Cockloft

趣味の道具や昔のノートなんかが散らばってる。
そんな「屋根裏部屋」。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

別人の友人

2008-12-31 | Weblog
早いモンで今年ももう終わり。
そんな歳末に起きた、今年一番級のびっくり。


28日のパークの年末イベント。
初日全14バンドの、俺ら「くもりのち晴れ」はトリをやらせてもらった。
めっちゃ長かったけどわいわい楽しい一日だった。
来てくれた人、御世話になった人ありがとう!

そんで問題はその後の打ち上げ。

ある仲の良いつくばの後輩バンドと飲む。
久々の対バンや、その日の疲れもあってわいわい飲む。

そんななか、ある一人がふと、
妙に真面目な顔して訪ねてきた。


後 「・・・ミツルさんって,学年どこでしたっけ?」

俺 「M1だよ~」

後 「地元って柏とか松戸とかじゃないですよね?」

俺 「まさに柏とか松戸だけど」

後 「 ・・・。」
  
   「ちなみに中学校は?」

俺 「 ・・・? ~中だよ」





後 「俺!同級生!」



!?   Σ( ̄∀ ̄;)



つくばに来て,全く別の人間として知り合っていた奴が、
実は中学校の同級生だった。



彼は卒業後見事な変貌を遂げ、昔のイメージとは似ても似つかなかったため、
俺全く気付かず。
向こうも、俺を先輩として認識していたため気付かず。

しかも中学時代にそこそこ絡みもあったのに、
大学で出会ってから一年くらい別人として接してたって言う。。

衝撃です。
誰かに似ている気はしたが、まさかそんな所とは。
それだけ時は彼を変えたのです。(言い訳)

うお~、びっくりした!

いきなり二人でテンションがガン上がりし、裏付けの昔話を始める。
「~さん」とか呼んでたのがいきなり当時のあだ名になって、妙になれなれしくなる。



それを見てた周りの皆さん曰く
「気付かないのがありえない」

ものすごくごもっともな意見です。(笑)

でも自分の中で遙か遠い所にいた二つの人格が一つになったことに、
驚きと共に妙なスッキリ感。
「お前も変わったなぁ」としみじみしながら帰りました。






さて、今年も残すところあと僅か。
せっかくなのでありきたりに
この一年の過去の記録など見て振り返ってみる。

環境もがらっと変わって、たくさんの出会いや慣れない経験、
変わり行く自分のポジションに、そして迫り来る人生の選択。

濃いな。そして悩んでるね~。
何を捨て、何を大切にするか。
いろんな場面で考えてたような気がする。

しかし、基本ポジティブシンキング。
これ大事。




さて来年はこんな目標にしよう。
ありきたりなのはつまらないので。


・ムダなことをしよう。
(心は思ったほど合理的じゃない。ムダは今を豊かにするのです)

・自分を使おう。
(一歩引いてみて、自分をツールとすることで何が出来るかなと。いわば神の視点)

・好奇心を信じよう。
(論理で詰めても、最後に頼るのは自分の直感)



こう見るとよくわからない目標だ。

もちろん、
今までの人生で一番いい一年にするってのは大前提。
ま、厄年らしいですがねw

よいお年を
Comments (3)

打ち所

2008-12-22 | Weblog
20日は30回目記念。大学大炎上。
初期から見てるだけに重みがありますね。
こんないい企画はぜひこれからも!

イベントももちろん、自分らのライブもすんごい楽しかった。
企画のときは意気込みが変に作用して硬かったけど、
今回は激リラックス。
うまい具合に周りも見えてたし、テンション高いけど冷静。いい感じ。

やりたいライブとか技術とかの満足には全然まだまだだが、
今出せるもんは出した。
楽しいライブができて、とりあえずひと安心。




歳も自分とそんなに違わないのに
「音楽で食っていくため腹をくくってるヤツ」
「アメリカのストリートミュージシャンの中に修行しに行くヤツ」
「プロの現場で一生懸命に揉まれてるヤツ」
そして、
「音楽の楽しさに感激して、これからがんばろうってヤツ」

いろんな人と話せたし、刺激になる。

音楽でつながって、
ガチでぶつけ合って、
そんでお互いをリスペクトしあって、
刺激を受けて高めあう関係。
いいね~、スゲー楽しい。



そういえば。
音楽やってる人は、総じて老けて・・・大人びてる人が多い。

音楽っていう社会で、
信頼関係とか逆境とか、人間関係、シビアな実力主義、音楽の現実、ビジネスの実態とか、ずっと荒波の中で続けてる人はみんないろいろかなりの苦労を乗り越えて来てる。
だから、歳のわりにやたら落ち着いてたり大人な感じな人が増える。
ような気がする。

例外はありますがね。



でもやっぱり
そこであえて茨の道を選んでいくヤツが、
最終的には強かったりする。





いろんな生き方があるけど、
それぞれに人生は一度きり。

人生のどの場面、どの瞬間にバクチを打つか。
それを決めるのも自分次第。

バクチの打ち所が豊富なのはいいことじゃないか。


幸せはいつも、自分の心が決める


何をリスクととるか。

さて、自分はどこにバクチを打ちましょうかね。





よっしゃ!
シーズン初滑り行ってきます
Comments (2)

野球場のジャンプ台

2008-12-15 | Weblog
X-TRAIL JAMを見てきた。
すげーかっけー。
生「ショーン・ホワイト」
同じく生「テリエ・ハーコンセン」
スバラシすぎます。

外国勢の安定感は格が違う。
日本人のトップの選手のいっぱいっぱいを、
2段階くらい上のレベルで余裕もってこなしてる。

でも石田貴博の予選ラストのジャンプには思わず鳥肌が立った。

毎年回転数が上がってきてる気がする。
去年は1080なんて、できるのはトップ選手数人くらいだったのに。
今年は1260がバンバン決まる。

ああスノボしたい。
今年はバッジテストでも受けてみようかな。
1級はいきなりは難しいけど、2級くらいなら取れないだろうか。



あの、
大勢の観客の中で一人スポットライトを浴びてスタートラインに立つ瞬間。
その中で
自分の実力とか気持ちとか全部ぶつけて
大勢の観客を沸かせる感じ。

あれがたまらん。
あんな舞台絶対楽しいだろう。

無意識にもそんなことを追い求めてるのかもね。
テニスの決勝戦とか、
大勢の客の中でのライブのステージとか。



スノボに行きたい。
ショーンの板が欲しい。






昨日はリスアズのOB戦。
めっちゃ懐かしい!いろんな人と絡めて楽しかった。
こんなふうに、離れてからも戻ってこれる場所。
温かくて根強い仲間意識。
すごい団体ですな。カネさん。

ひょっとしたら、
あの一年生ときの新歓時期の直感は、
なかなか大きな分岐点だったのかもね。





最近いろんな人と出会って話をする。
18歳の子から、同年代のまったくの異業種の人から、ハチャメチャな人生送ってるヤツとか、どっかの会社の社長から、バリバリ働いてるサラリーマンなど。


就活なんて単なるきっかけ。

自分が本質だと思って見ているモンも、
実は全体のほんの一部分だったり。

大切なのは「自分がどうありたいか」ですな。





最後に、
松下幸之助が面接試験でしていた質問。


松「あなたの人生はツイてましたか?」


学「めっちゃツイてましたね!」


松「よし。あんた採用」

Comments (2)