Cockloft

趣味の道具や昔のノートなんかが散らばってる。
そんな「屋根裏部屋」。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大人と子供

2011-09-04 | Thinking
久々に会う友人と話してよく思う違和感。

懐かしい思い出話に花が咲き、
変わらないキャラクターややり取りを見て、
タイムマシンであの頃にもどれる安心感。

でも
みな確実に大人になっていっている。

でもその
「大人になる」てのは
=「現実を見る」
ということ?

自分の現実を受け入れ、
環境や周りの人間を見ての現実的な「限界」ってのを知り、
その中で自分なりの楽しみを見出していくのが大人なら、

そんな大人ってどうなのよ。



みんなが自分の不遇自慢をする中で、
自分はすげー恵まれた環境で仕事に誇りを持って頑張っている話をするのは、
ただの自慢に聞こえてしまうのだろうか?

ま、実際の労働環境(時間とかカオスなミッションとか)を考えたら、
激務って言われてもしゃーないと思うが。

楽な仕事なんて世の中にはまず無いし
大変な中でもそれを楽しみにできるかは心持ち次第。
その前に、自分が最大限面白く働ける環境を手に入れるかどうかの本人次第?



そんなことを、日に日に「大人」になっていく友人達を見て思った。

どうせなら、自分のライフワークに誇りを持って、
生き生きと前に向かう話をしたい。
好奇心のままチャレンジして、
転んでも「なにくそ」ってアホのような夢を追い続ける
「子供」の方が楽しいんじゃないだろうか。


「仕事が楽しい」と胸張って言える人はどのくらいいるんだろうか?

そんな人達がマイノリティで、
なぜか肩身の狭い思いをしている不思議な世の中、
そしてそこに疑問を感じない日本の社会。
「協調性」という文化は、
時に意図しない方向にも迎合していきがち。
案外景気の上下、経済の勢いってのも、
「多数派がどっちか」っていうそんなもんかもね。



現実に感謝し、これからの未来をがんがんに話せる人とガッツリ話したい。
自分の身の回りにそんな友人がたくさんいる自分はラッキーだ。

日本にいるうちに、
出来る限り「子供」な話をして来よう。

そして、どれだけ「子供な大人」にこれから出会えるかってのが楽しみだ。


ジャンル:
ウェブログ
Comment (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Turning P | TOP | 北京の夕日 »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (631)
2011-09-04 18:27:52
没頭とかって問題より何でも人とか環境のせいにして責任放棄する人は子供なんだと思うよ。

仕事没頭してる人でもそういう人いるからね(怒)

いい歳して責任のなすり付け合い始める人もいるから、そういう輩がいない仕事はそれだけで恵まれた環境

post a comment

Recent Entries | Thinking