Cockloft

趣味の道具や昔のノートなんかが散らばってる。
そんな「屋根裏部屋」。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Ever pop show meets Colors night

2007-07-28 | LIVE
昨日の夜は楽しすぎた


つくばPARKDINERでのPink-HouseとBASING STARTの合同企画。
ずっと楽しみにしてたライブイベント。

もう、いままでパークでたぶん一番楽しかったんじゃないかってくらい楽しかった。
見逃した人はドンマイ、もうこんな日はそうそうないかも。



まずはオレらのライブ。
ライブ自体久々だし、
3人体制で初めてのパーク、
そして久々の一番目ってことで、出番前はちょっと不安だった。

しかし今まで4人でやってて、
改めて3人でやると、
違和感、てか新鮮
たぶん見てる人の方がそう思ってただろうけど。

今までと違いすぎて、全く新しい感じだった分、
詰めるところとか、新たな発見とかがあった。
難しいね~まだまだこれからだ。



出番が早めに終わった時は、その後は気分はお客さんのノリ。
その後のラトンも楽しかったし。
THE ELEPHANT OF MUSICは楽しい上に、
ものすごいタイミングでハプニングが発生した。あれは爆笑。
HEAD LINEも見るたびにかっこよくなってるし。
久々に見たBASING STARTもライブも新曲もスゲーイイ。



しかしやっぱこの日はkidd

もうね、最高って言葉しか出てこない。
こんなカッコいいバンドがいるのかってくらい。

一曲目が始まった瞬間アドレナリンが一気に出る感じ
ファンとか、好みのジャンルとか関係なしにカッコいいって思えるライブ。
最高に上がって、最高に感動した。

盛り上がりすぎでモッシュはおこるし
ダイブが始まって人が飛ぶ飛ぶ。
その盛り上がりたるや、トリじゃないのに異例のアンコールが起こったくらい。



kiddでお腹いっぱいになったその後も
PINK-HOUSEがそれに負けない盛り上がりを見せて、
イベントをしっかり締めてった。



もうね、

なんかもう、もったいない。

筑波大生とか地元の人とか、なんでみんな知らないんだろうって。
こんなに誰でも楽しめる、最高のショーがこんなに近くであるってのに。
そういうのを求めてロッキンとかサマソニとかに行くんだろうけど。
遠くばかり見てないで、身近にも十分あるってこと。

やっぱり日本には音楽を楽しむ文化があんまり根付いてないんじゃないかって
本気で心配してしまうくらい。

そんぐらい、もったいないくらい楽しい夜だった。



そんなイベントも終わり。
打ち上げももちろん、楽しくないわけがない。
パンチを見せる人もいれば、
酔っぱらった亡骸を横目にしっぽりと話す人も。

kiddのベースのAGさんと話して、いい話をたくさん聞けた。



バンド活動をやってライブしたり、
バンドやってなかったら絶対出会えない人らと酒飲みながら話したり、
普通の人よりはるかに濃い時間を過ごしてる。

その濃い時間は貴重な経験だし、いつまでも出来るモンでもない。
せっかくのその時間を、どれだけ濃くできるか。

そのために、
日常の全ての思ったこと感じたこととかを、
ステージの30分に全部出し切る。
それがkidd流。


思えば、そんな機会がある人もそれが出来てる人もなかなかいない。
そんな人がまさに、人を感動させられる人なんだろう。


ホントに気持ちが伝わってくる人、命をかけてやってる人、
そんな人から発するものはビシビシ心に響いてくる。


音楽ってスゲーんだな。
タイコと弦楽器と歌だけで、こんなに世界が表現できて
見てる人の体はおろか心まで動かすことができるんだから。



もうこの日はいろんなことを感じすぎて、
お腹と心がいっぱいです。

これだからライブは楽しいのさ。
濃い味すぎてクセになってしまう
Comments (2)   Trackback (1)

アグレッシ部

2007-07-23 | Weblog
この夏休みの週末。


土曜は朝から東京へホッケーの試合へ行き。
伝統になったOBvs現役のリーグ最終戦。

奇跡のスーバーボレーシュート(オウンゴールw)があったものの。
ラスト30秒で追いつき、7-7で延長戦。
そしてサドンデスで点を決め8-7で勝利。

うーんドラマティック!


そして帰ってきてからはすかさずバンドの練習。
グールヴをもっと出そう練。



日曜は早朝から社会人テニスチームとの
ガチンコシングルス対決。

朝からガチで3連戦。

向こうのエース(40歳)には完敗。
さすが、テニス暦が五倍は違うからね。
一勝二敗のまずまずの成績。



いやー頑張ってますな。
とても大学四年生の生活とは思えない(笑)



そう、
悩んでいた今年の夏の一大計画。

ドコに一人旅に行こうかと考えた挙句。


今回は波風荒れ狂う、社会へと旅立つことにしました

まあ、つまりはインターンです。


就活とはまったく関係ない時期のインターンです。

まだ名も無い「どベンチャー会社」ですが、
荒波にもまれてこようと思います。




肝試しも、台風も、呪怨も怖いけど、
一番怖いのは人間社会なんだよ。

先日ある友人がしみじみ言ってました。


うーん、やけにリアルだ。( ̄∀ ̄;
Comments (3)   Trackback (1)

台風と地震とテニスと

2007-07-18 | Weblog
テニサーの合宿に行ってきた。



待ち受けるは、
高校の部活並みのガツガツの練習に、

厳しい日差しに、

毎日のお酒で

心も体もぼろぼろになって終える充実の合宿。




・・・のハズが。

まさに台風4号接近中の長野県。

かろうじてできた日はあったものの、
練習中からまさかの(予想通りの)雨。


余裕の曇り空にも、
2コート先の人の姿が見えないほどの濃霧。

リアルに飛んでくるボールが見えん!



自然の力には勝てんな~としみじみ感じ、
いざ帰ろうとした16日。

極めつけの、そう
新潟中越沖地震

コンタクトをはめようと狙いをすましてる最中。

「お、地震だ。しかし揺れには負けんw」

と悠長にやってる直後。

ゴーっという音とともに、マジで立ってられないほどの揺れ。


「ゆがんで開かなくなっちゃうからドア開けて!」
っての初めてやりました。


震度5強?ほどの揺れの中、
その瞬間考えていたこと。

・この揺れはヤバイって言うリアルなスリル
・どうやって逃げようかっていう冷静な分析
・ついに東海大地震か?東京が壊滅か?っていう危惧
・「トイレ中じゃなくてよかった」って言う安心
・「今死んだら悔いが残る。一つ選ぶなら・・・」って言う回想


などあったけど。
一番大きかったのは

付けようとしたコンタクトいかになくさずにいられるかってことだった。



いやーあんなにでかい地震を体感したのは初めてかも。
怪我が無くて何よりです。

外を見ると、ホテルの貯水タンクが壊れドバドバ水が噴き出してました。



という、自然災害の脅威立て続けに感じた夏合宿。


でも

うわさのビリーさんで悶絶したり。

古いゲーム機の子育てゲームを大人使いで全クリしたり。

夕飯にいろんなセンスを感じたり。

肝試ししたり。

まさかのバレーで大五郎になったり。

夜中にスリリングな徘徊をしたり。

B氏のベストショットが取ったり。


帰りの車では、
全力で笑いを取るゲームをして異常に盛り上がったりと。

最後まで楽しかった。


テニスはできなかったけどね。

ちょっとした目標もできたし、
生活リズムの改善のためにもコンスタントにやっていきましょうか。



しかし地震怖いな!
軽いトラウマになります。

もし、明日大地震が来るとしたら、
やり残した何を片付けるだろうか・・・

Comments (4)

夏休み?

2007-07-14 | Weblog
やーばい、やばい。

最近は、いろんなところで
今の自分の実力以上のことを要求されてる。

キャパがオーバーしてしまいますよ。

研究室の課題なんか。
完全にスライムレベルでボスに挑みに行ってますよ。

「この戦いを終えるころ、オレは強くなる」

経験地はガッポリやね。

そんな感じ。





先日突然、
知らない番号から電話がかかってきた。

出てみると、まさかの高校の先生。
実に三年ちょっとぶり。

何でも筑波大に高校で見学に来るらしく、
案内してもらえないかと。


ということで40人ほどの高校生とたわむれてきた。

若い!
そしてテンションが違う。。


逆に高校一年生からする大学四年生って、どんだけ大人なんだ。

大きな希望と、小さな悪知恵が伝わってくれれば何よりです




ここ二日間、ともに二時間睡眠。

よし、これからテニスの合宿に合流すべく旅立ちますか。

午前1時、いざ台風の迫る長野へ
Comments (2)

七夕の夜

2007-07-07 | LIVE
しばらくぶりのライブはMUSIC FREAKS Vol.7
ライブハウスを自分らで作り上げる毎度楽しみなイベント。
お祭前の準備のワクワク感はいつだって楽しい。

三人での初ライブってことや新曲やイベントの不安はあったけど
ふたを開けてみれば
100人以上も来てくれるような大盛り上がり。



出たバンドは
それぞれ持ち味や魅力があって
スゲーかっこよかった。
各バンド最高にいいライブしてた。
クオリティーの高さにびっくりした。

以前のミューフリをやった数年前。
そのころに活動を始めたバンドもいて、
そんなバンドも、スゲーうまくなってて
今ここですごく堂々として心に響くステージをやってる。

この日のライブを見てバンドを始めて、
何年後かにはまたステージで輝く人も出てくるのかな。


そんな中迎えた
5番目の自分らのライブ。

ステージからは見渡す限りのお客さん。
いろんな熱気でステージ上はメッチャ熱い。
もう流れる汗はさながら滝の如し

序盤にテンション上がって飛ばしすぎて、
「いかんちょっと冷静になろう」って思ったのを覚えてる。
でもそれ以外ほとんど覚えてない。
覚えているのはスゲー楽しかったって事。
あと、もっとできたなっていう無念。

3人のライブは久々だったけど、いろんなことが新しくて難しかった。
良かったってスゲーうれしいこと言ってくれる人もいたけど、
やれることはまだ山積み。
もっと高みへ。



イベントの最後トリのMCKでの一体感。
ちょっとジーンと来た。
うれしいね。

オレらのライブがいろんな人に見てもらえて。何かを感じてもらって。
いままで地道に頑張ってきたものが
次第に花開いてきたって感じ。


打ち上げでは
タイタニックゲームやって、
海賊王になって、
ぶっ飛ぶくらい飲んで、
こんなに愉快な人たちなのに。
輝ける場所ってのをみんな持ってる。

多くの仲間がいて、多くの見てくれる人がいて
バンドというものができてる。
そんなことを実感できた夜でした。

ありがとう。
このイベントに関われたことをうれしく思います。



そうですね。

別に金持ちじゃなくてもいい。
かっこよくなくてもいい。

人を感動させられる男になりたいです。
そんなことをふと思いました。



祭の後は切ないね。
静けさが戻り。ウソみたいな熱狂の余韻。

最高の夜よもう一度、
また会える日まで。

Comment