゃちなものだったら、
それを受け取ったところでヒントが少なすぎて伝わらない。


反対に受け手側であれば、受け取ったすべての情報から、
何を伝えたいのかを正確に理解する。
でも受け取れる情報には限りがあるし、
前提の違いや理解の度合いによって、どうしても足りない部分が出てくる。
その足りないピースを埋めるのが受け手の想像力。
その人が何を伝えたいかを限られたヒントからから想像力を働かせて、
いかに伝え手の持つイメージを共有するか。


発信者は、いかに質のいい情報を発信するかで、
受け手は、受け取ったヒントから伝えようとしてることをいかに想像するか。

これが磨くべきところですな。



表現の方法も、
あえて抽象化したり、
敷居を下げて多くの人に伝える、
ある程度テーマを元に各個人の想像に任せる、
見る人の想像力をサポートする、
とかいろんな方法もあるんだろう。




そこから一歩踏み込んで感動のメカニズムってーのを考えてみると、

感動には受け手の「期待値」がまず必要になる。
「きっとこんなもんだろう」ってのが期待のハードル。

その基準を元にメッセージを受け取り、
最終的にそのハードルを超えたら「感動」するし、
ハードルに満たなければ「期待ハズレ」となる。

「予想よりメチャメチャ面白い」とか
「普段冴えないアイツがこんなに!」とかね。


いかに客に期待値のハードルをもうけさせて、自分が超えてみせるか。
毎回見る人の期待のハードルを越え続けられるような人なんかはすごいね。
人に感動を与えられる人。

でも難しいのは、人の心ってのは一筋縄にはいかなくて
受け手の想像力によって共感する部分も違うし、
いやらしさが見えた瞬間萎えてしまう。





ま~要は、誰でもどんな場面でも表現者となり得る。
そして表現力と想像力を磨いて使いこなす人こそコミュニケーションの達人なり。

伝えることができて、なおかつ察することができる。
おまけに感動もさせられると。
いや~最強ですなw


表現は面白い。
極めていくとどこまでも奥が深いとことか。
そして想像力がまだまだ足らんね~。




まあとりあえず、
妄想という名の想像力トレーニングでもしましょうか
Comments (5)

アタリマエ

2009-08-27 | Thinking
アンテナを張ることは成長すること。
大学一年生のころの自分を思い出す。
新しい世界に踏み出そうとする自分。

新しい環境の刺激にたくさん感動して
なんでも吸収して何でも生かそうって思ってた。

アンテナ張ってるし、
楽しいことに関する情報感度がメッチャ高かった。



例えば今、
内定先の仕事とかで
新しい環境に自分が置かれて、
求められるものも周りの人も違う状況。
必死に周りについていこうと常にアンテナを張って
何とかやってやろうという感じ。

新しいコミュニティに入ったり、
転校して新しいクラスに馴染むには
どうしたらいいかなって感じかな。
自分の適応能力を最大限に発揮してるような場面。

大学一年のワクワク感を思い出すわ~。




それに対して、
これだけ知り合いも増えて馴染んだ環境があると、
きっと自分のアンテナの感度も鈍ってくる。

人間は一度安定すると変化を求めない生き物。
だから新鮮な情報も時としてタダのノイズとしか捕らえられないことも。

「あたりまえ」に慣れすぎているからこそ、
気が付いたら静かな変化に気づかないこともあるかもしれない。




そこで思う。

「あたりまえ」が「あたりまえ」である感謝をしてますか?

周りの環境が刻々と変化していく中で、
キープしようとか、維持していこうと思ってたら
気が付いたころにはその「あたりまえ」が手の届かないところにあることも。

失って初めて気づくのも、概して「あたりまえ」のことが多い。


刻々と変化し続ける周りの環境の中で
一定以上のものを求めるには、少しでも何か上を目指さないといけない。

維持するためには変わり続けろと。

そんな変化し続けることは難しいんだけどね。
だって人間は変化を嫌う生き物だもの。




いかに自分を違った世界に飛び込ませるか。

変化を認めて自分が変わろうとするか
維持しようとしたらその時点で伸びは止まる。

それは何だってそう。
スポーツだって技術だって関係だってそう。

進歩が止まったものをみても何もワクワクしないでしょ?



前を見ていこう。
アンテナ張って変化に飛び込んでいこう。



学生最後の夏の終わり、
ふとそんなことを思った。

最近焦ってる?

いやいや、いつだってマイペースが最速!
Comments (4)

歳日

2008-10-25 | Thinking
光陰矢のごとし
院生になってからもあっちゅー間。
長かった気もするけど、
過ぎてみればやっぱあっちゅー間。



パソコンがヤバイ。もう虫の息だ。
この家のパソコンも、突然電源が落ちてみたり、
まさに永遠の眠りにつこうとしております。

決死のバックアップ作業を遂行しながらも、
たまにはこの一年を振り返るいい機会。




最近はバタバタしながらものんびりやってきた。
いろんなことも学んだし、出会いと別れもあった。

「やりきった」のかな?
とにかくリスタートで始めたこの半年間。

そしてこれから二度目の就活。
この一年は決断を迫られる一年。
この決断が人生に大きく関わってくるでしょうね~。




今まで出会った人達があっての今の自分。
アウトプットとして下流に流す。
そんな恩返しができればいいね。

どこまで行けるか挑戦してみよう。
度胸と行動力を磨こう。
自分を使い、つながりを大切にしよう。
将来のビジョンを描こう。
バシッと決める男になろう。
面白い時間を過ごそう。
日常を大切にしよう。
自分の行く道を信じよう。




気の向くままに足を運んでみよう。
我が人生は「好奇心」!


そんな、また一つ歳をとった夜。

Comments (2)

Beyond the limit

2008-08-21 | Thinking
やりたいことがある。

自分がいる。

でも、「自分のできること」には限りがある。

じゃあ自分の限界を広げてしまえばいい。

テニスの練習や、楽器の練習、何かを作るために頭を働かすことだって、
自分の枠を広げる作業。

どうせ今の自分の形なんて、今の一時の姿でしかない。
じゃあ、今の自分の姿に固執したって、
そこから見える景色なんて変わりっこない。


限界という言葉はあんま好きじゃないです。
あ、お酒とかの話は別で。笑


限界を超える。枠を広げる。

限界とか、自分の枠とかキャラとか、
そういうもんは自分で勝手に決めたもの。

今の自分じゃ届かなかったら、今の限界を広げればいい。

まだまだでしょう?
限界を自分で定めるな、とね。


自分の限界を超えようとしたことは何回あるだろうか。
幸い、最近は自分の限界を超えようという機会が多い。

自分の枠をちょいちょい広げてやろうじゃないか






先週行ってたインターン(バイト?)の話。

超少数の、どベンチャー会社で、
リアル新規ビジネスプランの企画練り。

作っては壊し、作っては壊し、
壊したガレキの中から、壊れなかったものを土台に、
次のものを形作る。

そうやって果てしない作業の中から、
振り向けば土台が少しは形になってきてると。

そんな実感をする瞬間が楽しいし、
いい物の形が浮かんだ時はテンションが上がる。


そんな日々だった。
めっちゃ頭を使い、試行錯誤して何度も間違えながら前に進もうとした。
最終日には悔しい思いもした。


それが本当に自分がやりたいことなのかは分からない。

ただ言われたことをこなすだけのほうが、束縛もされないし、
要領を得ることにはこ慣れてる分、全然楽だろう。

ただ、いけるんじゃない?って思った瞬間のワクワク感。
リミットまでに目標としてた結果を出せなかった悔しさはリアルな感情。

大学二年のときに好奇心で
めっちゃヘビーなデザインの実習を受けたときを思い出した。。

確かあの時も、今の軸になるような意識の変化があったハズ。
ちょいと暖めて考えてみよう






最近テニスが楽しい。

というのも、明日からは年に一度のお祭り、つくばカップ。

それに向けてみんながガンバってる姿を見て、
そのモチベーションが伝染してるような感じ。

最近のマイブームは
得意なショットを封印して、
食わず嫌いの克服テニス。

なかなか奥が深い。。
それも一種の枠を広げるようなモンか。


つくばカップの4日間は、めっちゃ楽しもう。
その上で結果が出ればなお良し。

楽しむためにも準備は要る。
貴重なモチベの高めキープが終わらないうちに
Comments (3)

Originality

2008-04-28 | Thinking
自分を表現するとはなんぞや。

表現する手段。
それは、
絵であったり
音楽だったり
スポーツもそうだし
自分を構成する性格やら、自分の返すリアクションだってそう。



じゃあどうやってそれを表現するか。
そこには各分野でいろんな技術が存在する。

そこがなかなか難しい。
なぜならみんな意識してやったことが無いから。

いったいどれくらいの人が、
自分の個性やオリジナリティを人に伝えるべく
具現化しようと考えたことがあるだろう。




じゃあそもそもオリジナリティとは何か?

背伸びしたってどうにもならない、
自分にとって等身大なもの。
それは感情とか欲求とかメッセージ、
自分が楽しいと感じること。

誰にでも存在し、
それは唯一無二の形になる。

そこから発せられる感情やメッセージ、
モチベーションなどの
大きな力が、
表現というフィルターを通して具現化していく。




自分を商品として活躍してる、
芸能人やアーティスト、
見る人を魅了するスポーツ選手なんかは、

なみなみならぬ努力の結果、
オリジナリティと表現力を磨き上げ、
多くの人に影響を与えるような活躍をしている。

一流の人間性と一流の表現力。




そこで、今四苦八苦しているのが
表現の手段。

伝えたいことがあっても、どうやって伝えていいか分からない。

曲作りにしても、
歌い手のウタを、
いか殺さずに真っ直ぐ届けるか。
むしろ、もっと盛り上げてアシストできるか。

そうやって表現する技量やアレンジの引き出し。

人のまねごとをしたって、
それはその人の表現に合ってるからカッコイイのであって、
自分たちに合うとは限らない。
合わなければかえって中身のないものになってしまう。




音楽だけじゃなくて、
どう表現しようってのは実生活にも研究にもなんにでも言えること。

自分をプロデュースして
会社に「買って下さい!」
って自分を売り込む就活だってそう。




音楽にしても、
団体の中でなんかやろうって時も、

自分の役割としてはフィルター、
一本あるオリジナリティをどうやって表現するかって時に
具現化する手伝いをしてる感じ。

一つのネタが
自分のフィルターをとおして形になったモノに
自分のオリジナリティが乗ってる。

なんとなく、そんな立ち位置が好きなんだろう。




じゃあ
自分から出るオリジナリティは?
自分の感情、楽しいと思うこと。。

いいとこ見せてやりたいとか、仲間とわいわいやるのが楽しいとか、負けず嫌いとか

やっぱり人と接するところにあるのかも知れない。
その繋がりや影響。

他人と自分。


まだ大した物ではないが、
自分から出たモノを形にする。

そうやって自分をプロデュースして、
何かを生み出しながら人生を送れれば、

きっと楽しいんじゃない?




そんな昼下がり

2時間ぼーっとしながら考えて
15分で書いた

つれづれなる文章。
Comments (2)