Cockloft

趣味の道具や昔のノートなんかが散らばってる。
そんな「屋根裏部屋」。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祭りの前

2007-11-30 | Weblog
旅から帰ってきて、

どっさり寝た後に、

あわただしく練習練習。

バンド練。



今日はパークダイナーでの7月ぶりのライブ。

新しくメンバーも加わり久々の4人体制。

ライブも久しぶりすぎてワクワクしてます。

こんなワクワク感はなんだか新鮮。



ここ最近の思った感情、
いいライブを見て浮かび上がった想い、
必死こいて練習した成果。

ひとまずステージに全部置いてこようと思います。

ライブってステキだね。






・・・MCってなに喋ればいいんだっけ?(笑)


よし、メッチャ楽しんでくるか~
Comments (2)

やっとこさ

2007-11-28 | Weblog
家に帰ってきました。

たいした下調べもせず、
予定も立てず、
ガイドも持たず。



立てる予定も無ければ、破る予定もない。

気の向くまま、
行きたいところに行って好きなことをする。
まさに行き当たりばったりの一人旅



情報源は全て現地調達。
写真を頼まれた観光客や、人力車の兄ちゃんにスポットを教えて貰い。
京都の知人にうまいラーメン屋を聞き出す。


あえてメジャーどころは進まず、
道を選ぶときはあえて人混みと逆方向(笑)
面白そうな道があれば引き返してでも行ってみる。
道に迷ったら山と太陽の向きを頼りにひた走る。
見所の情報があれば「じゃ、そこ行こう!」と行き先変更。
飽きたらランダムに来たバスにのって行ってみる。
着物のお姉ちゃんがいたのでそのまま着いてってみる(笑)



マイペース炸裂です。⊂( ̄∀ ̄
たぶん1人じゃないと無理でしょうな。



何はともあれ

大満足。

むっちゃ楽しかった



歴史を超えた雄大な景色に息をのみ、
神秘的な静けさの中に物を思い、
旅先の偶然の出会いに心温まり。

帰る日もノリ次第で決めてなかったけど、
結局は期限めいっぱいの、
京都3泊、名古屋1泊。




ものすごい歩いたし(たぶん一日20kmぐらい)
いささか疲れましたわい・・・。

旅の詳細、道中思いついたこと。
気が向いたらまた書きます。



よ~し、
めっさ寝よう

お疲れ、オレ

Comments (2)

そうだ。

2007-11-21 | Weblog
旅、行こう。


ってことで京都に行ってこようと思います。

思い立ったらとりあえず行動。

あさって金曜日から4~5日間ほど。
ノープランのさすらい一人旅です。



同じ旅でも、
友達とわいわい行く旅と、
一人旅はまったく別モノ。


「気心知れた仲間」と時間や体験を共有し、感動を分かち合うか。

「未知のその土地の人や文化」と、つながりを持とうとするか。


わいわい旅もそりゃ大好きだけどね。

去年の夏に一人旅っつーのを初体験して、
その新鮮さが楽しくなってしまったのです。



うひゃ~不安だねぇ。

未知だから、ちょっとビビる。

でも未知だからこそ、
思いがけない楽しさがあって面白いのさ


健康な体と、
ちょっとの度胸があれば、
人間何とでもなる。




むしろ追いつめられると
人間って案外、いい働きをする。

今日ついに山場を越えたテストでつくづく思った。

テスト直前の脅威の集中力。
普段から出せればどれだけ有意義なものか。。



さてさて、

木々が赤く染まり、
情緒溢れる秋の京都で

情緒溢れる男になって帰ってきたいと思います
Comments (3)

頭の奥そこ。。

2007-11-12 | Weblog
金曜はパークに行ってきた。
starboardレコ発の豪華なイベント。

クリスに度肝を抜かれる。
そして軽く襲われる。。

上手いバンドがわっさわさ。
さすがやね。
あんなライブが出来れば楽しいだろうな~。

理想のライブと実力のギャップ。
何が足りないか。

LOCAL SOUND STYLEがツボ。
CDは持ってるけど初めて見た。
すげーカッコイイ!!
また見たいね。
あんなライブしたいね。




そして土曜の夜から日曜の朝にかけて、
中学の同窓会。

最近やった同窓会の中でも、
かなり貴重な集まり。
約7年前の記憶が、頭の奥底からよみがえってくる。

みんなでやってたアホなこととか、
先輩の妙な名言とか、
やたら連発してたネタとか、
過去にやった自分の失態とか、
実はあの時・・とか、
あの人物のその後とか、
今だから話せる××なコトとか。。


自分1人では絶対思い出さないようなことも、

「そういえばあの時!」
つって細部までドンドン思い出す。

結構覚えてるモンだ。
おもしれ~。
人の頭って案外優秀だ。


働いてたり、子供がいたり。。
大学にいたら同年代は学生なのが当たり前なのに。
学生は少数派。

そうなのか・・・。
しかも院に行くなんてどんだけだ。

いかに大学生が社会の荒波を知らないで生きてるかってコトね。

「会社じゃあこれくらいやらされるわよ☆」
貪欲にカラダを張って笑いを取る友人をみてしみじみ思った。。



話せば話すほどいろんなエピソードを思い出すし、
昔はあまり話さなかった人とも、
かなり盛り上がったり。

楽しかったー

今は地元がちょっと遠くて関わりが無くなってたけど。
こうやって久々に会ってもやっぱ変わらず楽しいね。

また次会うのが楽しみだ。




さて、ついにライブが決まった。

11/30
つくばPARKDINER

12/10
渋谷GIG-ANTIC


七月ぶりのつくば。
五月ぶりの渋谷。

四人です。
新体制初披露です。
新曲いっぱいやります。

さぁ期限が迫ってきた。
焦るわ~。


お時間ある人も

無い人も

来てくださいな ⊂( ̄∀ ̄
Comments (2)

palm the dice

2007-11-07 | Thinking
ここに

一個のサイコロがあるとする。



そのサイコロはいつもポケットに入っている

しばらく道を進んでいくと分かれ道に付く、
右に行っても左に行っても変わらなさそうだ、

あなたはサイコロを振る。


そして、出たほうの目の道へ進んでいく。



また分かれ道、右の先にちらりと見えるは目的地


おお!じゃあ右に行こう!
左はしんどそうだしちょっとカンベン。
そう念じてサイコロを振る。
しかし出た目は左。。

しかたなく進んでいく、やっぱりその道は散々。
「あの時どうして右の目を出さなかったんだろう」
あのころに戻って振りなおしたい。

でも、後戻りはできない。



そしてまた分かれ道。
5の目を出せば、きっと思い描いたとおりのステキな場所が待っている。

どうやって5の目を出すか。
意地でも5の目を出そう。
祈るでも踊るでもせこいテクニックでも何でも使おう。
そうやって全力を使ってサイコロを振る。


その結果、念願の5の目が出た。
計画通り!おめでとう。


でも一方で、あれだけ念じたのに3の目が出た場合。

あなたは嘆くだろう。
「どうして5の目を出せなかったんだろう。。」

そうじゃない。
出た3の目でどうやって目的地まで行こうか。
いかにあの場所に近づいていようか。
次のチャンスが訪れるところに行こう。

そう思って進んでいく。

もしかすると
進んでいくうちに、実は5じゃなくてもいい事に気づくかもしれない。
本当はあの時眼中に無かった6にもっといい場所があるかもしれない。

そして思う。
3の目を出してよかったと。



まあつまりは
行きたい場所のイメージがあれば、何の目が出ようと関係無い。
ってこと。

一見出た目によって人生が決まる、確率論にも見えるけど、
そうじゃない

サイコロを振る瞬間には意思が生じる。


人は何を選んでいても、
知らず知らずのうちに自分の行きたい方向に向かっているらしい。

だから、意思があれば出た目なんてのはそれほど関係ない。
今の自分はするべくしてここにいる。

そりゃそうだ、
運命なんて後から付いて来るんだから。



それと同時に、
意志をもってふったサイコロは、
自分を導く。

あの時その目が出せなかったとしても
それもまた
サイコロの導く運命。


首から下がったサイコロを見て
そんなことを思った。

運命は、意志を持ったサイコロ





のんびりやってた生活に、
最近はいろんなデッドラインが設けられてきて焦ってきた。

でも案外、ちょっと忙しいくらいのほうが充実してるかも。

何とかなるさー。

何とかならなかったことなんて無かったんだから
Comments (4)