Cockloft

趣味の道具や昔のノートなんかが散らばってる。
そんな「屋根裏部屋」。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パソコンが・・・

2006-02-26 | Weblog

壊れました。

 

電話サポートの人の話によると

「入院が必要」

なようです。

 

パソコンって何も前触れもなく壊れるモンなんだねぇ。

 

 

 

 

別に大したデータとか無いからいいんだけどさ。

 

 

 

 

 

 

ただ、

 

 

 

 

 

 

 

iTunesに溜まった、

約2000曲の音楽データが・・・。   Σ( ̄□ ̄;)

 

 

 

 

 

 

 

コレはショックです。

 

マジショックです。

 

 

 

 

全曲iPodには入ってるんだけどね。

iPodの音楽データをiTunesに落とす技とかないかな~。

探せばありそうじゃね?

誰か知ってたら教えてください

 

 

Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと昔

2006-02-25 | Weblog

今日は天気がいいのでテニス♪


つくばのテニスサークルの精鋭を次々と撃破している、

某おじ様テニスクラブ

の練習に混ぜてもらった。

 

その中身は超実戦的でストイック
高校時代を思い出すメニュー。

これを4、50過ぎたおっちゃんが軽々こなしていく・・・。

どうりで強いわけだ

むしろ勝つためにはこんだけやらないといかんのかもねぇ。
超なまってたし、・・・練習だ練習!

 

 

 

 

そんでパークにPink-house&BATHINGSTARTの合同企画見に行った。

 

初めて見たRESTARTってバンドがカッコよかった。

MC超面白い!
話が面白いとライブの30分が短く感じるねぇ

 

 

そして今日の目玉、岐阜から来たkidd

超カッコいい
一発目から鳥肌が立った。
勢いに圧倒されて、心を揺さぶられるような感覚。

いいバンドってのは「それぞれの楽器の音」じゃなくて「デカイひとつの音の塊」が飛んでくる。

 

ライブ後にギターの人に声を掛けて仲良くなった。
そこでいろんな話を聞いた。


数ある中で成功していくバンドってのは、
いろいろな困難を乗り越えて今の栄光があるもんだ。

後は、いかに「波」をつかむか。


まずはそこのNO.1になれ
とな。


超えますか・・。
彼らを。     ( ̄ー ̄)

 

 

 

それにしても今日のパークにはいろんな人がいたな・・・。

flashbackや、まさに今日CD買ったGROOVYCLASSの面々や、
音楽関係のいろんな知り合い。

 

それに、ちょうど一年ぶりくらいに再会した人々。

ちょっと昔を思い出して感慨にふけってみたり。。

 

 


バンドをやっていく、そして成功していくのは難しい。

でもリスクは高いけど、そこから得るリターンも半端ない。
その時間や出会いはまさにプライスレス

 

今日Elephant of Musicの人もライブでやたら言ってたよ、「プライスレス」って。
いつ見てもやっぱキャラ濃かったな~

 

 

 

今日のパークには自分にとっていろんなものがありました

 

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

世間は春休み

2006-02-23 | Weblog

東京の学校で中学時代の友達の主催するDJイベントに行って来た。

テスト明け、
たまには東京一人歩きもいいもんだ

 

 

それに、違う学校に、

そこの生徒を気取って潜入すんのもスリルがあって楽しい。

ごく自然に生徒に紛れ込んで、

スゲー勝手知ったようなそぶりで道に迷ってたり(笑)

 

 

DJって仕事はスゴイ

今まではDJがどんなことやってるかわかんなかった。

でも実際は上がる曲やじっくり聴かせる曲とか流れを考えて、
クールな技で曲をつないでいく。

ディスクジョッキーって名の通り、その空間はDJのプレイ次第。

 

完璧に決まったときは超気持ちいい

アレはハマる気持ちも分かるね。

 

 

カッコイイ曲を選んでクールに流すDJ。

そんで音楽好きモン同士自由に音楽を楽しむ。

クラブってのもなかなか楽しいもんだ。

 

 

 

主催者であるその友達は、中でもダントツでうまかった。

むかしよくつるんでた友達が、

今はそれぞれの方向で輝いてるのを見ると

なんかスゲー刺激される。

オレも頑張らないとって。

 

 

 

そして偶然にも、
イベントに出てたバンドさんは、知り合いの茨城のバンドさん。

そして会場では、予期せぬ中学校時代の友達とたまたま遭遇。

日本って狭いな

奇跡の起る街「蒲田」。

 

 

イベント見たあとは

そこで久々に出会った友達とメシ食いに行って、地元をドライブして、

話に挙がってた「サイレン」ってホラーゲーム買って夜通しプレイ。

 

 

あのサイレンってゲームは怖いね

けっこう話には聞いていたけど。

そして怖い上に難易度がメチャメチャ高い。

「やっとクリアしたのに、進めるのは怖い」

って、

・・・なんて理不尽なゲームなんだ。

 

 

 

世間の大学生は春休みなんだよね~。

オレはまだつくばに帰ってテストを受けねば・・・。


こっちもなんて理不尽な学校だ。

春休みが待ち遠しい

 

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ライブ写真

2006-02-22 | Weblog

そういえばこないだの渋谷でのライブ写真が出来たようです。

 http://sky.ap.teacup.com/lads-diary/241.html#comment

 

い~んじゃない?雰囲気がいい感じに出てて。

  

 

ちなみに一番最初のがアー写(アーティスト写真)になるようです。

オレは少々反対です。
だってオレほとんど写ってないし・・・

 

 

撮る人が撮るとこうも違うとは。


見て思ったのが、

写真って「生もの」って感じがする。


素材があって、それがどんな風に調理されるかはその人の腕次第。

いい写真ってのはこんなにも新鮮だとは

 

いい写真家って言うのは、

「どこが一番良いトコか」っての知ってて、

そのいいトコが見えた瞬間を逃さないんだろうね。

 

 

今思うと、こないだ見に行った橋本塁の写真は凄かったんだな。

素材が超一流ってのもあるんだろうけど。

 

フッと、写真に引き込まれた。

奥が深い。

写真も興味あるアートの一つだ。



いい写真が撮れる人っていい目をもってるんだろうね。

物事や人のいいところを逃さない目。

 

 

オレもせっかくだからもうチョイいい写真撮れるようになりたい。

あと写真写りももうちょっとマシにならんかな~


 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

テニスとぎょうざ

2006-02-19 | Weblog

テニスの大会。

結果は・・・。

う~ん反省です。


上手さと強さは違う。

いくらいいショット打てても試合で勝てないんじゃしょうも無いからな~。

とにかく本番までにもっと練習して、試合経験を積まないと。

 

 

終わった後に、久々に先輩と全力でラリーをやった。

やっぱテニスは楽しい

相手がいい球打ってくれば、こっちも負けじと打ち返す。


たまに「コレだ!」って球が打てた時、

それを相手が返せなかったりすると何とも言えない達成感。

そういうのは相手が強いほど燃える。


テニスのラリーは「意地の張り合い」だって誰かが言ってた。

スゲー的を得てる言葉だね

 

 

 

 

その後の夜はヒマだったんで。

宇都宮に餃子食いに行った。


某先輩のおかげでついにオレもそんなことを言い出すようになってしまいました。。

友達に電話を掛けまくって、なんとか5人集まり宇都宮へGO

 

 

 

 

そして意外と遠いことに気づく。。

 

 

ちょっとメシ食いに行く距離じゃないよな。

腹ペコの車の中でふと思った

人生でこんなに餃子を食いたい瞬間ってなかなか無いよ。

 

 

宇都宮でライブのときに手に入れたアイテム

「宇都宮餃子オフィシャルマップ」

を手に宇都宮を回る。

 

 

 

まずは一店目。「宇都宮餃子館」

待ちに待った餃子。

テンション上がる上がる


余った餃子をかけたゲームでも大盛り上がり。

スタンダードな餃子。味のバリエーションが多い。

あと分店もメチャメチャ多い。駅前はこの店だらけ。

 

 

 

そして二店目。

オレは三回目の来店となる「餃天堂」

か~なりウマイ!

皮がもちもちして肉汁満点でジューシー。

一緒に言った何人かは感動してました

水餃子もよかったけど、焼き餃子も捨てがたい・・・。 

 

 

 

そして三店目。

すでにノリの行動・・・。

しかし、行こうと思ってた店が予想外に閉まってたため、
空いてる数少ない店を探す。

11時過ぎるともう店がほとんど無い

そしてちょっとイイ感じのラーメン屋にはいる。

「とんこつ屋」

チェーン店なのかな?

意外とウマイかった。

お得なセットプランあるし、コンスタントにうまい感じ。

 

 

 

もう腹いっぱいだわ。

うまい餃子で満たされました

 

 

「うまい餃子を食いたい」

っていう熱い想いがあって実現しました。

付き合ってくれた人ありがとう。

またグルメツアー企画するかな

   

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

LIVE IN 水戸LIGHTHOUSE

2006-02-16 | LIVE

久々の水戸。

ライハの近くの八番屋ってラーメン屋がうまかった。
ゴマラーメンってやつね。

冒険してみて、久々に当たり

 

 

ライブ自体はスゲー楽しかった。

のってくれてるお客さんもいて、自分もいい感じにのれたし
楽しめたんじゃないかね。


でも終わったあとは、意外メンバー間で手ごたえの差が・・。

最近多いね、こういう手ごたえの差


全員が手ごたえあったときは、そん時は最高のライブ。

4人全員が出し切ったときはスゲーいい音がでるんだけど、
そこが微妙に合わないとステージもそれなりになってしまう。


やっぱり経験値ですか。

技術とかじゃなくて、メンタル面の強化って一番難しい。

 

 

こないだは水戸に来たみたいだね~。

あの横山健が

店長稲葉さんいわく、

「あんなに楽しそうにライブやってる人はなかなか見たこと無い」

らしい。

あの満員のライブハウスで、本人が一番楽しんでたんじゃないかってぐらいに。

 

そんなライブっていいね。
むしろそれが本来の姿なんじゃないかね


もっと本気で楽しんでこう。

客よりも、一番自分が楽しむくらいに。

 

 

 

次回のライブは一ヶ月後。


それまでに新曲完成するぞ。

なかなか切れ味のある曲です。

それに伴って一年以上慣れ親しんだ
「HOPE!」はもうセットリストからおさらばします

お疲れ!

 

そしてライブもパワーアップする予定

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

SNOW!

2006-02-12 | Weblog

今週も懲りずにスノボ行ってきました。
今週で三週連続か・・・。

今回行った先は福島

一日目は裏磐梯猫魔

一泊して二日目はアルツ磐梯

 

 

猫魔は雪が最高だった

適度に締まったパウダーで、超エッジがかけやすい。

誰もが「オレ上手くなったんじゃね?」

と感じられるような雪でした。

 


行ったのは三人だったんだけど、
他の二人はなかなか滑れるスキーヤー

 

いつもはボード同士だったから気付かなかったんだけど、

ボードは割とこまめに止まりながら行くけど、
スキーってあんま止まらないんだね。

山頂から下までノンストップ

みたいな。

 

 

そして彼らはグラトリとかもしないため初・中級斜面では飽き足らず、
さらなる刺激を求めに上級者コースへ・・・。

 

まさに今朝見たモーグルみたいなコース。

 

気分は 「目指せ上村愛子!」

しかし、アレをスノボでやろうとするには

鋼の腹筋と強靭なひざのバネが不可欠・・・。

 

オレには腹筋は鋼ではありませんでした
スノボにはなかなかあのターンは厳しい。

 

 

でも30°以上の急斜面をストイックにひたすら滑り続けたため、
経験値はずいぶん上がったハズ。

ノーリーの感覚もつかんだし、達成感は満点
そして何より疲れた・・・。

 


二日目のアルツは、人多かったね~。

雪は猫魔に比べるとやや劣るかな。
磐梯山も裏と表でこんなにも変わるもんなのか。

でもやたら広かったし、設備も良いからオススメのスキー場。
今シーズン中にでもまた来たいね

 

 

つくばに帰り、疲れた体にもいたずら心が芽生え、
友人の誕生会にその子の縁ある「豆」を持って襲撃。

そして豆まき

二日間のスノボ旅行のいい締めくくりだった。

 

 

 

 

そういえばオリンピックの男子ハーフパイプ。
超見たかったのに見れなかった

優勝はやっぱショーン・ホワイトかぁ。

録画映像をやってないかとひたすら探しても見つからない。
日本人が活躍しない種目だと、こんなにも扱いが違うとは。

アンティ・アウティやリスト・マティラとかの滑りも見たかったな~。

 

誰か男子ハーフパイプ録った人いたら貸して下さい!

 

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久々

2006-02-10 | Weblog

パークにライブを見に行った

今日出るのは同期バンド、SKArnoとRATON。

どちらも観るのは久しぶりだ。

 

 

急遽出演になったflashback石井ちゃんの弾き語りライブ。

都内でもよく、アンプラグドライブをやってるのは聞くが、
実際聞くのは初めてだった。

 

多くの楽器とか、ハイテクなアンプとかも必要なく

アコギ一本で見てる人を魅了する。

世界を作ってその世界に引き込む。

すげーわ

ギター一本あればどこででもライブが出来る。

ひたすら極めた特技とも言えるんだろうね。

 

 

RATONもSKArnoもずいぶんパワーアップしてた。

特にRATONは見違えたね。三人のほうがいいんじゃない?


同期のバンドも、ちょっと見ない間に驚くほど上手くなってる。

頑張ってるのは自分らだけじゃない。

うかうかしてると追い越されるぞ。

そうやって周りに刺激を受けて頑張っていける

 

 

自分らのライブってどんな風に見えてるんだろうね。

同じステージに立つ友人を、自分に置き換えながらそんなことを考えた。

VTRじゃライブの迫力や空気感は味わえない。


出来ることなら自分らがライブやってるのを、外から眺めてみたい。

きっと、

「あ~間違えてるよ」とか

「緊張してんな~」とか

見てて思うんだろうね。

たくさんの人がその光景を見ることが出来るのに、

自分だけが見れない。

 

変な感じだな~

 

 

いいライブを観ると、やっぱライブがしたくなる

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

LIVE IN 渋谷GIG-ANTIC

2006-02-08 | LIVE

やっとラッズにも車が来た!

コレは革新的なことですよ。

これで大荷物背負って電車で都内に遠征したり、
必死こいてライブハウスまでの足を探さなくて済む

ってかよく車無しで一年間もバンド活動続けられてたな・・・。
人の世話になりまくって成り立ってきたこのバンド。


今まで助けの手を差し伸べてくれた人々、
マジありがとうございます

 

 

 

さて今日は12/1ぶりの渋谷でのライブ。
二ヶ月ぶりだけどずいぶん久々な気がする。

成長の姿を見せて、
都内でも認めてもらおうじゃないかと

 


そして今日はもう一つ、ライブカメラマンを目指すある友人に

ラッズのライブ写真を撮ってもらおう

って目的が

 

写真に残るいいライブをしようじゃないか。
そりゃ気合も入りますわ。

 

 

 

 

体調管理もオッケー

ベースのネックの反りも直してもらったし、アイテムもそろえたし
ライブに向けてのモチベーションもアップ!

 

 

しかしどうも・・・

 

 

 

 

 

 

硬い。    (-_- ;)

 

力みすぎだろうか。
皆さんどうも出し切れてないようで。

VoのT君は一人出し切ってたみたいだけど・・・。

 

またしてもギターの弦切れるし。

想定してる完璧な流れは依然として未完です

 

 

しかし後半に行くにつれて硬さも取れ、
ノリも出せてきた。

最後のほうとか写真栄えもするんじゃなかろうか。
むしろしてくれ(希望)

 

 

 

どうもギグアンでは何かしらトラブルありがち。
頑張ろうって思いが強い分、
ちょっとした違和感でコケやすいのかもね

 

 

 

でもライブ後の駄目出しでは、
今までのギグアンでは一番評価が高かったかも。

オレ含めたフロント三人のトリプルVocal。
ラッズの武器ですか・・・。

歌も演奏ももっと磨いていかんとなぁ。

 

 

とにかく都内でもあと一歩。

最近いろんな人によく

「おしい!」

って言われるバンドです。(笑)

 

「おしい」ですか・・・、「おしい」んでしょうねぇ。

 

 

 

 

とにかく写真が楽しみだ
ちょっとはいい感じに写ってるんだろうか。。

機会があったらどっかに載せときます

 

 

 

話は変わるが、たまには渋谷を一人歩きってのもいいね
ホントつくばには無い刺激がいっぱいある。

道行く人のファッションや流行だったり。

面白い形のビルや、オシャレな店を見つけたり。

店員さんと仲良くなっていい情報もらったり。

道端で「ホストやらないか?」ってスカウトされたり(笑)

 

 

普段受けない刺激をもらって帰ってきました。

渋谷から五駅ぐらいのトコにつくばがあればなぁ

 

 

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「今」

2006-02-06 | Thinking

なんでだろう。

仲間とバカなことやったり、行動力豊かに遊びまわったり

一年のころには当たり前だったことが、今はなつかしく感じてしまう。

こうしてだんだん、みんな大人になってこんなバカも出来なくなってしまうんだろうか?

 


楽しいことには終わりがある。

以前は、楽しい時間が永遠に続くように感じてたけれど、

最近は、それが終わることをどっかで考えるようになってしまってる。

 


自分は「今」ってのに固執したがるんだろう。


「今」をもっと充実させたいから、予定を埋めようとする。

後悔したくないから将来を考えて今出来ることを探す。

最高に楽しい時間が好きだから、終わりが来るのが寂しい。

 

 

みんな最近将来の事を考え出して、

「今まで遊びすぎたかも、そろそろ真面目になんなきゃ」

って、無茶な行動も減り、

いわば丸くなってきた。



あっという間に二年生も終わってしまうし、

大学生でいる時間も限られている。

 

 

 

でも、

だからこそオレはもっと今までみたいに遊びたい。

刺激を受けたい。


大学生活は限られている。


残りのこの生活をもっと楽しみたいのに、

なんで?もっとみんな無茶しようぜ!

と、もどかしさを感じる

 

変な意味で大人になるって言うか、

「もうこんな歳だから・・・。」

っていうあきらめがときどき寂しい。

 


将来を意識するのはいいが、

意識しすぎて変に縮こまってしまうのもどうか。

今までみたいに動き回ればもっと経験も増えるし、

刺激も受けて、もっと成長出来ると思うのだが

 

大人なんだからといって足を止めるんではなくて、

行動の方向を変える。

自分のやりたいことに関係あることとか、

もっと社会に直結した世界を見てみるとか。

身になる遊びはたくさんある。

 

 

「今」を十分に生きたい。

せっかく培ったこの行動力と、貴重な時間

もっと有効に使いたい。

 


こんな事を、最近たまに考える

 

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加