Cockloft

趣味の道具や昔のノートなんかが散らばってる。
そんな「屋根裏部屋」。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ことし

2006-12-31 | Weblog
思えば今年の正月

引いたおみくじは大吉。

健康運も「オッケー」的なことが書いてあり、
健康祈願のお守り買ったり。

よっし、コレで安心
体壊しちゃなんもできんからね。






・・・ハイ。






そしたらコレですよ。




忘れもしない3月3日。
肺気胸にかかる。   Σ( ̄□ ̄|||)


肺と心に穴が空いた。



おお・・・。


もう神頼みなんてしません。
自分の運命なんか自分で切り開くモンだぜ。




手術を受け、三ヶ月何も出来ず。。w


みたいな感じで、
久々にダークサイドを体験した年でしたね

一年の4分の1を棒に振ったのはキツイ・・・。





その後は、

夏は、西日本に一人旅に出る。
広島から九州四国をぐるっと回る10日間。
ノープランの気まま旅。

あれは楽しかった。
人情に触れられたし度胸も付いたし。




ライブもやったね~。
今年は38本だっけか。

ヤド祭にも何とか出ることができたし。
6月には初企画をやったし。

2ndデモも先日録って、一月中にはだせそう。
今ラフミックス(作成中)を聴いてるけど、
なかなかイイ感じだと思います



テニスでは、
秋には勝ちたかった大会で初優勝したり。

ホッケーではみんなでついにOBチームに勝利したり。





失った期間を取り戻すべく色々やってたかも。



今年のテーマは「向上」って事だったんだけど
果たしてできたんかな。

色々やっちまった事も、
反省すべき点もたくさん。
立ち止まった事もあったけど。



来年はいい年にしようってんで、
ノーミスで行こうって思っちゃいけない。

ミスして乗り越えて行こうじゃないか。
そんで大事なところでバシッと決めればいいんだから。

そんな感じで行こうと思った。
 


あと健康第一にw




外に出ると相当寒い。
せっかくだから雪メッチャ降ればいいのに。

雪のなかのんびりするのが好き。
もちろんその中での滑走&ジャンプも




でわ良いお年を
Comments (3)

味わい。

2006-12-25 | Thinking
唐突ですが


ここにスルメがあったとします。



そうです、あのイカの干したヤツです。





このスルメの野郎の第一印象を上げてみましょう。
・「イカっぽい」
・「やたらリアル」
・「イカ臭い」
・「イカ以上でも以下でもない」

以上がスルメイカの第一印象。



じゃあこのイカを吟味してみましょう。

初めはやっぱ思ったとおりのイカの味しかしない。
イカ臭い。
そして思ったより硬い。

硬いだけによくかんでみる。



・・・



するとどうでしょう。


今度は甘くなってきたじゃないか。
しかも噛めば噛むほど味が出てくる。


コイツは見たと違って案外イケるぞと





・・・え~と、

こんなイカを例に出して

何が言いたいかってーと、

人間関係もイカと同じなんじゃないかってこと。

関係が第一印象どまりで、
本来の味を知らないままな人って案外多いはず。



例えば就活で企業の人に会いに行ったとする。

どんな活動をしてて、
どんな考えを持って、
どんなキャラクターだろうが、

向こうからしてみれば自分のことはタダの学生。

どうしても初対面では立場やレッテルから人を見るし
第一印象にはそのくらいの情報しか含まれていない。


第一印象を超えて、
ほんとにその人の魅力がわかるようになるには、
意外と時間と労力がいる。



思えば今の知り合いの中でも、
付き合う時間が短かったり、
好奇心が薄れてしまっていたりして、
第一印象で終わってる人が結構いるかもしれない。

実は噛めば噛むほどに、
想像とはまた違った味が出てくるかもしれないのに。。( ̄3 ̄)






人との付き合いを第一印象だけで終わらせずに、
違った味が出てくるまで吟味してみようと。

そう心がけるだけで、
さらに味わい深い生活になるんじゃないか


それと同時に、
同じくらい大切なのは、
魅力をわかりやすくプレゼンする能力なんじゃないかと。


例えば、スルメの例で言うと
「このスルメは20回以上噛んだところで本来の味が味わえます」
みたいな粋な一言を添えておくとか。


自分の魅力がどんなときに出てくるのか。
第一印象を少ない労力で超えるヒント。

意外と自分にもわからなかったり、
上手く説明できなかったりもするのだけれどね。


自分の魅力をアピールするのが上手い人は、
希望の仕事が見つかったり、
信頼を築いたり、
仲間ができたりと、

社会で生きていくうえでとってもお得だと思います。

そんなプレゼン力を身につけたいわー。。




さあ、よく噛もうじゃないか。
イカも、キャラも。

そんなことをふと考えた今日この頃。



ふふふ、クリスマスってなんだい?

今日はタダの平日じゃないか。
ただ、ちょっとだけロマンティックな月曜日さ

Comments (3)

LIVE IN 渋谷GIG-ANTIC

2006-12-21 | LIVE
渋谷にて今年最後のライブ。

早めに行って万全で望みたいところだけど、
その日の午後は学校で実験・・・


サボり≒留年。
コイツはさすがにサボれね~。




仕方ないからメンバーには先に行ってもらい。


いっぱしの理系っぽく「自動車による倒立振子倒立制御実験」
なるものをマッハで終わらせ、
一人TXでとことことライブ会場に向かいましたとさ。

リハ出れなくてスミマセン。




着いたときにはすでにオープン前。
今日は盟友the left hand driveの企画イベント。

出演者も歳が近くてすでにわいわい盛り上がってる。

一人乗り遅れ気味のオレも
「さっきからいました」的な顔で溶け込み、盛り上がる。





そんな感じで始まったイベント。


一発目からSEIJI106がやってくれた。

楽器なし1MCでのラップ(KREVAみたいな感じ)で、
ハプニングもあり熱狂と爆笑の嵐。




そっからのバンドもみんな上手いしかなりカッコいい。
客としても、出演者としてもずいぶん楽しめました。

そんな雰囲気と、「負けてられるか」って気分に後押しされて、
オレらのライブ自体も超楽しかった。

ラストのレフドラのアンコールまであっという間で、
ホント楽しい夜だった。




打ち上げでも、
音楽の話とかほとんどしないところが最高です。
九割がた、下ネタ

2006年の締めのライブとしては申し分ない。
レフドラの皆さん、呼んでくれてありがとう。
またやろうぜ~





今年の総ライブ本数38本
総ライブ数82本(昨年41本+一昨年3本)。



おお、もうちょっとで100本目だ



今年はバンドとしてはライブ収め。
今年の課題をしょって来年はさらにいいライブしていこうと思います。

今後ともRIDINGLADSをごひいきに


Comments (2)

大学大炎上 IN つくばPARKDINER

2006-12-17 | LIVE

ライブハウスと大学バンドをつなぐイベントの総集編。

大学大炎上

 

楽しかったな~。

 

イベントから初めから最後までテンポもよく、
お客さんも楽しめてたんじゃないだろうか。

企画者の皆さんお疲れ様です

 

 

何よりお客さんがいっぱいいた。

ラッズを初めて見てくれた人や、久々に見てくれた人もたくさん。

みんなどう感じてくれたんでしょうかね。

 

 

思ったのが、みんなスゲー上手くなってる。

初めて見たバンドもいるけれど。

大学生なのに都内とかいろんなライブハウスとかで見ても、
フツーにイケてるバンドなみ。

 

大学バンドも「内輪だけ」、じゃ無くて「外」を意識してるから。

外で揉まれて、受け入れられれば、
誰が見ても楽しめるって事だからね。


そんでその窓口であるライブハウスを大学のシーンとつなぐ。

 

いい企画だと思います。

そして確実にその成果はでてるんじゃない?
このイベントに出るバンドやお客さん達を見れば一目瞭然

 

 

ステージに立ったときの、
その空気やお客さんの多さについ楽しくなって、

ペースの配分ミスってちょっとバテたり、
MCで妙なノリになってしまいましたがね

 

個人的にはもうちょっとできたトコがあったけど。
やっぱ楽しいのが一番。

ライブの楽しさ、そしてホームの暖かさってのを確認できた夜でした。

 

打ち上げでは、なじみの人々はもちろん、
顔見知りだったけど絡んだこと無かった人なんかとも絡めて楽しかった。

二次会ではさすがに疲れが出て、殉職しつつ。
寝ぼけつつウイイレ挑んで、「惜しくも」負けたり。。

楽しい夜でした

 

 

 

レコーディングも難航したものの何とか終わり、
年明けには新しいデモCDが出せるはず。

 

そして今年のライブは来週の渋谷がラスト。
これも楽しみなイベントだ。

 

終わりよければすべてよし。

いいライブで今年を締めようじゃないか

 

Comment

きっかけ

2006-12-10 | Weblog

昨日は

インラインホッケーサークルListoAzulのOB戦

 

入学したときに新歓回ってて、

怪しい兄さん方に「スグだから」と連れられて行った
予想外に遠く、これまた怪しい練習場(笑)

 

でも、

そこで出会った先輩らがスゲーカッコよくて、
わいわいやりつついい雰囲気で、

ここに入ったら絶対大学生活楽しくなるんだろうな~って。

 

種目とか練習場所とか経験とか関係なしで、

を見て入ったサークル。

 

 

その先輩方の多くはもう卒業して就職して、
その先輩方が久々に帰ってきてのOB戦。

  

ちょっと前の懐かしい雰囲気だね。
昔を思い出しつつ、今のメンバーも混じってる感じでスゲー楽しかった。

忙しくて代としての準備にあんまり関われなかったのは申し訳ないっす。

 

 

結構若いサークルで、今が7代目?くらい。
サークルを創設した先輩とかも来てるし、

今実際すごいことやってたり。
人間的にもノリ的にも「偉大だ!」って思えるような人が多い。

 

飲み会でもずいぶん絡ませてもらいました。
そんで就職とか将来とかにもタメになる話もかなり聞かせてもらった。


オレら後輩に親切にしてくれたり、
改めて接してみてその魅力に気づいたり。

そんな先輩がたにマジで感謝です

盛大にやろうっていう10周年記念パーティ計画も楽しみだ

 

 

 

そんでふと思ったのが

偶然ってすごいなって。


たまたま引っ張って行かれた新歓で始まってこの場にいる。

 

今のオレの生活も、
思えば一年のころの偶然が影響した部分がかなりある。

「もしアレがこうなってたら」

「もし~と出会わなかったら」


とか考えると、いくらでも今とは違った生活になってただろうな。

 


今身のまわりにある

何が、 どんな出会いが、 どんな行動が

今後の自分の運命を変えるかわからない。

 

そんな要素がきっと多くなるこれからの時期も。

一つ一つを大切に、

そんでちょっと嗅覚を鋭くしていこうかなと。

 

思ったわけで

 

 

自分の直感に引っかかるものを

逃したくはないからね

 

Comments (2)

LIVE IN 新宿ACB-HALL

2006-12-06 | LIVE

う~む。 

やっぱヒマじゃなかったです。。Σ( ̄□ ̄;)

 

気づけば明日提出のレポート。
気づけば埋まり行く年末の予定。

 

 

忘年会って何回もやるとだんだん疑問がわいてこない?

そんなに今年を忘れたいのかって。


ま~忘れたい過去なんてそんなまさかあるはずが・・・、ありますけどね

 

 

 

レポートも終わってないまま、

今日は新宿の歌舞伎町でライブ



いつもは混みまくってる首都高も今日はやたら快調。
快調すぎて新宿にてあまりに時間をもてあます。

あまりにもてあますもんで、のんびり昼寝でも。。

日本一治安の悪い街、
歌舞伎町でお昼寝

 

もう慣れたもんですな。

さすがに路上とかじゃくて車の中ですがね

 

 

 


そして今日はまさかのトリ。

都内のライブでのトリは初めてだ。

 

原点回帰。
楽しい感じでできた。

「ええっ!?」っていうまさかのミスとかあったけど。


終わってみれば次の壁を越えるための課題が、
そりゃもう盛りだくさん。

やっていくフィールドや、
求められるレベルが確実に上がってきた。

 

やばいね~面白くなってきた。


残る年内のライブはあと二つ。

しっかり締めようじゃないか

 

 

 

そして今はバンド以外でもいろんなインプットが多い。
新情報や考えること、リアルな問いかけ。

小手先じゃ通用しない。
揺るいじゃいけないのは「自分」だけ。

 


やばいな、
今のキャパじゃ処理しきれないくらいだ。

なかなか盛りだくさんの濃い感じの冬になりそうだ

 

Comments (2)

Feeling a moment

2006-12-04 | Thinking

12月。世の中では師走といいますが。

 

 

な~んか、 ヒマ。

一日の半分くらいは寝ております。

 

考えてみればやんなきゃいけないことはたくさんあるんだけどね。

研究室選びとか、
就活関係とか、
バンドのこととか、
あと細かいこともいろいろと。。

 

ホントはヒマ感じてる場合じゃないんだろうけど、

なんつーか、走ろうにも、
どこに向かって走っていいのかわからなくて足踏みしてる感じ。


そして、10メートルくらい先に、
踏み込んだらそのまま抜け出せなさそうな。

実態の見えない霧が浮かんでる感じ

 

 

「恐怖に対する一番の方法は、いっそそれをやってしまうことだ。」

らしいです。

まあ確かに。
やってみれば何事も何てこと無い。ハズ。

 

 

 

あと、
ある先輩と最近話して、なるほどと思ったこと。

「全力になることの大切さ」


カッコつけるってのは妥協することの言い訳なんだとさ。

「オレはこういうのがカッコいいんだ」と。

結局それは全力を出し切れてない自分の状態を、
逃げ道を与えて認めてしまってるってこと。

もう無理ってほど全力になれると、
いろんなものが見えてくるし、何より本人が清々しいんだろうね


そして、このレベルでは小手先ではもうだませない。
全力の姿とそうでないときってのは、見る人が見ればいとも簡単に見破られる。



しかし、20年そこらのこの人生。

全力になったことって何回あります?

 

 

 

簡単に言うはいいけど、
人ってのはわかっててもなかなか行動に移せるものではない。

だって人間は理屈で動くもんじゃない、感情で動くもんだ。

 

だから、
あーだこーだ理屈こねてから行動するよりも、

まず行動しちゃってもいいんじゃないだろうか。


行動した結果、新たな道筋や感情が生まれる。

 

人は行動から変わるとはよく言ったモンですな

 

 

 

 

 

最後に、

その先輩との会話で出た究極の結論。。

 

「何もしない人間なんか、ただのウ○コ製造機だ!!」

 

ただの製造機にはなりたくないでしょう?

じゃあ何か動きださないとって話。

 

 

 

 

いろいろと啓発されてちょっと考える。

自分は来年の四月にはどうなっていたいのか・・・? ( ̄3 ̄)

 

アレがこーなって、コレはこーいう感じで、、といろいろあるけど。

 

とりあえず去年みたいに

 

さえ開いてなければとりあえずオッケー

だと思います。

 

健康は大事です。

とっても 

 

 

とりあえず、
早くスキー場オープンせんかなー。

 

スノボがしたい。

とってもしたい

 

Comments (2)